ティンダーでマッチング率が悪い原因|200%改善するための5つのポイント

ティンダーでマッチング率が悪い原因は「プロフィール画像」が9割!?ブースト機能やスーパーライクを駆使してマッチング率を上げる方法からプロフィールの改善まで、なかなかマッチングできない人向けにティンダーの攻略法をお伝えします。

ティンダーは工夫次第でマッチング率が超変わる!?


Tinderは世界で使われ、累計マッチング数は200億にのぼる超大型のマッチングアプリです。

しかし、もう使っている方の中にはなかなかマッチングできず苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

僕もTinderを使って最初の頃はなかなかマッチングせず途方に暮れていたので、気持ちはよーくわかります。

そこで今回は、Tinderを使うなかでマッチングできない原因を解明し、さらにマッチングするためのテクニックを紹介したいと思います。

まだ、Tinderを使ったことがない方でも参考になるので、興味のある方は読んでみてくださいね。

それでは、さっそくみていきましょう!

ティンダーでマッチングしない原因と理由


Tinderでマッチングできないのには、必ず理由があります。マッチングできない原因を知ることができれば、何を改善すればいいかもわかりますね。

Tinderでもっとも重要なのはプロフィール写真です。では、なぜ写真が重要なのかみていきましょう。

【まずはじめに】ティンダーは写真が命


まず、大前提としてTinderは「気軽にマッチングを楽しめる」特徴があるのを、おさえておきましょう。それは、写真をスワイプするだけで、「ライク=いいね」できるなど、Tinderの仕組みが「気軽にマッチングを楽しむ」ようにできているからです。

Tinderが他のマッチングアプリと違うのは「プロフィール写真の重要度が高い」ところです。なぜなら、Tinderでは写真を見て感覚的にライクするかを決めます。もちろん、プロフィール情報もみますが、写真の第一印象でユーザーは判断します。

なので、マッチングを左右するのは「写真のよさ」になります。次からはどんなプロフィールや写真がいけないのか、マッチングできない原因をくわしくみていきましょう。

1.プロフィール画像が1枚しかない


これはマッチングアプリ全般に言えることですが、プロフィール写真が1枚しかないと悪い印象を与えます。最低でも3枚は用意しましょう。

その際は、1枚目とは違う雰囲気や服の写真をつかうと効果的です。

2.自己紹介文が長ったらしい


写真以外の原因は、自己紹介の文が長いのもマッチングできない原因のひとつです。初めのうちは、見ている人はそこまで、あなたのことを詳しく知ろうとはしていません。長い文章がダラダラと書いているだけで、内容関係なく逃げてしまいます。

3.学歴・職業が非表示


学歴・職業が非表示のときもマイナス印象です。男女問わず、職業・学歴を気にしている人が多いためです。また、Tinderには学歴・職業が書いている人が多いので、パッとみたときの印象も悪いでしょう。

4.SNOWで撮った自撮りを使っている


プロフィール写真があるのはいいですが、気をつけなければいけないのは、SNOWで撮った写真をアップすることです。SNOWで撮った写真はわかりづらいのと、あまりにも有名なアプリのため、「盛っている写真」ということが見ている人にわかってしまうためです。

SNOWの写真を使うのであれば、トップに置かないで、サブで使用しましょう。

5.集合写真の中の一人


集合写真を使うのもあまりおすすめできません。単純にわかりづらいためです。女性はよく3,4人で写った写真を載せることが多いですが、ユーザーがみたいのはあなたの写真です。集合写真もSNOWと同じく、サブで使うなどしてアクセントを出すといいでしょう。

ティンダーを100%活用するためのポイント4つ


さて、上ではマッチングができない原因を紹介しました。写真を改善できたら、Tinderを100%活用するための方法を紹介したいと思います!

スマートフォト機能は設定しないほうがいい


Tinderには「スマートフォト」という自動でプロフィール写真を設定してくれる機能があります。一見、便利な機能ですが、実は、使わないほうがいいケースもあります。

なぜなら、プロフィール写真のコントロールができなくなってしまうからです。もし、上の説明通り、ちゃんと自分でプロフィールをつくることができたならば、相手にみてもらう写真も自分で管理したほうがマッチングしたあとのやり取りもスムーズにいくでしょう。

スマートフォト選択すると、ライクに応じて写真が相手に表示されてしまうため、「自分をみせる」ことがうまくできません。

男性の場合ライクは選り好みせず全員に


男性でTinderを使う場合、ライクは自分の好みの人に送ってしまいがちですね。しかし、好みの人だけに送っているとチャンスを逃すことにつながります。

Tinderではある女性を狙ってアプローチするよりも、ライクをして返事がきた女性にアプローチするほうが、仲良くなれる可能性が高いです。

スーパーライクは必ず使い切る


スーパーライクは相手に通知できる特別なライクのため、もったいぶって使うのをためらってしまいますよね。しかし、それはマッチング率を下げてしますことになります。

無料ユーザーであっても、次の日にはスーパーライクは使えるようになるので、必ず、使い切りましょう。スーパーライクとライクを1日のうちに使いきり、それを毎日続けるのがマッチング率アップの秘訣です。

ブースト機能は休日夜に使う


自分のプロフィールを優先的に表示することができる便利な機能が「ブースト」です。これを上手に使えればマッチング率も上がります。

ブーストを有効に使うのはとてもシンプルな方法です。それはなるべく「Tinderを見ている人が多い時間をねらって使う」ことです。

具体的には、休日の21時~23時の時間帯を狙います。もう少し遅い24時~2時ぐらいの時間でも問題はないでしょう。週末の夜は基本的にチャンスになりますが、日曜日の夜は家にいて、スマホを見ている人も多いので、狙っていきたいですね。

とにかく、スーパーライクやブーストをうまく使うのはただ「積極的につかえばいい」ということだけです。使うのを控えてもメリットは何もないので、迷わずつかいましょう!

必見!マッチしなくてもメッセージが送れるアプリ


Tinderはスワイプしてライクできるなど、お手軽さが大きな魅力のマッチングアプリだといえます。しかし、デメリットもあります。

人によっては、Tinderが向いていない場合もあるので、もし、そう感じたら割り切って他のサイトを利用したほうがいいでしょう。

ティンダーは写真勝負すぎて厳しい


冒頭でも説明しましたが、Tinderは他のマッチングアプリや出会い系サイトに比べ、写真で判断されてしまうことが多いです。これは確かに「お手軽さ」ではメリットになりますが、容姿に自信がない人にはデメリットになるのです。

なので、容姿に自信がない人やTinderでマッチングできない人、または最初からメッセージでじっくりやり取りしたい人は他のサイトを利用するのをおすすめします。

ハッピーメール

ハッピーメール
出会い系サイトであれば、Tinderのようにマッチングできなくても、メッセージのやり取りが可能です。もちろん、スマホ用のアプリもあります。

出会い系サイトを選ぶ基準は会員数が多く、年齢確認があり、かつ運営歴が長い「老舗」のサイトです。会員数が多ければ、それだけたくさんの女性と会えるチャンスになります。また、運営歴が長い大手のサイトだと安心感もありますね。

出会い系サイトの代表格といえば、「ハッピーメール」です。上の優良な出会い系サイトの条件を全て満たしており、会員数は日本最大級となっています。 無料会員登録で1300円分のポイントがもらえるため、試しにメッセージをしてみるといいでしょう。

ハッピーメール
(18歳未満は登録禁止です)

こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

PCMAX

PCMAX
ハッピーメールと並び、有名なのがPCMAXです。運営歴が長く、会員数も多いPCMAXですが、検索方法や掲示板が大きな特徴になっています。

自分の目的に合わせて相手を見つけることができるので、ぜひ上手に活用してみてくださいね。今なら無料会員登録で、1000円分のポイントがもらえます。


(18歳未満は登録禁止です)

マッチング後のメッセージのコツ


プロフィール写真をアップし、積極的にライクして無事にマッチングできたら、いよいよ採取段階です!最後はマッチングできた相手と楽しく話せるコツを紹介したいと思います。

長文は送らない、かしこまらない


繰り返しにはなりますが、Tinderは「気軽に楽しめる」というところが最大の魅力です。気軽にやりとりを楽しんでいるユーザーが多いです。

なので、メッセージをやり取りする際も、長文を送ったり、かしこまった文を送ったりするのはやめましょう。イメージはLINEでするような会話でいいと思います。

馴れ馴れしくしすぎない


「気軽に楽しむ」のが基本ですが、馴れ馴れしくするのとは違うので注意しましょう。これは特に男性が気をつけることですね。あまりに軽いテンションだと、「体目的」と思われたり、「ふざけてる」と思われたりしてしまいます。

最初のうちは距離感を一定に保って、楽しむことをこころがけましょう。

相手のキャラに極力合わせる


相手のキャラに合わせることが仲良くなる秘訣です。これは全員にする必要はないですが、気になる人とマッチングできたら趣味などを聞いて同調することで距離をグッと縮めることができるでしょう。

また、少し難しいですが、会話のテンションやテンポ、ノリを合わせることができると、もう友達になったのと同然です。あまり、無理をする必要はないですが、頭に入れておけば、いざという時に使えるので、参考にしてみてくださいね。

目指せ200%改善。ちょっとした工夫でTinderは楽しめる


Tinderをすでに使っている方でうまくマッチングができない方はプロフィールと写真を見直すことから始めてみてください。これから始めようとする人は、ぜひ、最初のプロフィールの入力には力をいれてみましょう。

プロフィールができたら、ライクやスーパーライクを使いましょう。ここでのコツは「積極的にライクをする」ことです。ブーストは休日の夜の時間に使うことにより、より多くの人に見てもらうことができます。

それでも、うまくマッチングできない場合は、割り切って別の出会い系サイトを使ってみましょう。マッチングアプリや出会い系サイトは向き・不向きがあるので、落ち込む必要はありません。

出会い系サイトは上でも紹介した大手の安心できる「ハッピーメール」か「PCMAX」を使いたいですね。

以上のことを参考にして、ぜひ、素敵な相手とマッチングしてみてください!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)