恋活から婚活まで、出会い応援メディア tinomy(タイノミ)

【実録】25年間ずっとモテない私が必死に試した女子力を上げる15の方法

モテない25年間を過ごしてきた筆者が、一年発起してモテ女子を目指した実体験を赤裸々に公開。モテるようになるため、実際に試してみた15の方法を紹介します。どれか1つでもいいので今日から実践してみたら、今より少しモテる毎日に変わるかも?

モテないのは私に何か原因があるのかな・・・

キャッチ画像114221

現在26歳の筆者ですが、25年間モテとは縁遠い生活を送ってきました。でもやっぱり人生一度はモテを体験してみたいと一念発起し、25歳の時にモテるためにできることをとにかく実践してみました

そして26歳になった今、男性から食事や飲みに誘われることも多くなり、それなりにモテというものを実感できるようになってきたところです。今回はそんな筆者が、実際にモテるために一年間で試した15の方法についてご紹介します

  • モテたいのにモテない
  • モテない理由がわからない
  • 私なんてモテる訳ない
  • 顔が可愛い人しかモテない

こんな風に感じている女性は、ぜひ筆者が実際に試したモテるための方法をチェックしてみてください。きっとモテることはそんなに難しいことじゃないのかもという気持ちになって貰えるはずですよ♪

学生時代からずっとモテないのはどうして?

モテないのは顔が可愛くないから?

キャッチ画像114222

「私がモテないのは顔が可愛くないから」だと、中高生の頃はずっと思っていました。それなりに恋もしてきましたが、やっぱりモテからは程遠い人生。

男子にちやほやされる女子は、とにかく顔の可愛い子ばかりで、「私にはモテなんて縁のない話」だと思っていたんです。でも大学生になるとその考えは一変します。

なぜなら、特別顔が可愛くない子でもモテる女子が大勢いたから。そこでモテないのは顔のせいだけじゃないと気付いたんです。

モテないのは話がおもしろくないから?

キャッチ画像114223

顔だけがモテる理由じゃないなら他にはどんな理由があるんだろうと考えた時、次に思い浮かんだのは「私の話が面白くないから」という理由。

筆者は特に異性との会話が苦手で、面白い話もできずに会話が盛り上がらない経験を今まで何度もしてきました。話していてもつまらないと思われる女子が、男子からモテる訳はないですよね。

これは筆者のモテない人生の中で、かなり大きな理由としてウェイトを占めていたと思います。

モテないのは女としての魅力がないから?

キャッチ画像114224

最後にモテない理由として思いついたのが、「女としての魅力がないから」というもの。スタイルが良い訳でもなく、至って平凡な女の子の筆者にとって、「女性らしさ」なんてどこかに忘れて来てしまったようなものでした。

でも良く考えてみると、そもそも女性らしくなりたいなんて思ったこともないと気付いたんです。自分が女性としての魅力を磨いてもいないのに、男性から魅力を感じてほしいなんてありえない話ですよね

最初にやってみたこと「自己分析」

キャッチ画像114225

筆者は上記でお話ししたように、まず自分がモテない理由について自己分析をしてみました。モテたいと思っているけど何をしたら良いのかわからないという人にとっても、この自己分析はかなり効果があります。

モテないにはモテないなりの理由があるはず。まずはその理由を自分の中で明確にし、自分自身としっかり向き合ってください。モテるために何から始めたら良いのかが、手に取るようにわかるはずですよ。

モテない私が必死に試した女子力を上げる15の方法

①自分に合ったメイクを知る

キャッチ画像114226

特にモテを意識していなかった頃の筆者は、メイク道具を適当に使って薄めのメイクに仕上げていました。思えばメイクを始めた頃からほとんどやり方も変えずに、数年間ずっと同じメイクを続けていたんです。

でも「モテるにはやっぱりちゃんとメイクしなきゃ!」と一念発起して、デパートのコスメカウンターでフルメイクとアドバイスをして貰いました。その後もアドバイス通りに練習すると、女友達からメイクを褒められることが増えたんです。

自分の中でメイクを変えたことは、女子力アップを実感し、恋愛に対して前向きになれた一番のきっかけになったと思います。

②常に綺麗な髪の毛・髪型を意識

キャッチ画像114227

モテない女子を卒業するために、筆者は周りにいるモテ女子をとにかく観察していました。モテ女子からは色々な気付きを獲られましたが、中でも一番重要だと感じたのは、綺麗な髪の毛や髪型を意識することです。

モテる女性のほとんどは、いつも可愛いヘアアレンジをしていたり、髪の毛にツヤがあったり。つい目を惹くようなヘアスタイルを、常に維持していることに気付いたんです。

不器用でヘアアレンジが苦手な筆者でしたが、簡単ヘアアレンジの動画などを見て、いくつか自分でできるアレンジパターンを覚えました。そして美容室で教えてもらった、髪の毛にツヤを出すヘアオイルトリートメントも愛用。

髪の毛を意識するようになってから、明らかに男性から褒められる回数が増えた気がします

③流行りの服装を研究

キャッチ画像114228

モテる女子って、いつもおしゃれな服を着ていますよね。ファッションには全く自信の無かった筆者ですが、こちらもモテないなりに研究を重ねてみました。

まずは自分の目指す系統のファッション雑誌を読みこみ、気になる服を購入してそのまま真似することからスタート。そんな真似っこを続けているうちに、気付けば自分でアレンジやコーディネートを考えられるようになっていました。

おしゃれな服を一気に購入するのは金銭的に厳しい部分もありますから、ユニクロやCUなどのファストファッション特集も念入りにチェックするようにしていましたよ

④ムダ毛の処理を徹底

キャッチ画像114229

モテを意識したことのないモテない女子の筆者にとって、ムダ毛の処理って見えるところだけやっておけば程度の認識だったんですよね。でもモテる友人に聞いてみたら、「見えないところまでやってこそのムダ毛処理」という格言が飛び出しました。

そこで今まで見て見ぬふりをしていた背中やうなじなどのムダ毛を、徹底的に処理してみたんです。確かに服を着れば見えない部分ではあるのですが、なんとなく安心感が生まれて自分に対する自信がちょっぴりアップしたような気持ちになりました。

モテない女子がモテに対する免疫をつけるためには、こういうちょっとした対策がとても重要なんですよね。

⑤お料理上手になるよう勉強

キャッチ画像1142210

外見を磨くことでモテない女子を卒業しようと考えていた筆者ですが、友人から「中身も大事」と諭されたことで、お料理の勉強も始めてみました。

最初は「料理ってモテに関係ある?」なんて思っていましたが、合コンや飲み会で「最近お料理を勉強中なんです」と言うと、とにかく男性がその話題に食いついてくれるんです。そして「お料理上手な女の子っていいよね」と、優しい笑顔を向けてくれます。

料理は毎日自分で自炊するだけでも「勉強中」と言えちゃうので、女子力磨きのためにやっておいて損はないなと感じましたね。

⑥歩き方や立ち振舞いも研究

キャッチ画像1142211

モテる女子って、とても綺麗な歩き方で立ち居振る舞いも美しい人が多いです。筆者は猫背気味の姿勢からすでにダメダメだったので、常に自分の姿勢や歩き方を意識するようにしてみました。

頭のてっぺんから糸で釣られているような感覚で歩くことを意識するだけで、歩き方は驚くほど改善します。やっぱり動きが美しい女性は、男性からモテやすいですよね。

⑦習い事を始めてみた(お茶と英会話)

キャッチ画像1142212

自分磨きのために何か習い事を始めようと思い立ち、立ち居振る舞いの美しい女性になりたいという理由でお茶を習い始めました。仕草や姿勢はお茶を習い始めたことで、かなり優雅になった気がします。

そして仕事のスキルアップのために、英会話も始めることに。マンツーマンではなくクラス授業の英会話教室を選択したので、ここで男性との出会いもありました。

習い事は自分を格上げできるだけでなく、種類によっては出会いまでゲットできるとても魅力的な場所。モテたいけど何をしたらいいのかわからないなら、まずは気になる習い事をチェックしてみるのがおすすめです。

⑧とにかく男性に興味を持つ

キャッチ画像1142213

「私なんかモテない」と思い込んでいた筆者にとって、男性に対する興味は持つだけ無駄なものと感じていました。でもモテるための自分磨きを初めて少しずつ自分に自信が付いてきた筆者は、周囲の男性に興味を持つことを意識してみることに

自分の見た目と意識を少し変えるだけで、ランチに誘われたり飲み会に誘われる頻度がグッと多くなったんです。そして男性から、女性として見てもらえているという実感も得ることができました。

⑨エステに通う

キャッチ画像1142214

今まで興味もなかったエステも気になり出し、友人に紹介してもらったお店に通ってみることにしました。

エステはボディケアをしてくれるところなので、見た目に変化が出るのは当たり前ですが、それよりも「エステに通っている私」という自己意識が、さらに外見に磨きをかけてくれたように感じています。

⑩部屋を綺麗にしてモテる部屋に

キャッチ画像1142215

筆者はもともと部屋を片付けるのが苦手なのですが、自分の生活の見直しのためにも部屋を綺麗にしてモテる女子の部屋を作ろうと決心。そしてインスタグラムの「#女子部屋」タグを参考にして、可愛くて女の子らしいインテリアの部屋を作り上げました

女の子らしい部屋で過ごすと、なぜか女の子気分がアップして、この部屋を維持しようという気持ちが強まります。また常に人を呼べる部屋を保っておくことで、交友関係が広がったのも嬉しいメリットになりましたね。

⑪モテ仕草を研究

キャッチ画像1142216

モテない女子を卒業するためには、やっぱり根本的にモテる女子になる必要がありますよね。なので筆者も世の中に溢れているモテ仕草をとにかく研究してみました

上目遣いや髪の毛をかき上げる、足を組み替えるなど、男性がキュンと来る仕草は数多くあるもの。そんな仕草を自然に繰り出せるように、シチュエーションをイメージしながら何度も練習を重ねたんです。

モテ仕草は、知っているからといって誰でも有効に使える訳ではありません。イメトレを徹底的にすることで、男子に響くモテ仕草を習得できるのだと心得ましょう。

⑫肌のケアを今まで以上に意識

キャッチ画像1142217

メイクを変えてから肌のケアもそれなりに意識するようにはなったのですが、モテ女子になるためにさらに肌のケアを徹底することにしました。

すっぴん肌が綺麗なら、それだけでメイクのノリや仕上がりも変わりますよね。何より肌をカバーする圧塗りメイクを卒業したかったので、化粧水と乳液以外にも美容液や導入液なども活用するように。肌ケアは現在も継続中で、少しずつ効果を実感できるようになりました。

⑬意識的にいつも笑顔を心がける

キャッチ画像1142218

モテない女子を卒業するために、モテ本も何冊か買って読んでみました。そしてどの本にも書いてあったのが、「やっぱりモテるには笑顔が何よりも大切」だということ。

女子は笑顔でいるだけで、3割増し綺麗に見えるんだそうです。これを知ってから、筆者も常に笑顔でいることを心がけるようにしています。おかげで男性の先輩社員から、「話しかけやすくなった」と言ってもらうことができましたよ♪

⑭電動歯ブラシを買って歯をキレイに

キャッチ画像1142219

コーヒーやカフェラテ好きな女性の中には、歯の着色が気になるという人も多いはず。筆者も同じ悩みを抱えていたカフェラテ好きなのですが、友人から電動歯ブラシを勧められ使ってみたんです。

すると驚くほど、歯の着色汚れが気にならなくなりました。もちろん一日ですぐ真っ白になるという訳ではありませんので、気長に電動歯ブラシとお付き合いしてみてください。

⑮恋活アプリで男性と接する機会を増やした

キャッチ画像1142220

色々なモテるための方法を実践してきた筆者が、「実際に自分がモテるようになったのか試したい」という理由で登録してみたのが、恋活アプリの「Pairs(ペアーズ)」でした。

恋活アプリに登録しようと色々調べてみたところ、12万人以上の男女が「恋人ができた」(2018年8月現在)と宣言している点や、毎日約5,000人が新たに登録しているという点に惹かれてPairsを選んだんです。

実際にPairsを使ってみると、写真やプロフィールを見てアピールしてくれる男性も多く居ました。実際これだけでも、かなり「私モテてる」と言う気分を味わうことができましたね(笑)

もちろん数人の男性とは実際に会ってみたりもしましたが、「可愛い」と言ってもらえたり「写真で見るよりキレイ」と言ってもらえたりで、自分磨きを頑張った甲斐があったなと実感しました。

Pairsには「私でいいの?」と思えるくらいのイケメンや好青年も数多く登録しているので、モテを実感できるだけでなく素敵な恋人作りにも活用できると思います。

女性は基本的に無料で利用できるので、どんなサービスなのか、どんな男性が居るのか、本当にたくさんのアプローチが来るのかなど、ぜひ気軽にできるモテ体験をしてみてくださいね。

キャッチ画像1142221
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を総まとめ

【結果】少しづつモテるようになった気がする

キャッチ画像1142222
モテない頃の自分と今の自分を比べると、全くの別人のようにも思えて不思議な気分になります。それくらい、昔と今では自分自身に対する評価が大きく変わりました。

モテたいと思っている女性は、ぜひ自分に合いそうな女子力アップの方法に挑戦してみてください。そしてモテ力が身についてきたら、「Pairs(ペアーズ)」を活用して男性と接する機会をどんどん増やしましょう。

筆者自身も「Pairs(ペアーズ)」で男性と出会って感じているのが、やっぱりモテは男性と過ごす時間の中で磨かれるんだなということです。ぜひ試してみてくださいね♪

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)