男女それぞれの結婚適齢期はいつ?相手探しのベストな時期と「男余り」の事実を紐解き!

男女それぞれの結婚適齢期はいつ?「女性は26歳、男性は27歳」で相手探しを始めなければならない理由と、実は結婚適齢期の男が余っていて結婚しづらくなってる都道府県の謎まで、気になる結婚適齢期について徹底特集します。

男女それぞれの結婚適齢期はいつ?何歳で相手探しをするのがベスト?


「一体、何歳くらいで結婚相手探しを始めればいいのだろう?」

そんなギモンにお答えするため、日本の男女が結婚する平均年齢と、それにともなう男女の結婚適齢期についてご紹介していきます。計画的な人生プランは大切ですよね。

結婚願望が少しでもあるのであれば、結婚適齢期は意識しましょう。結婚適齢期を超えると、結婚率が下がるデータもあります。

あの時結婚しておけばよかったと後悔しないように、今のうちにチェックしておきましょう!

日本の男女が結婚する平均年齢は何歳?

厚生労働省の調査報告「婚姻に関する統計」


厚生労働省が平成28年度に結婚に関する調査報告である「婚姻に関する統計」を発表しました。厚生労働省は、毎年人口動向統計を継続して報告しています。

今回の「婚姻に関する統計」は平成18年度に続いて2回目です。10年スパンで今後発表され続けるのでしょうか。それでは、内容をみてみましょう。

晩婚化が起こっている


婚姻に関する統計をみると、結婚する平均年齢は男性が30.7歳、女性が29歳となっています。昭和50年と比較すると男性は3歳、女性は5歳ほど遅くなっています。

はっきりと晩婚化が起こっていると言えるでしょう。また、男性と女性の年の差は狭まっており、1歳差しかありません。世代によって結婚は少しずつ変化しています。

女性の結婚適齢期はいつ?

女性の平均結婚年齢は29歳


女性の平均結婚年齢は29歳となっています。この時期は、仕事で責任ある立場になってどんどん楽しくなってきた方もいますよね。仕事か結婚か出産か、悩まされる時期であると言えるでしょう。大きな人生の選択をしないといけなくなるわけです。

産休や育休制度を活用しよう


しかし、今では産休や育休制度が整ってる会社も多いです。どうしても一定期間は休まないといけませんが、仕事と両立しているワーキングママもいます。忙しい毎日にはなりますが、楽しい日々でしょう。

産休や育休制度が整っていない会社に勤めている方もいらっしゃるでしょう。その場合は、仕事を続けるか、仕事を辞めて出産するか選択しないといけません。男性にはない女性特有の悩みでしょう。

早めの結婚もあり


それか、25歳ぐらいで結婚して早めに出産するという方法もあります。子どもを保育園に入園させて仕事と両立させることができます。出産後の体力も若い年齢の方が復帰が早いそうです。25歳で一人目を出産すると、二人目も20代のうちに出産できるでしょう。

近年、働くママに対する世間の理解は深まっています。女性の結婚適齢期は、出産のことも考えると、24歳~32歳といえるのはないでしょうか。

男性の結婚適齢期はいつ?

男性の平均結婚年齢は30.7歳


男性の平均結婚年齢は30.7歳となっています。以前は、家庭を持たないと一人前の男性扱いされないこともありましたが、そんな考えはもう古いです。

男性の場合は、結婚適齢期を意識していない方もいらっしゃるのかもしれません。しかし、30歳という節目で付き合っている方がいると結婚を意識する男性も多いのではないでしょうか。女性の年齢を配慮する男性もいるようです。

40歳になっても結婚しないと詮索される

女性よりも遅いとはいえ、男性の結婚適齢期は、30歳~35歳が妥当です。40歳近くになって結婚していないとなにか理由があるのではないかと詮索されてしまいます。

子どもの年齢も考えよう

また、子どもが生まれたときの自分の年齢を考えましょう。養育費も多くかかるため、定年を迎えるまでには子どもがひとり立ちしていることが理想です。22歳で大学卒業すると考えると、60歳で定年を迎えるとしたら38歳までには子どもをつくらないといけません

そろそろ結婚…と思ったらまずチャンステストを受けてみて

周りもだんだん結婚してるし…
年齢的に考えてもそろそろかな…
婚活ってどんな人がしてるんだろ?

もし上記の中で1つでも当てはまったら、「楽天オーネットチャンステスト」を受けてみてください。

あの楽天グループが提供しているサービスで、自分のプロフィールとお相手への希望をカンタンに入力するだけで、実際に婚活をしている異性とどれぐらいマッチングするのかを自動で算出してくれます。

結婚適齢期についてちょっと考えている人にとっては、自分を見つめ直すイイきっかけになるかもしれません。男女ともに無料でできますので、気になる方は以下のボタンよりどうぞ♪


▼こちらの記事もチェック
楽天オーネットは結婚できる?10の赤裸々口コミからわかったメリットと利用の流れ

逆算すると結婚相手探しはいつ行うべき?

交際期間3年を見積もって!


交際期間の平均は3年以内がふさわしいとされています。1年の交際で結婚する方も少なくないのですが、多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

それを考慮して、平均結婚年齢の男性が30.7歳、女性が29歳から引き算してみましょう。男性は27歳、女性は26歳で結婚相手と出会っていないといけないことになります。この頃から結婚を意識した真剣交際をしていたいものです。

Q.いつ自分を「結婚適齢期だ」と思いましたか?


ここで結婚適齢期ついて男女のリアルな意見をご紹介しましょう。

【25歳/女性】24歳のときに今が結婚適齢期だと思いました。周りが結婚ラッシュでした。
【30歳/男性】29歳のときに結婚適齢期だと思いました。周りに子どもができて自分もそういう年齢だと気づきました。
【30歳/男性】30際になって、親に心配されるようになったからそろそろ結婚適齢期なのだと思います。
【31歳/男性】29歳のときに子どもを欲しいと感じたため、結婚適齢期だと思いました。

友達の結婚ラッシュ、親や親戚からのプレッシャーから強く結婚を意識する方が多いようです。ただ年齢は結婚を考える目安の一つ。本当に自分がしたいと思ったときが、一番いいタイミングなのかもしれません。

女性の場合は出産適齢期も考慮しよう

出生に関する統計をみてみよう

厚生労働省が平成22年度に発表した「出生に関する統計」の概況をみてみましょう。

平成21年の母の第1子出生時平均年齢は29.7歳です。第2子は、31.7歳、第3子33.1歳です。平成21年の少し古いデータなのでいまは少し上昇しているかもしれません。

近年は出産時期が遅くなっていると言われていますが、それでも早い!とびっくりされたのでは?

出産平均年齢をもとに、出産適齢期については、29歳から33歳が適しているといえるでしょう。妊娠〜出産にかかる期間を1年〜2年と見積もると、早め早めの行動が大事だといえます。

高齢出産が増えている


現在の出産状況について説明します。以前までは、25~29歳の出生数が圧倒的だったのに関わらず、現在は30代での妊娠・出産がトップに君臨しています。45歳以上の妊娠・出産に関しては5割以上も増えているようです。高齢出産ブームは今後も続き、さらに増え続けることが予想されています。

高齢出産のメリットをみていきましょう。デメリットな面ばかりは注目されがちな高齢出産ですが、あえてメリットをあげてみます。

①精神的に余裕がある:高齢出産では母親の精神が安定しているため、余裕を持って妊娠から出産や子育てができるとされています。実際、出産や育児に自信がないと答える世代は20代前半の母親に多いようです。

②経済的余裕がある:ベビーシッターや託児施設を利用するなど、体力面での不足を経済力で補うことができます。育児に専念しつつ、自分のからだもしっかり休めましょう。

もう子供は諦めるべき年齢だと諦めていた方も、まだチャンスはあるかもしれません。

年齢別の男女比を見ると結婚適齢期に男が余る!?

「男余り」が起こっている


非婚率は男女ともに徐々に増加していますが、その比率は女性よりも男性の方が圧倒的に多いです。具体的にみていきましょう。

2010年の生涯未婚率は男性が20.14%で女性は10.61%です。毎年、男の子のほうが女の子より5~8%多く生まれています。そして、医学の進歩により新生児死亡が激減している以上、必ず結婚できない男性が出てきてしまいます。

出生以後の死亡率は男性の方が女性よりも高いため、生殖年齢に達するころは丁度バランスが取れていたのですが、医療の発達などで死亡率が男女とも変わらなくなったため結婚年齢においても男性の方が多くなってしまいました。これが近年起こっている「男余り」と言われている現象の主な原因です。

男性が余っている地域で有名なところに愛知県があります。結婚適齢期の男性が多すぎると言われています。理由は自動車工場がありそこで働く男性が多すぎるということです。

また、雑誌『東洋経済』の記事に「茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体」という特集も組まれたり…あなたの住んでいる県だとしたらドキッとしたのでは。

「男余り率」((男女差分)÷(20代~30代の男性数))をランキングにすると、以下の通りです。

1位 茨城県
2位 栃木県
3位 福島県
4位 群馬県
5位 愛知県

愛知県よりも北関東3県で男余りは起こっています。また、傾向として、男余り率は西日本より東日本の方が多いです。東日本の方が男性は結婚しにくいということでしょうか。

データでみると「なんとなく」結婚できるだろうと思っていた自分の心に危機感を抱いたりできますよね。

結婚願望があるなら結婚適齢期は意識しよう!

結婚願望があるのならば、交際期間も考慮して計画的に人生プランを立てる必要があります。女性ならば出産がある以上、仕事かプライベートのどちらに重きを置くのか決めなければいけないときがきます。

男性にも同じことが言えます。若いパパでいたければ20代のうちに子どもを作っておいた方が良いでしょう。また、晩婚でいいと思っていても38歳までには子どもをつくりましょう。大学費は非常に高いケースもあります。金銭的なことも考慮する必要があります。

現実的な面から男女別の結婚適齢期を探ってきましたが、いかがでしたでしょうか。26歳の女性、27歳の男性は今すぐ動き出すべき年齢です!勇気を出して婚活の第一歩を踏み出しましょう。

婚活を始めてみようとは思うものの、何から手を付けていいかわからない人は、この記事内でも紹介した無料でできる「楽天オーネットチャンステスト」を受けることから始めてみてくださいね♪


▼こちらの記事もチェック
楽天オーネットは結婚できる?10の赤裸々口コミからわかったメリットと利用の流れ

交際経験0
成婚

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

話題のカテゴリー

 

Webで婚活計画(プラン)