再婚したい人必見!最初に考えるべきことや再婚するためのコツとは?

再婚したいと思ったらどうすればいい?

キャッチ画像213901

「そろそろ、新しい恋愛を始めたい!」
「子どもたちに新しいママやパパが居てくれたら」

離婚してから恋愛に前向きになれなかった人も「よし!再婚してみよう!」とポジティブになれる時が来ます。いざ再婚したいと思ったとき、どうすればいいのでしょうか?

今回の記事では再婚したい人が最初にやるべきことや再婚するためのコツをまとめてご紹介しています。再婚を目指すための婚活事情はどうなっているのでしょうか?

再婚したいと思ったら最初に考えるべきこと

離婚した原因を考える

キャッチ画像213902

再婚を考えるに当たってまず考えておきたいのが、離婚の理由を明確に理解しておくこと。思い出すだけで辛いという人もいるかもしれませんが、新しいスタートを切るためには、一緒に暮らしていた人がどんな思いをしていたのか知る必要があります。また同じ原因を繰り返さないようにするためです。

自分で思いつく限りメモしてみたり、勇気を出して元夫や妻に連絡して聞いてみたりしましょう。再婚するために知りたいと言えば協力してくれる場合もあります。

どんな人と再婚したいか

再婚をするのであれば、次に結婚生活を送る相手はどんな人がいいですか?結婚したことのない人よりもバツイチの人の方がはっきりと理想像が見えている人が多いでしょう。元妻や夫はこういうところがよかった、こういうところは苦手だったというところもあるでしょう。

子どもがいる人はパパやママとしてどんな人が理想的かを考えてみましょう。子ども好きな人であることは絶対に外せない条件ですね。こちらも再婚の条件として書き出してみると頭の中が整理できますよ。

どうして再婚したいと思ったのか

キャッチ画像213903

再婚したいと思ったのはなぜですか?婚活をしていてうまくいかなかったり複数の人の間で揺れたりすることもあるでしょう。なぜ再婚したいのか、という動機がはっきりしていると信念を持って再婚相手を探すことができます。

離婚のショックから立ち直りたいから、元気になって新しく恋愛したいから、子どものために新しいパパやママが欲しいからなど再婚の理由は人それぞれでしょう。固くなりすぎず、恋愛を楽しむ心の余裕も忘れずいたいですね。

再婚するためのコツ

恋愛をする意識を持つ

キャッチ画像213904

待っていればそのうちいい人が現れるかもしれない…は残念ながらありません。”果報は寝て待て”ということわざがありますが、これは何もせずに寝転んでいればいいということではなく、自分のやるべきことをやったら、いい結果が訪れるという意味です。

自分から進んで行動し、挑戦し続けた人にだけ果報は訪れるわけです。受け身体制にならず、アクティブに活動しましょう。婚活そのものを楽しむ余裕があるくらいのほうが異性に明るい印象を与えることにも繋がりますよ。

自分磨きを欠かさない

自分磨きとは様々です。例えば、自分のスキルをアップすることで知識や力量を付けてみると、内面から活き活きしていき、内側からエネルギーが湧いてきます。特技や趣味が増えることで自然と自信もついてくるでしょう。

肌や爪、髪の毛の手入れは欠かさず行って努力をすると外見で自信がつき、異性からも注目を集めるでしょう。清潔感がある人はモテるので努力は決して無駄になりません。努力をすればするほど人は若くステキに見えるのです。

自分に自信を持つ

キャッチ画像213905

自分に自信がない人は、ネガティブで恋愛に対して前向きになれません。どうせ自分なんて異性に相手にしてもらえないだろう、それならば最初から誰かを好きになるなんてやめておこう、と考えている人はせっかく好きな人ができても一歩を踏み出す事ができません。

離婚経験があると新たな一歩を踏み出すのに時間がかかるかもしれません。それをマイナスに捉えず、いい人生経験ができた、人生が豊かになったとポジティブに捉えましょう。先にも述べた通りバツイチはモテるので自信を持ちましょう。

理想を高く持ち過ぎない

職業やルックスなどの理想が高すぎて、自分から出会いの幅を狭めてしまう人も少なくありません。理想はあくまで理想であることを忘れてはいけません。全ての理想を兼ね備えた人物などいないと思っている方がいいかもしれませんよ。

目の前にいる人が理想通りでなくても、「こんないいところもあるんだな。」と加点方式で見てみると、相手の魅力がぐんと増すはずです。あなたも含めて人間だれしも完璧な人はいないということを頭に入れておきたいですね。

年齢を気にしない

キャッチ画像213906

職業や結婚暦と同じくらい相手の年齢はどうしても気になってしまうものです。しかし、自分の好み通りの異性でないと追わないと決めつけている人は要注意です。これまでは年齢制限である程度絞られてきたかもしれませんが、未婚の異性の数は限られており、魅力のある人は早い者勝ち状態でどんどん結婚していってしまいます。

せっかく素敵な異性に出会うことが出来たのに、年齢が自分の条件に合っていないからという理由でその出会いをなかったことにするのはもったいないことです。その人の本質をしっかり見て、出会いは1つ1つ貴重だということを常に忘れないようにしましょう。

焦りはなくす

結婚したくて焦っていると、「誰でもいいからとにかく早く」と自暴自棄になってしまうことがあります。自分に言い寄ってきた人がいた場合、焦っていると本当にいい人かどうか精査できなくなります。

すると、結果的に遊び人に引っかかってしまう可能性が。お付き合いはできても、その後浮気や浪費癖などに悩まされて幸せになれないかもしれません。冷静に相手とお付き合いしてもいいか判断するためにも焦りは禁物なのです。

実はバツイチはモテる!

バツイチは大丈夫かな?なかなか恋人を探すのも大変なのでは?と思っている人もいるかもしれません。しかしバツイチはモテると言われていることをご存知ですか?その理由はさまざまあります。まずは、一度離婚をして傷ついているため優しい人が多いということ。

そして、結婚生活を営んだ経験があるため家事と仕事の両立や育児について知識があり、頼れる存在になるということです。家庭的なイメージがあるので結婚生活を送るには最適なお相手なんです。

再婚するためのおすすめな婚活方法

結婚相談所に行く

キャッチ画像213907

あの手この手をやり尽くして最後に行く所、それが結婚相談所というイメージがありますがそんなことはありません。入会金や月額使用料が毎月かかり経済的にもある程度負担がかかるため、本気で結婚や再婚したい男女が集まっています。ですので必ず何かしらの出会いがあることは確実です。

あらかじめプロフィールに離婚歴や子どもの有無を登録しますので、相手が後から知ってショックを受けるということはありません。コンシェルジュにお願いすれば結婚経験のない人やバツイチなど、相手の条件も詳細に設定できますよ。

婚活パーティーに参加する

一人で家計を支えるパパやママにとって、婚活にお金をあまりかけたくないところ。婚活パーティーに参加することは有料ではありますが、女性の場合は男性よりも割安で5000円を超えるようなものはありません。お財布に優しくてかつ複数人との出会いがあります。

さまざまな種類があるのも婚活パーティーをおすすめする理由の一つ。年齢別に分かれたパーティーや、バツイチやシンママ 限定のパーティーもあるためお相手も再婚事情を理解しようとして交流しています。たくさんの人とおしゃべりしてみて輪を広げてみるのもいいでしょう。

職場恋愛をする

キャッチ画像213908

社会人になると職場にいる時間が一週間の中で一番長くなります。毎日学校へ通っていれば同じクラスの子が好きになってしまうのと同じように、会社で仕事をしていればよく会う同僚や関係者とも親密になって然るべきです。また長い時間一緒にいるということは、あなたのいいところや悪いところをよく理解してくれている場合が多いです。

“仕事とプライベートは分けている。職場の人を好きになるなんてあり得ない”と思っていても、意外とわからないもの。同じミッションを一緒に乗り越える、一つの企画を作り上げるなどのことを通してふっと恋に落ちてしまうこともあります。

友人に協力してもらう

筆者が夫と知り合うキッカケになったのが紹介でした。友人の紹介であれば、あらかじめどんなタイプが好きなのか伝えることができるだけでなく、あなたと相手が合うかどうかも考えてくれます。あなたの性格を知った上で、じゃあどんな人が合うかなと人脈を辿ってくれるので紹介される人にかなり期待していいと思います。

それだけでなく、健全なお相手を選んでくれる確率もとても高いです。なぜなら友人にお金や異性にだらしがない人や性格に難のある人を紹介しようとは思わないですし、紹介した友人の信頼を損ねたくないからです。仲のいい友人であればあるほどいい結果になりやすいかもしれません。

婚活サイトやアプリを活用する

キャッチ画像213909

忙しい独り身のママやパパにとっては、少しの空いた時間に婚活ができるのは大きな魅力!
わざわざどこかへ行かなくても、家の中で、子どもの近くにいながらにして出会いを探すことができます。しかも、地域や相手の条件を絞ったり、登録無料で相手探しができるサービスもたくさんあります。

最近は、マッチングアプリでお相手を探すのは当たり前!使わない手はありませんよね。

再婚したい人におすすめなマッチングアプリ

実際にマッチングアプリを使おうと思った時に、一体、どれに手を出していいのか分からないという人も多いのでは?実際、業者が混ざった利益目的の悪質なサイトやアプリもあります。そこで今回は、編集部おすすめの優良アプリを3つご紹介しましょう。

真面目な再婚相手を探すなら「マッチドットコム」

キャッチ画像2139010

マッチドットコムは世界25ヶ国で展開され、日本国内でも187万人(2020年現在)の登録数を誇り、真面目な出会いを探している人たちに人気の超優良アプリです。

それほどたくさんの男女が利用しているのですから、より自分の理想に沿った人を探せますよね!自分の住んでいる街にエリアを絞って検索することができるので、意外と近くにお目当ての相手がいるかもしれません。

真剣に婚活をしている男女もたくさん利用していますので、次に付き合う人とは結婚を見据えて付き合いたい、と考えている人にはかなりおすすめ!

ユーザー検索は無料会員でも可能です。たったの5分もあれば無料会員に登録できるので、まずはどんな人と出会えるのか、のぞいてみてはいかがですか?

キャッチ画像2139011
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

シンママ・シンパパへのケアが手厚い「マリッシュ」

キャッチ画像2139012

マリッシュは真剣に恋愛相手・結婚相手を探している方を応援するアプリ!バツイチやシンママ・シンパパのユーザーにはポイント優遇があったりと、婚活に積極的になれない方を支援するシステムも人気です。検索機能が豊富で、好みの相手を効率的に探せるのも魅力の1つ。女性は基本的に無料です。

もちろんどんな方でも利用でき、月額料それにプラスしてプレミアム会員になれば無制限にメッセージのやり取りができます。勧誘などはありませんので、安心してくださいね。

業者やサクラ対策のために運営会社によるチェック、サポート体制が構築されていて、身分証確認による年齢確認があって初めてメッセージのやり取りができるようになります。女性を不安な気持ちにさせないシステム作りに尽力しているマッチングアプリです。

キャッチ画像2139013
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
マリッシュの口コミ評判と実際に使った体験談、料金、使い方、機能を徹底解説【婚活アプリ】

30代〜40代の会員が多い「youbride」

キャッチ画像2139014
youbrideは、一世を風靡したmixiのグループ会社が運営する婚活サイトです。1年以内に結婚したい人や30代以上の異性と出会いたい人は特におすすめのサイト(アプリ)です。口コミによると、まだ結婚を考えていない女性や遊び目的の男性はほとんどいないそう。

結婚したカップルの6割が入会して3ヶ月以内に相手を見つけたというデータも。その理由はとにかく真剣に結婚を前提とした出会いを探している会員が多いからです。他の婚活サービスと比較しても安全性、評判、出会いやすさの点で高得点を取っています。初めて婚活アプリに挑戦するという人にもおすすめです!
キャッチ画像2139015
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
youbride(ユーブライド)を実際に登録して完全調査!口コミ評価・使い方・料金・出会いのコツまで徹底紹介

再婚したいときに気をつけること

外見やステータスではなく中身で決める

キャッチ画像2139016

結婚生活はこれまで生活環境の全く異なる2人が共同生活を送っていくこと。目玉焼きに何をかけるくらい葉なんてことはありませんが、掃除の頻度や料理の味付けなどにケチをつけられると奥さんも家事が嫌になりますよね。「いつもありがとう」「これおいしいね」など相手の気持ちを考えた言葉がけができる思いやりのある人がいいですよね。

男性も同じように優しい女性が好き。疲れて帰ってきたのに家でさらに疲れたくない、家ではゆっくり休ませて欲しい、そういう気持ちを汲んでくれると分かってくれているなと思うはず。結婚相手にするにはルックスの良さや収入の高さも大切ですが、結局は心の優しさなんですよね。

相手の実家のことも考える

結婚は本人同士の問題ではなく、家と家との問題でもあります。再婚相手がいい人かどうかを見るだけでなく、その家族の情報もしっかり手に入れておくべきなのです。特にチェックしたいのが相手のお母さんの人柄と同居があるかです。

よく嫁姑問題を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、お母さんがどんな人かで結婚生活に対するストレスの量が大きく変わります。そのお母さんと同居する可能性があるのかどうかもトラブルの一因になるので大切。お母さんがいい人であればよし、同居の可能性がなければなおよしです。

知っておきたい!バツイチ再婚のメリットデメリット

再婚のメリット

キャッチ画像2139017

まずは経済的な負担が減るということ。これまで一人で家計を支えていた人も二馬力になることによってかなり楽になるでしょう。専業主婦として妻を迎え入れる場合も家庭のことは任せられるようになるので負担が減り、大幅に自分の時間やゆとりが持てるようになります。

子どもがいる場合は両親が揃うということで多くの目で子どもを見てあげることができます。愛を感じれば子どもも嬉しいでしょう。これまで忙しくて子どもと過ごす時間が取れなかった人も遊んであげられる時間が増えていくでしょう。

再婚のデメリット

これまでの生活形態が異なる二人が同居することになるので揉め事が増えることも考えられます。これまでは一人で使い勝手良く整えてきたものを動かされたり散らかされたりするとイライラしてしまうこともあるかもしれません。

また、子どもが新しいパパやママと合わない場合もあります。全然懐かなかったり反抗的な態度を取ってしまうこともあるでしょう。最初のうちは仕方がないと思っていても、ずっと続けば心が折れてしまう人もいるかもしれません。

子どもがいても再婚はできる

キャッチ画像2139018

子どもがいると再婚は難しいのでは?と心配な人もいるかもしれませんが、子どもがいても再婚はできます。子どもにとってプラスになることも多くありますが、注意点などもあります。子どもがいるからと再婚を諦める前に前向きに考えてみましょう。

子どもがいる場合の再婚での注意点

養育費については再度話し合う

子どもを引き取り、養育費を支払ってもらっている人は、再婚後養育費が減額することがあります。新しいパパやママに子どもを養育するだけの収入がある場合は元配偶者からもらう養育費が減ったり、なくなったりします。

再婚相手に子どもがいる場合も養育費が減額になる場合が多いそうです。再婚したら元配偶者に連絡を取って養育費について再度話し合いをしなくてはいけません。一人が気まずければ再婚相手も同席してもらっても良いと思います。

子どものことを第一に考える

キャッチ画像2139019

シンママやシンパパにとって一番大切なもの、それは子どもではないでしょうか。仕事も家事も大切な子どものために寝る間を惜しんで働くママやパパ、自分のことよりも子どものことを第一に考えているママやパパにとって、新しい親が子どもの負担にならないかはとても大事なこと。

自分が異性を愛して結婚したいと思っても、新しいママやパパがちゃんと子どもを愛してくれるのか、子どもが親と認めてくれるのかなど心配事は尽きません。自分の気持ちだけでなく、子どもの気持ちも尊重して恋愛するかどうかを考えましょう。

相手が子どもと仲良くなってから再婚を決める

再三話している通り、子どもが新しいパパやママとうまくやっていけるかどうかというのは心配するところ。再婚相手が子どもに虐待をしたというニュースも後を絶ちません。そんなことにならないように、結婚する前に子どもが懐いているかどうかも考えましょう。

何回か顔を合わせている相手ならば親同士が結婚して同居してもすんなり受け入れられるかもしれません。子どもが中学生や高校生など多感な時期の場合は慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、子どもが納得してくれるまで待ちましょう。

籍を入れるのか事実婚にするのかを考える

キャッチ画像2139020

籍は入っていないものの事実上婚姻状態にあることを事実婚と言います。籍を入れなくても受けられる補助や保険もあるようです。籍を入れると苗字を変えなくてはいけなくなります。

子どもの苗字が変わることを子どもが気にする場合や周囲の子に気づかれるのを気にする場合は苗字を変えない、つまり事実婚を選ぶということもあります。新学期や進学のタイミングで苗字を変えるなどの方法もあるため子どもが大きければ相談してもいいかもしれません。

再婚したいと思ったら行動を始めてみよう

キャッチ画像2139021

再婚相手選びは最初の結婚のときよりも慎重になってしまう人もいるかもしれません。過去のことは変えられず、自分の中で清算するしかありません。大切なのはこれから先の未来。

別れの次は新しい出会いが待っていると思って前向きな気持ちで再婚相手を探して欲しいと思います。婚活アプリを活用すれば、大勢の会員の中から再婚相手でもOKという人がすぐに見つかるかもしれません。自分に合った再婚相手選びで素敵なお相手を見つけましょうね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)