なぜ結婚したいのか…結婚したいと思う理由や成功する婚活方法とは?

なぜ結婚したいのか?

キャッチ画像227391

ある程度の年齢になってくると、どこからともなくやってくる「結婚」にまつわる悩み…。早く結婚しなくてはと焦る人、結婚はしないと決めている人など個人によって考え方は様々ですよね。

ですが、結婚について考えを巡らせているうちに「そもそもなぜ結婚したいのか?」という疑問に陥る女性も少なくありません。私は本当に結婚したいと心から思っているの?ただ周りに結婚している人が多いから、そう考えてしまうだけじゃないの?…と。

そこでこの記事では、女性が結婚したいと考える理由や結婚の必要性、婚活をする場合のポイントや注意点などについて解説していきます。

結婚したいと考える理由

寂しさから

結婚したいと考える理由の一つとして多いのは「寂しさの解消」です。今はまだ良くても、何十年先の老後を考えると、ずっと独身のままというのはきっと寂しいと多くの人は考えてしまいます。

また、身内や親しい友人がどんどん結婚して家族を作り結婚生活を送る姿を見ていると、自ずと「やっぱり一人は寂しいな」「私も一生を共にできるパートナーがほしいな」という気持ちに…。

結婚は寂しい心を埋める為だけにするものではありませんが、人間ですからそういう理由もあって然るべきもの。寂しさから「結婚したい」という気持ちになるのは決しておかしなことではありません!

子どもが欲しいから

キャッチ画像227392

子どもが欲しいという願望がある場合も、当然結婚したい理由に繋がります。もともと子どもが好きという訳でなくても、年齢を重ねるにつれてふと「子どもが欲しい」と思うタイミングが訪れることもあります。

ある程度の年齢になってくると、仕事や生活において子どもの存在がやりがいに繋がることも少なくありません。周りにいる家庭を持っている人達が、家族の為に日々頑張っている姿を見て羨ましいと感じることも…。

特に女性の場合だと出産適齢期という期限があるので、「産める年齢のうちに結婚しなくては」という気持ちが強くなりがちなのです。

経済面で安定するから

生活を共にするパートナーがいると、経済面が楽になるからという理由で結婚を望む人もいます。2馬力となる共働きのパターンではもちろん、女性の場合は専業主婦として家庭に入った場合、独身時代に比べるとお金の不安も少なくなります。

またどちらかが病気や怪我などで働けなくなっても、もう一方が働くといった形でカバーし合うことができるので、万が一の時の対策も取りやすいのがメリットでもありますよすね。

「子どもが生まれた場合お金がかかる」イメージが先行しがちですが、最近では育児関連の手当も充実してきているので、きちんと安定した職に就いているなら経済的に困ることは実は少ないのです。

2人だからこそできることがあるから

キャッチ画像227393

ひとりでは難しいけど、2人一緒ならできることはたくさんありますよね!家事や育児、仕事など生活のあらゆるシーンで苦手なことを補い合ったり、悩みがある時は励まし合ったり…と支え合って生きていけるのが結婚の良さ。

辛い経験だけでなく、楽しい経験も共有できるパートナーがいるのは人生を豊かにしてくれます。心身共に支え合い、ともに人生を楽しく歩んでいける一生涯の相手と出会いたい!という理由で婚活を始める人も増えています。

社会的な信用が得られるから

結婚していないからといって信用が無い訳ではありませんが、ある程度の年齢を過ぎて独身でいると、「何か問題があって結婚できないのかな?」と思われがちなのが、悲しいかな今の日本の風潮です。

世間の目というものは意外にシビア。同じ能力を持っている人間が2人いれば、やはり未婚者よりは既婚者に軍配が上がりがちな社会…なんですよね。

そういった背景もあってか「社会的な信用が得られるから」という理由で結婚したいと考える人も多いですよ。周りに既婚者が多い場合はなおさら「自分も早く結婚しなくては」と焦ることになりがちです。

結婚したいと思う相手と出会ったから

キャッチ画像227394

人生とは何が起こるかわかりません。今はそんなに結婚願望が無かったとしても、運命の相手に出会えたことで、それまでの結婚観がガラリと変わることも。

もともとは結婚願望が無かったにもかかわらず、「結婚して一生涯を共にしたい!」と思えるほどに相性の良い、魅力的な相手に出会えたから結婚を決めたという人もいます。

運命と思えるくらいに相性が抜群な相手とは、人生においてそうそう簡単に出会えるものではないですよね。「自分にはこの人しかいない!」と思えるからこそ、この機会を逃すまいと結婚を決断をします。

やっぱり結婚したい…いつ結婚できるのかを占ってみては?

結婚なんて…と思いつつも、根底には「やっぱり結婚したいな…」と思う欲望がどんな人にも必ずあります。「結婚」が目的なのではなく「生涯共にできる相手」に出会いたいと思うのは人間だからこそ。

しかし、この人だ!と思える相手となかなか出会えていない場合、これから先結婚相手と出会えるのだろうかと不安な気持ちになってしまいますよね。焦る気持ちのままでいると、間違えて結婚相手を選んでしまうことも…。

そんな自分で自分の気持ちがわからなくなってしまった時は、占いに聞いてみるのも不安が解消する方法のひとつ。
キャッチ画像227395
先の未来は待ち続けるしかありませんが、占いであればその先の未来で何が起こるのかわかる場合があるからです。自分がこの先結婚できるのか、どんな相手と結婚することになるのか教えてもらうことができるんですよ。

特に「電話占いカリス」は、占い師が多くいる中で合格率5%以下の審査を突破した実力の高い占い師が在籍をしています。100万件の鑑定実績を誇る経験から、芸能人も多数利用していることで人気も高いんです。

今なら初回は10分間(2400円分)無料で占ってもらうことができるので、このチャンスを逃さないで!自分の運命の相手はどんな人なのか占い師に聞いてみましょう。
キャッチ画像227396
(PR:Tphereth)

そもそも結婚する必要があるのか?

結婚は義務ではない

キャッチ画像227397

人生において結婚することは義務ではありません。人生に「結婚」が本当に必要かどうかはその人の生き方によって違うからです。

むしろ義務感で結婚したいという思いがあるのであれば、そのまま進むことはおすすめできません。というのも、自分の本当の思いがどこにあるかわからないまま結婚しても幸せを感じられず、長続きしにくい傾向にあるからです。

周りがどんどん結婚していく焦りから「早く結婚しなくちゃ」とまるで義務のように考えてしまう人は意外と多いです。時には周りに結婚を急かされることもあるかもしれませんが、自分の本当の気持ちを1番に大切にしてください。

結婚しない人も増えている

今は結婚しない人も増えている時代。結婚適齢期である20代後半〜30代を過ぎてもなお男女ともに独身を謳歌している人は多いんですよ。

結婚というものに幸せを見出せず、あえて独身を選択している人だっています。また、望んで独身を選んでいる人は、一人の毎日を心から楽しんでいるのでそれはそれで人生は豊かだといえますよね!

誰かと一緒に生きていくことが性に合わない人や、自分一人の時間が何より大切で幸せな人などは独身を選択するべき。最初から結婚しないと決めているので、老後のライフプランについても早いうちから計画を立てることができるので、不安も少なくなります。

結婚するメリット

キャッチ画像227398

結婚ならではのメリットといえば「新しい家族ができること」ですよね。一生を共にするパートナーができるのはもちろん、子どもを作る場合、親となることで人間的にも成長していくことができます。

結婚相手の収入が良かった場合は経済的に楽にもなるでしょう。また、周りからの「まだ結婚しないの?」コールからも逃れられるようになります。

新しい家族の存在・経済面での安定・世間体を保てるなどが結婚の主なメリット。ただし、結婚はメリットだけを見てするものではないこともきちんと頭に入れておいて!

結婚するデメリット

結婚する大きなデメリットは、自分一人の自由な時間が減ること。特に女性で子どもが小さいうちは、1日の時間の多くを子どもの為に使わなくてはなりません…。

そして当たり前ですが、パートナー以外の異性と恋愛することは法律的にアウトになります。まだまだ色々な異性と恋愛を楽しみたいと思っているうちは、結婚はデメリットでしかないでしょう。

様々な制約が生じる理由から「結婚は面倒、1人の方が楽!」といって独身を選択する人も少なくありません。

結婚したいと思ったら婚活を始めよう

マッチングアプリで出会いを見つける

キャッチ画像227399

ネット社会となっている世の中ですから、婚活サイト等で結婚相手を探す人は増えていますよね。よく利用されるのがマッチングアプリ!結婚相手の異性に希望する条件や、理想のタイプをある程度絞り込んだ上で探せるのがメリットですね。

気軽にチャレンジできて、かつ効率的な婚活方法として人気があるため、マッチングアプリを複数登録して、出会いの頭数を増やすなどの方法を利用する人も。最初はチャットなどメッセージ機能でのやり取りになるので、口下手な人にも向いている方法です。

▼こちらの記事もチェック
【2020年最新】優良出会い系アプリ&サイトランキングTOP8|実際に試してわかった評判の理由

街コンで出会いを探す

街コンとは、地域活性化を目的とした街ぐるみでの出会いイベントとして始まり、今では婚活としても利用されるようになりました。結婚相手募集中の人、彼氏募集中の人、単なる友達作り目的の人など、街コンのイベントの趣旨によって様々な参加者が目立ちます。

基本的に大人数の参加者で開催される為、出会いの数自体は多く稼げますし、お店で隣に座った人と、その場の流れで良い関係になれるケースも少なくありません。

ある程度コミュニケーション力が必要な婚活方法になるので、大人数が苦手な人には向きませんが、ワイワイお祭り騒ぎが大好きなタイプの人には最適ともいえる婚活方法です。

婚活パーティーにいく

キャッチ画像2273910

婚活パーティーは基本的には婚活中の男女の出会い目的で行うイベントで、婚活パーティーを主催するサイトを介して行われます。複数の異性と1人ずつ1対1で会話ができるので、話や質問などもしやすいですよ。

1つのパーティーの終了後に男女のマッチングが行われ、「仲良くなりたい」と思った異性がお互いに一致すればマッチング成立となります。ダメだった場合でもすぐ割り切って次に行くことができるので、出会いの数自体は多く、また婚活パーティーは毎週行われていることも多いので、探せばすぐに参加できることも魅力です。

結婚相談所にいく

数ある婚活サービスの中でもお金がかかる分、成婚率も高い婚活方法が結婚相談所です。自分が希望する結婚相手の条件を考慮してくれた上で、アドバイザーがお見合い相手を紹介してくれます。結婚相談所はお互いに結婚を目的としているだけあって、一度相性の良い男性と出会うことができればその後は話がトントン拍子に進みやすいので、もしかしたら一番早くに結婚が決まる場合も!

入会金などの費用がかかる分スタッフのサポートは手厚く、人間観察のプロによる的確なアドバイスがもらえるので、恋愛下手であったり、あまり恋愛経験の無い人にもおすすめです。

友達に紹介してもらう

キャッチ画像2273911

友達繋がりで男性を紹介してもらうのも王道の婚活方法です。友達なので、ある程度自分に合いそうな男性を連れてきてくれることが期待でき、もしも良い関係になりそうになったら何かと協力してくれるので、話がまとまりやすいです。

普段から結婚願望や、結婚したい男性にタイプについて友達と語り合う関係になっておくのは大切なことですよx。もし近くに該当する独身男性がいれば、気を利かせて紹介してくれる可能性が高くなります。

婚活をするときの注意点

まず婚活を始める時にやっておきたいのが、どんな人とどんな結婚生活を送りたいのか、目指すゴールを明確にしておくこと。

結婚の目的は人それぞれ違います。たとえば自分は「子どもはいらない」「共働きしたい」という希望があっても、相手が希望が逆パターンだった為に結婚してから、こんなはずじゃなかった…と後悔するケースもあるからです。

また、遊び目的な人や結婚に対して真剣でない人をうっかり選んでしまわないよう、男性の見極めができるようになっておくのも大切。街コンや婚活パーティーに行く時は、自分の希望する条件に合っているイベントに参加するのがおすすめです。希望する年齢層別・職業別・趣味別など、最近は多彩なジャンルの婚活イベントが開催されているので、よ〜く選んでいくようにしましょう。

結婚したいなら早めの行動を

キャッチ画像2273912

自分自身は本当に結婚をしたいのかをよく考えた上で、それでも「結婚がしたい!」という強い気持ちがあるなら、今からでも行動に移していきましょう。

特に女性の場合、年齢が若ければ若いほど大きなアドバンテージになります。今より若い瞬間は存在しませんから、決意ができたタイミングで理想的な結婚相手・結婚生活などを明確にしていき、婚活を始める指針を作っていくのがベスト!

婚活のビジョンが出来上がったら、外見・内面などの自分磨きをしながら出会いが期待できる場へと積極的に出向いてみて。仕事が忙しいなど、時間がとれない場合は、ネット婚活に絞るのもおすすめな方法ですよ。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)