シングルマザーでも恋愛できる?付き合う男の心理と恋愛対象

シングルマザーでも恋愛はできるのでしょうか?シングルマザーの恋愛が難しい理由と、付き合う男性の心理や特徴を紹介します。「シングルマザーは恋愛対象にならない…」と諦める前に、年上男性と年下男性別の事例を見てみましょう!

シングルマザーでも恋愛したい!


「シングルマザー」という女性の立場が過度にクローズアップされることで、「1人の女性として恋をする」という当たり前な情感が、まるでいけないことのように見られてしまうことがあります。

シングルマザーと付き合うことを、男性は本音でどのように考えているのでしょう?この記事では、シングルマザーと付き合う男性の心理とその恋愛対象について迫っていきます。

シングルマザーは恋愛対象になる?

persons-731514_640
シングルマザーは恋愛対象になるのでしょうか?ここでは有名芸能人2人のケースをまとめました。

年下男性の場合


大人気ドラマ『HERO』など、名脇役の演技派美女として華々しいキャリアを持つ大塚寧々さんは、1人息子が2才の時に前夫と離婚しました。その翌年、一つ年下の田辺誠一さんと再婚し、今は10代後半となった息子さんと仲良し家族として生活しています。

大塚寧々さんと田辺誠一さんはもともと仲の良い友人関係だったそうです。つまり、彼女が恋をして結婚し、長男を出産後、夫と上手くいかなくなるという人生を、かなり近くで見守っていたのです。

そんな彼女と、彼女の選んだ道を丸ごと愛し、添い遂げてくれる年下男性は存在しました。シングルマザーとしてではなく、1人の女性としての生き方を尊重し、支えとなりたいという心が愛へと変わったのでしょうか。

年上男性の場合


元モーニング娘。の市井紗耶香さんは、前夫と離婚して二人の娘を持つシングルマザーとなり、9歳年上の現在の夫と再婚をしました。

共通する友人の紹介で出会った二人は恋をするのですが、やはり子どもと彼氏の関係が友好になるよう、市井紗耶香さんは気を使っていたようです。

しかし、別の友人から「彼氏と子どもの関係よりも、まずは二人の関係が重要なんだよ」と諭されたそうです。

前夫との離婚理由が育児放棄だったこともあり、新しく父になる彼氏と子どもの関係が良くなることばかりに意識が集中してしまいがちだった彼女に、彼が贈ったプロポーズの言葉は、「残りの人生、一緒に生きていきたい」というものでした。

年上男性の包容力は、シングルマザーとその家族も包み込むほど大きなものだったのです。

ただ
年齢差に関係なく、シングルマザーとなってしまった彼女自身がまっすぐ子どもと向かい合い、しっかり生きていこうとしている姿を支え、彼女を愛し守りたいと思う男性は少なくないようです。

シングルマザーの恋愛が難しい理由

シングルマザーであるという素性を隠したい

49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s
「私はこう見えても子持ちです」と触れ回って生活しているわけでもない以上、男性との出会いがあったとしても、その男性は彼女がシングルマザーだということを、多くの場合知らないわけです。
シングルマザーであることを打ち明けたら、彼がどんな反応をするかを想像すると怯んでしまい、つい隠してしまうこともあるのです。

子どもがいるので彼と過ごす時間がない

e4a3b4d64d613a63a15fb0cc42cdeadc_s
子育ては時間との戦いです。働く母親であり、なおかつ基本的にワンオペ育児ですから、いくら彼の元に想いがあったとしても、独身女性があたりまえにしている気軽なデートに割く時間を作るのにも大変な苦労が伴うことを、男性に理解してもらわなければ難しいのです。

「シングルマザー」への偏見が厳しい

woman-506120_640
世間一般の視線は、どうもシングルマザーを「無私な聖母」のような存在にしてしまいたくなるようです。

先ほど説明したように、必死の思いで作ったデートタイムを楽しむシングルマザーに対する心無い言葉もあります。

例えば「子どもを放っておいて男遊びか」「子どもが可哀想」「他にやらなければいけないことがあるだろうに」など、無数のトゲが世間にはフワフワと浮いています。偏見との戦いに、シングルマザーは恋に疲れてしまうのです

子どもと顔合わせするタイミングが難しい

kid-1365105_640
母親にとって子どもは何よりも大切な宝物です。その宝物を自分の恋愛のために傷つけまいと、シングルマザーは神経質なほどに子どもと彼の関係に気を使うのです。

しかし、彼としてみれば子どもと付き合ってるのではなく、彼女個人と付き合っているつもりでしょうから、その心理の差を乗り越えた上で、子どもにショックを与えずに彼と顔合わせをするタイミングを計らなければなりません。

子育てと恋愛のスイッチがしんどい

young-woman-1745173_640
シングルマザーの生活は分刻みのハードスケジュールです。恋をすればなおさら、彼と子どもの間を行ったり来たりするため、気持ちの切り替えが大切となります。

子どもは環境の変化に敏感ですから、母の態度がいつもと違うというだけで不安定になることもありますし、だからといって放っておかれる彼氏も気の毒です。

恋する母親を見せたくない気持ちと、もっと自由に恋したい女性としての自分の狭間
で、心が削られてしまうのです。

シングルマザーと付き合う男の心理と特徴

シングルマザーである女性に心が惹かれる男性のタイプと、その心理的特長をおおまかにまとめました。

なによりも子どもが好き

man-863085_640
シングルマザーと結婚した男性に話を聞くと、多くの場合彼女と同じくらい、またはそれ以上に彼女の子どもを愛しています。

男手のない家庭で、時に忙しい母親の代わりにその子の生活や小さな心を支えることになります。もっとナチュラルな笑顔を見せてほしいと願った結果、すんなり結婚を選ぶ男性は少なくありません。

子どもと兄弟のような関係になる年下彼氏

dad-909510_640
年下彼氏の特権として、シングルマザーの彼女からも、その子どもたちからも、まるで兄弟のように頼りにされる傾向があります。そんな立場を楽しめる男性が、シングルマザーの彼氏には向いているようです。

忙しい彼女を支える包容力のある年上彼氏

couple-2245539_640
世間から何かと厳しい目で見られ、ストイックな生活を過度に期待されるシングルマザーの心を寛がせる、どっしりしたタフな年上彼氏の場合です。

彼女にとって唯一の避難場所のような存在となります。彼女の愛を信じ、ブレることなく愛を注いでくれる男性なら安心かもしれません。

シングルマザーの恋のきっかけを応援するアプリ

再婚活やシンママを応援するマリッシュ

マリッシュ
恋に仕事に子育てに、時間と体力がいくらあっても足りないシングルマザーを、婚活サービスも注目しています。

マリッシュ」という婚活サービスでは、シンママ(シングルマザー)やシンパパ(シングルファザー)や再婚者といった、出会い方にハンデを感じがちな会員への特典が充実しているので、初めて婚活サービスを利用するシングルマザーに、特におすすめです。

マリッシュを使うメリット


離婚経験者や子持ちのシングルにとって、最初の、そして最大のハードルである「独身者に自分の人生パターンを認めてもらう」ための説明をしなければならない手間が省けるのが、何よりのメリットです。

シングルマザーである自分にハンデを感じることなく、運命の相手を探すことができるこの「マリッシュ」は、

★身分証明書による年齢確認
★24時間365日サポート・監視

など、信頼できる婚活サイトであるための基本的な登録条件が盛り込まれています。

出会いの少ないシングルマザーだからといって妥協せず、一生をともに過ごすパートナーを、年収や職業、顔写真や充実したプロフィールなどから見極めることが可能なのです。まずはどんな会員がいるかどうか確かめてみてはいかがでしょうか。

マリッシュ
(18歳未満は登録禁止です)

▼関連記事
マリッシュの口コミ・評判からわかった会員の特徴と4つのメリット【婚活アプリ】

シングルマザーでもモテる人はどんな人?

5e2502d866daa7618144cc97c191779c_s
シングルマザーでもモテる女性も勿論存在しますよね。男性にとって魅力的に映るシングルマザーはどんな女性なのでしょうか?

それは自分の意識で、大変な毎日をもキラキラした輝きを放つものに変えられる強さを持っている人ではないでしょうか。

「子どもがいるから大変」なのではなく、子どもがいるからしっかり生きようと頑張れる女性であったり、着飾るわけではないけれど身奇麗なスタイルを上手に保った清潔感を持つ女性であったり。そういう女性の力になりたいと、男性のヒーロー願望が揺さぶられるのかもしれません。

シングルマザーのデートはどこがオススメ?

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
シングルマザーというカテゴリーとはいえ、1人の恋する女性です。自分が彼と過ごしたい場所や行きたいところに気軽に足を運べばいいものなのですが、子どもがまだ幼い場合、たとえどこかに預けたとしても、突発的に何が起こるかわからないのがつらいところです。

自分の生活圏から離れすぎたデートスポットだと、子どもの元にすぐに戻れなくなります。スマホや携帯の電源を切らなければならない場所だと、緊急連絡にも応えられません。

大人デートに相応しい映画館や静かな美術館、プラネタリウムなどに行きたい気持ちを抑え、おしゃれなカフェや東京スカイツリーなど、交通の便も良く電話にも出やすいスポットがおすすめです。

彼が子連れデートに賛成してくれるなら、女性の保護者だけではチャレンジしにくいアウトドア系スポーツやキャンプもいいかもしれません。彼と子どもの距離も自然に縮まる可能性もあります。

しかし、ここでも子どもの心を最優先させることを忘れないようにしたいものです。

シングルマザーの恋愛で子供のために気をつけること

kid-1365105_640
シングルマザーの子どもにとって、この世で唯一、全身全霊で甘えられる保護者は母親しかいません。母親を奪われることは、その子の生きる世界そのものを奪われることと同等なほど、厳しく耐えられないものなのです。

恋愛に夢中になるあまり、わが子を放置してしまう悲しいニュースが時々報道されています。それがシングルマザーへの偏見の目に変わり、生活しにくい空気感となるのです。

これはシングルマザーである彼女だけの問題ではなく、恋愛相手もまた、彼女の子どもへの気遣いを忘れず、彼女をその子のもとにしっかり送り届ける度量が必要です。

シンママさんの恋愛を応援します!

love-2353874_640
シンママさんの上手な恋愛は、子どもの幸せも大きく左右することになります。その事実に責任感を負いすぎて、恋に臆病になる気持ちが沸くのではないでしょうか。

忘れないで欲しいことは、子どもにとって、母親の幸せは何にも変えがたいものだということ。

幸せな笑顔を保つ母親を支える彼の存在が、母子家庭の光になることを願い、当サイトはシンママさんの恋愛をこれからも応援していきます。

マリッシュ
(18歳未満は登録禁止です)

交際経験0
成婚

関連記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

話題のカテゴリー

 

Webで婚活計画(プラン)