恋活から婚活まで、出会い応援メディア tinomy(タイノミ)

【男女別】婚活が上手くいかない原因6選|アラサーが心得るべき3つの心得とは?

「もう婚活疲れた…」と落ち込む前に必見!婚活がうまくいかない3つの原因を男女別にご紹介。ダラダラと婚活を続けて長期化してしまうことが多い中、アラサーの婚活が「スピード勝負」である理由をお伝えします。

婚活がうまくいかない原因は何?疲れたら見直して欲しい3つの心得

もう婚活に疲れた……

キャッチ画像11671
「どうせ私はモテない婚活ヘタクソ女よ、一生独身だわ!」

「俺みたいな人間が結婚なんて無理だったんだ、もう一生独りでいい…」

婚活がいきづまる時期は、本当に辛いですよね。今日こそは、と意気込みを持って望んだ婚活パーティで、隣の席で活き活きと話していた異性が、自分の目の前に移動してきて、とたんに目から生気が失われた瞬間とか・・・。

思いのほか会話が弾んで、「いよいよ運命の人登場!」と心を躍らせていたら、その後、自分より若い異性とスピード結婚していたことで、自分がたくさんのキープのうちのひとりだったと分かった瞬間とか・・・。

まずは、私たちの何が婚活においてうまくいかない原因となっているのでしょう?その原因を男女別に3つずつまとめてみました。

【女性編】婚活がうまくいかない3つの原因

①恋愛経験が浅く夢を見すぎている

キャッチ画像11672
婚活する女性は、どちらかというと恋愛経験が豊富とはいえないタイプが多いそうです。そのためでしょうか、「少女マンガから飛び出てきたアラサー」になってしまうケースがあります。

20代前半の女性が言うなら「大人に見えるけどまだ女の子っぽくてカワイイ」と加点される言葉でも、アラサーが言うと、「30近くにもなって何言ってんだ?」とあからさまにドン引きされることがあります。

「LINEやメールは30分以内に返事してくれなきゃイヤ」とか、「デートは必ず新しい服で新しいお店で、全部おごってくれなきゃイヤ」とふくれる「少女マンガから飛び出てきたアラサー」は、客観的に見てどうでしょう?

この例えは大げさかもしれませんが、 「自分は女性だから、相手が奉仕してあたりまえ」という意識 、そして婚活で出会った相手に過剰な期待を寄せてしまい、無茶なラブストーリーを演じさせようという意識を持っていませんか?
そんな女子に対する男性からの声・意見をご紹介します。

キャッチ画像1167328歳・男性
【体験談】この人、大丈夫…?
その女性は、小柄で笑顔が素敵な方でした。お仕事を通して出会った方なのですが、スマートな方で、仕事の様子は見習うべき点がありました。
ですが、一緒に飲みに行った時に話しをしていると、なにやら理想ばかり語っていて、酔っ払ってもないのに…。
普段の姿とは違う様子で、一時は付き合いたいとさえ思ったのですが、「この人と付き合ったら、自分は理想のための道具」として使われかねないと思い、その日を境に仕事仲間としてだけ見るようにしました。

②自分の価値を客観視していない

婚活とは、結婚相手の条件をお互い設定した上で、男女が対等な関係で出会う場でなければなりません。しかし、その「対等」という意識をアラサー女性はつい見失いがちのようです。

「なんかさっきからこのアラサー女、見下してきてない?自分をなんだと思ってるんだ?」と、見下す視線に敏感な男性はすぐに気が付きます。そして彼らは、口には出さずとも視線や口調、表情から、女性が自分にどんな評価を下しているのか、すぐキャッチします。

「自分の価値」という言葉は女性にとってかなり失礼な言葉ですが、この場は婚活であり、自分の価値を最大限アピールすることが第一目的です。男性にとって、 リアルな私はどれほどの魅力をもって映っているか素直に理解すること で、言葉や態度は変化していきます。

③トークを重視していない

「恋は第一印象で始まる」という言葉は正解であるいっぽう、裏を返せば大変もったいない言葉でもあります。第一印象でしか相手をチェックしない自分を正当化してしまうからです。

第一印象でピンとこなかった男性というだけで「無し!」とはせず、興味を持って話をしてみましょう。もし出会った場が結婚相談所など、第三者の目線と豊富なデータベースから紹介された相手であるならなおさら、「あなたと相性がいい相手」が目の前の人なのですから。

【男性編】婚活がうまくいかない3つの原因

①第一印象の力を見くびっている

キャッチ画像11674
アラサー男子がぶつかる婚活の第一関門であり、最大の難関となるのが、「第一印象でアウト」の壁です。逆に言えば、この第一印象すら突破してしまえば、女性は好みの外見であるあなたのプライベートをもっと知りたくなるはずなのです。

では、「第一印象」とは具体的にどんなポイントで決まるのでしょう? 女性がチェックしているのは、「肌」「髪」「歯」「爪」です。 健康的で清潔な身だしなみは、この4点から醸しだされます。

肌やヒゲのお手入れができているか、ヘアスタイルはキマっているか、歯医者で歯のコンディションを整えているか、爪は綺麗に揃ってるかを、女性と会う前は必ずチェックしましょう。そして、トレンド感がほんのりでもある新しい清潔な服を選ぶことも重要です。たったこれだけで、女性からの視線が変わります。

キャッチ画像1167530代女性
よく見ると肩にふけがボロボロと…
以前合コンで出会った彼は正直、誰から見てもイケメンで圧倒的に他にきた男性よりも群を抜いてカッコよく女性陣は誰もが彼をいいと思っていました。そんな彼にデートに誘われかなりテンションも上がり、とびきりお洒落をして気合を入れてデートに挑んだのですがデート中、彼は気づけば爪を噛んだり、貧乏ゆすりをしていてなんとなく最初の印象とは違って見えてきたのですが、その後靴を脱いでお店に上がった際、靴下に穴が空いていたり、よく見ると肩にふけがポロポロ落ちていたりと最初に爽やかに見えた印象とは全く違う一面が見えてきて彼とはその1回のデートを最後に連絡を取るのを辞めてしまいました。

②トークが暗すぎる

アラサー男性のトークでよくあるのが、自分をやたらとサゲるトークです。「俺ってチビでデブで収入も低いから、ぜんぜんモテないんですよ」などと笑顔で言われた日には、女性はどう返答していいかわかりません。

自分ではいつもどおりの楽しいトークをしているつもりでも、話の内容が憂鬱であったり、一方的でキャッチボールできないものであれば、二回目のデートは断られてしまうかもしれません。

まずは、 「この人といると明るくなれる」というトーク を心がけましょう。なにも女性相手におべっかを使え、と伝えたいわけではなく、「楽しいな、もっと会いたいな」と思うようなトークのお題を用意することをおすすめします。

キャッチ画像1167620代女性
口から出る言葉すべてが暗い!
以前お付き合いしていた彼が、とてもネガティヴな人でした。毎日夜に電話をしていましたが、口から出る言葉が全て暗く、嫌なことが起きるのは、自分の性格や育ってきた環境のせいだと決めつけていました。そのため、励ましても、「あなたには分からないよ。」と言われてしまい、話が進みません。ある日、その人と付き合いだしてから暗くなったねと友達に言われたことから、お付き合いってもっと楽しくなきゃいけない!と思い立ち、お別れすることになりました。

③就活並に婚活準備できていない

婚活している女性は、男性よりも自分のタイムリミットに敏感になっています。よく言われるのが「婚活にワンミスなし」です。というのも、学校や会社などとは違い、婚活サービスで出会った相手は、当然ですがそのシステムが介在しなければ、ほぼ二度と会うことはできません。

その貴重な一度の出会いで、準備不足のためにうっかり起こした小さなミスのせいで、たとえ相手が理想の女性であっても、印象が悪くなってしまえば二度と挽回するチャンスは恵まれないと考えた方が無難です。

同じアラサーといえども、平均的に言えば女性の方が圧倒的に売り手市場です。出産というタイムリミットがあり、売り手市場でワンミスの許されない相手と出会うには、 就職活動ばりの万全の準備を心がけて当たり前 なのです。

30代必見!アラサーの婚活はスピード勝負な理由

婚活アラサーに襲い掛かる20代前半世代

キャッチ画像11677
少子化と結婚難が社会問題化して久しい日本で、どうすれば男女はノーストレスな出会い→結婚へといたるのか、という研究が国家レベルで着々と進行しています。

結婚の難しさは日常的なニュースやドラマとして、すっかりお茶の間に定着してきました。いま20代となった男女は、幼い頃から大人たちが直面した結婚難と少子化、男女共働きの難しさをよく知っています。

だからでしょうか。アラサーの感覚では「早すぎない?」と思う20代前半の段階で、婚活サービスへの登録率が年々上がってきているのです。

アラサーの婚活はスピード勝負

先述したとおり、男性は女性の出産適齢期をさりげなく気にしていますし、女性もまた年齢を追うほど自分より若い男性を結婚相手に探す傾向が出てきます。

そもそも20代アラサーと30代アラサーがしのぎを削っていたアラサー婚活において、さらなる20代前半婚活時代の到来とともに、加齢から逃れるためのスピード勝負が男女ともに重要となっているのです。

30代をすぎると成婚率がどんどん下がる理由も、30代が深くなるほどに「この人はよっぽど結婚できない理由があるはず」と年齢だけで仕分けされてしまったり、またマッチングする年齢層もあがるにつれ、相手の中には「結婚相手に選ばれようとする努力を怠った異性」が登場する割合が上がってくるでしょう。

婚活を成功させるための心得3つ

①第一印象第一主義を受け入れる

キャッチ画像11678
まずは「第一印象を磨く」ことです。ときには侮辱的に聞こえてしまうかもしれないのですが、婚活とは手を抜けばすぐに「一期一会」となります。

 理想の相手と出会う一度のチャンスを決して逃さないために、外見を磨くことはとても重要なこと です。雰囲気イケメン上等です。

女性もまた、ヘアケア&メイク、年相応ファッションを常に意識し、無理して余計に老けて見える若作りはやめ、親しみやすく清潔なスタイルを心がけましょう。

②相手のいいとこ探しを得意とする

婚活心得の大切なキーワードがあります。

 「理想の相手を探すのではなく、目の前の選択肢の中から誰かを選ぶ意識をもつ」 というものです。選ぶことを楽しむために婚活をしているのではなく、たったひとりの相手と結びつくために婚活をしていることを忘れては、まだ見ぬ理想を追い求めて婚活をこじらせることになりかねません。

そのためには、「目の前の相手のいいとこ探しを得意とする」スキルを手に入れましょう。

③最初の数人から選ぶ意識を持つ

結婚相談所など、プロの婚活コーディネーターが介在するサービスを利用している場合、あなたに紹介された最初の数人こそ、その婚活サービスが持つデータベースの中から検索された最高のスタメンだったりします。

そのベストメンバーを見て浮き足だち、「最初がこれなら、もっと探せばもっと理想の人が見つかるはず!」と要求スペックを跳ね上げてしまいがちですが、これが危険です。スピード勝負の婚活アラサーだからこそ、 まずは落ち着いて、最初の数人からしっかり吟味すること をおすすめします。

婚活がうまくいかないときは方法を変えるが吉

結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトetc.

キャッチ画像11679
婚活をする人はキャラも背景もそれぞれ違います。ある人にはベストな婚活サービスが、他の人からしたらやりづらいことなど、あたりまえのようにあるのです。

例えば結婚相談所ですが、恋愛初心者だったり異性に声をかけた経験の少ない人からしたらありがたいことですが、実際に会うまで何フレームも利用者の安全重視でこなすシステムも、ある人にとっては「かったるい」「費用がかさむ」とマイナスポイントとなるでしょう。

その場合は、 それぞれのスタンスで相手と直接やりとりできる婚活サイト であったり、 趣味や会話でお互いを理解しあう婚活パーティ に参加してみたり、豊富な手段を試してみてはいかがでしょう。

▼関連記事
婚活サイトランキングTOP5を徹底比較|ネット婚活の時代に絶対知っておくべき5つのことって?

ひとつの方法にこだわらないのがポイント

アラサーの婚活はスピード勝負ですから、「このサービスが合わない」と感じたら、他のサービスに鞍替えしたほうがいいかもしれません。あなた自身に問題がないのに、サービスと合わないがために結婚に結びつかないなどということは、あまりにやる気と時間がもったいなさすぎます。

▼関連記事
結婚相談所の成婚率ランキング|実は低い?高い?年代別の成婚するまでに出会った人数で実態を調査

婚活に疲れたら見直そう!あなたに合った方法がきっとあるはず

キャッチ画像116710
スピード勝負だからこそ、アラサーの婚活には体力が必要です。疲れたと思ったら、一度立ち止まってみましょう。走り続けるだけでは見えない、自己分析の時間を前向きに取ることが重要です。

第一印象の改造、凝り固まった婚活意識改革など、走らなくてもできることをやってみる時間も大切な婚活のひとつです。

そして、今の婚活スタイル自体に疑問が出てきたら、思い切って婚活サービスを変えてみるのも手です。元となるデータベースががらっと変わることで、出会える人も環境も変わるからです。

アラサーだからこそ、婚活も勝負強くいきましょう。

▼関連記事
結婚したい男女が知るべき厳しい現実とは?今すぐ取るべき3つのアクションを徹底解説

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)