恋活から婚活まで、出会い応援メディア tinomy(タイノミ)

婚活で年収の嘘を見分ける方法と本人に上手に確認する方法

婚活での年収は嘘が多いって本当!?

キャッチ画像170671

婚活していれば皆さんきっとご経験があると思いますが、年収ってとっても聞きづらいですよね。中には婚活パーティーでもストレートに年収のことを聞くような猛者もいらっしゃるらしいですが、初対面でお金の話をするのはちょっと気が引けちゃいます。

だからといって、プロフィールカードなどに書かれている年収が本当かどうかなんて誰にもわかりません。なんせ自己申告ですから…。

結婚相談所で裏を取っている場合を除けば、多くの男性の場合はちょっと盛って書いてしまう、女性の場合はもしかすると男性に遠慮して少な目に書いている方もいらっしゃるかもしれません。一般的な婚活パーティーや街コンなどで出会う人の年収が正しいかどうかは、しっかり自分で確認することが必要です。

婚活の年収の嘘が多い理由5選

モテたい(男性)

キャッチ画像170672

やっぱり年収が高い男はモテますから、男性は少しでも多く稼いでいるように見せてカッコつけたいものですよね。年収が高いだけで、外見に自信のない男性でも女性に囲まれた生活だって夢じゃないわけです。

自己申告で年収を記入する場合、記入した年収の金額が正しいかどうかは周囲の誰にもわかりません。多少盛るくらいならかわいいものですが、悪質なものは相手を騙そうとする詐欺と同等ですね。

男性よりも年収が低いということにしておきたい(女性)

キャッチ画像170673

男性はプライドの高い生き物なので、基本的には自分の収入で女性をある程度養ってあげたい、女性を守ってあげたいと考えている人が多いです。もちろん今の世の中、共働きも多いので仕事を持っている女性が敬遠されるということはありません 。しかしながらやはり年収が高すぎると、「えっ俺より多いの…?えっ…?」という感想を持つ男性が多いのも事実です。

そうなると年収が高いというだけでモテない可能性が出てくるので、女性はやや少なめに申告する方もいるのです。

自分に自信がないので少しでも見栄を張りたい

キャッチ画像170674

なかなか自分に自信を持つことができず、少しでも周囲の異性に魅力的だと思ってもらいたくて年収を盛って書いてしまう人もいます。男女関係なく、仕事を持っている人なら年収が一つの社会的評価・ステータスと考えられるので、自分はすごいんだ!と誇張したくて嘘をついてしまうんですね。ただこれはかなり残念な結果にしかならないことが多いです。ここで見栄を張って嘘の年収を書いたところで、結局お付き合いすればバレてしまいます。

お金目当ての人に好かれたくない(男性)

キャッチ画像170675

年収がある程度以上ある人で、そのまま正直に書くとお金目当ての異性が寄ってくるのが嫌だと思い、年収を少なめに書く場合もあります。医師、弁護士、税理士などの職業に就いている方も同様の意見をお持ちかもしれません。

ただしそういった年収の高い男性は基本的にはモテるので、婚活パーティーなどの場に来ていることは少ないです。男性で年収を低めに見積もるのは、可能性としてはどちらかというと低いでしょう。

年収を証明する書類の提出を義務付けているイベントが少ない

キャッチ画像170676

よく「年収600万以上エグゼクティブ男性限定」などと謳った婚活パーティーはありますが、それも多くの場合は自己申告の年収であることが多いんですね。

収入証明書の提出を義務付けている婚活パーティー運営会社といえばプレミアムステイタスくらいで、普通の婚活パーティー運営会社は特に証明書類は必要ではありません。

きちんとした結婚相談所では年収証明書の提出が必須であることが多いですが、最近結婚相談所も手軽で安価なタイプが増えてきていて、中には年収証明書の提出が義務ではない会社もあります。婚活の場においても、年収で嘘をつくことは案外簡単にできてしまうのです。

婚活の年収の嘘を見分ける方法5選

婚活の場だというのに年収のことで嘘をつくなんて人としてどうなの?と思う方は多いと思いますが、人それぞれ様々な理由があるのでしょう。年収の嘘を見抜くためにはどんな対策をとれば良いのでしょうか?

会社での役職や仕事内容を確認する

キャッチ画像170677

会社での役職がわかれば、大体どのくらいの年収か想定することができます。高収入の職業であることを主張している場合は、その仕事内容について細かく掘り下げることで本当にその仕事をしているのか確認することが可能です。ただし、自営業の場合は正直あまり年収が読めないというのも事実なので、経営者である場合にはこの方法で確認することは難しいといえます。

月々の手取り額

キャッチ画像170678

年収と一言に言っても、結局税金でとられる額は多いので手取り額はかなり下がることも多いです。嘘で書いている場合、税金や諸経費を差し引いた手取り額まで把握している人は少ないでしょう。「年収●●●万って、手取りだと毎月いくらくらいなんですか?」とストレートに確認してみても良いかもしれません。

住んでいる場所や家の間取り

キャッチ画像170679

持ち物や車などは価値観によってはお金のかけ方が変わってくるので、それだけで判断することは難しい場合が多いです。しかし、住んでいる場所や物件についてはある程度年収に比例すると思われます。

仕事が忙しく高年収である人であえば、できるだけ交通の便が良いエリアを選択するはず。そのため、自宅の立地や家の間取りなどによってある程度年収を想像することができます。申告している年収に比べて家の場所や間取りなどに不自然さがあった場合は、疑った方が良いかもしれません。

趣味やお金の使い道

キャッチ画像1706710

趣味やお金の使い道を確認することで、年収に見合ったものかどうかある程度想定することができます。これも持ち物などと一緒で、お金をあまりかけないという考えの人もいるので一概には言えませんが…。

ただし、逆に年収が高くても旅行が大好きで毎月散財している人や、ギャンブルが好きで毎週通っている人なら貯金は貯まりませんよね。お金を大切にして貯金のできる性格かどうか確認することもできるのでおすすめです。

前妻との間に子供がいないか

キャッチ画像1706711

これは離婚歴のある男性に限りますが、男性に養育費を払う子供が存在する場合には年収が高くても生活が厳しくなる可能性があります。離婚歴のあるバツイチの男性と仲良くなる前に、子供がいるかいないかを確認しておくのは必要と言えるでしょう。ただ、これもあくまで「自己申告」なので、子供はいないと嘘をつかれる可能性も孕んでいます。

婚活パーティで年収の嘘を見破る質問

婚活において年収の嘘を見破るのはかなり至難の業です。ただし、婚活パーティーなどで深く考えずに年収を盛って書くような人であれば、ちょっと突っ込んだ質問をすれば明らかにたじろいだり、答えられないこともあります。

いきなりガツガツ聞くのは難しいと感じるかもしれませんが、上手に会話を持っていくようにすればある程度の浅はかな嘘は見抜くことはできるかもしれません。

時計など持ち物の値段を聞いてみる

キャッチ画像1706712

スーツや時計などの身に着けているものを話題にするのも一つの手です。「スーツ素敵ですね!」などと言えば、「●●のブランドのスーツなんだ」などと言ってくる場合もあるでしょう。異性のファッションブランドを自分で調べておいて、だいたいの値段を把握しておくとより正確性が増します。

例えば年収1000万円であるはずなのに若者向きの安いスーツを婚活の場に着てくるとしたら、ちょっと年収を疑った方が良いかもしれません。ただし、人によっては服や持ち物にお金をかけない主義の人もいますから、そういった人にはこの手は使えません。

休日の過ごし方を聞いてみる

キャッチ画像1706713

浪費癖があるかどうかの確認もできるのが、休日の過ごし方や趣味の話題です。友達と朝まで飲みに行っている、旅行に繰り返し行っている、パチンコ・スロットなどギャンブルに興じているなどという場合は、プロフィールの年収が高かったとしても注意が必要です。

とはいえゴルフなどお金がかかるスポーツを趣味にしている場合は、ある程度お金に余裕がある可能性があります。

おすすめのレストランを聞いてみる

キャッチ画像1706714

実は、お金がないと最も行かないのは外食といってもいいでしょう。1人1万円を超えるような寿司店やフレンチなどの高価なレストランは、確実に高収入でないと行けません。

お寿司屋さんではどこがオススメですか?など、外食のお店でオススメの場所を聞いてみるのは良いでしょう。ただ、転勤族の人などあまり同じところに長く住んでいない人の場合はこの手は使えないことがあります。

本気で年収が高いお相手を見つけたいならコレ!おススメ2選

マッチドットコム

キャッチ画像1706715

年収が高いお相手を見つけようと思っても、なかなか年収のことを聞けなかったりしますよね。
特に街コンや合コン、友人からの紹介などの場合はいきなりお金のことを話題に出すのは気が引けてしまいます。

マッチドットコムは男女ともに月額がかかるシステムのため、本気で結婚を考えている30代~40代の男女が多く登録しています

年収は一目で確認することができ、年収証明書を提出しているかどうかも確認できるので、年収証明書を出している人であれば年収に嘘はないということになります。これは信頼できますね!
しかもマッチングアプリなので家に居ながら婚活をすることができるというのも魅力。婚活パーティーなどが苦手という人はまずマッチドットコムでお相手を探すのはいかがですか?

キャッチ画像1706716
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

▼こちらの記事もチェック
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

プレミアムステイタス


キャッチ画像1706717

プレミアムステイタス街コン・婚活パーティーを開いている会社です。

いろいろな条件に絞ったパーティーを開いていますが、男性は身分証明書だけではなく収入証明書や資格証などの証明書類が必要となっています年収600万円以上の男性を限定としたパーティーの場合は、600万円以上の年収証明書を提出することが必要というわけですね。

女性が提出しなければならないのは身分証明書のみで、年収による縛りはありません。本当にステータスの高い男性に直接会って探したいという方はプレミアムステイタスがオススメ!

キャッチ画像1706718
(18歳未満は登録禁止です)

本当の年収を見極めて理想のお相手を見つけよう!

キャッチ画像1706719

自己申告の年収を見せられて婚活をするときは、本当にその年収が正しいのか自分で確認することが必須。一般的な婚活パーティーでは名前や年齢も含めてすべての情報が本当かどうかわからないので、自分で確認していくのが大切です。

それでも騙されてしまうのが不安という人は、マッチドットコムプレミアムステイタスを利用して、安心安全な理想のお相手を見つけましょう!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)