結婚適齢期過ぎてるかも…!みんな本当は何歳までに結婚してるの?

結婚適齢期っていつ?

キャッチ画像213941

誰しもいつか結婚して自分の家庭を持つ日を憧れるもの。「みんなはいつ結婚しているの?」「結婚適齢期っていつ?」と結婚する時期について分からない場合も多いのではないでしょうか。

今回の記事では結婚適齢期についてお話しします。日本人の平均結婚年齢はご存知ですか?近年晩婚化が進んでいると言われていますが、本当にそうなのでしょうか?結婚相手をお探しの方必見、編集部おすすめの結婚相手と出会う方法もご紹介していますよ。

みんなが結婚した年齢は何歳頃が多い?

平均初婚率は30歳前後

キャッチ画像213942

日本の平均的な初婚率は女性が29.4歳、男性が31.1歳だそうです。筆者が結婚したのも27歳でした。その年で結婚したメリットとしては独身時代を存分に楽しめる時間があったことです。「遊び切った!」という感覚があるので子育て中の不自由も我慢できます。

デメリットは30歳を手前にしてやや焦って結婚した感があることです。急いで彼氏を作り、籍を入れたので、喧嘩するたびに「もう少しよく他の男を見ればよかったかな?」と思ってしまうのがデメリットを感じる理由です。

25歳までに若くして結婚する場合も多い

最初の結婚ブームは20代の前半に訪れます。大学やバイトなどで出会って、学生の頃からずっと付き合っているカップルは社会に出て2.3年すると結婚する場合が多いからです。20歳頃に就活が落ち着き、22歳頃で会社に入り、24.25で一緒になるという流れです。

大学生の頃にパートナーがいなかったり、いたけど別れてしまった場合はもう少し結婚は後になるケースが多いようです。若いうちに出産できるのでリスクを抑えれますが、結婚する年齢が若い夫婦の方が離婚率が高いという統計も。

35歳以上での結婚も1割程度

キャッチ画像213943

30代後半、40代での結婚は全体のおよそ1割程度。女性の社会進出が進む現代社会では35歳以上での結婚もそんなに珍しくはありません。お互いある程度社会的地位や経済力を持ってから結婚できるので、お金に余裕のある結婚生活を送れるのがメリットとなるでしょう。

デメリットは結婚が遅くなると出産する年齢も遅くなってしまうこと。35歳から高齢出産になり45歳から超高齢出産になり、出産の母体に与えるリスクや胎児の障害率も上がってしまうそうです。34歳と35歳、1歳しか違いませんが女性の体には大きな変化があるようです。

男女別で結婚適齢期の考え方は違う?

【男性編】男女の結婚適齢期

キャッチ画像213944

ある調査では『男性の結婚適齢期は30歳』だと答えた人が全体の約40%に上ったそうです。次に多かったのが35歳。20代までは自分のやりたいことを優先させたい、30代から将来について考えるという理由が多いようです。

また女性の結婚適齢期についても同じくらいで30歳だと考える場合が多いよう。30歳という一つの節目を感じるのでしょうか。出産や子育てを考えるとこのくらいの時期がいいのでは、という体を気遣う声も聞かれました。

【女性編】男女の結婚適齢期

女性が思う女性の結婚適齢期は27.28歳あたりだそうです。男性が思うよりも気持ち早めですね。男性同様出産と育児を考えてこの年齢と考える場合が多いようです。2人目3人目も子育てしていくと考えると、なるべく体力のある内に…と適齢期に見通しを持つようですね。

男性の結婚適齢期については30歳と男女で意見が揃いました。30という数字のキリのよさもそうですが、仕事が安定して経済力もついてきた頃だからと、収入面での余裕を考えての適齢期のようです。

自分が結婚適齢期だなと思う瞬間

結婚ラッシュのとき

キャッチ画像213945

結婚式に出席すると、結婚っていいなあと心から思います。新婦がバージンロードを歩いてくる時、二人の思い出のムービーを見ている時、などどの瞬間を切り取ってもキラキラしていて、幸せそうな二人をみんながお祝いしてくれます。

結婚式に出席しなくても友人が次から次へと結婚していけば、一人取り残されるかも?!と焦る気持ちになりますよね。周囲が結婚していると、自分もそろそろ家庭を持つ時期なのかも…と結婚適齢期を意識しやすいです。

親から心配されたとき

親や兄弟などの家族から結婚をする予定はないのかと心配されたとき、そろそろかなと結婚適齢期を意識し始める場合もあります。結婚相手の候補を紹介されたりお見合いを勧められたりするケースもありますね。

今の時代、親の勧めで結婚するのは珍しいかもしれませんが、恋人がいない場合は小さなチャンスも無駄にしないようにしましょう。心配の声を疎ましく思わず、真剣に結婚適齢期について考えるときが来たんだと思いましょう。

周りの友達が出産したり子どもが欲しいと思ったとき

キャッチ画像213946

結婚ラッシュと同じように出産ラッシュも訪れます。赤ちゃんの顔を見るとそれだけで癒されて笑顔になります。「いいなあ〜赤ちゃんが欲しいなあ〜」という気持ちになると自然と結婚を意識して、自分も適齢期に入ってきていると感じてしまうのではないでしょうか。

また友人や親戚だけでなく、子どもと関わっている職業の場合は子どもと接する機会が多いため、自分の子どもが欲しいと思う頻度が高くなります。教育関係者や医療関係者、子ども向けの商品を取り扱う企業などに勤めていると、結婚適齢期に対する意識は高くなる傾向にあります。

結婚相手を見つけるなら!マッチングアプリがおすすめ

自分の結婚適齢期がなんとなく分かってきましたか?もしくは、結婚適齢期を意識し始めたかもしれませんね。
これから紹介する2つの婚活サービスは、利用者の口コミや評価が高く、婚活サービスが初めてでも、安心して使いやすいものです。初対面の人と話すのが苦手でも焦らずゆっくりやり取りできますよ。

人気の無料診断でお試し!「結婚チャンステスト」

キャッチ画像213947
まずはTVCMでも有名なオーネットの提供する「オーネットチャンステスト」を受けてみましょう。完全無料であなたと相性のいい男性を、数多くのデータベースから検索して紹介してくれます。

勧誘も一切ないため、登録するしないは結果をみて判断してみるといいでしょう。その精度の凄さにびっくりするかも。

キャッチ画像213948
▼こちらの記事もチェック
楽天オーネットの無料診断「結婚チャンステスト」の特徴と受け方ガイド

結婚を考えた出会いに最適「マリッシュ」

キャッチ画像213949

累計マッチング200万件突破(2020年現在)の「マリッシュ」は、恋活や婚活に対するサポートを徹底しているマッチングアプリ。恋愛に対する真剣度の高いユーザーが多いと評判のアプリなんですよ。

動画プロフィールや音声通話など、他のアプリにはないちょっぴり変わったシステムも人気の秘密。次は本気で結婚を考えられる相手と付き合いたいという強い気持ちがある方には、まさにおすすめのマッチングアプリだと言えます。

男性は月額2,980円~、女性は基本的なサービスを無料で利用できます。低料金なので、初めて婚活でマッチングアプリを利用する場合でも安心です!

キャッチ画像2139410
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
マリッシュの口コミ評判と実際に使った体験談、料金、使い方、機能を徹底解説【婚活アプリ】

結婚適齢期を過ぎても結婚できる人の特徴

行動範囲が広い

キャッチ画像2139411

職場と家の往復だけではなく、趣味で何か通っていたり、旅行をしたり、行動範囲が広くアクティブだとその分出会いが多いです。いつも決まったところばかりに出かけているとは出会う相手も決まり切っているので、新しい出会いに恵まれません。

また、何事も積極的にチャレンジ出来ると、いつまでも若々しくエネルギッシュな印象を相手に与えられますよね。年齢を感じさせないので、例え結婚適齢期を過ぎていも魅力が溢れ、適齢期関係なく若い世代からも人気になりやすいです。

経済的な余裕がある

収入が安定している公務員やリストラの心配がない大手企業、一度離職しても次の職場探しに困らない技術職、経営者や医師など一般的に高収入と言われている職業についている場合はお金に余裕があるので、結婚適齢期など関係なくいつの時代でも女性からモテます。

結婚すれば結婚式や新婚旅行、引っ越しや家具選びなど最初だけでもたくさんのお金がかかります。子どもが生まれれば教育費も必要。結婚生活は大きなお金が動くので経済的に余裕があると、適齢期がすぎていても結婚相手に選ばれる大きな強みになります。

結婚適齢期を過ぎても結婚できない女性の特徴

今の生活を変えたくない

キャッチ画像2139412

独身生活が長いため、今の生活を変えることに戸惑いがある場合は、適齢期であってもなくても結婚できずに未婚のままでいる場合が多いです。一人でいることが楽、誰かに気を遣いながら生活したくない、ものを共有するのが嫌という考えてしまうのは、適齢期など関係なく「結婚」自体に向きませんよね。

独身生活はとっても自由。好きな時に出かけ、好きな時に帰ってきても誰にも怒られません。一日中寝てたっていい。そんな制約のない生活にハマってしまうと結婚適齢期を過ぎても結婚できないまま、ずるずると年を取ってしまうかも。

理想が高すぎる

職業やルックスなどの理想が高すぎる、譲れないものが多すぎると、結婚適齢でも自分から出会いの幅を狭めてしまう場合が…。そのため、適齢期が過ぎても結婚できないと悩んでしまいます。

結婚の理想はあくまで理想です。全ての理想を兼ね備えた人物などいないと思っている方が、適齢期を例え過ぎても結婚相手に巡り会う可能性があります。

目の前にいる相手が理想通りでなくても、「こんないいところもあるんだな。」と加点方式で見てみると、相手の魅力がぐんと増すはずです。あなたも含めて完璧な人間はいないと頭に入れておきたいですね。

結婚適齢期を過ぎたあとの婚活で気をつけるべきポイント

焦りは減らす

キャッチ画像2139413

結婚適齢期を過ぎて焦っていると「誰でもいいからとにかく早く」と自暴自棄になってしまう場合があります。自分に言い寄ってきた相手がいた場合、結婚適齢期で焦っていると本当に自分にとっていい相手かどうか精査できなくなります。適齢期が過ぎてしまった…!と焦っていると、ついガツガツしてしまって相手が引いてしまい、本来持っている魅力を見てもらえない場合もあります。

結果的に遊び人に引っかかってしまう可能性もあるので注意ですよ。お付き合いはできても、その後浮気や浪費癖などに悩まされて幸せになれないかもしれません。冷静に相手とお付き合いしてもいいか判断するためにも結婚適齢期が過ぎたあとの焦りは禁物なのです。

現実はしっかり受け入れる

昔モテていた事実に安心し、結婚適齢期が過ぎた今でもモテると勘違いしている場合も要注意。お母さんから「昔はよくモテたのよ」という話を聞いても「そんなの信じられない」と思った経験はありませんか。それと同じで、自分が持っていると思っている魅力は、昔の自分だからこそ持っていたものだったのかもしれません。

過去の栄光にすがって、今でもモテているから、異性のほうから言い寄ってくるだろうと結婚適齢期が過ぎても自分から何もしないと、そのままの状態が続くことになります。勘違いをしているままだと、適齢期も意識しない場合が多いですが、積極的に婚活をしないとさらに婚期を逃してしまいます。

いい相手が見つかったら結婚に向いているか判断

結婚相手の生活力をチェック

 

キャッチ画像2139414

金遣いが荒い、暴言がひどい、女癖が悪いなどのだらしなさを持った男性はこれからの人生を共に歩めそうにないと判断していいでしょう。家が汚い、笑顔が少ない、家庭的でないなどの女性は結婚相手としてはNG。

付き合っている二人の終着点は結婚するか別れるかの二択。もし結婚できない、家族として生きていけないとなれば、すなわちもう一つの選択肢を選ぶしかない時が来るのは必然。結婚適齢期を逃さないためにも、あわないと感じた相手とはすぐに別れるべきでしょう。

女性の場合は男性の仕事面にも注目

男性がどんな仕事をしているかは、結婚適齢期に入ったら相手に注目しておきたいポイントのひとつ。特に子どもがほしいと考えいる女性は、結婚適齢期に入ったら男性の仕事面にも注目しておくべきです。なぜなら、男性がどれだけ出産や子育てに関わってくるかは、男性の仕事やお給料に左右されるからです。

出産や出産後の数ヶ月は、相手の男性も仕事をセーブして子育てをしなくてはいけません。そうなると、収入が少ないのにただただお金が出て行くだけになってしまいます。もちろん、それなりの貯蓄があれば話は別ですが、結婚適齢期といわれている年代の男女に、そこまでの貯金は難しい場合も。

かといって、子育ての一番大変な時期に仕事に精を出されても女性としては困ってしまうところ。男性の仕事形態をよく知っておき、子育てに関してどこまで協力的な仕事なのか、適齢期で焦る前にきちんと見ておきましょう。

価値観が合うか

キャッチ画像2139415

結婚生活はお互いに我慢しなければいけない問題がたくさんあります。時に相手の意見にも耳を傾け、ぐっと飲み込む瞬間も。異なる価値観を持つ者同士が生活するのですから、どんなに仲が良くても多少の我慢は生じます。

ただし、最初から自分の価値観ばかりを押し通そうとする相手とは先が心配になってしまいますよね。あまりにもワガママが過ぎると結婚後の生活も不安になってしまいます。好きなものや嫌いなものが同じ、物の見方が似ている相手を結婚には選ぶようにしましょう。

結婚適齢期を過ぎて周りの目が辛いときはどうしたらいい?

恋愛を思いっきり楽しむ

キャッチ画像2139416

結婚してしまうと一人の相手を愛し続けなくてはいけないので、やっぱり離婚しようと簡単に決断しにくくなります。お付き合いならば合わないなと思ったら新しく恋愛を始められるので、例え結婚適齢期を過ぎてしまっていたとしても、独身は今だけ…!と、今の恋愛を楽しみましょう。

特定の相手、つまり恋人を作らないで遊びたい時に遊ぶというのも独身ならではの楽しみ方。危険な相手には気をつけなくてはいけませんが、いつか結婚に繋がる相手と出会えると思って恋活してみましょう。

恋愛以外を充実させる

適齢期を過ぎても結婚できていない…とツラくなってしまったら、一度結婚のことを考えるのをやめてみるというのも一つの選択です。また婚活を再開したときには、新たな気持ちで始められますし、前とは違う新しい出会いにも期待できます。経済的にも無駄にお金を使わなくてすむので、今まで婚活に割いていた時間やお金を趣味に使い、リフレッシュする時間を作りましょう。

また、仕事に精を出せば新たなやりがいや楽しみを見つけられ、キャリアアップにも繋がる可能性が。時間とお金が自由に使えるのは独身のうちだけ!と結婚適齢期や、適齢期が過ぎてしまったと焦る気持ちは一旦横において、思い切り人生を楽しみましょう。

同じ適齢期を過ぎた仲間を見つける

キャッチ画像2139417

同じように適齢期を過ぎて悩んでいる同士はたくさんいます。そんな仲間たちと繋がりを持つと、「みんな同じようなことで悩んでいたんだなあ」と安心できます。自分は一人じゃないと思えるだけでとても心強いですよね。

既婚者の友達には分からない辛さを語り合えるので、絆も強まるでしょう。婚活の情報を交換し合えば一緒に頑張ろうという気持ちにもなります。まずは独身の友人と連絡を取り合ってみて。適齢期が過ぎて不安になっているのは自分だけじゃないと感じれるはずです。

結婚適齢期は気にせず人生楽しもう

キャッチ画像2139418

結婚適齢期はあくまで目安。その時までに結婚しなくてはいけないわけではありませんし、結婚適齢期を過ぎてもステキな相手はいっぱいいます。あまり結婚適齢期と呼ばれる年齢にとらわれず、その時やりたいことをして、自分の気持ちに素直に生きた方が充実した人生になりますよね。

人生を楽しんでいる方が魅力的で自然とたくさんのお相手の好意を集められるとも思いますよ。結婚適齢期を過ぎたとしても、人生を楽しんでいれば、結婚する瞬間は急に訪れるかもしれません。筆者も結婚適齢期を迎えたときは、ずっと結婚できないんじゃないかと心配していましたが、付き合って3ヶ月で結婚というスピード婚でびっくりでした。結婚適齢期に関わらず、今のうちに独身時代を謳歌しておくのもいいですね!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)