恋活から婚活まで、出会い応援メディア tinomy(タイノミ)

コミュニティを活用した同じ趣味・価値観の人と出会える方法3選

マッチングアプリのコミュニティ機能は、気の合う異性を見つける最良の手段!出会いの確率をぐっと上げてくれます。今回は、コミュニティに参加するメリットと、カップル成立率が高まる理由をご説明します。

コミュニティを活用して出会う方法ってあるの?

キャッチ画像126801

マッチングアプリの中にはコミュニティ機能を利用できるものがあります。このコミュニティ機能、使い方がよく分からずスルーしてしまっている人も多いのですが、非常にもったいないことです。なぜならコミュニティは気の合う異性を見つける最良の手段であり、出会いの確率をぐっと底上げしてくれる機能だからです!

今回はコミュニティに参加するメリットと、カップル成立率が高まる理由をご説明していきたいと思います。

コミュニティを活用した出会いを探すメリット

「コミュニティ」とは平たくいうと趣味趣向が同じ人たちが所属するサークルのような機能です。といっても特別な活動をするわけではなく、基本的には所属しているだけ。では、コミュニティ機能を活用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

キャッチ画像126802

自分に合ったコミュニティに参加できる

コミュニティ機能が充実しているアプリでは、スポーツや趣味、語学に出身地と、実に様々なコミュニティが形成されています。ユーザーはそれらから自分の好きなコミュニティを選択でき、自分の趣味趣向をアピールできるのです。また、それほど精通していない分野でも、コミュニティの雰囲気が気に入れば誰でも気軽に参加できます。

 

いくつも掛け持ちすることができる

キャッチ画像126803

基本的にはコミュニティの登録件数に制限はありません。自分に合うコミュニティをいくつも掛け持ちできますし、当然退会も自由です。リアルなサークル活動と違ってしがらみがないのもメリットですね。

 

同じ趣味を持つ人と出会える

キャッチ画像126804

これがコミィニティ機能の最大のメリットです。自分が所属しているコミュニティなら、確実に趣味の合う異性を探すことができます。膨大な登録者のプロフィールを1人1人覗いていかずとも、より効率的に趣味の合う異性と出会えます。

 

共通の話題が増える

マッチングアプリで気になる異性を見つけても、最初にどうやって声をかければ良いのか分からないという方はたくさんいます。その点同じコミュニティのメンバーなら、共通の趣味という話題があるので会話もスムーズにいくでしょう。

また、同じ趣味を持っているだけで、年齢や性別の垣根を越えて仲良くなれることってありますよね。共有できる話題が多い分、親密になれる可能性もぐっと上がります。

コミュニティを活用した出会いを探すデメリット

コミュニティ機能には様々なメリットがある一方で、出会いに結びつかなかったという声もちらほら聞こえてきます。実はコミュニティを頼りにした出会いにはいくつかマイナスポイントがあるのです。

キャッチ画像126805

マイナーな趣味はコミュニティが少ない

実際に登録してみると、料理や音楽など比較的メジャーな趣味はコミュニティがたくさんありかなり賑わっている印象です。一方、マイナーな趣味は数が少なかったり、そもそもコミュニティが設立されていないこともあります。ただ前述の通りコミュニティにはいくつ登録しても大丈夫!少しでも興味があったり、これからはじめてみようと思っている分野でもまったく問題ないので、色々なコユニティを覗いてみるのがおすすめです。

 

年齢等の絞り込みができない

マッチングアプリはプロフィールの絞り込み機能が豊富なものが多く、理想の相手を効率的に探す助けになってくれます。しかし、コミュニティから出会いを探す場合は登録している異性が全員表示されるので、年齢やエリアなどの情報は1人1人確かめていかなければなりません。「趣味が合う」こと以上にどうしても譲れない条件がある!という場合には、コミュニティ以外にも出会いの手段を講じる方が良いかも知れません。

 

趣味に対する思い入れの違い

キャッチ画像126806

同じ趣味を持っているといっても、やり込み度や思い入れは人によって様々です。たとえば音楽なら、ヒット曲をメインに聴いているという人もいれば、インディーズバンドを隅から隅までチェックしてるという人もいますよね。

また、生活の中で趣味にどの程度重きをおいているかも人それぞれ異なります。趣味は休日に暇な時間を使って楽しんでいるという方もいれば、毎日夜遅くまで趣味に没頭しているという方もいます。こんな風に趣味による思い入れの違いがあると、温度差にお互いガッカリしてしまう場合もあるのです。

そのため趣味が合うからといってガツガツ趣味の話を振らず、相手がどの程度熱意を持っているのか見極めることが重要です。できれば自分と同じくらいの熱意で取り組んでいる相手を探すのがベストですが、そうでない場合は相手に合わせる余裕を持ちましょう。

コミュニティで出会った相手とカップル率が高い理由

コミュニティ経由で出会った相手とは、通常の検索機能で見つけた相手よりもカップル成立率が高いと言われています。マッチングアプリに登録しても中々恋人ができないという人も多いので、これは見逃せない事実ですね!では、一体何が成功率を上げてくれているのでしょう?

キャッチ画像126807

同じ趣味を持っているのでお互いに理解がある

同じ趣味を持つ人同士というのは似たところがあるので、お互いを理解することができます!あまりにもメジャーな趣味だと本当に色々な人がいますが、マイナーになればなるほど似た人が集まりやすいので、見かけたらすぐに登録しましょう。また、趣味に対する理解も深いので、恋人に内緒でこそこそ活動する必要もありません。

 

お金をかけるところが似ている

キャッチ画像126808

同じ趣味同士で付き合うと、お金の使い方に関して理解を得られることが多いと言われています。よく、結婚後相手の趣味の出費が原因で喧嘩するという話を耳にしますが、同じ趣味を持つ相手ならある程度理解してくれる可能性が高いというわけです。

もちろん趣味にどれだけお金をかけるかというのは経済状況や熱意によっても異なりますので、趣味が同じだからといって必ず許してもらえるとは限りません。ただ少なくとも「お金を使いたくなる」という感覚は分かってもらえるので、話し合いになってもスムーズに事が運ぶはずです!

 

共通の話題がある

コミュニティの参加者同士は「趣味」という共通の話題があるので、仲良くなるまでそう時間がかかりません。また、人見知りだけど趣味の話ならたくさんできる!という方も多いですよね。マッチングアプリは会話が盛り上がるかどうかが非常に大切になりますので、趣味が同じというのは大きなアドバンテージになります。色々と気を回さなくても趣味の話を振れば自然と会話が弾みますし、積極的に情報共有することで相手から好印象を持たれることもできます。

 

デートの場所に困らない

キャッチ画像126809

趣味が同じだと、自分が行きたいスポットに相手から興味を持ってもらえる可能性が高くなります。たとえば動物好きなら動物園、読書好きならブックカフェといったように、2人で楽しめるスポットを見つければ相手を誘いやすくもなります。趣味を楽しめるスポットやイベントにはお互い詳しいはずなので、お付き合いした後もデート場所に困るということはないでしょう。

 

付き合った後も趣味をすることができる

キャッチ画像1268010

恋人ができたから自分の時間をセーブしなくてはならない、という場面は往々にしてあります。フリーの時は帰宅後も休日も時間を自由に使えますが、恋人がいると相手の都合や予定に合わせなくてはいけない時もありますよね。たとえばですが、今まで休日は朝から晩まで趣味に没頭していたけど、恋人ができたから休日はデートに使う。といった風に、予定に「恋人との時間」が加わることで、それまで通りにいかない部分もでてくるわけです。

こう書くと「恋人ができたら趣味を我慢しなくてはいけない」という感じですが、そういうわけではありません。趣味と恋愛との両立は、お互いを思いあえば必ず可能です!ただ、趣味を理解してもらえていない場合はそれがなかなか上手くいかないこともあり得ます。

 

一方、趣味が同じなら熱意を共有することができます。趣味に没頭しすぎて喧嘩になる、なんてことはほとんどないでしょう。「どうしても外せないイベントがある」「今週末は趣味に費やしたい」など、理解しあえる部分が多くストレスなく生活できる可能性が大です。

コミュニティを活用した同じ趣味・価値観の人と出会える方法3選

キャッチ画像1268011

コミュニティ機能を活用するメリットについてご説明してきましたが、中にはあまりコミュニティが盛んでないマッチングアプリもあります。そこで、最後にコミュニティの種類が豊富で出会いに活用しやすいアプリを紹介したいと思います。

Pairs

キャッチ画像1268012

Pairsはコミュニティを探す際人気順、オススメ順、新着順など細かく検索することができます。中でもオススメ機能はかなり重宝します!自分が既に登録しているコミュニティから類推してオススメを教えてくれるのですが、この機能のおかげでさくさく気に入るコミュニティを見つけることができます。

キャッチ画像1268013
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
実際に試して解ったPairsの使い方ガイド|お相手検索・コミュニティ・いいね・メッセージまで解説

With

キャッチ画像1268014
Withはユーザー満足度が非常に高いアプリで、コミュニティも豊富に取り揃えられています。かなりニッチなコミュニティもあるので、マイナーな趣味をお持ちの方もここでなら気の合う人が見つかるかも知れません!また、比較的年齢層が若いので、最新の流行を取り入れたコミュニティも数多く見受けられます。

キャッチ画像1268015
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
新感覚の出会えるアプリ!with(ウィズ)の口コミ、使い方、料金etc.を総まとめ

youbride

キャッチ画像1268016
youbrideは真剣に婚活している方が多く集まるアプリで、結婚に直結するような出会いを求めるにはぴったりです。落ち着いている方が大半なためか、コミュニティも大人の趣味を楽しむ場所が多いように感じます。同じ趣味を口実にガツガツされたくない、じっくり相手を見極めたいという方におすすめです。

キャッチ画像1268017
(18歳未満は登録禁止です)

コミュニティのあるアプリを利用しよう

キャッチ画像1268018

コミュニティはマッチング成立率を限りなく高めてくれる機能です。同じ趣味だからこそ共有できる部分が多く、会話からデートまでスムーズに事を運べます!趣味が同じだと、休日の過ごし方やお金の使い方も理解し合え、イベントごとも一緒に楽しめるなど良いこと尽くめ!「同じ趣味を持った異性と付き合いたい」という方は、ぜひコミュニティ機能を活用しましょう。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)