好きな人と楽しくLINE続けたい!長続きさせるコツや脈あり内容は?

好きな人と楽しくLINEを続けたい

キャッチ画像215851

連絡手段として欠かせないLINE、好きな人と楽しくLINEを続けるにはどうしたらいいのか悩みますよね。
返信頻度や内容についても千差万別ですし、既読スルーをされたらどうしようと不安に感じる人も多いと思います。
恋愛においてLINEは鍵となる大切なツールですから、上手に使いこなして好きな人といい感じになりたいですよね!
この記事では、そんなあなたのために好きな人と楽しくLINEを続けるコツをお伝えしたいと思います。

好きな人とLINE交換をする方法

直接聞く

シンプルですが、一番確実な方法が本人に直接LINEのIDを聞くことです。
例えば合コンや友人の紹介など明らかに恋愛と結びつきそうなときには連絡先を交換しやすいものですが、普段の生活でなかなかLINEを聞くタイミングが難しいという方もいますよね。
「今度の飲み会の場所を送るからLINE教えて」とか、「この前の写真送るからLINE教えて」とか何かにかこつけて連絡先を交換しておけば不自然さがないです。

一方的に連絡先を渡して連絡を待つ

キャッチ画像215852

例えば店員さんなど、すぐにその場で連絡先を交換できないような人とLINE交換したいと思ったときには、一方的にLINEのIDを書いて渡すなどの方法をとるしかない場合もあります。
ただ、待ち伏せして突然連絡先を渡しても怖いだけですし下手すれば通報されますから、渡す場所とタイミングはよく考えてからにしましょう。

グループLINEから友達追加をする

会社や同期会などのLINEグループの中に気になる人がいる場合には、グループLINEから友達追加するという方法もあります。
その人にだけ送りたい連絡事項を作って個人のLINEに連絡を入れてみるというのも手。
相手からすると突然友達追加されてメッセージが来たら少しびっくりしてしまうはずですから、不自然にならないように気を付けましょう。

好きな人とのベストなLINE頻度と時間帯

好きな人と続けるベストなLINE頻度

キャッチ画像215853

LINEの頻度や内容は個人差が大きく、仲の良い友達同士でもLINEは続かないこともありますよね。
でも好きな人とは楽しくLINEをしたい!と思うのが普通ですから、そういうときには相手に合わせるのが得策です。
2~3日に1度でいいという人もいれば、毎日朝から晩までLINEで繋がっていたいという人もいます。相手のLINEの頻度を見極め、自分も同じくらいの頻度で返すようにしましょう。

好きな人に送るLINEのベストなタイミング

受け取る相手の気持ちを考え、余裕をもって返信ができる時間帯に送るのがベスト。
学生なら学校や部活の時間は避けたり、社会人なら仕事中の時間には送らないのが良いでしょう。
ベストなタイミングは夕食後~寝る前くらいの時間帯。
多くの人は仕事のあと疲れて帰ってきてご飯を食べて、ゆっくりテレビを見たりお風呂に入ったりしている人が多いですから返信も返しやすいですよ。

好きな人とのLINEが続かないときに使える話題

趣味の話をする

キャッチ画像215854

共通の趣味がある場合には、趣味の話をするのが一番簡単で話も続きやすいです。
男性は教えたがりな人が多いので、女性側は聞き役に回って「すごい!詳しいね」などと褒めてあげるとより良いでしょう。
ただし、趣味に対する熱量は人それぞれなので、自分ばかりテンションが上がってしまうと温度差が浮き彫りになってしまいますから、相手の反応は注意深く観察することが必要です。

休日の過ごし方を聞く

鉄板なのは休日の過ごし方を聞くこと。
でも、筆者も婚活しているときによく「休日はどうやって過ごされますか?」と聞かれていたのですが、正直それだけだと返答に困ることも多かったです。
例えば「休みの日はお出かけとかよく行きますか?」などある程度具体性を持たせた方が返事をしやすいでしょう。

好きなものの話をする

キャッチ画像215855

好きなものの話をするとデートにつながる可能性もあります。
食事デートに誘うならどんな食べ物が好きか聞くのが良いですし、お出かけ先としてどんな場所が好みかを探っておくのは大切ですよね。
大体男性が女性に対して好きな食べ物について聞いてくるときは、何を答えたとしても「じゃあおいしいお店知っているから今度一緒に行こう!」と言うための布石であることが多いです。
相手の好きなものは知っておいて損はありませんし、自分と合うかどうかを考えるのにも必要な情報ですから聞いておくと良いでしょう。

その日に起きたことを話す

話題に困ったら、その日に会った何気ないことを話すというのも手ですよね。
食べたものの話でも良いですし、学校や会社での出来事でも良いでしょう。
ただ日々の生活でニュースになるような出来事はそれほど頻繁に起こりませんから、ネタがないときには世の中で起きたことでも大丈夫です。
ただ、あまり暗い話や殺人事件のニュースなどの話題だと話が暗くなってしまうので避けた方が良いでしょう。

恋愛観について話す

キャッチ画像215856

恋愛観の話題を出すと、「あなたの恋愛観が気になる」=「あなたが気になっています」というサインを送ることができます。
好みのタイプを聞いたり、今恋人がいるのかどうかを確認するためにも初期のうちに聞いておくのが無難でしょう。
また恋人がいないと分かっている場合でも、今恋人が欲しいと思っているかどうかを確認しておいた方が良いです。

仕事の話をする

仕事に関する話題は話しやすくて便利ですし、休日や繁忙期などを把握しておくためにも大切。
でも、仕事の話をあまりプライベートで話したくないという人もいるので、話題を出したときの相手の反応を注意深く観察しておく方が良いでしょう。
同業種だった場合は仕事の話も分かり合えることが多いので、業種が違うと伝わりにくい悩みや困ったことなどを共有することもできます。

LINEでわかる脈なしサイン

LINEでありがちな脈なしサインを4つご紹介します。この傾向があるから必ずしも脈なしと決まったわけではありませんが、期待しすぎない方が傷つかずに済みそうです。

既読無視をする

キャッチ画像215857

既読スルーは結構痛手ですよね。読んでて無視するなんてショックだという方が多いでしょう。
特に片思いの場合は相手の一挙一動が気になってしまうのでかなりこたえますし、返事はいつ来るんだろうかと気が気じゃない人もいると思います。
返事をしづらくて既読スルーしてしまったり返事をするのを忘れていたりとあまり気に留めなくていい理由のときもありますが……
あなたへのLINEの返事を送ることが、他の用事よりも優先順位が下であるということは間違いありません。

返信がそっけない

LINEの内容がスタンプばかりだったり、絵文字もなく投げやりな感じで一言送ってくるだけ、という場合にはあまりあなたに興味がないのかもしれません。
LINEでのやり取りは顔が見えないので、必ずしも興味がないと言い切れない場合もあります。
しかし、一般的には興味があって恋人候補にしたいと思っている相手からのLINEをそっけなく適当に返すというのはあまり起こりえないことですね。

LINEが続かない

キャッチ画像215858

あまりLINEが続かずすぐに話題が途切れて終了してしまう場合は、相手があまり話を続けたくないと思っている可能性があります。
脈ありの相手なら、どうにかしてLINEを続けようと努力してくれるはずです。
話題を出したり質問をするのがこちらからばかりになっているときは、ちょっと冷静になった方が良さそうです。

デートに誘っても断られる

1回誘って都合が悪いと断られても、「都合が悪かっただけなんだ!」と思って何回も誘うと逆効果である場合もあります。
もし相手もデートに行きたいと思っているなら空いている日を教えてくれるはずですし予定のすり合わせをしてくれるでしょう。
また、完全に断りはしなくても「今度みんなで行こうよ!」などの2人きりを避けるような話の持っていき方をする場合も、同様に脈なしである可能性が高いです。

脈なしの相手を諦めるならマッチングサイトがおすすめ

好きになった人が残念ながら脈なし……
つらい失恋を味わって諦めるくらいなら、マッチングアプリで新たな恋の相手を探すのがおすすめ!たくさんのマッチングサービスの中から、目的別にオススメの2つを紹介しますね。

自分に合う人が見つかりやすい「ハッピーメール」

キャッチ画像215859
累計登録数2000万(2020年現在)を突破し、会員数の多さが最大の特徴となっている「ハッピーメール」。創設19年以上の健全な運営実績と、24時間365日対応の安心サポートで、初めてマッチングサイトを利用する人に人気!
タイプの人を探すには人数が多い中から探す方が圧倒的に有利です。
ッピーメール内で知り合った異性と出会えた確率は、74.5%とかなりの高確率
本気の恋愛をしたい人から、友達を増やしたい人まで色々な用途で使われていて、利用目的別の掲示板の書き込みやプロフィール検索などで相手を探すことができます。
人数が多いので埋もれてしまわないよう、プロフィールはしっかり書いて自己PRをしましょう!

女性は完全無料、男性は事前にポイント購入する流れです。
検索機能は無料で使えるので、まずは会員登録から気軽に始めてみるのがオススメです。キャッチ画像2158510
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

結婚を意識したお付き合いをしたい人向け「Omiai」

キャッチ画像2158511
結婚を意識した出会いを探す男女が集まる婚活マッチングアプリがOmiai
特徴としてはマッチング率が高く、1人当たり6人以上とマッチングしているのがスゴイんです。
利用年齢層としては20代~30代が最も多く、アラサー世代が相手を見つけやすい環境になっています。
真面目で清楚な人が多いので、結婚相手を探すには最適かもしれません。
女性は無料、男性はメッセージをするためには月額会員になる必要があります。
ポイント購入型とは違ってメッセージを送り放題なので、残りポイントを気にせず出会いに集中できるのも利点ですね。
キャッチ画像2158512
(18歳未満は登録禁止です)

好きな人とのLINEが止まったら次は何を送る?

興味のありそうな新しいイベント情報を送る

キャッチ画像2158513

音楽フェスティバルや興味のある分野のイベントが行われるときに、「今度これやるんだって~!」とLINEしてみると次のデートに繋げることができるかも。
イベントに誘いづらい場合には新しく気になるお店の情報を送ってみるのも手ですね。
ただし相手が全く興味がないイベントなどの情報を送っても、相手からすればそっけない返事が返ってくるかもしれません。
相手の趣味や休日の過ごし方などをよくリサーチした上で送る必要があるでしょう。

軽い悩み相談をしてみる

悩み相談をして話のきっかけを作るというのも一つの手です。ただし、前置きなくいきなり相談事を長文で送りつけたりするのはNGです。
距離感を考えたうえで軽めの相談をするのが良いでしょう。
そして、相手のことをどんなに好きでもまだ恋人関係ではなく友人であることを忘れてはいけません。
迷惑にならない範囲で相談をしてみましょう

「そういえば」と思い出したかのように続ける

キャッチ画像2158514

話が終わってしまったら、「そういえば」を利用して話を変えてみるのも良いですね。
ただ、相手の返信頻度が落ちてきたりテンションが下がっている感じがしたら無理に話を続けず諦めて終わらせる方が無難です。
しつこく連絡されると思ったら次回も警戒されてしまいますし、あなたとの連絡にマイナスなイメージを持たれてしまいます。
ある程度会話できたら一旦終了するというパターンの方が逆に気軽に連絡をできるという場合もあります。

返信が欲しいことを伝える

あとは返信が欲しいという気持ちをアピールするというのも一つです。
ただし既読or未読スルーしているということは相手は何らかの理由で返事をしづらいと考えている状態なので、無理に返事を急かすことで逆効果になる恐れもあるので注意しましょう。
あくまで友人同士という手前なかなかダイレクトに伝えるのは難しいものがありますね。
例えば飲み会の出席確認などの絶対に返事がほしい連絡であれば催促はしやすいと思います。

好きな人とのLINEを長く続けるコツ

LINEの頻度は相手に合わせる

キャッチ画像2158515

LINEは人それぞれのペースやタイミングがあるので、相手に合わせることを心がけましょう。
返信のスピードも1分で既読にして返事を送るタイプもいれば、ちょっと長めのメッセージを数時間に1回という人もいます。相手の返信時間を計算して、こちらからも同じくらいの返信頻度にするのがおすすめ。
相手が心地よいと思うことが一番大切です。

楽しい内容を心がける

楽しい会話になるように話題選びも重要なテクニック。
最近人気の食べ物のことやお店の話、会社で面白かったことなどポジティブな内容を話すようにしましょう。
LINEすると楽しい気分になると思わせることが大事です。暗い話、悲しい話はNGです。
楽しい雰囲気を作るコツは、スタンプも明るくて可愛いスタンプを使うこと。顔が見えないLINEの会話でも感情が伝わりやすいです。

丁寧な言葉遣いを意識する

キャッチ画像2158516

お互いの距離感にもよりますが、言葉遣いを丁寧にするのは大切です。
いきなりため口で送られてきたら相手も驚いてしまうかもしれません。
だからといってあまりよそよそしい態度で接するのも良くありませんが、相手の反応を見ながら適度に言葉を崩していくようにしましょう。
ため口でいいよなどと相手から言われたときがいいタイミングといえますね。

メッセージは長文より短文が良い

これも相手によりけりですが、一般的には長い文章が送られてくると面倒くさくなるので短文で送るのがオススメ。
ポップアップに出てくる文字数を大きく逸脱するような長文LINEは読むのも大変だし返すときも手間がかかります。
本来吹き出しの形のはずのメッセージ欄がまるで箱のように大きくなって画面を占領しているのを見るとうんざりしますよね。
相手がそれほど長文じゃないのに長文のメッセージを何度も送り付けると、そのうち未読スルーされるようになってしまうかもしれません。

好きな人の脈ありLINEの判断ポイント

LINEの返信が早い

キャッチ画像2158517

LINEの返信が早い場合、心理的にあなたのことが気になっているということが窺えます。
仕事でもない限り、LINEの返信が後回しにできるものですからその頻度が高いということはそれだけ興味があるという証です。
LINEすることが割と嫌いじゃない人でも興味のない人とのLINEは面倒になりますから、返信が早いというのはかなり脈ありの行動ということになります。

LINEを続けようとする意識を感じる

会話が終わってしまったときも、相手から話を振ってきたり質問をしてくるような場合は脈あり度が高いといえそうです。
まだLINEをしていたいという意思表示ですし、それほど喫緊の用事でもないのに会話を続けようとしてくれたら期待できそうです。
相手が男性だった場合は、長くLINEを続けてきたうえで最終的にデートのお誘いに発展することも珍しくありません。

用事は特になくてもLINEがある

キャッチ画像2158518

用事を連絡するという意図ではなく、コミュニケーションツールとして特に深い意味なくLINEが送られてくるときには、会話を一緒に楽しみたいという気持ちの表れであることが多いです。
「今なにしてる?」などの他愛ない日常を聞いてくるということは気になっているということです。
男女関係なく、用事なく頻回にLINEがある場合は脈ありと言えそうです。

体調を気遣う

好きな人の体調は気になりますし心配になりますよね。
「昨日寒かったけど風邪ひいてない?」など体調を気遣ってくれる場合も期待値高めです。
普通に友人として心配することももちろんあると思うので、体調を気遣ってくれたから脈ありなんだ!と思いこむのは危険ですが、他の要素とも考え併せて判断しましょう。

好きなタイプを聞いてくる

キャッチ画像2158519

相手が「脈ありかどうか」を確認するための手段として好きなタイプを聞いてくることは多いです。
全然違うタイプの人を答えられたら脈なしと判断して、告白玉砕するのを避けるための定石ですね。
興味もない人の好きなタイプをわざわざ聞くことはあまりないので、唐突に好きなタイプを聞いてくるときには期待できそうです。

【男性に多い】デートに誘う

男性は意図を持って行動をする傾向があります。
LINEのやりとりを続けて最終的にデートに誘うというパターンが結構多いんですね。
ただLINEだけ続けていつまでも2人で会ってくれない場合にはキープにされているだけという可能性もありますのでご注意を。
デートに誘ってくる場合はかなり脈あり度が高く、2人きりでのデートの場合は好意があることはほぼ確実です。

【女性に多い】デートのきっかけを作る話をする

キャッチ画像2158520

女性からデートに誘うのはちょっと勇気が出ないという場合に、デートのきっかけを作るような話をすることが多いです。
「おいしいイタリアン食べたいな」など次のデートの候補地になりそうな場所を言ってくる場合には「連れて行ってほしいな」というニュアンスであることが多いですね。
筆者も女性ですが、デートに誘う気があるのかどうかを探るために上記のような内容を送ってカマをかけたりしていました。
誘い待ちの女性をスマートに誘えるのがモテる男です。

好きな人とのLINEを長く続けよう

キャッチ画像2158521

この記事ではLINEの送り方について書いてきましたが、参考になったでしょうか?
相手のLINEがあまり返ってこないと心配になって占いや相性診断などを見てしまう人も結構いると思いますが、相手の一挙一動に敏感になりすぎず大きく構えておくとうまくいきますよ。
LINEで仲良くなるのは難しいと感じている人は、マッチングアプリなどを使って、新たな恋の相手を探すのが手っ取り早くておすすめですよ。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)