シングルファザーの再婚を成功させる!出会いの場や注意点とは?

シングルファザーの再婚は難しい?

キャッチ画像218931

離婚や死別などを経てシングルファザーとなり、仕事や育児に奮闘する父子家庭の父親が増えてきています。

いつかは再婚したいと考えていても、多忙さや世間体といった様々な事情で、「今は難しいかな…」と悩んでいる人も。子供がいる場合、再婚は一人で決められる問題ではありませんし、相手側に問題がなくてもご両親に反対される可能性もあり、乗り越えなくてはならない問題もありますよね。

でも、それでも試練をクリアして再婚している人も多くいます!シングルファザーの需要を知り、段階を踏んで婚活を進めていけば、再婚はそこまで難しい問題ではありません。

この記事では、シングルファザーの恋愛事情や再び結婚へたどりつく為の方法についてまとめているので、再婚を考えている人は参考にしてみてくださいね。

シングルファザーの割合

厚生労働省が発表しているレポート「ひとり親家庭等の現状について」を見てみると、平成23年の時点で国内の父子家庭の数は22.3万世帯となっています。

これはひとり親世帯のうち約15%を占める数字で、世帯全体で見ると約0.8%が父子家庭であるというデータが出ているようです。母子家庭に比べると父子家庭の数は1〜2割と少なめであるものの、昔に比べると年々増加しているのが現状。

過去に結婚歴があるために、婚活の際は独身女性から敬遠されることも少なくありません。仕事や育児であまり時間が取れないことから、再婚を考えるのも難しいというのが現実です。

シングルファザーの特徴

強い責任感を持っている

キャッチ画像218932

ひとり親世帯の人は男女問わず、家庭を背負って生きていかなくてはならないというプレッシャーを感じています。

特に男性であれば、父親として慣れない育児を一人でこなしているので、独身男性以上に責任感の強さを持っている人が多いです。親としての責任感が養われていることもあり、恋愛面においても真面目で頼りがいがあると感じる女性が多そうですね。

家事や育児もできる

シングルファザーはだいたいの家事を自分でこなすことができ、生活力が高いです。毎日子供のために食事を作り、洗濯などもこなしているので、女性顔負けの家事・育児スキルが身に付いている人も。

そんなシンパパならではのメリットが、「家事・育児を協力して行えること」であり、結婚することで女性の負担が大幅に減るはずです。

包容力がある

キャッチ画像218933

父親ならではの包容力があるのも、シングルファザーの特徴です。独身男性に比べると父性が強いことや、結婚経験があるために、女性の扱いを心得ている人も。

特に苦い別れを経験しているシングルファザーであれば、女性に対する思いやりの気持ちも強いです。過去の辛い経験から、もう同じ過ちを繰り返さないようにと慎重になっていますし、家事や育児など一般女性の大変さを熟知している面でも、女性の気持ちをよく理解してくれそうです。

経済力がある

男性が子供を一人で育てるとなると、ある程度しっかりした収入が必要です。多くのシングルファザーはきちんとした定職に就いているのではないでしょうか。

人によっては子供を育てる分を稼ぐだけで精一杯という場合もあり、自治体により様々な父子家庭手当や支援を受けている人も。

それでも子供という守るべき存在がいることから、経済観念はしっかりしています。身の丈に合わない無駄遣いをしたり、ギャンブルに手を出したりといった心配も少なそう、と考える女性は多いでしょう。

子供好き

キャッチ画像218934

シングルファザーは子供慣れしているだけあり、一般的には子供好きな人が多いです。子供に懐かれやすいタイプであれば、家でも良きパパでいる可能性が高いでしょう。

離婚の際、男性では難しいとされる親権を得ることができているのであれば、我が子のことを大切に考えている人がほとんどです。父性愛が強く優しい心を持っている男性が多いので、女性にも母性を求めるかもしれません。

シングルファザーの恋愛事情

シングルファザーたちの中には、再婚を希望している人も多いです。子供のことを考えると小さいうちから母親を作ってあげたいという気持ちもあるのだとか。

気持ちは再婚に前向きでも、仕事・育児が忙しかったり出会いがなかったりといった理由で、恋愛すること自体が難しい人も。運良く素敵な女性に出会えても、女性側がシングルファザーに抵抗があるケースも少なくありません。

また女性側が子供好きでなかった、相手の親に反対されたなど、何かしら問題が生じてくるので、シングルファザーたちの恋愛は一筋縄ではいかないようです。

シングルファザーにおすすめな出会いの場は?

恋活・婚活アプリを使う

キャッチ画像218935

身近だとなかなか条件に合う女性と出会えることがないシングルファザーにおすすめなのが、恋活・婚活向けのマッチングアプリです。

マッチングアプリなら自分のプロフィール欄でシングルファザーであることを最初に紹介しておくことができるので、「シンパパ歓迎!」という女性からアプローチがくる可能性もあります。また、女性側のプロフィールを見て子持ち男性OKかどうかわかるケースもあるので、普通に探すよりは条件の合う相手が見つかりやすいはず。

最初は無料登録してどんなサービスか様子見で利用できるマッチングアプリもあるので、まずは自分に合ったアプリがあるか探してみてはいかがでしょうか。

▼こちらの記事もチェック
【2020年最新】優良出会い系アプリランキングTOP8|実際に試してわかった評判の理由

結婚相談所に行く

インターネットで探すと、シングルファザーの婚活に特化した結婚相談所も見つかります。こういったサービスを利用し、プロのアドバイザーのサポートのもと婚活を行うのもおすすめです。

また、普通の結婚相談所であっても結婚歴や子供の有無が最初にわかるようになっているので、複数の結婚相談所に出向いてみるのもアリ。結婚相談所を利用する女性の中には、体質や年齢的に子供を望めない人もいるので、そういった人たちからのアプローチを受けやすくなるでしょう。

バツイチ限定の婚活パーティーに参加する

キャッチ画像218936

ひとり親家庭を対象とした婚活パーティーに参加するのもおすすめです。こちらは最初から直接顔を合わせて交流ができるので、お互いの印象を伝えやすいというメリットがあります。

休みの日に育児で時間があまり取れないという人は、子連れOKの婚活パーティーイベントもあるので、開催しているタイミングを狙って参加してみると良いでしょう。

参加費用も1回数千円単位とそこまで高額ではないので、年に数回参加する程度であれば難しい出費ではありません。日頃の気分転換も兼ねて楽しんでみてはいかがでしょうか。

友達の紹介

友達や職場の同僚など、身近な人から再婚相手になってくれそうな女性を紹介してもらうというのも一つの方法です。知っている人繋がりの出会いであれば、お互いの素性も事前に相手に伝わっている上で出会えるので安心感があります。

シングルファザーの場合、身近な人繋がりで出会いが期待できる状況そのものがレアなので、もし友達から紹介話があればできる限り受けるようにしましょう。

また、再婚希望であること、どんな女性に母親になってほしいと望んでいるかなども、日頃から周囲に伝えておくのもおすすめ。周りが気を利かせて紹介話を持ってきてくれる望みが高まります。

シングルファザーに最適な恋活・婚活アプリ

キャッチ画像218937

上記で紹介した通り、自由に使える時間が少ないシングルファザーにおすすめなのが、アプリを使って隙間時間で婚活するという方法です。ここではおすすめの恋活・婚活アプリを厳選して、2つ紹介しましょう。

バツアリに優しい「マリッシュ」

キャッチ画像218938
マリッシュ累計マッチング数が200万件(2020年現在)を突破したマッチングアプリです。

再婚者、シングルファザー、シングルマザー向け優遇プログラムが充実!そのため、再婚を考えて登録しているユーザーも多いのが特徴です。

ユーザーの年齢層は30代〜40代と比較的高く、結婚を視野に入れた真面目な出会いが期待できます。遊び目的で参加している人はほぼいないと言っても良さそうですね。

またサイト内ではSNSのように同じ趣味を持つユーザーが集まる「グループ」機能がおすすめ!好きな音楽・漫画・映画などで繋がれるコミュニティが3000以上もあるので、自分にぴったりな女性も探しやすいはず。まずは気軽に登録してみることをおすすめします。
キャッチ画像218939
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
マリッシュの口コミ評判と実際に使った体験談、料金、使い方、機能を徹底解説【婚活アプリ】

結婚を意識した人が多く年齢層も幅広い「マッチドットコム」

キャッチ画像2189310
マッチドットコムは世界25カ国でマッチングサービスを提案しており、国内では187万人(2020年現在)が登録しています。マッチングサイトには珍しく男女ともに月額有料制度をとっているため、真剣に出会いを探している人が多く登録しています。
結婚を視野にいれたお相手探しとして利用されているので、20代~40代と年代もバランスよく登録されています。

バツイチ婚活ブロガーのブログでも比較的高い評価を得ているのが特徴。サクラ対策や個人情報保護など、セキュリティ面もしっかりしています。

独自のアルゴリズムを使って、毎日自分に合う10人の女性を紹介してくれるサービスが人気!他アプリよりも効率的に自分にぴったりな相手を探しだすことができます。選択を続けることで、毎日ピックアップされる女性がより自分に合うよう、グレードアップされるのも嬉しい機能です。

無料登録で相手検索までできるので、まずは登録だけしてみて、どんな女性がいるのか覗いてみてはいかがでしょうか。
キャッチ画像2189311
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

シングルファザーは一部の女性から特にモテる

子供は産めないけど家庭がほしい女性

キャッチ画像2189312

不妊症など体質の事情で子供が産めないけど家族がほしいと思っている女性にとっては、シングルファザーの方がメリットを感じてもらえることがあります。

そしてシンパパ希望の女性は子供の母となることも覚悟の上なので、もし運良く出会えた場合は早い段階で結婚の話も進めやすいです。

他人の子供と暮らしたいという気持ちがないと、子持ちの男性を希望しようとは思わないので、自分の子供ともきっと仲良くやっていけるよう頑張ってくれるでしょう。

同じ境遇のシングルマザー

シングルファザーは、同じくひとり親という境遇であるシングルマザーからの人気が高いです。かつてのパートナーと別れ、1人で子供を育てているという同じ経験をしていることで話が合いやすく、共感する部分が多いことから関係も深まりやすいでしょう。

また、児童手当など国の支援を受けながら仕事も育児も頑張っているシングルマザーは多く、この苦労を分け合えるパートナーが欲しいと考えている人も少なくありません。

シングルファザーが再婚するときの注意点

子供のことを第一に考える

キャッチ画像2189313

ひとり親の場合、恋愛や結婚をする時は特に慎重に事を運ばなくてはいけません。特に子供を第一に考えるのは絶対であり、子育てをきちんとやっている上で恋愛を進めていく必要があります。

仕事や恋愛にかまけて子供に寂しい思いをさせてしまう、子供との相性を気にせず相手選びをしてしまうといった事のないように。常に子供が一緒にいるという意識を持ち、時には子供の声に耳を傾けることも忘れないようにしましょう。

シングルファザーであることは隠さない

真剣に交際したいと思える相手に出会ったら、シングルファザーであることはもちろん、自分の現在の状況なども包み隠さず相手に話しておくようにしてください。

離婚している場合、自分が原因でないのであれば気にしない女性が多い傾向なので、離婚理由もなるべく伝えておいた方が良いでしょう。

シングルファザーであることは、出会ってすぐの段階で伝えることをおすすめします。後々になってから子持ちであることを告白することで、敬遠されるおそれがあるからです。

交際まで発展しても再婚に迷ったらやめたほうがいい

キャッチ画像2189314

交際まで発展する相手ができた場合でも、結婚しようか迷ってしまううちは、すぐに結論を出さないようにするのが賢明です。

そしてなぜ迷ってしまうのか、その理由をまずははっきりさせましょう。心に引っかかっているモヤモヤは後々問題になることも多いので、結婚前にはっきりさせ、解決できるかどうか考えるべきです。

特に相手が子供のことについて悩んでいそうな場合、無理に結婚すると失敗に繋がる可能性も考えられるので、迷いがあるうちは結婚は保留にすることをおすすめします。

再婚のタイミング

再婚のタイミングを決めるのは、自分の意志が固まってからというのはもちろんですが、子供が受け入れてくれるかどうかも大切です。

さらに相手やそのお子さん、ご両親が受け入れてくれるかどうかでも変わってきます。大切な娘に二度も結婚を失敗させたくないという気持ちから、相手両親も慎重になっているはず。

シングルファザーの結婚は、お互いの家族が賛成している状態で決める必要があります。どちらの家族も幸せにできるという確信が持てないうちは無理に決断しないようにしましょう。

シングルファザーが再婚を成功させるためのコツ

前向きに考える

キャッチ画像2189315

シングルファザーの婚活はハードルが高めであることから、仕事や育児と両立する上で悩みが出てくることも多いでしょう。それでも諦めずに気持ちを前向きに保ち、できる範囲で婚活を続けていくことが成功の近道です。

時間がかかることは視野に入れておき、多くの出会いを楽しむつもりで取り組んでいる方が、女性目線から見ても魅力的に見えます。

夫婦像や家庭像を決めつけ過ぎない

夫婦はこうあるべき、家庭はこうあるべきという決まりはありません。どんな夫婦・家庭になっていくかは相手や環境によって変わっていくもの。

自分の中で夫婦像や家庭像が固まりすぎていると、それを無意識のうちに相手に押しつけてしまうことにもなりかねません。どんな家庭を作りたいかという気持ちは相手女性にもあるはずなので、2人で話し合ってお互いの意見を取り入れていくスタイルが良いでしょう。

明るい性格が大事

キャッチ画像2189316

婚活ではやはり明るく感じの良い男性がモテます。特にシングルファザーは婚活において不利に陥るシーンも多い分、見た目の印象が良いことが武器になりやすいので、「明るく元気」というイメージは常にアピールしていきたいところ。

また、気持ちを明るく持つことは、婚活のモチベーションを保つことにも繋がります。長期戦になりやすい婚活においてモチベーションは大切なものなので、諦めない心を育む為にも気持ちは明るく持っていたいですね。

余裕をある程度持つ

結婚に焦っている男性は女性目線から見ても魅力的には見えません。シングルファザーということで、多忙さから心がせわしなくなることも多いかと思いますが、その雰囲気を恋愛の場で出してしまうことは避けましょう。

焦ると何事も失敗しやすいと言います。いつでも冷静な判断ができるように、心にある程度余裕を持っておきましょう。

見た目を清潔に保つ

キャッチ画像2189317

見た目の清潔感を保っておくのは人付き合いの基本です。髪型がボサボサだったり、体臭・オーラルケアができていない男性は特に女性に避けられやすいですので、最低限の身だしなみはきちんと整えておくようにしましょう。

離婚理由を聞かれたときも悪口は言わない

婚活中に相手女性から離婚理由を聞かれる時もあるかと思いますが、別れた原因を伝えるならなるべくポジティブな言葉に直して伝えるようにしましょう。

前のパートナーの悪口を言うと相手の女性にマイナスイメージを持たれかねません。「面倒くさそうな人だな」と思われて距離を置かれてしまうこともあるので気をつけて。

精神面や経済面を安定させる

キャッチ画像2189318

ひとり親は会社に行きながら子育てもしなくてはならない立場なので、子供が小さいうちは大変です。精神的に疲弊してしまうことも少なくないので、適度に父子家庭支援など自治体のサポートを借りながら余裕のある生活スタイルを身につけていきたいところ。

経済面も児童扶養手当など各種手当を最大限に活用して、再婚した後も無理なく生活できるようなスタイルを整えておきましょう。

シングルファザーが相手を見つけるときのコツ

相手を絞りすぎず広範囲で見るのが良い

シングルファザーの場合は一度結婚経験があるというのもあって、婚活において不利な場面が出てきやすいです。

よって相手を探す時も未婚女性に限定せず、バツアリやシングルマザーの女性も視野に入れて婚活する方が良いご縁を掴みやすいでしょう。

あまり相手の条件を絞りすぎないのがポイント。良き妻・良き母になってくれそうな女性の条件とはどういったものか、改めてよく考えてから相手探しに入りましょう。

自分が恋愛できる相手を選ぶ

キャッチ画像2189319

子供のことを思いすぎて、婚活も子供主体で考えてしまうシングルファザーは多いです。もちろん父親としてそれは正しい考え方ではありますが、自分の恋愛感情まで無視しすぎて「子供の母になってくれるなら誰でもいい」という気持ちでいると、夫婦関係を築いていく上ではネックになってしまいます。

再婚相手を選ぶ時は、子供のことと同じくらい、自分が恋愛できる相手かどうかを重視することが基本です。夫婦2人の関係という地盤がしっかりしていてこそ、子供も幸せになる家庭が作れるということを忘れないようにしましょう。

子供好きな人はより良い

シングルファザーの妻となる相手には、やはり子供好きな女性である方がなにかと安心です。子供にとって良い母になってくれる可能性が高く、血の繋がりはなくてもきっと仲の良い親子になってくれるはずです。

相手が子供好きかどうかは、実は口調より態度や行動に現れやすいもの。口では子供が好きと言っていても、子供に対してよそよそしかったり、表情が固いようなら無理をしている可能性もあります。

反対に、子供に対していつも満面の笑顔を向けていたり、自分から積極的に子供と関わろうとしている女性であれば根っからの子供好きと言えるでしょう。

シングルファザーも素敵な再婚をしよう

キャッチ画像2189320

仕事や育児に忙しいシングルファザーでも、休みの日の自由時間やマッチングアプリなどを利用することで無理なく婚活することは可能です。

婚活相手の事情や子どもの声にも耳を傾けつつ、自分が恋愛できる女性を見つけ出すというのがポイント。あなたにとっての素敵な奥さん、子供たちにとっての素敵なママを探してみてください。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)