セカンドパートナーを徹底解説!メリット・デメリットや作り方とは?

セカンドパートナーって何?

キャッチ画像168711

最近「セカンドパートナー」という言葉が話題になっています。セカンドパートナーとは一体何なのでしょうか?またどうやって作るのでしょうか?

今回の記事ではセカンドパートナーにスポットライトを当ててじっくり解説していきます。

セカンドパートナーを不倫と勘違いしてしまう人が多いのですが、それとは全くの別物になります。法律には触れない範囲で親密な交際をする相手のことをセカンドパートナーと呼び、大人な関係として今話題になっているのです。それでは、不倫との違いについて具体的に見ていくことにしましょう。

セカンドパートナーは不倫と違う?

セカンドパートナーとは友達以上恋人未満の関係

キャッチ画像168712

不倫のように肉体関係を結んでしまうと、不貞行為とされて法律に触れてしまいます。セカンドパートナーとは信頼関係を構築していっても、その先にセックスはありません。あくまでプラトニックな関係というわけです。

既婚者同士に多かったのですが、最近では既婚者と独身の関係も増えてきているようです。お互いにお互いの状況を理解した上で、ある一線以上は踏み込まない、いわば友達以上、不倫未満の関係という特徴があります。

セカンドパートナーは肉体関係は持たない

どんなに恋愛感情が高まっても一線超えられないのは辛く思えるかもしれませんが、そこを超えてしまうと離婚の理由になってしまいます。高額な慰謝料だって支払いたくないですよね。あくまで家庭が最優先という人が多いのでしっかり条件は守るわけですね。

セカンドパートナーとのスキンシップは手をつなぐ、キス、抱擁まででクリーンな関係を保っています。絶対に肉体関係は持ちません。不倫相手としてやましい気持ちで接するのではないということを頭に入れておきましょう。

セカンドパートナーの存在を隠さない人も多い

キャッチ画像168713

セカンドパートナーの存在を隠さず配偶者に話して理解を得ている人も少なくないそうです。結婚し、長い間生活を営んでいる夫婦の間では、愛がなくなってきてしまうこともしばしば。自分では満たしてあげられないのでセカンドパートナーを認める人もいます。

また、相手が知らない状態でセカンドパートナーの存在がバレた時に不倫を疑われてしまうので、そうならないように事前に許可を取る人もいます。肉体関係を結ばないのであれば、と容認する人もいるそうです。

セカンドパートナーを作る理由は?

パートナーとマンネリ化して刺激が欲しいから

結婚生活が長くなるとどうしてもマンネリ化し、新婚当初のようなラブラブ感はなくなってきます。お互いに毎日一緒にいることが当たり前になり、容姿が変わったり気遣いできなくなったりします。

独身の頃のトキメキをつい忘れてしまいがちですが、恋愛をすることはとっても楽しいこと。純粋に恋愛を楽しみたい、でも配偶者との離婚は考えていない、という人は新たな刺激を求めてセカンドパートナーを作るようです。

心の拠り所が欲しいから

キャッチ画像168714

セカンドパートナーができれば気軽に電話やLINEなどで連絡がとれ、些細なことでも話を聞いてくれます。自分を認めてくれたり褒めてくれたりする人が一人いるだけで元気が出て、明日も頑張ろうという気持ちになりますよね。

配偶者と会話があまりない人、子供とコミュニケーションがうまく取れない人、職場で仲のいい人がいない人など日常に寂しさを抱いている人にとっては、セカンドパートナーの存在が心の拠り所となるようです。

不倫より罪悪感が少ないから

刺激は欲しいけど体の関係になるのは怖いという人もいます。体の関係になれば不倫関係になってしまい、離婚の原因を作ることになります。そうなると今の家族が離れ離れになり、会社でも白い目で見られ、世間体的にも辛い…。

セカンドパートナーとは不倫にはならないため罪悪感が少なく、かつ異性と恋愛ごっこをすることができます。不倫をする勇気はないけど、どきどきしたいという人にはもってこいの存在ですね。

セカンドパートナーがいることのメリット

いつまでも若くいられる

キャッチ画像168715

肉体関係がないのであれば友達なのでは?と思うかもしれませんが、友達と違ってお互いに好意、恋愛感情を持っているのがセカンドパートナー。お互い好き同士なので、友達と出かけるのとは違って、恋人同士としてドキドキしてデートすることができます。

どきどきするとホルモンが出るため、生物学的に恋をすると若くいられるというのは本当なのです。中でもエストロゲンと呼ばれるウエストのくびれを作ったり肌のキメを整えるホルモンも分泌されるため女性にとっては強い味方になります。

精神的に余裕ができる

人は幸せを感じると、他人にも優しくできるもの。誰かに必要とされ、頼られている感覚があると、心が満たされて精神的に余裕ができます。

配偶者とうまくいかない時でも、セカンドパートナーの存在が心の拠り所となり、余裕を持って対応できるのです。

デートする度にリフレッシュできるので、家庭生活も充実してくるでしょう。

悩み事を相談できる

キャッチ画像168716

辛いことや悲しいことがあった時、配偶者と喧嘩をした時など、あなたは誰に悩みを相談していますか?自分の親だと余計な心配をかけるし、友達にこんなディープな話をしていいのか悩みますよね。

そんな時、信頼の置けるセカンドパートナーに悩みを聞いてもらえれば、気持ちも落ち着き、冷静な判断ができるようになります。セカンドパートナーが夫婦仲の改善に一役買ってくれるのです。

刺激がある

夫婦生活は馴れ合いになりがちですが、セカンドパートナーという存在が日常生活に刺激を与えてくれ、イキイキとした毎日が送れるようになります。

マンネリ化した生活も、気持ちが前向きになることで、一気に素晴らしいものに生まれ変わります。

セカンドパートナーとの出会い方

職場の人や友人と発展する

キャッチ画像168717

職場で出会った異性はセカンドパートナーに発展しやすいです。
共に過ごす時間が長いため、信頼関係を築きやすく、親近感も湧いてくるからです。共通の話題も多いので、会話が弾みやすいメリットもありますね。
職場での飲み会やイベントなど、セカンドパートナーになるきっかけも多くあります。

また、異性の友人であれば、他の人にはなかなか言いづらい「セカンドパートナーが欲しい」という赤裸々な告白も親身に聞いてくれる場合が多いので、セカンドパートナーとして発展しやすいかもしれません。嫁や旦那のことをよく知っているので配慮も上手にできるかも。

共通の趣味がきっかけで出会う

同じ趣味を持った人がセカンドパートナーであれば、楽しそうですよね。共通の話題や価値観があるので、距離を縮めやすいです。

例えばスポーツ好きなら、社会人サークルを通した出会いがおすすめ。既婚者狙いであれば左手の薬指を見れば一目瞭然です。まずは友達になることを目標にして、話しかけたり連絡先を交換してみたりしましょう。

居酒屋やバーで出会う

キャッチ画像168718

バーは1人で来ている人も多く、常連になればマスターがいろんな情報をくれたり、紹介してくれたりする場合もあります。筆者もこれまで何人か紹介してもらった経験があります。来ていたお客さんと意気投合してということも。この場合はカウンター席に、お互い一人で座っている場合に多いです。

お店の雰囲気に合わせて客層も変わり、クラシックなバーであれば落ち着いた大人な雰囲気の人が多く、既婚者も多いでしょう。何回か通ってみることでやっと成果が出ることもあるので、気長に待てる人にオススメの方法です。

出会い系アプリやSNSで出会う

手っ取り早くセカンドパートナーと出会うなら、この方法が一番です。

自分の理想にあった人を探しやすく、初めからセカンドパートナーを探している人同士で出会うことができるので、仲良くなるのも早いのがメリット。

住んでいる場所、年齢、会う頻度など、条件を前提に探すことができるので、希望に見合った相手を自宅に居ながら見つけることができます。

▼こちらの記事もチェック
【2020年最新】優良出会い系アプリランキングTOP9|実際に試してわかった評判の理由

セカンドパートナーを作りやすいおすすめアプリ

キャッチ画像168719
セカンドパートナーを作りたいことをなかなか声を大にして言いづらいもの。だからこそ、セカンドパートナーとの出会いのために一番活用されているのがマッチングアプリなんです。初めてセカンドパートナーを作る人でも安心して使えますよ。

ここでは、口コミや評価の高い人気の優良マッチングアプリ2選を紹介しましょう。

「ハッピーメール」

キャッチ画像1687110

累計登録数2000万人(2020年現在)を突破したハッピーメールは、創設19年以上の健全な運営実績で、日本国内最大級の会員数を誇るマッチングアプリ。

ネットを使った出会いだとどうしても信用できず、未だに手を出せないという人にも不安を感じさせない、昔から多くの会員に利用されてきた出会いサービスです。

特にハッピーメールは、他社マッチングサービスと比べて真剣な出会いに利用する人が多い傾向にあるので、セカンドパートナー探しがしたい方におすすめ!

女性は無料、男性はポイント購入制となっていて、利用の仕方によっては月額制マッチングアプリよりも安く利用することができます。

男性は年齢確認をすれば1200円分のポイントがもらえるので、まずはどんな人がいるかお試し検索してみましょう!

キャッチ画像1687111
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

「PCMAX」

キャッチ画像1687112

PCMAXも利用者数はなんと1400万人以上(2020年現在)と莫大な会員数を誇っています。これだけ数が多いという事は、利用者の目的も様々。プロフィール設定が非常に細かいので、相手に求める条件検索もしやすいですよ。男女の比率は7:3と女性より男性の比率が高めです。

また、他アプリに比べて出会いに積極的なユーザーが多く、写真の投稿数は1日だけでも32000件とかなりの数!また、出会いの募集書き込みは月間85万件もあるので、登録ユーザーの情報を知りやすいですよね。

まずは気になる相手を見つけてからポイントを購入し、アプローチするのがおすすめ!今なら、男性は新規登録の年齢認証が終了した時点で30ポイントをプレゼント中♪年齢認証をすると相手にメッセージが送れるので、登録をするなら無料ポイントがもらえる年齢認証まで進んでおくのがおすすめです!

キャッチ画像1687113
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
PCMAXアプリの効率のよい使い方 | WEB版との違いを徹底比較!

セカンドパートナーを作るためのコツ

お互いの人間力も大切

キャッチ画像1687114

体の関係にならないということは、よりお互いの人間力が大事になります。本当に人として魅力がある男や女でないとセカンドパートナーは務まりません。体の関係はいらないから、ただ会いたいと思われるように自分磨きをする必要もあるでしょう。

相手には依存しない、何も求めないことも大切。自分自身がしっかりと独立し、相手の存在に頼りっきりにならないことを心がけましょう。いなくてもいいけどいると嬉しい、そのくらいの距離感がちょうどいいかもしれません。

距離を取れる余裕を持つ

もし距離が縮まってしまいそうになったら、自分から距離を取れるような状態でないとセカンドパートナーではなく浮気・不倫になってしまいます。ですのであまりにセカンドパートナーに夢中になってしまうのはNG。

自分には妻や夫だけでなく子どももいる、親なんだという自覚を持つことで心を強く保てることもあるでしょう。一時の感情や思いに振り回されることなく、いざとなったらセカンドパートナーの存在をスッパリ忘れられるようでないといけません。

セカンドパートナーを持つときの注意点

お互いに認識を一致させておく

キャッチ画像1687115

お互いにセカンドパートナーである、つまり本命の相手が別にいることを許すこと、体の関係は持たないこと、家庭を尊重すること、などお互いに同じ考えであることを確認する必要があります。

もし同じ考えでない場合はどちらかが一歩踏み込んだ関係になりたいと思っていて行動に移す場合もあるので要注意。大切なのは最初にお互いルールを決めてそれを守ることを約束することです。

夫婦で話し合い理解してもらう

肉体関係がないとはいえ、配偶者にセカンドパートナーの存在がバレてしまうと、やはりいい印象は抱かれません。離婚の原因になってしまうことも。しかし事前にセカンドパートナーの存在を配偶者に認めてもらっておけばそんなことにはなりません。

配偶者がセカンドパートナーを公認してくれるはずがないと思いがちですが、なぜ自分に必要なのか、メリットなどをしっかり説明することで分かってくれる場合もあります。あくまで自分のためではなくて、配偶者の為、二人の関係を良好に保つ為にセカンドパートナーが必要なのだと説くと納得してくれる場合があります。

セカンドパートナーとの将来はどうなる?

離婚をしてまでとは考えていない

キャッチ画像1687116

最優先は配偶者や子どもなど自分の家庭や家族と考えている人が多いので、あくまでセカンドパートナーとは今だけのお付き合いと割り切っている人がほとんど。将来の展開は考えていない人が多いでしょう。

セカンドパートナーの関係がどれくらい続いていくかは二人次第でそれぞれ違うと思いますが関係性に変化が出ることはまずないのではないでしょうか。お互いにそういう約束のもとセカンドパートナーシップが始まったので離婚をしてまで一緒にいようとは考えてないでしょう。

将来セカンドパートナーと一緒になる人も

子供が大きくなったら、パートナーが死別したら一緒になろうと言葉を交わしている人もいます。実際にそうなる人も少なからずいて、今後の人生に関わってくることも十分あります。

二人の関係を円満に保つための口約束である場合もあるので相手の気持ちの真偽を確かめる必要もあります。もし本気で好きになったのであれば配偶者と離婚を決意して、セカンドパートナーと新しい人生を歩むという人もいるでしょう。

セカンドパートナーを反対する意見もある

隠す時点で不倫

キャッチ画像1687117

隠すということはやましいことがあると思われます。隠している時点で浮気・不倫だと思ってしまう人もいるでしょう。特に女性は勘が鋭いため男性の僅かな変化にも気がつきやすいです。バレないと思っていても奥様には筒抜けだということもあります。

夫婦の間で何か隠し事をされるだけでもショックを感じる人もいます。正直にセカンドパートナーの存在を打ち明けたところで認めてもらえるとも限りませんが後ろめたい気持ちや申し訳ない気持ちがあるのならやめておいた方がいいかもしれませんね。

プラトニックだとしても裏切られている気持ちになる

たとえキスをしていなくても、体の関係がないとしても裏切られている気分になり嫌だと思う人もいます。筆者も旦那が他の女の人とカップルのように手を繋いでイチャイチャしながら歩いているのを想像すると少し嫌悪感を抱きます。

毎日LINEのやりとりをしている相手がいる、ということ自体不倫だと思う人もいるのに体の関係はないにしてもそれ以外のことをすると思うと、旦那のために夕飯を作って待っている自分が情けなくなるかもしれません。傷つくし辛くなるから嫌だと思う人は多いのではないでしょうか。

セカンドパートナーが原因で離婚する可能性

体の関係を持ってしまったのがバレる

キャッチ画像1687118

メリットがたくさんあるように見えるセカンドパートナーですが、もちろんデメリットもあります。それはセカンドパートナーが理由になって離婚する可能性もあるということです。バレなきゃいいと思って体の関係を一度でも持ってしまった場合、それは完全に不倫です。

離婚するための大きな理由になるでしょう。またセカンドパートナーに何かの拍子で逆恨みされて体の関係を持っていないのに、持ったということにされることもあるかもしれません。だからセカンドパートナーとはしっかり話をしておくべきなのです。

配偶者に反対されているのにセカンドパートナーを作る

セカンドパートナーを作りたい旨を配偶者にあらかじめ話したが反対された場合は素直に諦めましょう。いくら不倫未満のことしかしていなくても配偶者はセカンドパートナーの存在を知って激昂することあります。

約束を破ることと同じになるので信頼が一気になくなっていきます。今後の夫婦関係を最悪にする可能性もあるのでこそこそ遊ぶのはやめておくべきです。

セカンドパートナーを作ってハリのある生活を送ろう

キャッチ画像1687119

セカンドパートナーは不倫相手とは違い、清いお付き合いができるお相手です。毎日の生活に飽き飽きしたらセカンドパートナーを見つけて日常にハリを与えてみませんか?いくつになっても恋愛したっていいんです。

ただし、紹介してきたように守らなくてはいけないルールはいくつかあります。デメリットも理解して、ルールを守れば今の生活がもっと楽しくハリのあるものになるでしょう。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)