一生独身の覚悟はある?結婚できなさそうな男性の特徴

一生独身でいいの?

キャッチ画像222131

「結婚なんて自分の自由がなくなるからしなくてもいい」

そんな風に考えている男性が、若い世代を中心にどんどん増えています。でも結婚しない=一生独身という未来像を上手くイメージできていない人も多いですよね。

一生独身でいることにはメリットもありますが、大きなデメリットもあります。一生独身の覚悟が本当にできているのか、今一度ここでチェックしてみませんか?

  • 一生独身だとどうなるの?
  • 結婚したいけど一生独身じゃないかと不安
  • 一生独身になりそうな人の特徴は?

そんな悩みを抱えている男性は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。結婚と一生独身のどちらが自分に合っているのか、考え直すきっかけになるはずですよ。

生涯未婚率は昔より増えている

日本では、生涯未婚率は男性は23%ほど、女性は14%ほどで、男性のほうが生涯未婚率は高いという結果が出ています。結婚したいけどできなかたったという人ももちろん含まれますが、昔と比べると結婚しない選択をする人も増えているんです。

日本の生涯未婚率は男女共に年々上昇していて、これからも増えていくと予想されています。一生独身の人たちが増えることで少子化問題なども加速し、日本が抱える大きな問題となっているんです。

一生独身のメリット

お金や時間が自由

キャッチ画像222132

一生独身でいることの最大のメリットは、自分のお金や時間を自由に使えることですよね。結婚すると自分中心の生活は難しくなるので、それが嫌で結婚しないという男性も多いはず。

お小遣い制になることで趣味にお金や時間を使えなくなったり、好きな時に飲みに行くことができなくなったり。結婚して家族ができることで、自分の独断で物事を決められなくなるなど結婚に対してデメリットを感じている男性は少なくありません。

義実家とのしがらみはない

結婚は自分たちだけの問題ではなく、相手の家族との関係性も重要になってきます。お互いにあまり干渉しない性格だと気にならないかもしれませんが、義実家との関りが濃い相手との結婚は気持ち的にも辛いもの。

もちろん助けられる場面は多くあると思いますが、気遣いが苦手な人にとっては結婚における大きなしがらみになる場合も多いですね。

一生独身のデメリット

孤独死の可能性が高い

キャッチ画像222133

一生独身になるとメリットがある反面、デメリットも生まれます。独身に不安を感じる人のほとんどは、社会問題にもなっていて、度々でメディアで話題になる孤独死の可能性が頭によぎっているのではないでしょうか。

病気などで寿命を迎えても誰も看取ってくれなかったり、誰にも気づかれずに自宅で孤独死をしてしまったり。そんな可能性を考えると、一生独身でいることに不安を感じる人も多いはずです。

老後寂しくなるときがくるかも

今は「一生独身の方が楽だから結婚はしない」と思えていても、老後はどうなるかわからないもの。家から出るのも億劫になり、定年を迎えて自宅に居ることが多くなると、家族が居たら……と寂しさを感じる可能性は十分に考えられます。

話したい話題などがあっても誰にも話せないままでいると、ストレスを溜め込んで体に良くない状態になってしまうことも。友人夫婦が仲良さそうにしているのを見て、無性に辛くなってしまう老後は、想像するだけでも辛いものがありますよね。

病気になったときに大変

キャッチ画像222134

一生独身でいることの3つ目のデメリットは、自分が病気になった時に大変な思いをすること。面倒を見てくれる人が誰もいないので、入院となっても準備などが大変ですし、食生活の管理や家事のサポートなどもしてもらえません。

既婚者であれば当たり前に妻が病気の体を支えてくれますが、独身男性は体の病気から寂しさや不安で心を病んでしまう可能性も。歳をとるほど病気のリスクは高まるので、早いうちに結婚しておきたいと考える男性が多いのではないでしょうか。

一生独身で結婚できなさそうな男性の特徴

仕事が大好きで専念したい

とにかく仕事が大好きで、家でも仕事のばかり考えている。こんな男性は一生独身になってしまう可能性が高いです。いつも仕事で忙しく出会いも少ないため、結婚のチャンスを逃してしまいがち。

仕事は好きだけど結婚もしたいという場合は、自分から出会いを探しに行く機会を作りましょう。「いい人がいたら」なんて言っていると、あっという間に老後を迎えてしまうかもしれませんよ。

お金も時間も自由に使いたい

キャッチ画像222135

お金も時間も自分の自由に使いたいという男性は、一生独身になってしまう可能性がかなり高いと言えるでしょう。結婚するとどうしても、自由は少なくなってしまうもの。相手に対する気遣いや譲歩がないと、結婚生活は上手くいきません。

このタイプの男性が結婚相手を探すなら、同じような考え方の女性を探すのがおすすめ。お互いに自分の時間を大事にしたいタイプであれば、揉めることもありません。財布も別制にしておけば、独身時代と変わらない感覚でお金を使うことも可能です。

他人と暮らしたくない

「他人と暮らしたくない」という考えを持っている男性は、結婚するのがかなり難しいタイプだと言えるでしょう。日本では結婚=同居というのが当たり前の考えですから、他人と暮らしたくない男性にとってはかなりハードルが高くなってしまいます。

自分が単身赴任をするなどの逃げ道がある場合はアリかもしれませんが、気持ち的にも一生独身でいた方が楽な場合も多いです。ただし他人と暮らしたくない人は老人ホームやグループホームという選択肢もないので、気を許せる家族を作った方がいいという考え方もあります。

一人に決めたくない

キャッチ画像222136

結婚しない理由として、「誰か一人に決めたくない」という考えを持っているプレイボーイタイプの男性は、一生独身の可能性が高いです。「若いうちは遊びたい」と思っているうちに、周りの女性は誰も相手にしてくれなくなるかもしれません。

「若い頃遊んでいた」というのは男性にとっては武勇伝になりますが、女性からすると結婚相手としてはかなりマイナス。いざ本気で婚活をしようと思った頃には、誰も見向きもしてくれないことも考えられますよ。

マイペースすぎる

性格がマイペース過ぎる男性は、女性から「結婚すると大変そう」と思われてしまいがちです。自分のペースを大切にし過ぎると、相手との関係性を大事にできなくなってしまうことも。

自分がマイペースだと自覚している男性は、周りの人に合わせることや、相手の望んでいることは何かを読み取る力を身に着けるのがおすすめです。また、マイペースなところも魅力的だと言ってくれる女性を選ぶのも良いですね。

理想が高すぎる

キャッチ画像222137

婚活はしているけれど、なかなかいい女性と巡り合えない。それは理想が高すぎるせいかもしれません。相手に対して求めるものが多すぎると、当たり前ですが婚活はスムーズに進まないもの。

一生独身でもいいと思えるのなら話は別ですが、どうしても結婚したいと思っているなら、一度結婚相手に求めるものを最小限に絞ってみることをおすすめします。自分の理想が現実的かどうか、一度書き出すなどして確認してみましょう。

結婚を諦めている

「自分の人生の中で結婚なんてありえない」と、結婚することを諦めてしまっている男性も少なくありません。女性との関わりがほとんどなく生きてきた人や、自分に強いコンプレックスを持っている男性に多いタイプです。

「結婚なんて無理」と諦めて、一生独身の覚悟ができているならなんの問題もありません。でも独身のままじゃ嫌だと少しでも感じるなら、人とかかわる努力をするなど自分を変える努力も必要ですよ。

長い間恋人がいない

キャッチ画像222138

長い間恋人がいない男性にとって、結婚なんてまだまだ先の話だと感じている人も多いはず。でもそのまま恋人がいない状態が続いてしまえば、一生独身の可能性はグッと高くなってしまいます。

でも長い間恋人がいないのに急に婚活を始めると、恋愛自体が嫌になってしまうことも。まずは恋活から気軽にチャレンジしてみて、結婚に対するプレッシャーのないお付き合いから始めてみましょう。

恋愛の悩みをプロに相談してみては?

一生独身になりそうな男性の特徴に当てはまる項目が多すぎる…やっぱり自分は結婚できないのかもしれない…と自信をなくしてしまった時は、占いに頼ってみるのも良いですよ。

え、占い?そんな不確かな…と思う気持ちもわかりますが、ひく前に一度相談してみると考えは変わるはず。なぜなら、自分ではわからない運命も占い師なら予測することができるからです。また、その未来から導き出された答えを元にこれからのアドバイスをくれるので、自分が結婚するにはどうすべきなのか、実は誰よりも的確な答えをくれるんです。

でも、男性がいざ占いのお店に行くってちょっと抵抗がありますよね。そんな時におすすめなのが、電話占いです。お店に行くことなく自分の好きな場所で占い師の鑑定を受けることができちゃうんですよ。
キャッチ画像222139
しかも「電話占いカリス」なら、365日24時間鑑定を予約して受けることができるので、いざ思い立った時が運命!と、すぐに占ってもらうことができます。

もちろん、カリスの占い師の実力は本物。合格率5%以下の厳しい選考を通過した、実力派占い師が多数在籍しているので、誰を選んでも安心ですよ。芸能人も多数利用していることから、人気が高いのも安心ですよね。

今なら、初回は10分(2400円分)無料で鑑定が受けられるので、まずは試しに、自分の未来を相談してみるのもいいかもしれませんよ〜。
キャッチ画像2221310
(PR:Tphereth)

一生独身でも幸せになれるタイプ

一人が楽しめる人

キャッチ画像2221311

一生独身にはデメリットも多いとお伝えしてきましたが、もちろん独身の人生を思いきり楽しむことのできるタイプもいます。特に一人時間を楽しめる人は、独身者でも充実した毎日を送れる傾向に。

一人行動が苦ではないので、誰かと一緒ではなくても何でもできるしどこにでも行けるというのは大きな強みです。このタイプは経験豊富で人としても魅力的なので、結婚はできなくても信頼できる友人が数人いればいいと思っている男性も多いですね。

経済力が安定している人

経済力が安定している人は、心理的にも一生独身に対する安心感が高いです。結婚できなくても将来は設備がしっかりした老人ホームで余生を過ごそうと余裕を持って考えられるのは、高所得者のメリットですよね。

老人ホームで過ごせる金銭的余裕があれば、一生独身でも老後に寂しさを感じる心配がありません。もちろん孤独死の可能性もないので、結婚することにこだわり過ぎていないタイプも多いですね。

結婚よりも違う大きな目標がある

キャッチ画像2221312

結婚を人生のゴールに設定していない人にとっては、結婚以上に大きな目標を持っている人が多いです。その目標は仕事のことかもしれませんし趣味のことかもしれません。でも大切なのは目指すものがあるということ。

結婚したいという考えよりも優先するものがあると、一生独身でも「自分のやりたいことはかなえられた」という満足感で、充実した人生を送れるはずです。

一生独身より結婚が向いているタイプ

誰かといるほうが楽しい人

1人でいるよりも友人と過ごす時間が大好きな男性は、一生独身よりも結婚が向いているタイプだと言えるでしょう。わいわいと過ごすことが好きなので、家族行事なども率先して引っ張ってくれます。

子どものいる生活を思い切りたのしむことができる男性は、まさに結婚で幸せを掴めるタイプ。今付き合っている人がいないのであれば、結婚を前提とした婚活を始めてみましょう。

寂しがり屋な人

キャッチ画像2221313

周りに誰かが居てくれないと寂しいと感じる人も、結婚に向いているタイプです。一生独身でいると、周囲の結婚報告などを素直に喜べなくなってしまう可能性も。

周りからの幸せな情報をシャットダウンしてしまい、最終的には孤独死という未来が待っている恐れもあります。孤独感を埋めてくれる素敵な女性を、真剣に探してみましょう。

結婚は完全に諦めていない人

なかなか出会いはないけど、結婚を諦めたくない。そんな強い思いを持っている男性は、まさに結婚に向いているタイプだと言えるでしょう。

実生活でなかなか出会いがないのであれば、婚活サイトやマッチングアプリを使うなど出会いの方法はたくさんあります。運命の出会いを手に入れて、素敵な家庭を築きましょう。

生涯独身が幸せかは人それぞれ

キャッチ画像2221314

生涯独身でいることを幸せだと思う人もいれば、一生独身なんて絶対にムリという人もいます。結婚や独身でいることに対する考え方は、本当に人それぞれです。結婚した未来や一人で過ごす老後を明確にイメージして、自分がベストだと思う道を選びましょう。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)