結婚の決め手はコレ!婚活成功者が教える事前に見極めるべきポイント

「結婚の決め手は何だった?」婚活成功者が自分の経験を具体的に紹介!結婚相手と恋人止まりの違いや、なぜか結婚に踏み切れないときの原因や解決策についてもお伝えします。

結婚の決め手を知りたい!

キャッチ画像231581

女性なら一度は夢に見る結婚…ロマンチックなプロポーズにも憧れます。自分の結婚相手がどんな人になるか想像するとわくわくしますよね!これから先の人生を共に歩んでいく人はどんな人がいいのでしょうか。
また、彼氏がいる人は彼が結婚相手としてふさわしいのかどうか気になるところでもありますよね。

今回の記事では結婚の決め手にすべきなのはどんな点なのか、結婚すべき相手の特徴などについて紹介します。結婚生活において必要なことも要チェックしておいてくださいね!

経験者が語る結婚の決め手になったこと

一緒にいて楽しい

基本的なことかもしれませんが、結婚の決め手として一緒にいて楽しいかどうかはとても大切。結婚すれば毎日顔を合わせるわけですから、付き合っている内から一緒にいるのがストレスになっているようでは…結婚後かなり辛くなってきます。

付き合いたての頃は共通の話題などで盛り上がるでしょう。しかし付き合いが長くなるにつれてだんだん話すネタがなくなってきた、沈黙が気まずくなってきたと思うようであれば…結婚後の生活が心配ですよね。一緒にいても気を遣わない、沈黙が気まずくないなど安心感を感じる相手を結婚の決め手として選ぶのはおすすめですよ。

経済力がある

キャッチ画像231582

結婚生活において一生付きまとうのがお金の問題。特に最初は結婚式や婚約・結婚指輪、新婚旅行、引越し費用、家具家電の購入など数百万円という単位でお金が必要になり、どんどんなくなっていきます…!子どもが生まれれば教育資金が必要になり、マイカーやマイホームの購入もありますよね。

相手の収入が安定していることを結婚の決め手に選ぶのは、これからの結婚生活、家庭生活も安定して送れる安心感に直結してくるからです。独身女性から経済力のある男性がモテるのは、自分や家族が結婚後困らないように…という心理が強く働くからでしょう。

価値観が似ている

同じ映画が好き、同じ食べ物が好き、同じ趣味を持っているなど相手と性格が似ているとわかると、話も盛り上がりますよね。考え方が同じだとお付き合いした後も喧嘩が起こりにくいので長続きしやすいです。「もしかして運命の人なのかも?!」と感じて、結婚の決め手になりやすいです。

二人が晴れて結婚するとなった時にも価値観が合うことは重要な意味合いがあります。仕事や家庭問題、子どもの教育など二人で決める機会がたくさんあるからです。その度にお互いの意見がズレていたら…とっても疲れますよね。似たもの同士の2人なら、お互いに無理なく共同生活を送っていけるので、幸せを感じやすいですよ。

フィーリングが合う

キャッチ画像231583

結婚相手と出会った瞬間に「この人と結婚する!」とビビッときたという話を聞いた経験はありませんか?実際に運命の相手と出会うとピンとくる人もいるみたいです。だいたい2人に1人の人が結婚の決め手としてこうした感覚を味わっているそうですよ!

ビビッとくる理由については諸説ありますが、遺伝子が反応しているからだという話があります。自分の中の恋愛遺伝子が「この人と相性がいいよ!」と教えてくれているそうです。相手に何か違うフィーリングを感じたら…その人を大切にするべきなのかもしれませんね。

自分を大切にしてくれていると気付いた

30歳前後の結婚適齢期にもなれば、ほとんどの人が結婚を見据えてお付き合いを考えます。しかし中には体目当てであったり、なんとなくだらだらと付き合っている人も。

付き合っても体の関係になるまでに時間がかかった、記念日を大切にしてくれる、家まで送ってくれるなどさまざまなサインで愛情を伝えてくれる相手は自分を大切に思ってくれている証拠。

本当に自分を大切に思ってくれている相手を見極めるのは大変かもしれませんが、結婚の決め手として自分を大切にしてくれていると気付いた相手を選んでいる人は多いです。

子供ができた

キャッチ画像231584

子供ができた時が結婚の決め手となった人もいます。「できちゃった婚」や「授かり婚」と呼ばれ今の時代一般的になってきましたよね。著名人でも数多くのカップルが子供を授かった時をきっかけとして結婚するようになりました。筆者の場合も授かり婚での結婚です。

それまで結婚するタイミングがなかった男性も、子供ができたとわかれば「責任をとって結婚するしかない」「結婚するのは今しかない」と決断をします。できたと知った当初はびっくりしていた私の旦那も、今では良き夫、良き父親として子育てに奮闘していますよ。

年齢を考えたら今しかないと思った

「年齢的に次に付き合った人と結婚だなあ」と独身なら一度は思った経験があるのではないでしょうか。結婚適齢期はだいたい20代後半から30代前半といわれています。そこを過ぎると結婚に対して焦りを感じる人も…。

結婚を意識し出すと相手選びにも慎重になってしまいますが、気楽に付き合いだしてみるとこの人でもいいかもと思える場合もあります。周りに既婚者が増えてくるとより結婚に対する意識も高まってくるので、年齢を結婚の決め手にする場合も少なくはありません。

交際期間が長く続いた

キャッチ画像231585

長く交際期間が続くとお互いにこの人と結婚するんだろうとわかってくるでしょう。付き合った先は別れるか結婚するかなので、好きで別れたくない場合は結婚するという選択が待っています。長く交際が続くのはお互いにタイミングを図っている場合もあるので、すでに結婚の決め手にはなっていますよね。
長く付き合えるのはそれだけ相手と相性がいい証。相手が自分との結婚を意識している可能性は高いので、問い詰めすぎには注意して。

転勤が決まった

恋人が転勤してしまう、卒業したら地元へ帰ってしまったなど二人の距離が遠くになってしまうかもしれないタイミングが結婚の決め手となったカップルも。物理的に距離が離れた状況では、心理的にも大きな溝ができてしまうので、そうなる前にと思う人が多いのでしょう。

転勤する相手に合わせてどちらかが移動しなくてはならないのですが、別居婚をしておいて後で一緒に暮らすというカップルもいます。転勤=別れとは考えず、結婚するいいきっかけになるのだ頭に入れておいてくださいね。

結婚までの交際期間はどれくらい?

キャッチ画像231586

一般的に、結婚に要する交際期間は付き合って2年ぐらいで結婚するカップルが一番多く、次に1年、次に5年以上であるといわれています。相手の本性を知るために、年単位で様子を見る男女が多いようですね。

また1年以内で結婚するカップルも実は結構多いそうです。お互いが適齢期であったり、長い間恋人がいなかったりすると「この人しかいない!」と早めに結婚に踏み切ることもあります。交際期間ではなく、タイミングやきっかけが結婚の決め手となることも意外と多いんですね。

結婚の決め手に欠けるときに考えられる原因

相手に気になる部分がある

気になる部分が何かひとつでもある時は、そのまま結婚してしまうとその気になるところを一生引きずることにもなります。そのため、相手に気になる部分がある時は結婚には待ったかけて、思いきって、結婚の決め手をかけれるような新しい相手を探すべきかも…。

そんな新しい出会いを探す時におすすめなのがyoubrideという婚活サービス。youbrideは、真剣に結婚相手を探している男女から人気の婚活アプリ
キャッチ画像231587
登録ユーザーは180万人(2020年現在)もいるので、その人気ぶりがわかりますよね!結婚適齢期である30代を中心とした男女の登録が多いのもポイントですよ〜。また、アプリ内で結婚したカップルの6割が入会して3ヶ月以内に相手を見つけたという高い実勢があるのも人気の理由ですね。

結婚を前提とした出会いを目的とした婚活アプリのため、登録している会員はもちろん結婚を意識して相手を探しています。なので、結婚の決め手さえ見つかればトントン拍子に話は進んでいった例が多数!初めて婚活アプリに挑戦する人にもおすすめな婚活アプリです。

今なら新規登録でプラス1ヶ月分のプレゼントキャンペーンも開催中!試してみるなら今がチャンスかもしれません。
キャッチ画像231588
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
youbride(ユーブライド)を実際に登録して完全調査!口コミ評価・使い方・料金・出会いのコツまで徹底紹介

漠然と不安があり決められない

「マリッジブルー」という言葉があるように、結婚前の女性は何かと不安定になりがち。幸せいっぱいの毎日のはずが、結婚がとにかく不安、決め手となる理由はないけどなんだかもやもやする…という気持ちになりがちなんです。

結婚が決まる、または決まりそうになると自分の境遇の変化を不安に思い、新しい一歩を踏み出しづらくなります。結婚相手に不足はなくても結婚したいと思わない、現状維持でいたいという気持ちになってしまう場合もあるのです。

「結婚相手」と「恋人止まり」の違い

恋人止まりとなる場合

キャッチ画像231589

恋人向きの人、結婚向きの人にはやはり違いがあります。例えば見た目が好み、刺激がある、一緒にいて楽しい、ドキドキするなどは恋人止まりになりがち。他にも行動が幼い、真面目な一面がないなど真剣に向き合いたい時に話ができなそうな人も結婚相手の決め手には欠けてしまうのかも。

結婚相手となる場合

価値観が合う、自分をさらけ出せる、信頼できる、自然なままで接せられるなどの条件が合う相手は充分結婚の決め手になります。そんな相手を見つけるには、しっかりと相手と向き合う時間が大切になってきますよね。その時間をとりやすくしてくれるのが「マッチドットコム」という婚活アプリ。
キャッチ画像2315810

マッチドットコムは、真剣に付き合える相手を探している男女の登録が多いアプリとして有名。そのため、婚活アプリとして利用してる人も多いんですよね。
世25カ国でサービスが展開され、国内の登録ユーザーは187万人(2020年現在)を超えています。20〜40代と婚活に多い年代の男女が中心に利用しているため、安心して結婚相手を探すことができますよ。

また独自のAIシステムを使ったサービスも人気。プロフィールを登録すると毎日自分にあった異性を10人ピックアップしてくれます。しかも、相手を選択するだけでさらに自分に合う異性にピックアップがグレードアップしていくので、効率よく理想の相手を探せます。

登録自体は無料で相手検索までが可能なので、まずは試しに登録だけしてどんな相手がいるのかチェックしてみて!
キャッチ画像2315811
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

結婚を決めるときに見ておきたいポイント

お金の使い方

結婚の決め手として、二人の金銭感覚が合致するかはとても大切なポイントのひとつ。日々節約しているのに、急に何万円もするものを買ってきて平気な顔をしてしまう旦那や奥さんがいると…こちら的にはドッと疲れてしまいますよね。

逆に「こんな高いもの買って!」「毎月の家計の見せて!」とお金を細々チェックしてくる相手だと一緒にいるのが疲れてきます。結婚の決め手を探すなら、自分と同じくらいの金銭感覚を持っているかどうかをデートや旅行の様子から汲み取るようにしてみて。彼の友人に金銭感覚について聞いてみてもいいかもしれませんね。

怒ったときの対応や態度

キャッチ画像2315812

付き合いだしてまもない頃はいいところだけを見せようとするので相手の本性が見えにくい部分があります。しかし、しばらく付き合ってみれば喧嘩も増えるので、相手が怒るとどんな態度を取るのかわかるようになります。

きちんと「ごめんね」が言える人であればいいのですが、いつまでも拗ねていたり逆ギレしたりする人は面倒ですよね。最悪なのは物に当たって何かを破壊したり暴力を振るってきたりする人。常習性があるので、一度でも暴力があれば別れるべき決め手となる相手だといえます。

家事力の有無

女性でも社会に出て働く人がほとんどになったこの時代に、女性に家事を任せっぱなしにしてはおけません。男性であっても家事力があるかどうかは円満な夫婦生活を営む上で大きな結婚の決め手となってきます。

一人暮らしの経験があれば男女共にある程度家事ができると思っていいかもしれません。ずっと実家に住んでいた人には、親に任せていて自分では何もできない場合あるので、料理はするか、掃除は好きかなどはそれとなく聞いておくべき。

子供や親との接し方

キャッチ画像2315813

結婚すれば、将来的には子供が欲しい考える場合がもちろんありますよね。しかしどちらかは子供はいらないと思っていて、どちらかが欲しいと思っていると…そこで大きなすれ違いが生まれます。作る、作らないで二人の意見が合うのも結婚の決め手としては大切。

また結婚は家と家との結婚でもあるため、配偶者の親も自分の親として接しなければなりません。後に介護することになるかもしれない相手がどんな人なのか、うまくやっていけるかはとても大切ですよ。彼氏や彼女が自分の親に対してどのように接するかも要チェックポイント。

生活リズムや生活ルール

結婚すると、一つ屋根の下で一緒に暮らしていきます。これまで違った生活をしていた二人が一緒に住むので、小さな違いやズレは必ず生じてきます。結婚して一番最初の喧嘩の原因になるのではないでしょうか。

ある程度生活リズムや生活ルールにズレが生じると理解した上で、相手がどんな風に生活しているのか把握しておきましょう。LINEなどから夜は何時頃寝るのか、仕事は何時頃しているのかなどの大まかな生活形態が感じとれます。

四六時中一緒にいて嫌ではないか

キャッチ画像2315814

「好きで付き合っているのだから一緒にいて嫌なわけない」と思うかもしれませんが、結婚すると一生一緒にいなくてはいけません。そう想像した時に少しでも嫌だと思ったり思うところがある人は…まだ引き返せるので結婚はやめておいてもいいかもしれません。

一度同棲をしてみると自分がどれだけ相手に対してストレスを感じるかを身をもってわかります。同棲すると離婚率が上がるというデータもあるので必ずしもおすすめはできませんが、結婚の決め手とはなるでしょう。

食の好み

毎日共にする食卓。それを作る側からすると、食の趣味が合えば自分の好きなものを作れば相手も喜んでくれるとわかるのですが、ズレている場合は厄介です。今回は上手くいったと自信を持って出した料理に全く手をつけてもらえなかった、調味料をこれでもかと付け足されたとあれば結婚生活に心が折れそうになりますよね…。

相手の好きな味に自分が合わせるのもストレスになりますし、別のものを作るのも面倒です。かといって食べる側も作ってもらっておいて文句は言いづらいし、我慢して食べるのも辛いしで食の違いはお互いに気を遣います。結婚の決め手として、食の好みは実は重要項目なんですよ〜。

相手が結婚を決めてくれないとき

結婚の意思があるかを確認

キャッチ画像2315815

相手に結婚するつもりがあるのかどうか、しっかり言葉にしてもらいましょう。いつまでも曖昧なままでは二人の関係は進展しません。男子同士でしか話せないこともあるかもしれないので、結婚の話がいつまでも出ないような時は、友達に本音を聞いてもらうのもいいかもしれませんね。

タイムリミットを提示する

結婚したい気持ちをアピールしすぎると相手にストレスが溜まるので、いつまでに決めて欲しい、というタイムリミットを提示する方法もあります。具体的に「いつまで」と決めると相手も真剣にあなたとの将来について意識をするからです。

結婚の意思があるのかないのかわからない相手の意向をいつまでも待っていても、結婚はできません。決断次第では別れが待っている場合もあるかもしれませんが、結婚のために早めに縁を切るのも、ひとつの結婚の決め手となるのです。

結婚の決め手を知って真剣に結婚を考えよう

キャッチ画像2315816

結婚相手の決め手にするなら真面目な人が一番ですが、何より相手を好きだという気持ちも大切。愛がなければ夫婦生活もうまくいきっこありません。いつまでも笑って過ごせる夫婦を理想とする人も多いはず。

これから結婚相手を探すなら、結婚の決め手をよくわかった上で、相手を吟味していきましょう。真剣に婚活をしている男女が集まっている婚活アプリなら、結婚の決め手となる相手と出会える可能性があります。まずはどんな人が使っているのか覗いてみてくださいね!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)