結婚諦めた人の理由と男女別の年齢|諦めたほうが結婚できるって本当?

結婚を諦めた人の理由と、結婚を諦める年齢を調査しました。「結婚は諦めたらできた」という声もありますが、本当でしょうか?結婚を諦めた場合のメリット・デメリット、結婚を諦めた人が結婚できたポイントと共にお伝えします。

本当に結婚諦めたほうがいいの?

キャッチ画像16121

結婚適齢期を迎えてしばらく経つのに、一向に彼氏や良い関係の人ができる気配なし…。「もう結婚は諦めた方がいいのかな?」と悩んでしまうのも仕方ないことです。

しかし、条件次第ではあなたが結婚できる可能性はまだまだ残されていて、諦めるか諦めないか、すぐに決断するのは早過ぎます。

この記事では「結婚を諦めた方が良いのかどうか」をテーマにお話を進めていきます。今現在、「結婚はもう諦めるべきかな…」と感じている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚諦めた人の実際の年齢は?

アラフォーで諦める人が多い

女性の場合、35歳〜40歳あたりのアラフォー世代になってくると、結婚を諦める決意をする人が増えてくるようです。理由としては女性の出産適齢期を過ぎようとしていることや、アラサー時代に比べると婚活の場でも年齢面で不利になることなどがあります。

男性の場合は出産適齢期が関わってこないこともあるのか、アラフォーになっても変わらず婚活を続ける人は多いです。ただ、やはり40代を過ぎてくると若い頃に比べて明らかにモテ度が下がってきた事を自覚し、結婚を諦める方向にいく人もいます。

若い年齢で諦めている人もいる

キャッチ画像16122

もともと結婚願望が薄かったり、1人でいることに幸せを感じるタイプだったりすると、20代〜30代で早々に結婚を諦める人もいるようです。

また「学生時代からモテなかった」「家庭環境が悪く結婚に希望を持てない」といった理由で結婚したくないと考えている人も。

後は「自分で稼いだお金を自由に使いたいから」「仕事や趣味をもっと楽しみたいから」など、家族という縛りが負担になることを心配して諦めるなど、様々な事情があるようですね。

男性が結婚を諦めた理由

養うだけの経済力がないから

特に不景気と言われる昨今では、男性の結婚願望が薄くなりがちです。家族を養える十分な収入を稼ぐことが難しいなど、経済的な理由で結婚を諦めるのもやむなしと考えてしまうのだとか。

確かに結婚はお金がかかります。最初は結婚式や新婚旅行、子供ができたら養育費、家族全員を養うお金など、とにかく男性側の出費が大きく増えるでしょう。

将来を長い目で見ることができる人ほど、結婚後の経済状況まで予測をたてようとします。そして自分の経済力がまだそこに追いつかないと思ううちは、結婚しない方が良いと諦めてしまうのです。

仕事が忙しく結婚どころでなかったから

キャッチ画像16123

結婚は人生の一大イベントですから、なにかと準備が必要になります。彼女へのプロポーズ、相手の家族への挨拶、結婚式の準備など、とにかくやることが一気に増えるでしょう。

さらに仕事が忙しく結婚どころではないと考えていれば、そもそも「結婚する」という選択肢すら出てこないですよね。

長い付き合いの彼女がいるなら良いですが、そうでない場合、まず出会いの段階から始めることになるので、時間に余裕がないと結婚相手探しも大変です。

趣味に時間とお金を使いたいから

結婚して家族を持ちたいという気持ちがない訳ではないけれど、自分1人の自由な時間や稼いだお金と引き換えにするのはちょっと…と考える男性もいるでしょう。特に多趣味な人や、ストイックに取り組んでいる目的がある人ほどよくある傾向。

女性にもいろんなタイプがいますから、結婚してもすんなり趣味にお金を使わせてくれるとは限りません。男性側もそこをわかっていますから、「なら最初から自分の為だけに生きよう」と結婚を諦めてしまうのだとか。

結婚に向いてないと思ったから

キャッチ画像16124

他人との共同生活が苦痛、子供が嫌い、そもそも女性が苦手といった理由で、「結婚することで逆に不幸になりそう」と感じて生涯独身を選択する男性もいます。自分1人だけの生活に十分幸せを感じ満足している場合は、わざわざ結婚をするメリットも少ないでしょう。

恋人は作るものの、なるべく結婚願望のない女性を探すなど、後腐れのない関係でいられる恋愛を望んでいます。また自分の性格的に結婚には向かないと自覚しており、「結婚すると相手を不幸にしてしまうかも…」と最初から諦めているケースも。

女性が結婚を諦めた理由

子供が欲しいと思わなかったから

もともと子供が好きじゃないから、自分の子供も欲しいと思えない女性もいます。でも、結婚したら子供を望む男性が多数派であることから、結婚に対して後ろ向きになった結果「しなくてもいいか」と思うようになるケースも。

好きな男性との愛の証である子供ですが、出産や子育てなどの苦痛・ストレスを抱えてまで欲しくはないと考えているようです。それなら1人で気楽に生きる方が良いと、結婚を諦めて生涯独身を選択する女性もいます。

結婚したいと思った人がいなかったから

キャッチ画像16125

運悪く周りで良いご縁に恵まれてこなかったパターンです。女性ばかりの職場で長年忙しく働いてきた人などに多いでしょう。妥協して相手を選ぶくらいなら、ずっと独身で良いと考えているようです。

また、ある程度年齢を重ねてくると女性自身の社会的スペックが上がるのもあって、男性にもそれなりのスペックを求めてしまいがちに。知らず知らずのうちに理想が高くなってしまい、結婚したいと思える相手がなかなか現れないようです。

モテてこなかったから

学生時代からモテないタイプで、自分でも自覚しており、「今までモテなかったから結婚なんて無理」と思い込んで独身でいいやと思っているパターンです。

若い頃から積み重なったモテない経験が、婚活に取り組む時に足を引っ張ってしまうのだとか。たとえば男性に対して積極的になれない、ネガティブな想像をしてしまうといった悩みが起こりやすいようです。

ちなみに「モテる=結婚できる」というのがそもそも解釈違いなのです。男性は必ずしも「モテる女性」を妻にしたいわけではないという事を頭に入れておきましょう。

男女共通の結婚を諦めた理由

一人で過ごすほうが楽だから

キャッチ画像16126

結婚すると、家族の為に生きる人生になるといっても過言ではありません。男性であれば稼いだお金の多くは養育費に変わり、女性であれば子育てで自分の時間が大きく削られるでしょう。

性格面でも、誰かと一緒に過ごすのがストレスになりやすい人は、普段から1人で過ごすことを幸せと考えています。お金も時間も自分の為だけには使えなくなるのもあり、結婚することがかえってストレスになってしまうケースも。

年齢的なことを考えて

結婚をする為の努力はある程度していたものの、ついに年齢的なリミットが近づいてきたと感じた場合、「それが運命」と婚活を断念する人もいます。

だいたい女性の場合は40歳以降、男性の場合は45歳以降からこういう思考になりがちです。婚活しても結婚できる可能性が薄そうに感じ、結婚を諦めて1人で生きていく道を模索しようとします。

単に結婚するだけであれば何歳からであっても可能ですが、特に女性の場合妊娠・出産問題が関わってくるので、より諦めムードになりやすいようです。

出会いがないから

キャッチ画像16127

職場や通勤途中、プライベートなど、普段の生活圏内で出会いがないことから、「結婚とは縁が無いのかも」と諦めてしまうパターンです。

積極的な人であれば、友達・知人に紹介を頼んだり、進んで出会いの場に行ったりと努力しているのですが、本人の理想条件に合う相手がなかなか現れないこともあります。

消極的な人の場合、出会いに繋がる行動すら起こそうとしないので、出会いの有無も運任せとなってしまい、ご縁が無いまま何年も独身のまま…という事に。

結婚を諦めたくない人に最適な恋活・婚活サイト

結婚を諦めている人の中には、「本当は結婚したいんだけど…」と考えている人も多いと思います。

そういう人にはまず、固定観念は一旦忘れて、行動だけでも起こしてみるのがおすすめです。まずは行動することで、あなたの希望条件に会う異性が現れるかもしれません。

ここでは結婚に繋がる出会いを探しやすい恋活・婚活サイトを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは恋活から始めたい人向け「ハッピーメール」

キャッチ画像16128
もっともハードルが低く、しかも効率がいい方法の1つが恋活アプリを利用すること。会員数の多い恋活アプリであれば地方でも多くの会員を抱えているので、チャット感覚かつスキマ時間を有効活用して出会うことができます。

例えばハッピーメール累計登録者数2000万人(2020年現在)を突破している、日本最大級のマッチングサービス。婚活ではもちろん、恋活や趣味友探しにも利用することができます。ユーザー数が圧倒的に多いことから好みの条件で探しやすく、サービス内で出会えた確率は74.5%と高確率!

個人情報の保護などセキュリティはしっかり徹底されていますし、ニックネームなど匿名での利用もOKです。まずは友達からお付き合いできる相手を探してみてはいかがでしょうか。

キャッチ画像16129
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

真剣に結婚を考えている人に出会える「マッチドットコム」

キャッチ画像161210
世界25ヶ国でサービスを展開し、国内では登録ユーザーが187万人(2020年現在)を超えるマッチドットコム」も、結婚を視野に入れるにはぴったりマッチングアプリ。本気で結婚相手を探したいと考えているのであれば、まずは登録しておきたいアプリのひとつです

ユーザー層は主に婚活中の男女が多い傾向です。30代〜40代後半あたりの結婚適齢期と言われる年代の人が多く利用しています。登録自体は無料で相手検索までが可能なので、まずはどんな異性との出会いがあるのか、のぞいてみるのがおすすめです。
キャッチ画像161211
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

不安な人はまず無料診断を受けてみて

キャッチ画像161212
「婚活をはじめてみたいけど何からはじめてみたらいいかわからない!」という人も多いかと思いますが、その場合は各結婚相談所の無料相談で自分の状況を把握し、的確なアドバイスも貰うという方法もあります。

しかし、当然入会のお誘いもありますし、店舗にいくのが手間ですし、近くに支店がなければどうしようもありませんよね。

そこでおすすめしたいのが、「楽天オーネットチャンステスト」で、家にいながら楽天オーネットの会員の中で自分の条件でどれくらいの人数の人が該当するのか?を知ることができます。

また、テスト後には郵送で成婚夫婦の体験談を貰うことができますので、アドバイザーに直接聞くまではいきませんが、結婚するまでのひとつの指針を手にすることができますよ!

キャッチ画像161213
▼こちらの記事もチェック
楽天オーネットの無料診断「結婚チャンステスト」の特徴と受け方ガイド

結婚を諦めたときのメリット

お金や時間が自由

キャッチ画像161214

自分で稼いだお金はすべて自分の為だけに使うことができ、自由な時間が既婚者より圧倒的に多いのが独身ならではのメリットと言えます。このメリットが、自分にとって「家族を持つことの幸せ」より大きく上回るものである場合、無理に結婚を考えなくても良いのかもしれません。

また、1人であれば老後資金を貯めやすいというのも利点です。年老いた時に老人ホーム等の施設のお世話になることに抵抗がないのであれば、そう難しい生き方にはならないはずです。

好きなことができる

家族の目や意見を気にせず、好きな生き方ができるのも独身のメリットです。やりたい仕事、お金をかけたい趣味、世界一周旅行など、1人ならどんなことでも気兼ねなくできます。

1人でいることにストレスを感じないタイプであれば、これほど自由で幸せな生き方はないのではないでしょうか。ただ親など家族周りには心配されると思うので、あらかじめ自分の決めた生き方についてはしっかり伝えておきましょう。

結婚を諦めたときのデメリット

子供ができない

キャッチ画像161215

将来は子どもが欲しいと考えていた場合、妊娠・出産が難しくなることは結婚する上でのデメリットと言えるでしょう。

女性であれば未婚であっても子どもを授かることはできますが、結婚しないのであれば子育ては1人でしなくてはならないので、少し大変な毎日になるかもしれません。子どもを産まない・持たない選択をしたことを後になって後悔しないかどうか、よく考えて決める必要があるでしょう。

老後が寂しい

独身を貫くのであれば、いずれ一人で生きていくことは免れないでしょう。親もいつまでも生きていてくれるわけではありませんし、晩年になるにつれパートナーがいない現状に寂しさを覚えるようになるかもしれません。

今は一人が楽と感じていても、歳を取るにつれて孤独感を強く感じるようになる人もいるので、そうなった時にどうするかは考えておいた方が良いでしょう。

看病してくれる人がいない

キャッチ画像161216

既婚者であれば、風邪をひいたり入院したりするとパートナーや家族が身の回りのお世話をしてくれますが、独身の場合はそういったサポートは望めない為、公共のサポートに頼るしかなくなるでしょう。

まだ親も存命で、本人の体力もある若いうちは良いですが、歳をとり病気がちになった時、頼れる家族がいないとなると困ることも出てきます。

結婚を諦めた人が結婚できたポイント

出会いの機会を作る

結婚を諦めたとはいえ、出会いの場に足を運んではいけないという訳ではありません。結婚は諦めながらも、あくまで出会いを楽しみたいという気持ちで行動することで、結果的に相性の合う結婚相手と出会えることもあるのです。

諦めることは行動しないという事ではなく、無理に婚活に取り組もうとしないことと考えれば良いでしょう。一期一会を大切にし、様々な出会いを楽しむことでかえって良いご縁に繋がることもあります。

友達に誘われれば行く

キャッチ画像161217

結婚を諦めていても、友達が合コンやお見合いに誘ってくれるようであれば、なるべく行くようにしていたという人も。特に期待してなかったものの、偶然そこで結婚相手と出会えるケースがあります。

もちろん嫌だと思う場合は無理に行く必要はないですが、諦めの気持ちを持って参加することで純粋に楽しむことができますし、そんな姿を魅力的に感じてくれる異性が現れるかもしれません。

相手に合わせない

結婚を諦めた人の中には、結婚したいあまりに相手に合わせる努力をしていた人も多いかと思います。しかし、時には相手に合わせないことがかえって功を成し、結婚へのご縁へと繋がるケースもあるのです。

現に、結婚を諦めることで相手に合わせようという気持ちがなくなり、自然体で過ごせるようになったことで自分の魅力がより強く発揮される人もいます。そんな自然な姿を良いと思う異性が現れることで結果的に結婚へと繋がるのでしょう。

結婚を諦めると意外と結婚できる場合がある

結婚諦めた人が結婚できた体験談は多い

キャッチ画像161218
人生というのはいつどんなことが起こるかわからないもので、結婚を諦めた後にたまたまご縁があり結婚できたというケースは意外と多いです。

たとえば結婚を諦めて趣味や習い事などを楽しんでいたら、その関係で出会った人と結婚したり、結婚を諦めたことで気が楽になり、自分らしく振る舞えるようになった途端ご縁があったり…という様に。

いったん結婚を諦めたからといって、必ずしも生涯独身が決まるという訳ではないのです。結婚情報誌などの雑誌では、いろいろな形の結婚体験談が読めることもあるので、もし見つけたらチェックして励みにしてみましょう。

結婚を諦めたのに結婚できる理由

結婚を諦めた後になって、ご縁があり結婚できる人がいますが、不思議な現象ですよね。実はこの理由として、一度スッパリ諦めることで心持ちが変わってくることが大きいです。

一度結婚を諦めることで焦りや期待感などがなくなり、異性に対して自分らしく振る舞えるようになる場合があります。特に婚活中、気合を入れすぎて自分らしさを失っていた人ほど、諦めることでかえって良い方向に進むこともあるのだとか。

必ずしも諦めることが結婚に繋がるという訳ではありませんが、婚活などに力を入れすぎていた場合は、婚活だけでもいったん諦めることで、何かが変わってくる可能性もあります。心を楽にして自分らしさを取り戻すことで、良いご縁が舞い込んでくるかもしれませんね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)