恋活から婚活まで、出会い応援メディア tinomy(タイノミ)

【結婚相手の選び方】理想と現実は違う!?自分に合う男性を見極めるポイント5つ

結婚相手を選ぶときにチェックすべきポイントはどこなのでしょうか?理想の条件と現実は意外と違うもので、幸せな結婚生活を送るために見るべきポイントは実はシビアだったりします。今回は女性向けに結婚相手の男性の選び方をご紹介します!

結婚相手の選び方でチェックすべき5つのポイントは?

キャッチ画像18431
恋人同士だった時は「こんなに素敵な人はいない」と思えていたのに、いざ結婚する時になって「あれ?こんな面倒な人だったっけ?」と相手に対する印象が正反対になってしまったという話を聞いた事はありませんか?

これは、意外と良くあるケースなのです。

結婚相手を選ぶ時、私たちはどのような条件を頭にめぐらせるのでしょうか?

そのジャッジの大元となるのは、「自分自身が快適に思うことは何か、そして不快と思うことは何か」という正直な気持ちです。

結婚相手を選ぶ上では、素の自分が幸せと感じることについてこれまでの自分の生き方を振り返りながら自己分析をしっかりすることが大事となります。

今回はあなたにぴったりの結婚相手の選び方と、一緒に過ごして心地よく感じられる男性を見つけるための心構えを紐解いていきたいと思います。

結婚相手の選び方①価値観

金銭感覚が合う

キャッチ画像18432
結婚とは多くの場合、二人の財布をひとつにする契約でもあります。

就労する男女が増加している現代ですから、定職を持つ男女が結婚した際の金銭感覚のズレからくるトラブルが多いのです。

「今の恋人は高収入だから、結婚後もお金に心配しないで暮らせそう。」

とすっかり油断していませんか?

相手があなたとデートしている時のお金の使い方、ファッションや趣味への投資の仕方、友だちとの交友関係や彼らと遊びに行く頻度、あなたに会計をお願いしたがる回数などから、結婚前でも相手の金銭感覚はなんとなく察せられることでしょう。

そしてその金銭感覚は、結婚と同時に自然に修正されるわけではありません。

派手な金遣いをする恋人は、そのまま金遣いの荒い夫となるでしょうし、逆にあなたにお金を使いたがらない恋人は、あなたに必要なお金を寄こさない夫となるかもしれないのです。

結婚相手の金銭管理能力をあなた自身はしっかり把握できているかどうか、その金銭感覚をあなたは伴侶として納得できるかをしっかり考える必要があります。

キャッチ画像1843320代女性
膨大なお金がかかる社会人生活。お金は重要
結婚を意識する年齢になって付き合うことにお金は重要だ、と思うようになりました。学生時代はお金なんてなくても、楽しく過ごせましたが、結婚を考えると、一緒に住むお金・結婚資金・子供の養育費・交際費など考えるだけでも膨大なお金が必要だと気付きます。それなのにお金を稼ぐ力がない人と結婚するのはやっぱり不安になります。そのため結婚相手には、この人はお金を稼ぐ力はあるか、仕事は好きか、お金を自分に使いすぎていないかはとても重要視していました。
キャッチ画像1843420代女性
お金のことは避けて通れない
結婚する、という話が出たとき、互いの貯金のことはスルーできないな、と思いました。結婚資金が必要ですし、どんな結婚式をあげたいか、新婚旅行はどこに行くか、子供ができた時のことや、引っ越しのことなど計画的に必要なお金のことや、急に必要になるお金のことを話し合わなければいけなかったからです。また、結婚後に困らないように彼が貯金できる人か、お金は何に使っているかを把握するためにも必要だと思っていました。

食の好みが合う

キャッチ画像18435
結婚とは、違う環境で育ってきた二人がお互いの違いを受け入れた上で、同じライフスタイルを歩むことなのです。

違う人間である以上、ある程度の我慢が必要なのは当たり前なのですが「食の好みが違いすぎる」というストレスは人間にとってかなりの苦痛となります。

キッチンに進んで立ってくれる夫は以前よりも増えては来たものの、多くの家庭では主に女性が料理を担当することが当たり前なのが事実です。

忙しい時間をやりくりして作った料理を食べた夫が一言。

「味が薄い(濃い)」「実家と味付けが違う」「もっと違う焼き方して欲しかった」etc…

そんな毎日を、あなたは耐えられるでしょうか?

逆に、相手の味覚に味付けを合わせたとして、あなたはそれを毎日食べることに我慢できるでしょうか?

結婚前に、お互いの食の好みが合うかどうかを確認することはとても重要です。

キャッチ画像1843620代女性
食の趣味が近ければ共通の話題にもなる
食の好みが合うかどうかはパートナー選びにとても重要です。食事するお店選びも重要ですが、そのお店で何を選ぶかはとても重要でした。例えば、ディナーで料理を選ぶ際、サラダなど大皿で来る料理はシェアが一般的です。結婚相手とはお互いの好みが合わなくてどっちかが嫌な思いをした経験がありません。また逆にこの料理食べたいな~、と思ったものを選んでくれると親密感が増して、共通の話題にもなりました。一気に好感度があがり、この人とは相性がいいんだな、と思えました。今後の結婚生活でも自分の料理をおいしく食べてくれるし、まず食の部分でもめることはないのでそれも安心でした。

子供が出来ても働き続けたいか

キャッチ画像18437
「結婚して子供ができたら、仕事をやめる」あるいは「子供ができてもすぐに保育園に預けて、バリバリ復職するつもり」という将来設計をしっかり結婚相手に伝えていますか?

「結婚もしていないのに、早すぎない?」と後回しにしてはいけません。結婚とは、家庭を築くことでもあります。

子供が出来た後の夫婦の将来設計は、結婚する前にしておいても損はありません。

夫となる彼氏がどう思っているのか、率直に聞いてみませんか?

「結婚したら家庭に入って、専業主婦になってもらいたい」と考える古風な義両親が待ち構えているかもしれないし、結婚のタイミングで引っ越す際に保育園に預けやすい地域の物件をチェックできるかもしれません。

あるいは、夫の稼ぎでは子供の教育費に不安があるから否が応にも働かなければならないことが分かり、結婚退職するプランが変更となる場合もあります。

お互いのライフプランを再確認するタイミングです。

結婚相手の選び方②経済力

片方が倒れても最低限生きていけるか

キャッチ画像18438
先ほどご紹介した「金銭感覚が合う」よりさらに踏み込んだシリアスな将来設計も、結婚相手と一緒に考える必要があります。

ブライダル総研』が行った調査によると、新婚カップルの一ヶ月分の生活費はおよそ21.5万円でした。この金額を最低ラインと考えた方が無難です。

もし片方が失職したり病気などで倒れたりした時、家庭を存続していくための危機管理ができているでしょうか?

お互いの貯蓄や保険も含め、マネープランを遠慮せずに話し合う場を設けることが大切です。そして、もしもの時に頼るべき親類縁者との関係もあらかじめ理解しておく必要があります。

最低限の貯金はあるか

キャッチ画像18439
結婚相手と一緒にぜひチェックしておくことをおすすめするデータがあります。

金融広報中央委員会「平成28年 家計の金融行動に関する世論調査」です。

このデータによると「年間手取り収入から貯蓄を全くしなかった」という世帯が全体の30.1%を記録しています。

もしもの時のために「生活費の3か月分の貯金があれば憂いなし」とされていますが、貯金することすら大変な現状がわかります。

一般家庭が、どのようにして金融資産を維持しているか一覧となっているので、「生活費の3か月分」が貯金できる「貯金体質」になるためにも、ぜひご一読してください。

結婚相手の選び方③裏表がない

豹変しキレやすい性格ではないか

キャッチ画像184310
結婚相手に裏表がないか見極めることは、あなたや将来生まれる子供たちの身を守る上でも大切です。

『だめんず・うぉ~か~』でお馴染の「だめんず」の基本は「DV傾向」であり、女性がどれだけ我慢できるかによって自分への愛情の深さを確認せずにはいられない性格をしています。

仲が深まるほどにキレやすくなったり、キツすぎる態度を取った後に信じられないくらい優しくなったりと、あなたへの態度がジェットコースターのように豹変する結婚相手には、要注意です。

自分自身が相手への愛情や結婚へのプレッシャーで目が曇っている場合がありますから、友人などの信頼できる第三者の意見を参考にすることをおすすめします。

男性に多い内弁慶タイプに気をつけて

キャッチ画像184311

「あんなにいい人はいない」と第三者に高評価の結婚相手が、自分とふたりきりになると不快になるほど態度が大きくなったりしませんか?

または、二人の時だと威勢がいいのに、外に出ると妙に腰が低くて問題ある友人の誘いを断ることができないでいることはありませんか?

好きな女性にカッコイイ態度を取りたい気持ちは分かりますが、度を過ぎていたら要注意です。

相手の家族に対する接し方を見よう

キャッチ画像184312
結婚相手が育ってきた家庭環境をチェックすることも大切です。

近い未来、二人が築く家庭のモデルの一つと必ずなるだろう、結婚相手の家族関係や、その接し方を見る事で、相手が歳を重ねた時にどのような伴侶になっていくか、透けて見えます。

両親や兄弟を大事にするか、彼らと自分の間の潤滑油として立ち回ってくれそうか、自分の家族と上手くやっていけそうかなど、確認しなければならないことがたくさんあります。

結婚相手の選び方④誠実さ

不倫・浮気をしないか

キャッチ画像184313
あなた自身が寛容で優しい「いい子」であっても、相手がそれを将来にわたり大切にするとは限りません。

結婚する前に、彼に一度はっきり「不倫・浮気はNO!」と言うだけでも、あなたを愛しているなら将来にわたって守ってくれることでしょう。

それ以外にもチェックしておかなければならないのは、彼に近い人が抱く印象です。彼の人間性はどう評価されているか、不倫や浮気の面から再確認することをおすすめします。

結婚とは契約です。恋人関係だった頃とは状況が変わる結婚後の不倫や浮気が、どれほど社会的にダメージを受けるか、あらかじめお灸を据えておきましょう。

社会的規範が守れているか

キャッチ画像184314
結婚前に必ずしっかり確認しておかなければならないのは、犯罪に手を染めていないかどうかです。

日々ニュースで耳にするように、ドラッグは非常に身近な存在として私たちの身の回りにあります。

違法薬物は本人が隠そうと思えばいくらでも隠せてしまいます。若い頃にファッション感覚で使用を開始したままやめられずにいるかもしれません。

また、結婚相手の職業が犯罪に加担したものでないかも含め、怪しいと思ったら徹底的に調査することをおすすめします。あなたやその家族の身を守るためです。

結婚相手の選び方⑤一緒にいて楽

気を使う相手と一生一緒に居られる?

キャッチ画像184315
結婚相手と一生一緒に居るために、あなたが一生無理をすることになるとしたら、結婚生活は監獄と変わらなくなってしまいます。

心もすっぴんのまま相手と一緒にいて、リラックスしたあなたをまるごと愛してくれる相手かどうかが大切です。

お互いを認め合える

キャッチ画像184316
「親しき仲にも礼儀あり」という意味をお互いに理解し、相手の生き方や考え方を尊重できますか?

たとえ結婚相手になって何年連れ添ったとしても他人なのです。自分の思い通りにいくことはありません。

お互いの考え方を尊重できるカップルは結婚しても息苦しさを感じることはないでしょう。

理想と現実は違う!重要じゃないポイントは?

顔がイケメンである

キャッチ画像184317

客観的に見て、結婚相手の顔が他の人よりも整っているかどうかは結婚ではさほど重要なことではないのです。

大切なのは、自分が毎日見て「好きだな」と感じる顔であるかどうかです。

あなたにとってオンリーワンなイケメンが、他の人にとったら大した顔ではなかったりしたら逆に浮気の心配が減って「ラッキー!」となります。

高い収入がある

キャッチ画像184318

前述したとおり、高収入が人生の幸せを全て決定するわけではありません。

高収入である結婚相手の人格によって、その収入があなたにとって無意味なものになる可能性だってあるのですから。収入の高さよりも、相手の中身を見極める目を磨きましょう。

ドキドキすること

キャッチ画像184319
結婚生活とは、お互いの体温や息遣いを少しずつ馴染ませ、家族を癒し守るシェルターを作る作業です。

ドキドキすることが減ったとしても、愛情がなくなったのではないかと不安になることはありません。

愛情が深くなったからこそ、根の細く浅い草木のようにグラグラせず、相手の魅力に気づいてもどっしりと平常心を保てるようになったのです。

とはいえ、ときどき「キュン」とする若々しい気持ちも失わない関係でいたいものです。

後悔しない結婚相手を見極めよう

キャッチ画像184320

「いつまでも恋人みたいな二人でいたいね」と誓うのは素敵なことですが、やはり恋人と結婚相手とは求められる社会的ハードルの高さが変わります。

勢いで結婚する前に、自分が結婚したいと思える相手がどんな人なのかしっかり認識しておくことが重要です。

まだ自分の条件があやふやなあなたには、あなたの理想の条件を元に結婚相手を診断してくれる「結婚チャンステスト」という面白いサービスがおすすめ。

数問簡単な質問に答えるだけでOKで、自分が望んでいる異性がわかります。もしかしたら意外な結果がかえってくるかも?ぜひ受けてみてくださいね。

キャッチ画像184321

▼関連記事
男性&女性が結婚相手に求める条件と妥協しても良かったこととは?【年収・仕事・学歴・性格etc.】

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)