結婚の決め手は?男女別のタイミングとチェックするポイント10選

「結婚の決め手は何だった?」既婚者が自分の経験を男女別に具体的に紹介!結婚の決め手としてチェックしておきたいポイントや、お別れすべき相手の見極め方についてもお伝えします。

既婚者に聞きました!気になる結婚の決め手とは…

キャッチ画像231581

彼氏や彼女との結婚を考えてはいるけれど、決断ができない…。

幸せな結婚をしたいからこそ、結婚の決め手に悩んでいる男女はとても多いです。そこで今回は、既婚者が経験した結婚の決め手を男女別に紹介していきます。結婚の決め手としてチェックしておきたいポイントも紹介しているので、記事を参考に結婚相手として当てはまっているか確かめてみましょう〜!

今だから思う…結婚の決め手になったタイミング3つ【男性編】

仕事で昇進もしくは給料が上がった

男性が結婚の決め手になったと感じるタイミングのひとつとして、「仕事で昇進したとき」と答える人は多いです。昭和的ではありますが、男性が考える結婚とは、家族を養っていくという責任が必要な行為と捉えている人はまだまだ多いのです。そのため、やはり仕事の転機で結婚を考えるのは、男性の間では一般的です。

また給料が上がったタイミングでも、昇給が自信に繋がりプロポーズをする決心がついたと考える人も少なくありません。男性にとって、結婚と仕事は切り離せないものでもあるのです。

自分の年齢が30を超えた

キャッチ画像231582

自分の年齢が30歳を超えたタイミングで、結婚を意識したと答える男性も多いです。女性は20代半ば頃から結婚を強く意識するようになりますが、男性はやや遅め。30歳を超えてくると「そろそろ結婚しなきゃな…」と考え出します。

そのため、自分が30歳を超えて結婚を考えられる相手が側にいたら、自然とプロポーズをして…という流れにいきつくケースは非常に多いのです。親の年齢なども考えて、結婚式をするなら30歳くらいかな…と若い内から考えている男性も意外と多いんですよ。

仲の良い友達が結婚した

仲の良い友達が結婚をすると、途端に結婚を意識し始めるという男性も少なくありません。特に飲み友達や連れと言えるほど仲の良い友達の結婚は、遊び相手がいなくなるという意味でも、自分の生活に大きな影響を与えます。

「あいつも結婚したし、俺もそろそろ」と焦りを感じてしまうというケースもありますね。また、友達が結婚して新婚生活ののろけ話などを聞いていると、幸せそうな友達がうらやましく感じて、結婚の決め手になったというパターンもあります。

この人だと思った瞬間!結婚の決め手になったこと3つ【女性編】

心の直感?!初めて会ったときに自然と…

キャッチ画像231583

女性にとっての結婚の決め手は、初めて会ったときに決まっているという意見もとても多かったです。まだ付き合う前の初対面の段階で、「この人と結婚するかも」という不思議な勘が働いたというエピソードはよくあるケース。

恋愛的な気持ちがあったわけでもなく、お金持ちやイケメンだったという特別な理由があるわけでもない。相手がどんな人かも良くわからない状態なのに、「もしかしたら…」とビビっと来たという話は、不思議なことに多くの女性が体験談として語っています。

顔や性格がタイプだったというわけではなく、ただ直感的に結婚を意識した。これはまさに女の勘というやつなのかもしれませんね!

家族を大切にしている姿を見たとき

男性が家族を大切にしている姿を見たことが、自分の未来の家庭を思い描いて結婚の決め手となったという意見も多いです。家族に対する行動は、そのまま自分や未来の子供に対する行動に繋がりますよね。

彼氏が家族を大切にしていたり、家族との円満な関係性を見ていたりすると、夫婦として長い間付き合っていく決心がつくという女性も多いです。結婚は自分たちだけでなく家族を巻き込んだ関係性なので、やっぱり両親や兄弟に対する相手の接し方や態度は、女性にとって結婚で重視したいポイントのようです。

性格の良さを感じたとき

キャッチ画像231584

男性の性格の良さを感じとったことが、結婚の決め手になったと語る女性も多いですね。付き合う相手でも、結婚する相手でも、やっぱり女性は男性に優しさや性格の良さを求めるもの。相手の性格を理解して、結婚する決心がついたという人も少なくありません。

結婚をすれば、そこから長い間家族として一緒に過ごすことになります。そのため、信頼して寄り添える相手だと見極めた瞬間が、結婚の決め手になるのです。

また、これから子育てしていくことも視野に入れると、優しさや性格の良さは子どもへの関わり方や育て方にも大きく直結するポイントだと言えるでしょう。

結婚相手を探すならマッチングアプリがおすすめ!

キャッチ画像231585

自分の結婚の決め手がなんとなくわかってきたら、その決め手を元に付き合える相手を探すのもアリな方法。特に「次に付き合う相手とは結婚したい!」と考えているなら、効率的な探し方です。確実な婚活方法として結婚相談所や婚活パーティーもおすすめですが、もっと気軽に、そしてすぐに相手を探しだせるのは、マッチングアプリが一番の方法です。

自粛中でも簡単に相手とコミュニュケーションをとることができるので、婚活ができない…と嘆くことはありません。また、外に出れない分出会いを探す方法としてマッチングアプリを始める人が、今とても多いんです。新しい出会いを求めて、まずはアプリで結婚相手になりそうな人をチェックしてみて!数あるアプリ中でも、結婚相手が探しやすいと人気が高い婚活アプリを紹介していきますよ〜。

マッチドットコム

キャッチ画像231586
結婚相手を探すなら絶対に外せないのが、婚活アプリとして有名なマッチドットコム。世界25ヶ国でもサービスを展開し、日本だけでも187万人(2020年現在)の会員登録があります。

会員の7割が結婚を希望しているため、それだけひとつの出会いに対して真剣さがあるのがこのアプリの特徴。アプリ内で付き合った男女の44%が1年以内に結婚した実績もあるので、安心して利用することができるはずですよ。年齢層も20代~40代と結婚適齢期の男女の利用が目立ちます。

独自のAIシステムを使った「デイリーマッチ」というサービスも人気で、プロフィールを登録すると毎日自分に合った異性を10人ピックアップしてくれます。
男女共に同額の月額有料制のシステムを採用していますが、登録自体は無料で会員検索やプロフィール作成が可能なので、まずはどんな相手がいるのかチェックしてみましょう〜!
キャッチ画像231587
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

youbride

キャッチ画像231588
婚活マッチングサービスとして、登録会員数は190万人(2020年現在)とトップクラスなのがyoubrideです。アプリ内で結婚したカップルの6割が入会して3ヶ月以内に相手を見つけたという高い実績があるのも人気の理由。

結婚前提の出会いを目的とした婚活アプリのため、登録している会員はもちろん結婚を意識して相手を探しています。登録会員の年代も30代がメインのため、決め手さえ見つかればトントン拍子にゴールまで話は進んでいった例が多数!

無料会員のままでもプロフィール作成や会員の検索は可能ですが、有料会員でも他の婚活アプリと比べて利用料が低料金なのもおすすめしたいポイント。しかも、今なら31日間無料キャンペーン中なので、試しに始めてみるにはぴったりな婚活アプリです。
キャッチ画像231589
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
youbride(ユーブライド)を実際に登録して完全調査!口コミ評価・使い方・料金・出会いのコツまで徹底紹介

マリッシュ

キャッチ画像2315810
婚活アプリの中でも人気の高いマリッシュは、累計登録数は200万件(2020年現在)を突破し、登録から平均3ヵ月半でカップリングができると話題のマッチングアプリです。
特にマリッシュはバツイチなど離婚経験のある男女に対してポイント増量などの優遇措置があるのが特徴。そのため、他アプリよりも結婚したい思いが強い男女の登録が多くなっています。

一度結婚を経験している人であれば、結婚に対して余裕があるので実はバツイチは優良物件。もう失敗したくない…といった結婚にかける真剣度が高いので、正直結婚が初めての人よりも相手を大切にしてくれるという密かなメリットもあります。

女性は完全無料で利用できるため、手軽に始められるのも魅力です。男性は月額有料制度とポイント課金制度のどちらかを選べるのも嬉しいですよね。自分の生活状況に合わせて使うことができるので、結婚相手を探すなら、本気度の高いマリッシュは試しておくべきかも!
キャッチ画像2315811
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
マリッシュの口コミ評判と実際に使った体験談、料金、使い方、機能を徹底解説【婚活アプリ】

結婚の決め手としてチェックしておきたいポイント10選

1. 家事スキルなど生活能力の高さ

男女ともに結婚の決め手として相手にチェックしたいのが、生活能力の高さです。なぜなら、料理や掃除などの家事がまったくできない相手と結婚すると、どうしてもできる方の負担が大きくなってしまうからです。

どちらかが家事を専業とするのであれば問題はないかもしれませんが、共働きを想定している場合は、家事スキルは結婚における重要なポイントになります。家事の分担で揉めることがないよう、相手がどれくらいの家事スキルを持っているのかは結婚前にチェックしておきましょう。

2. 相手の趣味を受け入れられる

キャッチ画像2315812

結婚をするということは、基本的に相手のすべてを受け入れるということですよね。なので、相手の趣味に関しても、しっかりと結婚前にチェックしておくのがベターです。同じ趣味が結婚の決め手となる場合もありますし、自分には全く理解できない趣味を持っている場合もあります。

どうしても自分には理解できない趣味を相手が持っている場合は、月に使う費用や頻度などの条件をきちんと決めておくことが必要です。趣味そのものを受け入れられないと感じるのであれば、結婚を考え直すことも必要でしょう。

3. お金への価値観が一緒

結婚後に夫婦間で揉めやすいことと言えば、金銭問題は定番です。そのため、付き合いをしている今の内から、デート中のお金遣いなどはきちんとチェックしておきたいポイントのひとつ。

食事はいつもきっちり割り勘なのに、自分の趣味や友達との飲み会などでは大盤振る舞いをするタイプは、金銭感覚がズレている可能性が高いです。

男女では金銭感覚が大きく違うパターンも少なくないので、結婚後にお金のことで離婚とならないようしっかりと確認しておきましょう。貯金や借金の有無なども、結婚の決め手として必ずチェックしておきたい項目のひとつです。

4. 相手の両親とある程度仲が良い

キャッチ画像2315813

相手の両親と相手がある程度仲が良いかどうかは、結婚をするうえで重要な決め手となるポイントです。自分を含めて関係が良好であれば、結婚後も安心してお付き合いができますよね。

相手が両親と仲が悪い場合、いざというときに頼れなかったり、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、家族仲はしっかりと確認しておきましょう。絶縁しているなどの場合は反対に安心できますが、中途半端な付き合いをしているケースが一番危険です。

5. お互いに仕事が安定している

お互いの仕事に対するモチベーションや安定感も、結婚の決め手としてきちんと確認しておきましょう。お互い共働きでずっと仕事をしていくのが理想なのか、それともいずれはどちらかが家庭に入り家事に専念するのか。このあたりはきちんと決めておきたいポイントです。

共働きを望んでいるのであれば、仕事の安定は必要不可欠。女性の出産などの際に、産休がもらえる仕事かというのもしっかりと確認しておきましょう。

6. 子供に対する気持ちが一緒

キャッチ画像2315814

子どもに対する気持ちや考え方も、結婚の決め手となりやすいポイントです。まずは子どもがほしいのか、ほしくないのか、ここは何よりも重要ですよね。さらに子育ての方向性や女性側の働き方など、結婚前に話し合っておきたい重要な項目が盛りだくさんです。

子どもや育児に関する価値観が同じでない夫婦は、結婚後に揉める可能性がとても高いです。最低限子どもはいつ頃、何人くらいほしいのかという点は話し合っておいて、お互いに納得のいく結論をきちんと出しておきましょう。

7. 結婚生活を想像できる

相手との結婚生活を想像できるかどうかも、結婚の決め手となりやすい項目です。交際期間中に相手との結婚をリアルに考えることができたら、二人は夫婦という形に向いている関係性を築けていると言えるでしょう。

反対に、結婚生活が全く想像できない場合、これからも一緒に人生を歩んでいく姿が思い描けない場合などは、結婚を急ぐのはやめておくべき。もちろん結婚生活は想像通りにいくものではありませんが、想像もできないことはうまくいかない可能性の方が高いのです。

8. 相手の短所をひとつは我慢できる

キャッチ画像2315815

相手の短所を最低でもひとつは我慢できるカップルは、それなりに愛情を持って相手と過ごせている関係だと言えます。反対に、相手の短所をひとつも我慢できないカップルは、相手のことをそれほど愛していない関係だと言えるでしょう。

短所のない人間はいないため、結婚生活ではやはり我慢が必要になる場面も多いです。そんなときにグッとこらえて我慢ができるか、相手の短所に目をつぶってでも一緒にいたいか、これも結婚を決断する際の大きな決め手となるポイント。

少しでもマイナスな部分は許せないという場合は、結婚に向いている関係性ではないか、まだ結婚に至るには段階が少し早いのだと考えておきましょう。

9. 本音で喧嘩をしたことがある

交際中に本音で喧嘩をしたことがあるカップルの方が、実は結婚後もうまくいきやすい傾向にあります。反対に本音で喧嘩をしたことがないカップルは、表面上はうまくいっているように見えても、「何を考えているかわからない」という心理が心に残ってしまいがちです。

もちろん本音の喧嘩で相手の本性が見えてしまい、気持ちが冷めるという可能性もありますが、相手の本性もわからないまま結婚するというのも、少し不安がありますよね。激しすぎる喧嘩をするのはNGですが、本音を言い合うことは結婚前に必要な過程だと捉えておきましょう。

10. 食の好みが似ている

キャッチ画像2315816

食の好みが似ている夫婦は、関係が良好で続きやすい傾向にあります。食べるもので揉めたり、料理をバラバラに作ったりする必要がないので、円満な夫婦関係が続きやすいんです。さらに同じものを美味しいと感じられるので、親近感が湧きやすいのもポイント。

だからこそ、結婚の決め手として「味覚が同じ」をあげる男女も多いんですよね。注意点は、あまりにも同じものばかり食べてしまうことで、子どもの食に偏りが生じやすい点。ここは夫婦で、きちんと気を付けてあげる必要があります。

将来が見えない相手とは早めにさよなら!別れの決め手となるポイント

考え方の違いで意見が対立したことがある

付き合っているときに意見が対立してしまうのは、結婚ではなく別れの決め手となるポイントのひとつです。お互いの価値観を譲れずまともな話し合いができなかったり、言葉使いが荒い一面を見てしまったりすると、相手との結婚に不安を抱いてしまう男女は多いです。

ただし、意見が対立したことだけで、別れを考えるのは少し早いかもしれません。重要なのはその後の対応の仕方。意見の違いで対立はしたものの、そこからお互いを尊重して仲直りができたカップルは、結婚後も良好な関係を築きやすい傾向にあります。

仕事に迷いがある

キャッチ画像2315817

どちらかが自分の仕事に思い悩んでいる内は、人生において結婚は二の次になってしまうのが一般的ですよね。相手が結婚を望んでいるのに、自分はそれに応えられないというのは、どれだけ愛情があっても大きなプレッシャーになる場合が多いです。

また自分が結婚を望んでいるのに、相手がなかなか結婚に応じてくれないのも「本当にこのまま付き合っていていいのかな」と関係を見直すきっかけになります。結婚や別れはどちらにしても大きな決断。お互いの仕事状況をきちんと見つつ、結婚も別れも決め手を見誤らないよう注意しておきましょう。

浮気をされたことがある

付き合っている期間中に一度でも浮気をしたことがある相手は、結婚後も浮気や不倫をするかも…という心配が常についてまわることになります。もうしないからという理由で恋人時代は許したとしても、夫婦となれば簡単には許せないものですよね。

一度でも浮気をされたことがある人は、結婚の決め手があったからといって、簡単に結婚を決断するのはNG。さらにそれが2度、3度と浮気経験のある相手なら、結婚するかどうかについても、じっくりと考えるようにしましょう。

タイミングは今かも…?!結婚の決め手は身近にある!

キャッチ画像2315818

結婚の決め手は、日常生活のいたるところにひっそりと隠れているものです。結婚への願望が強いときは簡単に気づくことができますが、結婚に対する意識が低いと、なかなか目に入らないことも多いです。交際相手との結婚を少しでも考えているなら、決め手を見逃さないよう注意しておいてくださいね!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)