「わたし一生独身かも…」と思った時に考えたい5つの具体的ビジョン

付き合いの長い恋人と別れた時や、告白して振られてしまった時など「わたし、もう一生独身なのかも」と思ってしまいますよね。でも、中には「一生独身の方が楽でいい」と考えている人もいます。あなたはどっち?

一生独身かも…と感じた時に考えてみて

「まだまだ独身のままでもイケる!」とか言いながら、余裕しゃくしゃくと流れる月日に身を任せ、気付いたらもうアラフォーでした。…なんて人は、意外と多いのでは。

  • 良い人がいれば結婚したいけど…
  • でも、結婚生活で色々と縛られるのは嫌…
  • だったらいっそ、一生独身の方が良いかも!?

自由を求める人が増えている今の時代、色々な考えがあって当然ですよね。でも、この先ずーっと独身で居続ける事を選択するかもしれない、そこのあなた。その場合のライフプランはちゃんと考えられていますか?一生独身で居続ける事のメリットやデメリットは理解できていますか

一生独身でいることを選ぶべきなのか、それとも結婚を目指すのか。そこをこれから一緒に考えてみましょう。

一生独身でいる事のメリットを考えてみる

自分のお金を1人で自由に使える

特に男性であれば、自分が一生懸命働いて稼いだお金を奥さんに管理されてしまう事も多いでしょう。最近は夫婦でお財布を別にするパターンもあるものの、子供ができるとやはり給料の多くは、家庭をやりくりする為の費用として使われていきます。

しかし一生独身なら、お金は基本的に自分のものなので使い道も自由です。1人なので食費や日用品代などもかなり抑えられます。

趣味や嗜好品に使いまくるのも自由。中には、年老いた両親の為にお金を使う親孝行な人も多くいます。

誰にも縛られず自分の時間を自由に使える

結婚したら、独身の頃よりも多少の不自由が出てくるのは必須と考えて良いでしょう。家族の為に仕事や家事に勤しみ、子供のお世話にもいくばくかの時間をとられます。

独身であれば、その心配は無いですよね。基本的に、仕事などで会社に拘束されている以外は自分の時間です。家族や友達、誰と過ごすのも、どこへ遊びに行くのもあなたの自由。

仕事や趣味など、自分の好きな事に時間を存分に使えるのが、独身の最大のメリットかもしれません。

とにかく気を遣わなくていい

単身世帯ですから、社会的に気を遣わなければならないシチュエーションも限られます。たとえば、職場の人・取引先の人・友人・親戚とか、そのくらいじゃないでしょうか。

これが既婚者となると、パートナーの家族・親戚・友人・会社の人など、気を遣う相手が一気に増えます。女性であれば、ママ友関係も気を付けないといけなくなりますね。

性格的に他人にあまり気を遣わないタイプの人もいますが、パートナーのご両親や親戚、上司相手だとそうはいきませんよね。

もちろん独身であっても面倒な人間関係は出てくるものですが、既婚者の人よりは回避しやすい、というのが正直なところです。

仕事も住まいも自由に決められる

独身なら仕事や住むところを選ぶ時に自由度が高く、既婚者の人よりは理想通りの生活ができます。

たとえば結婚していたら、こんな悩みも出てきますから。

  • 分譲マンションを買いたいけど、家族を養ってるので買う余裕が無い
  • 本当に就きたい仕事は給料が低く、これでは家族を養っていけないので選べない
  • やりたい仕事があるけど、子育てメインの生活なので実現は難しい
  • 本当は職場に近い◯◯市に住みたいけど、パートナーに反対されている

1人ではないが故の悩みですね。もちろん独身ならこういった悩みとも無縁です。

もちろん一生独身でいるデメリットも考えるべき

寂しい時や辛い時に頼れる人が近くにいない

独身生活は自由度が高く、気楽な生き方ですが、1人であるが故のデメリットもいくつかあります。その最たるものとも言えるのが、「頼れる人が側にいない」と感じる時

1人でいる時間が長くなると、どうしても寂しさが出てくるものです。寂しさを満たしてくれる相手が身近にいない場合、これがまた結構辛いんですよね。

高熱を出すなど、体調を崩して1人で寝込んでいる時も、一人暮らしの場合だとすぐに頼れる人もいないので大変です。

こういう時、「あ〜、やっぱり今からでも結婚考えた方が良いのかな」なんて、思ったりするんですよね。

周りの目と孤独感がある

アラサーはまだそうでもないのですが、アラフォーを迎えたあたりから、男女問わず独身者は周りからいろんな目で見られがち。

「どうして結婚してないんだろう?」なんて思われて、それとなく探られたり、結婚のメリットについて説かれたり、勝手に紹介話を持ってこられるなんて日常茶飯事。

言ってくる人達も、悪気はない場合が多いんですよ。だからこそ場の雰囲気を壊さない為に、当たり障りなく相手をするしかなくて。

また、既婚者の割合の方が多い年代でもあるので、職場の人間関係・友人関係・親戚関係の中でもなんとなく孤独を感じがち。パートナーや子供の話など、既婚者同士の会話に入りにくかったりする時もあります

体調面や金銭面など老後の心配

ここも真剣に考えておかなくてはならない問題です。年老いれば、今まで通りに元気に仕事ができなくなる時もやってきます。

急に病気になった時や、何かトラブルに巻き込まれた時など、自分だけだと対処が難しい事も出てくるでしょう。そんなトラブル時に、とっさに頼れる相手や貯金などがあった方が良いですね。

お金であれば、働けるうちに仕事を頑張って蓄えをしっかり作っていきましょう。健康にも気をつけて、人間ドッグを受けるなどの日常的な体のメンテナンスも忘れないように。

家庭を持つという幸せを経験できない

一度きりの人生、自分の生きたいように生きれるなら幸せです。独身であれば、家族ある故のしがらみもなく、気楽にやりたい事だけやって生きていくこともできます。

それと引き換えに、「家族がいる幸せ」は失われる事になります。愛するパートナーや子供との生活は経験できません

それでも良いと思えるかどうかですよね。「愛する家族との生活」と「1人で自由・気楽な生活」のどちらに魅力を感じるかが、一生独身かそうでないかを分けるのかもしれません

一生独身かもと感じたら5つの事をやっておく

①いざという時に頼れる人を見つける

人間、なんだかんだ完全に1人で生きるというのは難しいものです。なにかしら他者と関わりを持つことは避けられません。

たとえば事故や病気で急遽倒れた時はどうします?突然の金銭トラブルに巻き込まれた時は?

人生、自分じゃどうしようもない時って出てくるものなんですよ。そんな時のピンチヒッターとして、頼れる存在を作っておくことは大切です。

親戚や友人でそういった人が見つかれば良いでしょう。ただ、頼れる相手は多い方が良いので、人脈は広げられるだけ広げておくのがベストです。

②老後のライフプランを立てる

会社員で定年まで働いたとして、65歳までに約4,000〜5,000万円を貯めることができれば、老後は安泰であると言われています。(貯金や年金、保険・共済込みでOK)

定年後の事なんてなかなかピンとこないかもしれませんが、それを今から考えておくのが、一生独身を貫く人にとっては大切な事なんです。

20〜30年後の事までしっかりライフプランを考えて、具体的なシミュレーションをしておくのがオススメ。「ホント〜に一生独身でいる!」と決めているなら、今のうちから取り組んでいきましょう。

お墓の購入など、「終活」について考えておくのも大切ですね。

③老後の楽しみ方を考える

お金や健康など、そういうのは一旦置いておいて。老後の自分なりの楽しみ方を、脳内シミュレーションしてみるのも面白いですよ。

趣味・旅行・やりたい事など、自分が楽しいと思えるものならなんでも良いんです。歳を取れば取るほど、自由な時間も増えてくると思うので、その時をいかに退屈せずに楽しめるかを今から考えておきましょう

老後を楽しむ自分がイメージできれば、その幸せの為に、今から何をしておくのが良いかも見えてくるはず。

④老後どこに住む?安心して暮らせる家を確保

一生独身で生きるとなると、悩んでしまうのがマイホーム問題。自分の家は自分で確保しておかなければいけませんよね。

1人なんですから、そこも自由です。一軒家にするのか分譲マンションにするのか。どんな場所の、どんな造りの家にするのか。すべて自分で決められます。

自分のお財布と相談して、身の丈に合った一生穏やかに暮らせる家を見つけましょう。自分だけのベストプレイス探しなんて、ちょっとワクワクしますね。

⑤自分の居場所を見つける

人間なので、ずっと1人で家にいるとふいに寂しさが襲ってくることもあります。そんな時に助けてくれるのは自分以外の「誰か」です。

「パートナーや子供のいる家」じゃなくても、居場所なんてたくさんあるのです。近くの馴染みのお店や、地元のコミュニティなど、「自分の居たい場所」をたくさん見つけて、「一緒に楽しみたい人」をたくさん作りましょう。

周りにいる独身を謳歌している人を見てみてください。意外とそうやって毎日を楽しんでいる人、多くないですか?

それでもやっぱり結婚を考えたい人は

晩婚化の世の中、いくつからでも婚活は遅くはありません。アラフォーで独身だった人は筆者の周りにもけっこういましたが、意外と皆さん結婚できています

ここまで読んできて、「やっぱり一生独身よりは、結婚したいなぁ…」なんて思い始めたあなたへ。今からでも間に合う婚活テクニックを少しばかり伝授させて頂きます。

スマホでできる婚活サイトに登録してみる

アラフォーからの婚活は、スピード&効率重視。周りに良い相手が現れるのをジッと待っているだけでは出会いのチャンスが少なすぎます。

ここは、攻めのスタイルでいきましょう。待つだけではなく、自分からどんどん出会いを求めていくんです。

まず出会いのチャンス数を増やすのに活用すべきツールは「婚活サイト」。スマホから登録できる婚活サイトなら、忙しい人でも仕事の休憩中などに、ネットを介して出会いがバンバン訪れます

その後、チャットでのメッセージのやりとりや、電話などで仲を深めて、お互いが良いと思った時期に顔合わせ。これぞイマドキ婚活の主流というものです。

Match

スマホでできる婚活サイトの中でも、特にオススメしたいのが「Match(マッチ・ドットコム)」。ご存知、アメリカで生まれた世界最大級の婚活サイトで、日本人ユーザーも100万人以上います。

男女ともに有料会員に登録する事で、本格的な利用が可能になるという点から、婚活に対する真剣度が高い人が集まりやすいです。サクラや業者が潜んでいる可能性も低めで、セキュリティもしっかりしています。

無料会員でも、マイページ作成と相手の情報検索はできます。ちょっとお試しに始めてみて、サイトとの相性や使い勝手が良さそうであればそのまま本登録…といったユーザーが多いですね。

詳細な証明書の提出が必要であるなど、安全性は高いので、婚活サイト初心者の方も安心して利用できます。


(18歳未満は登録禁止です)

▼関連記事▼
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

相手がいるかどうかを無料診断で確かめる


婚活サイトは自分から積極的に好みの相手を探し、個人間で仲を深めていくスタイルです。しかし第三者の介入が無い分、ハズレを引く確率も多少は出てきます。

もっともっと、効率性を高めたい!自分と相性ピッタリの相手とすぐに出会って、すぐに結婚したい!…というスピード婚狙いなあなたには、「結婚相談所」が向いています。

結婚相談所は婚活サイトに比べるとやや費用は高くなるものの、専門のアドバイザーのサポートを受けながら婚活ができます。自分に合っている相手をピンポイントで探して出会うといった感じなので、婚活サイトに比べると成婚率はアップする傾向に

楽天オーネットチャンステスト

特にオススメなのが、楽天グループの「楽天オーネットチャンステスト」を受けてみること。結婚チャンステストとは、自分に相性ピッタリの相手を探してくれる診断テストのようなものです。

以下の流れでサクッと診断していきます。

  1. 自分のプロフィールを入力
  2. 相手の希望条件を入力
  3. 診断結果の連絡先を入力

たったこれだけで、お互いの条件がマッチした相手の簡易プロフィールを教えてもらえるという寸法です。相手の希望条件は、年齢・身長・学歴・年収・婚姻歴の5つが指定できます。

楽天オーネットの支社に行くとすぐに診断結果がもらえる他、婚活の無料体験やカウンセリングも受けられますよ


▼こちらの記事もチェック
楽天オーネットの無料診断「結婚チャンステスト」の特徴と受け方ガイド

一生独身?もう1度婚活?自分の生き方を探してみて

さて、一生独身でいたいのか、やっぱり結婚したいのか、あなたの心は決まりましたか?

一生の事ですから、すぐには決められないかもしれません。今回お話した事や、周りの人達の生き方などを参考にしながら、自分が本当に望む生き方を選び取って欲しいと思います

  • 老後はどんな風に生きたいか?
  • 自分の子供が欲しいと思えるか?
  • 家庭よりも優先したい事はあるか?
  • 1人で長時間過ごすのと、誰かと長時間過ごすのとでは、どちらが幸せを感じるか?

このあたりを自問自答してみるのが、キーポイントになるのではと思います。あなたが後悔のない道を選び取れるよう、影ながら応援していますね。

この記事で紹介したサービス
●世界的に有名な婚活サイト
「Match(マッチ・ドットコム)」
●楽天グループの無料結婚診断
「楽天オーネットチャンステスト」
交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)