合コン必勝法を徹底解説!男女別に成功するテクニック教えます!

合コンを成功させるためには、テクニックが必要です。数多くの合コンに参加した私が「合コン必勝法」を徹底解説!男女別に、押さえておくべきポイントと具体的な方法を紹介しますので、お見逃しなく!

合コンを成功させるにはテクニックが必要!

キャッチ画像254371

「素敵に異性に出会えるかも…」と男女が期待を胸に参加する合コンは、大人の男女には欠かせない出会いの場ですよね!

しかし、そんな期待値の高い合コンも、気になる相手に正しくアプローチができなければ、その後の関係に発展は望めません…。

「時間とお金を使って参加した合コンを成功させたい!」

そんな方のために、「合コンマニア」と言われるほど数々の合コンに参加し、イタい思いをした経験もある筆者が、合コンを成功させるためのテクニックを男女別にご紹介していきたいと思います。

IT企業で働く27歳OLの私は、数々の失敗を重ね、合コンを成功させるための必勝法に気づきました。そして、今では気に入った男性とほぼ100%、次のデートに繋げられるようになったのです。

合コン成功は合コン前から始めておくのがコツ

出会いを探していると周囲に知らせておく

そもそも、合コンを成功させるには、まずは「合コンに参加」しなければなりませんよね。
合コンへの参加回数が増えれば増えるほど成功確率は高まるので、自分の周りにどれだけ合コンの誘いがあるかは、実は重要になってきます。

つまり合コンを成功させるには、まずはより多くの合コンに誘ってもらえるようになるべきなのです。そこでポイントとなるのが、出会いを探していると周囲に知らせておくことです。

出会いを探していることを周囲が知らなければ、合コンがあったとしても誘ってもらえる確立は低くなってしまいますよね。出会いを探している・恋活をしていると友達はもちろん出会った人にも伝えておくことで、「飲み会あるよ」といった誘いはグッと多くなりますよ〜!

マッチングアプリの出会いも合コンに繋がる?!

キャッチ画像254372

合コンを増やすには、人脈を増やすことも大事になってきます。知り合う人が多ければ多いほど、飲み会や合コンのお願いをする機会も増えるからです。そこで、人脈を増やすために使いたいのが、マッチングアプリです。

マッチングアプリは恋愛の出会い探しというイメージがありますが(もちろん、アプリで恋人ができればそれはそれでラッキー!)、中にはただの「飲み友」や「趣味友」といった人との出会いを広げたい人も登録をしています。

恋愛として出会いを意識しなくても、お互い気が合えば、そのまま友達のように飲み会を設定することは可能です。「合コンしない?」ではひかれてしまう可能性がありますが、ある程度連絡を取り合っている中であれば、「友達も一緒に飲み会しよう」と誘うのはアリ。

そもそもマッチングアプリは出会いを探している男女が利用しているので、より多くの異性に出会えるチャンスのある合コンや飲み会は、相手からしても好都合なのです。
キャッチ画像254373
友達も恋人も作れると人気が高いマッチングアプリは、断トツで「ハッピーメール」。累計会員数2500万人(2020年現在)を超える国内最大級のアプリです。気になった相手にはすぐにメッセージを送れるのが特徴で、その分出会いまでに発展するスピードが早いんですよね!アプリ内で出会えた確率は74%以上と実績も確かです。

またアバター機能や携帯ゲーム、日記、掲示板機能、占いなどのコンテンツが無料で利用できるので、SNS感覚で出会いを探せるのも特徴。20代〜30代の会員がメインなため、「まずは飲み友達から…」といった気軽な出会いも探しやすいです。

女性は無料で利用が可能で、男性は自分の使いたい時に使えるポイント課金制。しかも、今なら新規登録で1200円分のポイントを無料でプレゼント中♡「出会いがほしいな…」と思った瞬間から相手を探せるのが魅力的なマッチングアプリですよ〜。
キャッチ画像254374
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

男女問わず友達は増やしておく

たくさんの合コンに誘われるようになるには、男女ともに友達を増やしておくことが重要ですよね。合コンイベントに参加するのも出会いの方法としてはもちろんアリですが、友達からの紹介合コンの方が、より成功率は高まるからです。

なぜなら、きちんと自分を知っている友達であれば、合いそうな異性を揃えて合コンを企画してくれるからです。また、連絡先の入手や、相手が自分をどう思っているかも友達伝いなら聞きやすいですよね。

そう、合コン必勝法の中には友達企画の合コンは外せない方法のひとつなのです!なので、合コンを成功させるためには、どんな出会いも見逃さず友達作りを意識しておくのがおすすめです。中でも、男女の友達を増やすには「PCMAX」というマッチングアプリを利用してみるのアリ。
キャッチ画像254375
PCMAX」は、真剣な恋活はもちろん、もう少し気軽な出会いを探したい時にも人気なマッチングアプリ。登録ユーザーは1500万人(2020年現在)を超えているので、友達探しにはもってこいのアプリです。

掲示板での出会い募集の書きこみは月間で85万件あり、1日の写真投稿は32000件の実績があるため、他アプリよりも出会いに積極的なユーザーが多いことでも有名なんです。
「今からあそぼ」や「真剣な恋人」というカテゴリの他に、ゲーム友達・趣味が合うなどのカテゴリも設置されていて、趣味の合う異性や飲み友達を簡単に探せるようになっています。

女性は無料で利用ができるのも嬉しいですよね!男性は気になる女性が見つかった時にポイントを購入する課金制度をとっており、今なら新規登録の年齢認証が終了した時点で30ポイントをプレゼント中!年齢認証するとメッセージが送れたり、すべての機能が使えるので、登録をするなら無料ポイントがもらえる年齢認証までは進んでおくのがベストですよ。
キャッチ画像254376
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
PCMAXアプリの効率のよい使い方 | WEB版との違いを徹底比較!

コレだけは押さえとけ!合コンテクニック6選【男性編】

1. 選ぶお店はかなり重要!!!

キャッチ画像254377

合コンでは、会場としてのお店選びをしないといけません。基本的に合コンのほとんどは、男性がお店を決める流れが暗黙のルールとなっていますよね。男性の皆様、いつも本当にお疲れ様です。

このお店選びは、その日の合コンが成功するかしないかのキーポイント。なぜなら、お店の良し悪しで女性からの第一印象が決まり、合コン自体の雰囲気にも影響を与えてくるからです。
よって、会場となるお店は、外観や料理の内容ともに、女性ウケが良い場所を選ぶのが必須!

ただ、あまりにも女性を意識しすぎたお店選びもNGというバランスも大事になってきます。
男女比率のバランスがいい小洒落た創作居酒屋やダイニングバーなどが好評なので、ポイントは押さえておきましょう。

2. 人数は3〜4人が最適(女性を合わせると6〜8人)

合コンをセッティングする際の、人数にも気を配っておく必要があります。
なぜなら、人数が多すぎると話ができる相手が限られてしまったり、かといって少なすぎると万が一相手と会わなかった場合は、お互いに苦痛の時間となってしまったりするからです。

基本的に合コンにおすすめする最適な人数は、性別ごとに3~4人。
つまり、合コン全体で6~8人ということですね。

これは合コンの流れをスムーズにするためにも役立ちます。
大人数だと席替えなどの移動が大変ですし、少人数だと長時間同じ相手と接しなくてはなりません。しかし、6~8人だと移動もスムーズに行え、異なる相手とのコミュニケーションも楽しみやすいのです。合コンの人数に悩んだときは、全体で6~8人を意識してみてくださいね。

3. メンバーにイケメンは一人入れておく

キャッチ画像254378

「メンバーにイケメンを入れておく」ことも、合コンで良い結果を得る方法のひとつ。
理由は、イケメンが一人もいないと、女性の士気が一気に下がるからです。女って…と思うかもしれませんが、男性側も可愛い女子が一人もいない合コンには参加したいと思わないですよね?厳しいですが、現実です。

また、イケメンがいるからといって、自分にチャンスが回ってこないわけでもありません。合コン全体の評価はイケメンがいることによって上がりますが、基本的に女性はイケメンよりも実際話してみて楽しい男性を好きになります。「イケメンは人気」だと思われがちですが、意外と合コンではモテなかったりもするんです。

女性側の心理として、「イケメンは目の保養であり、付き合うには恐れ多い」と思う気持ちがあるからです。つまり、イケメンがいると気分は上がりますが、手は出しにくいため結果的に周囲の男性に興味が移ることは大いにあり得ることなのです。

4. ゲームは二次会までしないことを事前にメンバーで共有

合コンを盛り上げようと、ゲームを企画しちゃうこともありますよね。
でも、たとえゲームがやりたくなっても、二次会に行くまではNG。

そして、その約束を男性メンバー全員で共有しておくことを忘れないようにしましょう。
女性と打ち解けられていない状態でのゲームは、女性側からすると内心場がしらけてしまう最悪のプランでもあるからです。

男性側の一方的な思い込みで、ゲームネタを強行することは危険です。
まずは女性陣と打ち解けるためにも、最初の掴みは誠実なコミュニケーションで勝負する方が印象を良くします。

5. ファッションはおしゃれよりも清潔感と無難感を優先

キャッチ画像254379

合コンではつい目立とうと、普段よりも頑張った服装をしてしまう男性が後を絶ちません。
しかし、普段着ないような服装は、着られてる感が出てしまっていたり、また男性がかっこいいと思う服装は女性ウケが悪かったりすることが多いので、自らモテない選択をしているのと同じことになってしまいます。

しかも、合コンで出会う女性は大半が初対面ですよね。初対面の印象で大切なのは、服のかっこよさやおしゃれ感よりも、『清潔感』と『無難感』です。アピールしたら手が届きそうだな…と女性に思わせるためにも、合コンの第一印象は普通男子を目指してみるのが成功率を上げるポイントです。

6. 会話のネタは提供するが、喋るのは女子を基本にする

基本的に、女性は話好きな生き物です。
したがって、男性陣ばかりが喋ってしまわぬよう、女性陣に程よく会話のネタを提供することが合コンの必勝法としては大切になります。

男性側が話題を提供したあとは、女性側に会話の主導権を渡す。
そうすることで、女性本来の欲求である『話したい欲』が満たされることになります。

女性が合コンに限らず恋愛対象としてで良い印象を抱く男性の特徴は、聞き上手であることや自分に話をさせてくれること。場の主導権は握りつつも、会話の主導権は女性に渡すことを合コンでは意識しておきましょう。

コレだけは押さえとけ!合コンテクニック6選【女性編】

1. 婚活感は絶っっ対に出さないこと!!!

キャッチ画像2543710

女性なら、少なからず意識してしまう『結婚』。
結婚を考えられる男性を見つけたいからこそ合コンに参加している女性が大半ですが、その気持ちは、決して前面に出さないよう注意が必要です。

男性は、まずはその場を楽しむことを合コンでは優先します。そのため、初対面からいきなり婚活感を出されると、その女性に対して「重い」印象を抱いてしまいます。場合によっては「空気読めないな…」と思われることも。よって、どんなに素敵な女性であっても結婚のワードを合コンで出した途端、男性が引いてしまう恐れがあるのです。

合コン中は、なるべく女性側から「結婚」のワードは出さないのが必勝法。
逆に男性が結婚の話題を出してきたのなら、自然な流れで乗っかる程度がベストです。

2. 男性側の事前情報は教えてもらっておく

合コンする相手の気になることといえば、男性の職業や学歴、趣味といった、男性陣の情報ですよね。そういった男性側の情報は、事前に教えてもらっておくようにしておくのが合コン必勝法のひとつです。

予め男性の情報を知っておくことができれば、共通の話題や関心を惹く話題など、話のネタを考えておくことができますよね。情報を元に会話を盛り上げたり、男性に気の利く女性だなと好印象を与えたりすることもできるでしょう。

また、男性の仕事内容を気にする女性であれば、先に職業を知れるメリットもあります。
「男性のここが気になる!」と思うポイントを事前に押さえておけば、ターゲットとする男性に悩むこともありません。

3. 合コンの服装は「女性らしさ」をどこかに入れる

キャッチ画像2543711

人間は第一印象が肝心ですよね。初対面の第一印象を決めるのは、その人が持つ独特の雰囲気ですが、サポートとして服装は充分に役立ってくれます。

そのため、合コン当日の服装は『女性らしさ』を意識することがベスト。
多少の個人差はあれど、男性が相手を女性として意識するのは『女』を感じたときだからです。

女性らしさの王道といえば、スカートやワンピース。揺れるピアスや華奢なブレスレットなど男性にはつけれない女性特有のアクセサリーもおすすめです。男性は自分には無い部分に異性を感じるので、レースやシフォンなどの素材感も含め、女性らしさの特徴となるアイテムをミックスしてみましょう!

4. 女性としてでなく、人として気を使う

モテる女性というのは気遣いができる女性です。特に女性として男性に気を遣うのではなく、人として周囲に気遣いができる女性は抜群に印象が良いです。

つまり、合コンを成功させる=意中の男性をゲットしたいのなら、まずは人として気遣いのできる女性になることが先決。あくまで純粋に気を使えるかがポイントにもなります。

料理の取り分けや注文を聞いて一緒に来ている女性陣を気にかけることはもちろん、お酒の空いたグラスやお皿を引いて店員を気にかけるなど、第三者への態度も男性は意外に見ています。

5. なるべく大人数で喋るように意識する

キャッチ画像2543712

話が盛り上がったとしても、特定の相手とだけで盛り上がっている場合、実は合コンとしては出来はイマイチ。個人で喋るのも大切なものの、合コンでは大人数で、なるべく全体で盛り上がることが結果として必勝法に繋がります。

なぜなら、全員が「盛り上がった」との印象を抱いた方が、再度集まる機会を作りやすくなるからです。つまり、意中の男性とごく自然な方法で再び会えるチャンスが生まれるのです。

合コンに参加できるメンバーは、それなりに他人とコミニュケーションをとることが好きな人達でもありますよね。グループでワイワイするのに抵抗が無い人も多いです。そのため、狙った相手に対して個人的にアピールするよりも、その場にいる皆で一緒に盛り上がった方が効果的なアピールになることもしばしば。

再び会えるチャンスが何度も生まれれば、その後の個人的なアピールにも効果が出てくるので、必勝法としては遠回りなように見えて、実は一番確実な方法でもあるのです。

6. 相手への質問返しを意識する

できる男性は、なるべく女性に話してもらうために、意図的に質問をしてくれるでしょう。
ここで男性の思いを汲んで話をするのもアリですが、合コンで彼氏を作りたいのであれば、女性側も適度に質問返しをするよう意識するのが、必勝法です。

質問返しとは、男性が振ってくれたネタに対して同じような質問を相手にもすること。「何が好き?」と聞かれたら、「〇〇ですが、好きですか?」と、会話を相手にも広げて喋らせるのが質問返しのポイントです。

基本的に男性は、自分が多く話せた女性を好きになる傾向があります。なぜなら、女性よりも話し下手であることから、自信を持って話すことに戸惑いを覚えているから。そのため、一緒にいて話を聞いてくれたり、いつもより自分が喋りたくなったりする女性には、必然的に好感度を上げていきます。

気になる相手と恋愛できるかは合コン後の行動がポイント

実際問題、合コンで気になる相手を見つけたとしても、恋愛関係に発展するかは、合コンが終わった後の行動がポイントになってきます。例えその日の合コンが盛り上がったとしても、合コン後の行動次第では、そのまま自然消滅…ということもありえるので、よ〜くチェックしておいてくださいね!

お礼LINEはグループだけでなく個人でも送る

キャッチ画像2543713

合コン後に、お礼のLINEを送り合うのは基本のルールですよね。
しかし、そのお礼LINEはグループだけでなく、気になる相手個人に送っておきましょう。

グループLINEだけだと、気になる相手には自分の好意をアピールすることができません。個人宛にも送っておけば、相手は「自分だけ」といった特別感を感じることができます。また、『お礼』という理由があるので、LINEをするきっかけにもなるのです。

合コンでいいなと思った相手は幹事にすぐ教える

合コンで気になる異性を見つけたら、早いタイミングで幹事に伝えておきましょう。
幹事に伝えておくことで、うまい具合に接点を作ってもらえることが期待できます。

合コンの多くは男女の幹事が繋がっており、「〇〇は〇〇のことを気に入っている」など情報共有してることがほとんどですよね。そのため、幹事に早めにお気に入りの相手を伝えておけば、それだけ早くに相手との進展が望めるようになるのです。

幹事の気の利かせ具合によっては、向こうから連絡がくるという嬉しいケースも。また、アピールする前に相手が自分をどう思っているかも聞けるので、負け戦に時間をかける必要もなくなりますよ!

デートの誘いはグループデートから

キャッチ画像2543714

合コン後、気になる異性をデートに誘おうと思えば、個人で連絡をしようと考えますよね。
ですが、実は最初のデートは個人よりも複数人でのグループデートに誘った方が、関係の発展を望めます。

初対面ではないとはいえ、合コン以外で初めて会うとなれば、双方ともに多少は緊張します。
思ったようなコミュニケーションがとれない場合や、改めて価値観の違いが発覚するなどデートが失敗に終わってしまえば、二人の関係はそれまで…となってしまいます。

しかし、他の友達もいるグループデートであれば、価値観の違いも意外と気にならなくなります。もちろん、緊張でギクシャクしてしまっても他の人達がいるので場も持ちますよね。

また、いきなり彼氏彼女といった関係をすぐに求めるよりも、多少は時間をかけて友達から進展するカップルの方が関係が長続きすることは明白です。
合コンからの出会いは焦らず急がずを意識して、アピールを重ねていきましょう。

合コンは回数よりテクニックが大事!

キャッチ画像2543715

合コンで出会いを探そうと思ったとき、まずは回数をこなそうと考えてしまいがちです。
が、正しい必勝法を知らずに回数をこなしても、合コンの成功確率は一向に高まることはありませんよね…。

合コンにおいても、「量より質」は真実!
正しい必勝法のテクニックを学んで、一回一回の合コンに真剣に向き合ってみましょう。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)