本当に出会いがない人はいない…!アラサー女子のマッチングアプリ体験記

本当に出会いがない人は、騙されたと思って、まずはマッチングアプリを始めるべきと言い切ります!29歳の筆者が、自分の経験から、マッチングアプリを使った出会いの探し方・コツを丁寧に解説します。

出会いがない生活に危機感…

キャッチ画像270211

30歳手前で彼氏がいないのはまずい…出会いがないのはもっとまずいと思い、猛烈に出会い探しを進めているメグミです。
合コンや友達の紹介は年齢が上がるほど減っていくのが現実だし…職場?仕事先?私の場合、既婚者と主婦が9割の会社のどこに出会いが?って感じでした。

でも、そんな本当に出会いがない!って思っていた私でも、ある出会いの探し方を知った29歳の今では、どの人がいいのか迷うくらいの選択肢が出てきて困ってます。笑

その出会いの探し方って、 マッチングアプリ なんですけどね。

実際にアプリを体験して、その中でも出会いを増やすコツがわかってきてからは、嘘みたいに出会いが増えました♡本当に出会いがない人は、騙されたと思って、まずはマッチングアプリを始めるべきと言い切ります!

出会いがないときにやってた生活パターン

出会いがないと悩みつつも、本当に出会いがない人って、実は行動パターンに問題がある場合が多いです。アプリを始める前の私の生活リズムを見ると、「出会いがないのは当たり前だろ」としか思えません。

出会いのために動かない平日

以下は、典型的な出会いがない人の平日の行動パターン。というか今までの私の生活です…。

AM8:00家を出て会社へ向かう
AM9:00電車移動で会社に到着
PM13:00社内で持参のお弁当を食べる
PM18:00就業
PM19:00スーパーかコンビニで夕飯を購入
PM19:30帰宅

このルーティーンのどこに出会いが…?って感じですよね。ちなみに私の会社は9割が女性社員。他のみんなも「出会いがない」ので、紹介を頼むことはできません。仕事終わりに飲みにいけば出会いがあるかも…と思いつつ、その一歩を踏み出すことができないのが、出会いがない原因。本当に出会いがない人は、出会いのための行動の優先順位がどうしても低くなってしまうのです。

自分から連絡ができない休日

キャッチ画像270212

本当に出会いがない人は、仕事がない休日でも出会いを阻んでしまっている行動パターンがあるんです。

AM11:00起床
AM12:30スーパーかコンビニへ昼食の買い出し
PM13:00動画アプリでひたすら韓ドラを鑑賞
PM18:00スーパーかコンビニへ夕食の買い出し、時々は自炊
|TVを流し見しながら夕食、お風呂等のプライベートタイム
PM23:00就寝

休日なのに、食料の買い出ししか外に出てない…!でも、この状態は私だけじゃないはずです。本当に出会いがない人は、休日でも誰かに連絡するのをためらってしまう癖があります。で、結局一人の過ごし方が充実していく…。誘われれば外出するけど、自分からは誘えない…出会いがない原因はここです。自ら出会いのチャンスを潰してしまっている生活パターンに早く気づくべきかもしれません。

生活が変化したのはマッチングアプリを始めてから!

キャッチ画像270213

もう思い出したくもない私の生活パターンを見てきましたが、この出会いがない生活から抜け出せたのは、マッチングアプリに登録してからなんです。私の場合は、友達が先にやっていたこともあっておすすめされたのがきっかけです。最初は、怪しくない?と半信半疑だったんですけど、始めて1週間位したら、どハマりしました。笑

だって、 笑える位に色んな男性から連絡がくる から…!

ちなみに、私の外見は良く言って中の下です。謙遜でもなく、まぁ普通かなレベル。だからこそ彼氏や出会いがないのは、外見のせいだと思っていました。合コンや紹介は直接会うから、まずは外見の良さでふるいにかけられますよね。

でも、アプリはまずはメッセージが主体お互いに中身をきちんと知ってから会うので、それまでと比べて異性と関わる回数はグッと多くなりましたよ。

今の出会いはネットを使ったサービスがメインになりつつある

こちらは、大手企業のリクルートの調査による、恋活/婚活サイト・マッチングアプリなどのネット系婚活サービスの利用状況です。
ここ数年で約2倍近い利用者があり(20代女性:21.9%、20代男性:20.5%、30代女性:23.6%、30代男性:18%)、人々の恋活・婚活への意識の高まりと、ネットを使った出会いの増加傾向がわかります。

キャッチ画像270214

【出典元】ブライダル総研 婚活実態調査2020

「ネット経由の出会いはちょっと抵抗あるなぁ…」と悩んでいる間にも、マッチングアプリや恋活・婚活サイトを使ってたくさん出会っている人がいると思うと、モチベーションが刺激されてやる気がでますよね!

どんなアプリに登録するべき?実際に使ったアプリでおすすめは?

本当に出会いがない人が次に気になってくるのは、出会いが増えたのはどのマッチングアプリを使ったからなのか…ということですよね。基本的に、知名度の高いアプリに登録しておけば間違いはありません。

知名度が高いと登録者数も多いので、希望にあった相手を選べる可能性が一気に広がります。更に、運営歴が長い場合が多く、健全にサービスを運営しているので、安心して利用できますよ。アプリにはそれぞれ特徴があります。登録自体は無料で相手を検索できることが多いので、まずは同時進行で複数のアプリを使うのもおすすめです。

登録数が国内最大級!「ハッピーメール」

キャッチ画像270215
ハッピーメール」は、実は私が一番初めに使ったマッチングアプリです。現時点で累計会員数2500万人超える国内最大級の恋活アプリなので、知名度は抜群。掲示板機能だけでなく、アバター機能や携帯ゲーム、日記に占いなどのコンテンツが無料で利用できるので、20代〜30代男女の登録が多いのも特徴です。SNS感覚でアプリを楽しめるので、コメントなどで気軽に絡むこともできちゃいます。

女性は無料で利用が可能なので、お試し感覚で使えるのも嬉しいところ。男性は、自分の使いたい時に使えるポイント課金制です。しかも、今なら新規登録で1200円分のポイントを無料でプレゼント中♡なので、このチャンスは逃さずに!本当に出会いがない人から抜け出すには、行動という名の登録の一歩を踏み出すのみです!
キャッチ画像270216
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

ハッピーメールは連絡をとった人数が断トツで多い!

ハッピーメールを使って思ったのは、とにかく異性と絡む回数が多いこと。登録した初日からメッセージが来るので、とにかく出会いに飢えていた私にはピッタリのアプリでした。目的によって気軽な出会いもOKなので、久々に異性と絡むことにドキドキしていた私でも、気後れすることなくやりとりすることができましたよ〜。

メッセージを数回送ったあと、気が合いそうなら「会ってみませんか?」といった流れになることも多いので、数年振り(!)のデートの機会も早々にやってきました。
特にハッピーメールは気になった相手にはすぐにメッセージを送れるので、出会いに発展するスピードも早いんです。公式サイトに書いてある「アプリ内で知り合った異性と出会えた確率は74%以上」というのは嘘じゃないです。

今でも連絡をとってるM君(20代・IT関係)

キャッチ画像270217

今でも連絡が来たり遊んだりするのが、ハッピーメールで出会ったM君。IT関係の会社に勤めていて、26歳とちょい下です。外見はKing Gnuの井口君を崩したような…可愛い雰囲気イケメンです。

「僕も動画アプリにハマってます」って向こうからメッセージが来たのがきっかけ。初めのメッセージから感じが良かったので、翌週にはすでに会う約束もしました。その時点で他にも気軽な感じで連絡をとっていた男性は数人いたのですが、今でも連絡が続いているのがM君です。

婚活するなら「マッチドットコム」

キャッチ画像270218
マッチングアプリに慣れてきて、もう少し真剣に出会いを探したいな…と本腰を入れ始めた時に選んだのが「マッチドットコム 」です。恋活はもちろん、婚活アプリとしても有名なのが、マッチドットコム。世界25ヶ国でサービスを展開し、日本だけでも現時点で187万人の会員登録があるので、人気も抜群です。

独自のAIシステムを使った「デイリーマッチ」というサービスも人気で、プロフィールを登録すると毎日自分に合った異性を10人ピックアップしてくれます。登録自体は無料で会員検索やプロフィール作成が可能なので、まずはどんな相手がいるのかチェックしてみるのが使い方としてはおすすめですね。
キャッチ画像270219
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

マッチドットコムは出会いに真剣なユーザーの登録が多い印象

女性無料が多いマッチングアプリには珍しく、マッチドットコムは男女共に同額の月額有料制のシステムを採用しているので、女性もそれだけ出会いにガチな人が多いです。そのため、必然的に男性も結婚を意識した相手を探している人ばかり

会員の7割は結婚を希望しているから、ひとつの出会いに対して真剣さがあるのがこのアプリの印象です。実際にアプリ内で出会ったカップルの44%が1年以内に結婚しているので、成婚率も高い!年齢層も20代後半~30代、40代と結婚適齢期の男女の利用が目立っていました。

結婚相手を探していたS君(30代・貿易会社)

キャッチ画像2702110

アプリでの出会いに慣れた私が、マッチドットコムで初めてメッセージを送ったのがS君です。32歳の貿易会社勤務、英語スペックが高いのが魅力的でした。私、頭のいい男がタイプなんです…。

メッセージも丁寧に返してくれるので、やりとりだけで1ヶ月は続いたはずです。なかなか「会おう」という言葉が出ないので、脈なし…?と疑いましたが、結婚を前提に相手を探していたから、吟味していたそうです。笑

初デートでは初めて会った感じがしなくて、2回目のデートではすぐに告白が!かなり悩みましたが、まだ結婚までは考えられない…と泣く泣く断った相手です。

日常で出会いが見つかる「クロスミー」

キャッチ画像2702111
本当に出会いがない人に絶対使って欲しいのが、この「クロスミー」というマッチングアプリ。
一般的なマッチングアプリは、自分で相手を色んな項目から検索をかけますが、クロスミーは日常生活を過ごす中ですれ違った異性を教えてくれるのが特徴だからです。

仕事と家の往復がルーティーン、休日は家から出ない…なんて生活が普通になってしまっても(まさに以前の私…!)出会いがないなんてことは、実はない!と気づかせてくれました。クロスミーは、いつ、どこで、何回すれ違ったのかまで教えてくれるので、自分と近い生活をしている異性と出会うことができます。

特に出会いが欲しいと思っている20代の男女をメインに、日常生活の中で出会いが見つかる!と話題。女性の利用は無料♡男性も登録自体は無料なので、すれ違い機能はバッチリ使うことができますよ〜!
キャッチ画像2702112
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
クロスミーの使い方を徹底攻略!『すれ違う』という出会いのスタイルが斬新で運命的なマッチングアプリ

クロスミーは本当にすぐに出会える…!

クロスミーを使ってみて思ったのは、本当にすぐに会える…ということです。自分の行動範囲内にいる相手が見つかるため、「じゃあ会おう」といった流れがすぐにできてしまうのです。

自分の生活範囲内で出会いがあるので、お店など会う場所もまとまりやすいんですよね。お互いによく知っている場所でもあることから、相手への安心感が大きいのも特徴。自然と距離感が最初から近くなります。

同じお店の常連だったことが発覚したK君(20代・アパレル)

キャッチ画像2702113

ガチで自分の自宅駅での検索は怖かったので、私が検索をかけたのは二つ隣の駅。タイミング的にうまくマッチングしたのが28歳のK君です。その場でメッセージをすぐにやりとりしてわかったのが、K君も私も同じ飲み屋の常連だったこと。

「もしかして会ったことある…?!」と話が盛り上がり、次の日には会うことに。やっぱりご近所さんパワーはデカイですよね〜。今でも頻繁に会う男性の一人となってくれました。

登録だけじゃダメ!?アプリで良い出会いを見つけるための心得4つ

出会いを見つけるためには、マッチングアプリの登録は必須。でも、登録しただけでは恋人になれる相手を探し出すことはできません。ここからは、アプリを使いこなしてきた今だからこそ言える、アプリで良い出会いをたくさん見つけるコツを紹介していきますね!

①プロフ写真は顔出しが大事

マッチングアプリで出会いを見つけるためには、自分のプロフィールの写真は、きちんと顔がわかるものがベスト。顔出しかぁ…と、個人情報に躊躇してしまう気持ちはわかりますが、実際自分も相手を探す時に、風景写真やペット写真だけの相手はまず飛ばしますよね?
顔がわからない相手はアプリ内では信用度が落ちるので、マッチング率だけでなく出会いの質自体も落ちてしまいます。相手が知りたいのは日常の姿。がっちり作り込んだ写真ではなく、普段着で日常感のある写真を選びましょう。

メグミからのワンポイントアドバイス

キャッチ画像2702114
つぶやき投稿にも顔出し写真は入れて!
私が実際に使っているのは、デザートブッフェに行った時の写真。このプロフ写真だと「僕もスイーツ男子です」的なメッセージが多かったのだけど、つぶやき投稿にも自分の顔出しをするようになったら、より多くの男性からメッセージがきたり、いいね押されたりと相手から来る連絡の数が倍増!
やっぱり写真はアプリで出会いを見つけるには大事です。顔出しの枚数が多い分、どんな人なのかがリアルに想像できるので、人気も高くなるんです!

②本命相手は「いいね」するよりも先に、投稿にコメントする

キャッチ画像2702115

いいなと思った相手には、積極的に「いいね」を送ることも出会いを見つけるには大切ですが、その「いいね」が返ってこないとそのさきに発展しません…。急に「いいね」が送られてきても、相手がよほどタイプの人でない限りすぐにはいいね返ししようとは思わないですよね。

でも「この人だ!」と思った相手とは、絶対にマッチングしたいと思うはず。そこでおすすめなのが、本命が見つかった時は、すぐに「いいね」を押さず、まずは相手の投稿を見てコメントで絡んでいくのが作戦としては効いてきます。

アプリでの投稿はいかに自分という人間に興味を持ってもらうかがポイントなので、コメントをもらって嫌な気分になる人はいません。また、「どんな人がくれたのかな」と相手に興味を持ちやすくなります。2〜3回ほど相手の投稿にコメントを繰り返せば、なんとなく向こうも「またこの人だ」と存在を認識するので、その後に「いいね」やメッセージを送っ時に、良い反応が返ってきやすくなります

メグミからのワンポイントアドバイス

キャッチ画像2702116
相手のプロフィールはしっかり見ておく!
コメントする時に注意したいのが、相手のプロフィール欄はよく読んでおくこと!顔だけ見ていいかなと思った相手の投稿に、「食べ歩きが好きなんですか?」とコメントしたけど反応がなかったことがあって。改めて相手のプロフを見返したら、「趣味:食べ歩き」と書いてあったんですよね…。
自分もプロフ欄に書いてあることをコメントで質問されたりすると、「こいつ、きちんと見てねーな」と思うことありません?適当なコメントに見えて(実際自分もそうだった)、気分が下がりますよね。

③マッチングしてからが勝負

アプリで確実に出会いを見つけていくには、相手とマッチングすることがゴールではありません。むしろ、マッチングしてからがスタートなので、ここで気を抜いてはいけないのです。
メッセージがどれだけ続くかで、相手と関係が発展する可能性は大きく変わってきます。

メグミからのワンポイントアドバイス

キャッチ画像2702117
マッチングしてもすぐにLINEは聞かないで
アプリにログインしてメッセージをやりとりするより、LINEでやりとりした方がメッセージは途切れにくいですよね。
でも、マッチングしたからといってすぐに相手にLINEを聞くのはNG行為です。アプリの世界では、LINEはかなりプライベートなツール。住所どこですか?と聞いているようなもんなので、メッセージのやりとりはアプリを通すことを心掛けましょう。
私は、ガチだったからこそ先走ってLINEを聞いてしまい、そこでメッセージがこなくなってしまった苦い経験があります…。LINEを聞くのは会う約束をしてからがベストです。

④ファーストデートは短めに設定を

キャッチ画像2702118

良い感じのメッセージのやりとりが続いた場合、次はデートになるのが通常の流れ。でも、中にはファーストデート以降連絡が途絶えてしまう人もいるので要注意。そのため、2回目のデートにこぎつけるには、まずはファーストデートの時間を短めに設定しておくのがコツ。

「もう帰る時間かぁ」と相手が物足りなく感じるくらいの方が、「また会いません?」と誘いやすくなります。また、ファーストデートはどうしたって緊張の度合いが高くなるので、長時間一緒にいると話題が詰まります…。でも時間が短ければ、盛り上がりのピークで別れることができるので、相手に好印象を与えやすくもなるんですよ〜!

メグミからのワンポイントアドバイス

キャッチ画像2702119
セカンドデートが実質的なゴール!
アプリでの出会いで、ファーストデートはかなり大切。
なぜなら、セカンドデートまでこぎつけられたら、8割方付き合う流れまで持っていけちゃうからです!大抵は3回目のデートで「付き合う…?」みたいな雰囲気になるので、ファーストデートでの相手の見定めは戦い。笑
私の場合、基本的にファーストデートでお茶した相手はそのままいい感じの雰囲気になることが多かったかな。逆に、映画見て、ご飯食べて〜としっかりとデートの予定を組んでしまった人は、次回のデートに誘われることが少なかったです…涙。

本当に出会いがない人…?それってアプリを使ってないからかも!

キャッチ画像2702120

私もそうだったけど、本当に出会いがない…と思っている人は、思い込みが強く、動けなくなってしまっているだけかも。ちょっと行動を変えるだけで、出会いは一気に広がります。

私の場合は、ハッピーメールマッチドットコムクロスミーマッチングアプリがきっかけになってくれましたよ!今ではアプリ無しの出会いは考えられないほど、出会いの数をグッと増やしてくれました。まずは試してみることが本当に出会いがない人から抜け出す最初の一歩なのかもしれませんね!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)