嫉妬する瞬間や彼氏彼女の心理とは?正しい対処法も教えて!

恋人に嫉妬するのはなぜか知りたい

キャッチ画像213221

恋人に嫉妬してしまう気持ちをどうしても抑えられない気持ちはなぜなのか、そんな疑問を抱える男女のために、嫉妬はどうして生まれるのかを男女別に解説していきます。

嫉妬深い人の特徴や嫉妬心を抑える方法についても紹介しているので、嫉妬心に悩んでいる方はぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

嫉妬の原因や嫉妬深い人の特徴

そもそも「嫉妬」の意味とは

嫉妬という言葉を辞書で調べてみると、「自分より恵まれていたり優れていたりする相手に対して、羨みや妬みの気持ちを持つ」こと。または、「好きな人、愛する人の愛情が他に向くことを恨んだり憎んだりする」ことだとされています。

相手に対する特別な感情があるからこそ生まれる、強い気持ちが嫉妬の根源だと言えそうですね。

嫉妬とヤキモチの違い

キャッチ画像213222

嫉妬とヤキモチの違いは、恋愛感情があるかないかという点。ヤキモチは恋愛感情を持っている相手に対して抱くもので、好きな人が他の人に気持ちを向けていないか不安になる症状のことを指します。

嫉妬は恋愛感情から起きるものもありますが、ライバル心やプライドから生まれるものでもあります。なので、嫉妬は恨みや妬みの気持ち全般、ヤキモチは恋愛感情から生まれる気持ちと考えると用語を使い分けやすくなります。

嫉妬深くなる理由

男女を問わずに嫉妬深くなってしまう人には、とにかく負けず嫌いやプライドが高い人が多いですね。このタイプは自分より優れた相手に対して、嫉妬心が渦巻いてしまうのを止められない傾向にあります。

また人からの評価を気にする人や、喜怒哀楽が激しい人も、嫉妬深くなってしまいがち。マイナス思考であればあるほど、自分以外のことや人に嫉妬心を向けやすくなります。

嫉妬する人の心理

自信がない

キャッチ画像213223

とにかく自分に自信がないタイプは、周りの人に対して嫉妬しやすい傾向にあります。自分に自信がないから、できないことをできる人を羨ましいと感じてしまう。

また、自信がないからこそ、魅力に溢れた相手に対して引け目を感じてしまい、ついつい嫉妬心が止められなくなってしまうというのもよくあるパターンです。

他人と比較して負けていると感じる

他人と比較して、何に対しても「負けている」と感じる人も、嫉妬しやすいタイプだと言えるでしょう。まず相手と勝ち負けを競っている時点で、かなりプライドの高い性格だということがわかります。

自分ができないことをできる人や、自分よりも外見に恵まれている人に対して、「羨ましい、ずるい」という強い気持ちを簡単に抱いてしまいがちです。

被害妄想やネガティブ志向

キャッチ画像213224

嫉妬しやすいタイプにはネガティブな性格の人も多く、自己評価が低かったり、必要以上に自分を落とすのがクセになっていたりという男女も少なくありません。

被害妄想で自分は周りから嫌われていると感じたり、いつも周りが自分を貶してくると思い込んでいると、「どうして私だけ」という嫉妬心が生まれやすくなります。

独占欲が強い

何に対しても独占欲が強いタイプも、嫉妬心が強くなりがちです。これは恋愛感情においてだけでなく、友人関係に対しても発揮されるのが特徴。

グループの中でも何かと2人で遊びたがったり、3人で仲良くしているうちの一人の悪口を言ったりするのは、友人を独り占めしたいという嫉妬心からの表れなのです。

男女で共通の恋人に嫉妬する瞬間

恋人に仲の良い異性の友達がいるとき

キャッチ画像213225

男女共に嫉妬心が出やすいのは、やっぱり恋人に仲の良い異性の友達がいる時ではないでしょうか。男友達や女友達と遊びに行くと言われたら、デートを連想して浮気を疑ってしまうのも当たり前の感覚ですよね。

またリアルで親しくしているだけではなく、snsなどで頻繁に絡んでいるのを見た時にも、恋人に対しての強い嫉妬心が生まれやすくなります。

恋人の前の恋人の存在を受け入れられないとき

付き合っている恋人の元カレや元カノの存在を知った時、仕方ないとはわかっていてもついつい嫉妬してしまう男女も多いです。自分の知らない恋人の一面を知っている人がいるのかと思うと、嫉妬心が止められなくなってしまうのもよくあるパターン。

さらに周りの友人などから恋人と元恋人の「すごく仲良かったよね」と言った情報を聞くことで、ちょっとした嫉妬心が強い妬みの気持ちに変わってしまうこともあります。

男女別にみる恋人に嫉妬する瞬間

【女性】彼氏がマザコンだったとき

キャッチ画像213226

付き合っている彼氏がマザコンだと知った時、引いてしまうという女性は多いと思いますが、意外と母親に嫉妬してしまうという意見も意外と多いんです。

無条件で彼氏に愛情を注がれている母親を見ることで、羨ましいという気持ちになってしまうタイプですね。自分が彼の母親以上に離れないんだと悟って、早々にお付き合いを諦めてしまうという女性も少なくありません。

【女性】彼氏が彼女より優先するものがあるとき

彼氏に自分よりも優先するものがあった時、嫉妬心を覚える女性も多いです。例えばその優先するものが夢や仕事であれば、嫉妬しつつも応援できるという意見も。

けれどもその優先するものがゲームや趣味だった場合は、嫉妬心が早々に燃え尽きて別れを考え始めるというのもよくあるパターンですね。

【男性】彼女のほうが収入が良いとき

キャッチ画像213227

男性が彼女に嫉妬する瞬間としては、彼女の方が自分より収入が高い時が挙げられます。特に同年代のカップルであれば、男性心理としては「収入で負けたくない」という気持ちが強くなりがち。

羨望の眼差しで彼女を見られるほど気持ちが安定している男性なら問題ありませんが、嫉妬心から「男のプライドを傷つけられた」と彼女との別れを切り出す男性も。気持ちはわかりますが、別れようという前に一度冷静になって、自分の仕事や収入について考える時間を持ちましょう。

嫉妬に疲れたら信頼できる恋人を見つけよう

相手のことが好きすぎて、もう嫉妬するのに疲れてしまった。そう感じているなら、嫉妬する心配もないくらいに自分のことを好きになってくれる、新しい相手を探すのも一つの方法です。最近ではスマホのマッチングアプリを使った出会いの形が、若い世代はもちろん、30代〜40代にも広がっています。

多くのマッチングサービスの中でも、初心者でもおすすめの人気の優良マッチングサービスを2つご紹介しましょう。

会員数が多く理想の出会いが見つかる「ハッピーメール 」

キャッチ画像213228
累計登録数2000万(2019年現在)を突破し、国内最大級の会員数を誇る「ハッピーメール」。創設19年以上の運営実績をもち、都心部だけではなく、地方でも気軽に出会いを探せると人気のマッチングサービスです。

公式サイトでの発表によると、ハッピーメール内で知り合った異性と出会える確率はなんと74.5%!これだけの高確率なら、実際に会うのもカップルになるのも、そこまで難しくはなさそうに感じますね。

恋活・婚活・暇つぶし・趣味友探しなど、あらゆるジャンルで異性を探せるから、自分の目的に合わせて理想の相手と出会うことが可能。ちょっとでも気になる相手を見つけたら、自由にメッセージを送れるのも評価の高いポイントです。

女性は基本的なサービスは無料、男性は必要なポイントを事前に購入するシステムですが、今なら会員登録すると1200円分のポイントがプレゼントされます。

どんな人が登録しているのか、まずは気軽にチェックしてみてはいかがでしょうか?キャッチ画像213229
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

真面目な恋活・婚活アプリとして人気「マッチドットコム」

キャッチ画像2132210
世界25ヶ国で展開し、日本国内だけでも187万人(2019年現在)を超える会員が登録しているマッチドットコム」。男女共に月額有料制のシステムを採用し、真面目な出会いや本気の恋活・婚活を求める男女に人気のマッチングサービスです。

女性無料のサービスだと「気軽にお試し」ができる分、「本気で結婚」と考える女性は少なくなってしまいがち。その点、マッチドットコムは女性も月額料金を支払っているので、真剣に相手探しをしている人が多いのです。

恋人に対する嫉妬の気持ちが抑えられないから、将来が曖昧な恋人ではなく、安心できる相手を早く見つけて結婚したい。そのためには今すぐ婚活を始めたい。そう考えている方にもぴったりのサービスだと言えそうです。

無料会員のままでも会員の検索やプロフィール作成はできるので、まずはどんな人が登録しているのかチェックしてみてくださいね。
キャッチ画像2132211
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

男性が嫉妬したときにとる女性への行動や態度

怒ったり拗ねたりと感情にでる

キャッチ画像2132212

男性が女性に対して嫉妬すると、わかりやすいくらいに怒ったりすねたりという感情を露わにしてくるタイプが多いです。自分が嫉妬しているんだとアピールする気持ちもあるのでしょう。

男性はわかりやすく怒って、女性からなだめてほしいという気持ちを持っている人が多いので、面倒だと思ってしまうくらいふてくされていても、優しく受け入れてあげましょう。

自分の褒めポイントをアピールしてくる

男性が女性に嫉妬すると、自分の魅力をアピールしようとするタイプも多いです。自分の誉めポイントを女性にしっかり伝えることで、嫉妬した相手よりも自分の方が魅力的だと伝えようとしているのです。

男性から嫉妬されたことが分かった女性は、彼のアピールポイントをきちんと褒めてあげてください。男性は単純なタイプが多いので、「あなたが一番」と言われればそれだけで気持ちが落ち着いてくるものなのです。

束縛が強くなる

キャッチ画像2132213

嫉妬からくる愛情表現として、束縛が強くなってしまう男性も少なくありません。彼女が他の人に取られるかもという不安から、相手の行動を制限してしまうのはよくあるパターンですね。

嫉妬されるのが苦手な女性にとっては辛いかもしれませんが、これも彼が自分を好きと思ってくれているからと、彼の愛情を受け止めてあげてください。それでも無理だと思うのであれば、別れを考えるのも一つの方法です。

女性が嫉妬したときにとる男性への行動や態度

イライラしたり凹んだりする

キャッチ画像2132214

女性が男性に嫉妬した時は、イライラしたりへこんだりと、まさに人間らしい落ち込み方を見せるタイプが多いです。鈍感な男性だと気づかないほど、女性は嫉妬心から繊細な言動を繰り出します。

彼女が少しでもいつもと様子が違うなと思ったら、「どうしたの?」「俺何かしたかな?」と心配する様子を見せましょう。相手のイライラに感化されて自分までイライラしてしまうと、2人の仲に亀裂が入ってしまう可能性もありますよ。

嫉妬した相手を非難する

嫉妬した相手を思いきり避難してしまうのも、女性心理としてはよくあるパターン。その場で言っていることは気持ちに任せて出てきた言葉なので、彼女自身も本音ではない場合が非常に多いです。

もしも女友達に対して彼女が非難するような言葉を言っても、「そんなこと言うなよ」と女友達の側に立つのは絶対にNG。「そんなこと言うなんてらしくないじゃん」や、「うんうん」と相槌を打つだけなど、女友達の味方と思われるような発言は控えましょう。

嫉妬相手のことを詳細に聞いてくる

キャッチ画像2132215

女性が好きな人や恋人に嫉妬をすると、その嫉妬相手のことをとにかく詳細に聞いてくる傾向にあります。相手のことをよくわかっていないと、その嫉妬心を上手く収められないという気持ちから出る言動です。

さらに男性がその嫉妬相手のことを語る口調や内容で、「本当は浮気しているんじゃないの?」と言った本心を見極めようともしています。嫉妬相手のことを彼女から聞かれたら、「可愛いよね」など誤解されるような言葉は避けるように気をつけましょう。

嫉妬しない方法

自信を持つ

キャッチ画像2132216

嫉妬しない自分になるためには、まず自信を持つことが何よりも大切です。自分に自信が持てないままだと、いつまで経っても嫉妬心を抑えることができないままになってしまいます。

自分の内なる世界に閉じこもるのではなく、たくさんの人と触れ合いコミュニケーションを取る中で認められること。それが自信を持つための、一番の近道になるはずですよ。

恋人を信じる

どうしても嫉妬心が抑えられない背景には、もしかすると「恋人は浮気をしそう」という固定概念が隠れているのかもしれません。もし少しでも思い当たる節があるなら、恋人を信用する気持ちも必要です。

好きだからこそ嫉妬して不安になってしまう気持ちもわかりますが、少女漫画や恋愛映画などのヒロインになったつもりで、好きな相手を信用する自分を作り上げてみてください。少しずつ、嫉妬心が薄れてくるのを感じられるはずですよ。

恋愛以外も充実させる

キャッチ画像2132217

自分の生活の中心に恋愛があると、好きな人のことばかりを考えてしまって嫉妬心が重くなりがち。例えばいつも以上に仕事を頑張ってみたり、趣味を始めてみたり、恋愛以外に夢中になれる何かを探してみてください。

生活の中に恋愛以外にも充実感を得られるものが入り込むことで、世界が広がり嫉妬する暇もないくらい毎日が忙しく、楽しくなることも。ただし一人の生活を満喫し始めると恋人に嫉妬される可能性もあるので、その点は注意が必要です。

誰かに相談してみる

どうしても嫉妬心を抑えられないという気持ちを、親しい友人などに相談してみるのも一つの方法です。話をするだけで気持ちが楽になることもありますし、相手が嫉妬の経験者であればよいアドバイスを貰えるかもしれません。

また嫉妬心をテーマにした映画作品や漫画、小説などの本を読むことで、嫉妬と上手く付き合う方法を学ぶのもおすすめ。自分一人で抱え込まずに、外に答えを探してみましょう。嫉妬で悩んでいる人は、あなただけではありませんよ。

周りと比較しない

キャッチ画像2132218

周りと自分を比較することが癖になっている男女は、ついつい嫉妬しやすい傾向にあります。自分より優れていたり自分の持っていない人を持っている人を見た時、「私なんか」と自分と比べる必要はありません。

相手が持っていないものを、あなたが持っている可能性は十分にあります。人それぞれに良さがあるのだと考えられるようになれば、嫉妬心に振り回されることもなくなるはずですよ。

恋人へのこだわりを減らす

恋人にこだわり過ぎると、異様な執着心が生まれてしまいがち。その結果、恋人の周りにいる異性にだれ彼構わず敵対心を向けてしまうのはよくあるケースです。

自分が思っているほど、恋人はパーフェクトな人間ではない。相手の良さや魅力は自分だけがわかっていればいい。そんな風に考えてみれば、今まで必要以上に周りに嫉妬心を燃やし過ぎていたかもと気づけるはずですよ。

恋愛と嫉妬はセットだけど気にしすぎないのが大事

キャッチ画像2132219

恋愛と嫉妬はある意味セットになっているものですから、好きな人の周りに嫉妬してしまうのは当たり前の言動だと言えるでしょう。でも今後結婚を視野に入れて考えるとなると、嫉妬してばかりでは疲れてしまいます。嫉妬するほど好きというのは大切な感情ですが、気にしすぎないことが長続きの秘訣だと覚えておいてくださいね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)