バーでの出会いはメリットがたくさん!出会えるお店やモテテクとは?

バーでの出会いって本当にあるの?という疑問を感じている人向けに、バーでの出会いを探すメリット、すぐに実践可能なモテテクをご紹介。バーでの出会いに向いている人と向いていない人、どんなバーに行けば良いのかもあわせて解説していきます。

バーでの出会いについて知りたい

キャッチ画像208271

「バーでの出会いってよく耳にするけど、本当に出会えるの?」
「バーでの出会いってどんなメリットがあるの?」

そんな疑問を感じている方は、男女を問わず意外と多いはずです。そこで今回はバーで出会いを探す際のメリットについて徹底解説していきます。バーでの出会いに向いている人と向いていない人の違いや、モテテク、出会いやすいお店などもあわせてご紹介。

バーでの出会いって憧れる……。と感じている方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてくださいね。

バーは出会いの場所としてメリットが豊富

一人でお酒を飲みに来ている人が多い

キャッチ画像208272

バーは一人でお酒を飲みに来ている人が多いため、フリーの人にとってはおすすめの出会いスポットになります。静かにゆっくりとお酒を飲みたいという人もいれば、異性から声を掛けられたいという目的でバーに訪れている人も。

ただし基本的にはお酒を楽しむ場所なので、お酒が苦手という方にとっては、あまり良い出会いは期待できないかもしれません。反対にお酒が大好きな人にとっては、一緒にお酒を飲んだりお酒について語ったりできる異性との出会いも期待できますよ。

幅広い分野の男性や女性に出会える

キャッチ画像208273

バーで出会いのきっかけを掴むメリットと言えば、幅広い分野の男女に出会えるという点です。同年代以外の異性との出会いは意外と難しい場合が多いですが、バーには年上も年上も関係なく多くの人がお酒を楽しみにやってきます。

また外国人との出会いにも期待できる場であるため、国際結婚を狙っているという方にもおすすめす。

自分のペースで続けられる

キャッチ画像208274

バーはゆっくりとお酒を楽しみながら、新たな出会いのきっかけをゲットできる可能性が高い場所です。通う頻度も時間も自分のペースで続けられるので、ガツガツ出会いを探すのは嫌という方にも向いています。

また合コンに何度も通っているというと遊び人のイメージがついてしまいますが、バーに通っていると言えば大人な雰囲気を演出することもできますね。

バーテンダーが紹介してくれる可能性もある

同じバーに通っていると、バーテンダーと仲良くなる機会も多いはず。お酒を飲みながら「恋人が欲しい」と伝えておけば、バーテンダーが異性を紹介してくれる可能性も考えられます。

またお店に来た人同士を繋いでくれることもあるので、通うバーを決める段階で親しくなれそうなバーテンダーがいるお店を選ぶのがおすすめです。

居酒屋より落ち着いた雰囲気で会話が楽しめる

キャッチ画像208275

バーは居酒屋よりも落ち着いた雰囲気があるため、そこで知り合った人ともゆったりと会話を楽しむことができます。お酒を飲みながらゆっくり過ごす時間を一緒に楽しめる人との出会いが、バーでは期待できるという訳です。

反対に居酒屋やクラブなどは騒がしく、会話が聞き取れないなんてこともありがち。その分距離が縮まりやすいというメリットはありますが、一夜限りの関係で終わってしまうことも多いのがデメリットです。

出会いが見つかるおすすめなバー

カジュアルな立ち飲みバー

キャッチ画像208276

カジュアルな立ち飲みバーは飲みやすいメニューも豊富で、本格的なバーよりも気軽に通えるのがメリットの一つです。バーは敷居が高いと感じている方でも、立ち飲みバーなら足を運びやすいですよね。

いくつか立ち飲みバーを回ってみて、自分好みの異性が多そうなお店を行きつけに選ぶのがおすすめです。

個人経営で常連客が集まるバー

個人経営で常連客が多く集まるバーは、お客さん同士の関係が濃く深くなりやすく、出会いから結婚に繋がりやすいというメリットがあります。落ち着いた空間で気心の知れた相手と飲むお酒は、やっぱり美味しいし気も緩みますよね。

ただ最初は常連客の中に馴染むのが難しいと思うので、できるだけ人のいない時間帯を選んで通うようにすると良いでしょう。まずは店員さんと仲良くなって、そこから常連客との会話に参加しやすい空気を作るのがベターです。

ナンパエリアのバー

キャッチ画像208277

ナンパエリアとして有名な地域にあるバーは、やっぱり店内でもナンパされやすい傾向にあります。またバーに行くまでの道を歩いているだけでも、ナンパされる可能性があります。

バーでの出会いに期待したいけど、手っ取り早い方がいいという方は、ナンパ待ちなどが盛んなエリアのバーで好みの雰囲気のお店を探してみましょう。

独身の男女が集まるシングルスバー

独身の男女が集まるシングルスバーは、婚活バーとも呼ばれる相席居酒屋がバースタイルになったお店。婚活や恋活を目的にお客さんが集まるので、無理をしなくても出会いを見つけやすいのが特徴です。

ただしお店によってルールや雰囲気が大きく異なるため、色々なお店を回ってみるのがおすすめです。シングルスバーでは行きつけ感が出ると異性から「そんなにしょっちゅう来てるの?」と思われてしまうので、毎回違うバーに行くのもOKです。

バーでの出会いの向き不向き

バーでの出会いに向いている人は誰?

キャッチ画像208278

バーでの出会いに向いているタイプとは、一人の時間をじっくり楽しめる人。バーに行くたびに出会いがあるとは限らないので、一人飲みで終わっても楽しかったと思える人はバーで出会いを探すのがおすすめです。

お酒が好きな人でないとバーに通うのは厳しいかもしれませんが、お酒を飲めるようになりたいという気持ちがあるなら、練習がてらバーに通うのはアリです。ある程度落ち着いて、肉食系過ぎない人の方がバーでの出会いには向いていると言えるでしょう。

バーでの出会いに向いていない人は誰?

キャッチ画像208279

反対にバーでの出会いに向いていないタイプは、自分から人に話しかけるのが苦手な人。バーテンダーから紹介される可能性もありますが、やっぱり気になるお客さんがいたら自分から気軽に声を掛ける力が、バーでのきっかけを出会いに繋げるためには必要です。

またお酒が苦手だったり、早く出会いたいと考えている人もバーでの出会いには不向きだと言えるでしょう。またバーに通うのは意外とお金がかかるので、お金をあまりかけたくないという人も、違う出会い方を選ぶようにしましょう。

早く出会いたい人はバー以外がおすすめ!

マッチングアプリなら忙しい人でも出会いやすい

キャッチ画像2082710

「バーで一人飲みをするのに時間を掛けるのがイヤ!」「初対面で声を掛けられるか不安…」という人は、マッチングアプリを活用して出会いを探す方法がおすすめです。家に居ながらタイプの異性を探すことができ、やりとりも手軽にできるのが大きなメリット

仕事が忙しくてなかなかバーに通う時間がないという社会人の男女でも、マッチングアプリでお酒好きな異性を探せば、一緒にバーに飲みに行って恋愛関係に発展させることもできますよね。

マッチングアプリを利用する際には、恋活をしたいのか、婚活をしたいのかを自分の中でしっかりと決めてから使うようにしてください。選ぶアプリを変えることで、同じ目的の人を見つけやすくなります。

マッチングアプリのデメリットは、「いろんな種類がありすぎて、どれを選んだら良いのかわからない」という点ではないでしょうか。特に、これから初めて使いたい!という人にとっては、安全面が心配と言う人もまだまだ多いようです。

ここでは、編集部オススメの安心安全なサービスを2つご紹介しますね!

おすすめマッチングアプリ「ハッピーメール」

キャッチ画像2082711

累計登録数2000万(2019年現在)を突破し、国内最大級の会員数を誇るマッチングアプリの「ハッピーメール」。創設19年以上のサービスで、幅広い世代から高い支持を得ている老舗サービスです。

人気の理由はその使いやすさ。掲示板や日記などから気になる相手をチェックして、気軽にメッセージを送れ、感覚的に操作ができ、出会いやすいのがハッピーメルの魅力です。

  • 今日これから会える人いますか?
  • 駅前のカフェでお茶してます。来れる人は?
  • 今度の週末に●●で会いたいです

掲示板には上記のような書き込みがたくさんあり、事前にお相手のプロフィールや写真を確認できるので安心ですね!とにかくすぐ会いたい人にも向いているサービスです。

女性は基本的に無料。男性は有料ですが、Webからの登録で最大1200円分のポイントが無料でもらえるため、アプリを使う前にWebから登録することをオススメします。年齢確認まで済ませると、 無料お試しでも十分に使えると評判ですよ!
キャッチ画像2082712
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

おすすめマッチングアプリ「PCMAX」

キャッチ画像2082713
累計1300万人(2019年現在)が利用している、創設15年以上のマッチングアプリ「PCMAX」。アクティブ会員数は60万人を突破し、写真投稿数は1日で32000件という活発なマッチングサービスです。

「お食事・飲み」や「趣味が合う」などのジャンルから気になる相手を探すことができるので、バーで飲むのが好きな異性との出会いも簡単に見つけられます。タイプの異性を見つけたらすぐにメッセージを送れるので、バーでの出会いを探すよりも手っ取り早いかもしれません。

こちらも女性は無料、男性はハッピーメールと同じく必要なポイントを事前購入する有料制のシステムです。バーに通うお金がもったいないと感じる方や、バーで店員さんと仲良くなるなんてハードルが高いと感じる方は、PCMAXで素敵な出会いを探してみてくださいね。
キャッチ画像2082714
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
PCMAXアプリの効率のよい使い方 | WEB版との違いを徹底比較!

バーよりもすぐに出会える街コンも人気が高い

最初から直接会って話したいという人には、街コンへの参加がおすすめです。趣味の合う相手と出会えたり、一度に数多くの異性と知り合えるというメリットがあります。

街コンはリアルな会話がベースになるので、一人だと不安な場合には、友達を誘って参加できるのも良いですよね。

おすすめ街コンサイト「街コンジャパン」

キャッチ画像2082715

10年以上続く街コンの老舗街コンジャパン」では、全国の街コンや婚活パーティーを、手軽にチェックすることができます。
「1人参加」「20代」「アラサー向け」「友達作り」などのジャンルもあるので、目的にあった街コンを選べるのも人気の理由

趣味コン、婚活パーティーや恋活パーティーなどでジャンル分けされているので、本気で結婚をしたい人と恋人が欲しい人で、参加するイベントを選びやすくなっています。

また女性には毎月500円で指定の婚活に参加し放題のフリーパスや、男性には対象イベント10%オフのメンズパスなど独自のサービスも展開中。早割キャンペーンのあるイベントもピックアップされているので、コストを抑えた恋活・婚活をしたいという方にもぴったりです。

もちろんイベントに参加するまで料金はかかりません。自分の参加したい地域でどんな街コンが開催されているのか、ぜひ気軽にチェックしてみてくださいね。
キャッチ画像2082716

バーで出会いを見つけるためのコツ

一人で行くのが良い

キャッチ画像2082717

バーで出会いを見つけるためのコツとしては、やっぱり一人で行くこと。友達と行くのも絶対にダメとは言いませんが、出会いが欲しいと本気で思っているなら2人までに留めましょう。

また2人で行ったとしても、異性の友達とバー飲みをしていると、周りからはデートと思われる可能性が高いです。そうなると声を掛けられるチャンスもグッと減ってしまうので、バーに出会いを探しに行くのは1人でか、同性の友達と2人でと覚えておいてください。

バーテンダーやマスターと仲良くなる

バーテンダーやマスターと仲良くなっておくと、バーに来たお客さんを紹介してもらいやすくなります。頻繁に通っているバーなら、マスターとも友人感覚で会話ができるようになっているはず。

そうなるとカウンターに座っているお客さん同士を「この人はこういうい人なんです」という風に、繋いでくれる機会もグッと増えます。「恋人募集中」を普段からアピールしておけば、ナイスアシストをしてもらえるかもしれませんよ。

同じお店に通い続けるのが良い

キャッチ画像2082718

バーに通う際は、できるだけ同じお店に通い続けるのがおすすめです。やっぱりマスターやバーーテンダーなどの店員さんと仲良くなるのが、バーでの出会いを掴むためには重要。

そうなると、バラバラのお店に通うよりも同じお店に通い続ける方が圧倒的に効率が良いですよね。ただしお店によって客層が違うものなので、気になるお客さんがなかなか見つからないなと思ったら、潔く新たなバーを発掘するようにしましょう。

出会えるバーで会話を始める方法

自然に声をかける

キャッチ画像2082719

バーで出会いをゲットするためには、自分から自然に声を掛けるテクニックがとても重要です。あまりにも挙動不審だと不審者扱いされてしまいますから、できるだけナチュラルに声を掛けられるよう、イメージトレーニングをするのもおすすめです。

なんて声を掛けたらいいのかわからないという方は、「今日はお一人ですか?」という鉄板ワードを活用してみてください。そこからすぐに会話が弾む相手なら、良い出会いに繋がる可能性が高いですよ。

相手の会話にタイミングをみて参加する

他のお客さんとバーテンダーやマスターが楽しげに会話をしていたら、思い切ってそこに飛び込むのも良いでしょう。バーカウンターで聞かれて困る会話をする人はいないはずなので、意外とすんなり受け入れてくれる人がほとんどです。

初対面だからと気を遣わず、初対面の相手とも気楽に話ができるのがバーの良さだと考えてみてください。そうすると、今までよりも自分から声を掛けやすくなるはずですよ。

女性が男性を落とすバーで使うモテテク

カウンター席ならさりげなく近づく

キャッチ画像2082720

バーで男性を落としたい時には、カウンター席に座っている相手にさりげなく近づくのがファーストステップです。お手洗いに行った帰りに、相手の隣にスッと座ってしまうのもアリ。

アプローチしている感じをグッとアピールするなら、自分の座席からそのまま席を詰めてしまうのもおすすめです。

ほろ酔いで相手を見つめる

キャッチ画像2082721

さりげなく相手に近づいたら、ほろ酔いの顔で相手をじっと見つめてみましょう。それだけで男性側は、自分はアプローチされているんだと気づくはず。

ここで男性が声を掛けてきたら、素敵な出会いを掴んだことになります。反対に迷惑そうな顔をされたら、相手は一人で飲みたい気分なのかもしれません。スッと席を立つか、失礼しましたと声を掛けて自分の座席に戻りましょう。

気遣いを見せる

バーでの出会いを確実に次に繋げたいなら、女性らしい気遣いを見せることも大切です。お酒をこぼしたらサッとハンカチで拭いたり、お代わりを聞いたり。そんなさりげない言動が、意外と男性の心には響くもの。

お酒の席だからといって開放的になり過ぎずに、女性らしさを忘れない行動を心がけるようにしましょう。

バーでの出会いでNGなこと

相手が迷惑になるようなことはしない

キャッチ画像2082722

バーでの出会いをゲットしたいからと言って、誰かれ構わず声をかけまくったり、大声で騒いだりするのは絶対にNGです。バーは基本的に静かにお酒を飲みたい人が集まる場なので、空気を読むことは必要不可欠です。

相手にとって迷惑になるようなアプローチの仕方は控えておかないと、出禁を言い渡されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

バーだけどお酒の飲み過ぎには注意

バーでお酒好きな人と出会いたいからと言って、飲み過ぎには要注意。初対面のイメージは印象に残りやすいので、最初の段階で「酔っ払い」と思われてしまうと、そこから恋愛関係への発展が難しくなってしまいます。

お酒を飲む場所だからといってハメを外しすぎずに、大人としての振る舞いを心がけましょう。

適度にお酒を注文する

キャッチ画像2082723

いくら出会いを探すのが目的とはいえ、1杯のお酒で何時間も居座るのはお店にとっても迷惑になってしまいます。店員さんと仲良くなるという意味でも、お酒は適度に注文するのがポイント。

大前提として、バーはお酒を飲むところだということを忘れないようにしてください。

スマホを触りすぎない

バーで一人飲みをしていると、手持ち無沙汰になってスマホをいじってしまうのもあるある行動の一つ。でも下を向いてスマホをいじっていると、周りからは声を掛けづらくなってしまいます。

一人飲みでもできるだけスマホは触らず、カウンターでマスターやバーテンダーとの会話を楽しむのが出会いのチャンスを増やすコツの一つです。

バーでの出会いで気になる疑問

バーでの出会いの確率はどれくらい?

キャッチ画像2082724

バーでの出会いの確立を調査したあるアンケートによると、バーで恋人と出会った経験のある人は、全体で9.2%であることがわかっています。

約10%の確率を多いと感じるか少ないと感じるかはその人の考え方次第ですが、期待しすぎずに、出会える可能性の一つとして考えておくのが良さそうですね。

バーで出会える男女の特徴はどんな人?

キャッチ画像2082725

バーで出会える男女は、やっぱりお酒好きな人が多いですね。だからこそ、バーで出会いを求めるのはお酒が好きな人の方が断然おすすめです。

バーではお酒の種類によっては1杯の値段が高いこともあり、ある程度の収入のある人が多く通っているイメージもあります。精神的に自立している大人が集まる場なので、落ち着いた人と出会いたいという方には出会いの場所としてベストなスポットですね。

バーでの出会いのデメリットはないの?

キャッチ画像2082726

バーでの出会いには多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。特に大きなデメリットは、出会えるまでに時間がかかること。いつ運命の人が現れるかわからないため、圧倒的に待ちの時間がおおくなってしまいます。

また初対面では相手がどんな人か分かりづらかったり、体目的の人がいたりというのもデメリットの一つ。メリットとデメリットを比較して、バーでの出会いが自分に合っているのかどうかを一度確認してみてくださいね。

落ち着きある大人と出会いたいならバーへ

落ち着いた大人の男女と出会いたいという方は、バーでの出会いが向いているタイプだと言えます。反対にワイワイ盛り上がれる関係性が希望なら、居酒屋やクラブに行くのがベター。

ハッピーメール」や「PCMAX」のようなマッチングアプリを活用するのもオススメですよ。

自分に合った相手を探せる場所を、じっくりと考えて選ぶようにしましょう!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)