バツイチで出会いを探したい!おすすめな場所や出会うコツとは

バツイチの男女が出会いを見つける時に必要なノウハウをお伝えします。「バツイチに出会いはあるの?」「バツイチを理解してくれる人はいるの?」と考えている人こそ、再婚するためのステップをしっかりと進みましょう!

バツイチだけど出会いを探したい

キャッチ画像43571

離婚してバツイチになった男女にとって、新しい出会いを探したり恋愛を始めたりするのはとてもハードルが高いことに感じるかもしれません。でもバツイチだからといって、恋をしてはいけないなんてルールはどこにもありませんよね。

そこで今回はバツイチ再婚を目指す男女のために、バツイチの人におすすめな出会いの場や婚活事情について紹介していきます。バツイチだけどそろそろ新しい恋に踏み出したいと考えているなら、記事を参考にしてみてくださいね。

バツイチの人におすすめな出会いの場

バツイチが優遇されるマッチングアプリ

バツイチ婚活の場として出会いを探すのにぴったりなのが、バツイチの男女が優遇されるシステムのマッチングアプリや婚活アプリ。バツイチはシングルよりも有利な条件でアプリを利用でき、お得に恋活や婚活を始めることができます。
キャッチ画像43572
再婚者やシンママ・シンパパの優遇プログラムが充実している「マリッシュ」はバツイチ男女の会員数が多いマッチングアプリのひとつ。シングルやバツイチの男女にはポイント増量などの優遇措置があり、出会いを探しやすくなっているんです。
会員は200万人(2020年現在)を突破しているので、人気も高いですよね!

女性は完全無料で利用できるため、手軽に始められるのも魅力。男性は月額有料制度とポイント課金制度のどちらかを選べるのも嬉しいですよね。自分の生活状況に合わせて使うことができます。

登録してから平均3ヶ月半で恋人ができている実績があり、30代〜40代の再婚活を目指している男女が多いため、マリッシュなら恋活はもちろん再婚に向けて前に進むことができますよ!
キャッチ画像43573
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
マリッシュの口コミ評判と実際に使った体験談、料金、使い方、機能を徹底解説【婚活アプリ】

婚活パーティーや街コン

バツイチの男女が出会いを探すなら、婚活パーティーや街コンなどのイベントに参加するのもおすすめ。一度に大勢の人に出会える分、それだけチャンスの多い出会いの場ともいえるので、バツイチを気にしない異性に出会いやすいのがポイントです。

また中にはバツイチの男女だけを集めた婚活パーティーや街コンが開催される場合もあるので、バツイチ同士の出会いイベントをチェックするのも恋人探しの方法としては○。
SNSなどでバツイチ男女コミュニティなどに参加すると、イベント情報を得られやすくなるので試してみてくださいね!

結婚相談所

キャッチ画像43574

バツイチの男女がスムーズに出会いを探すには、結婚相談所に登録する方法もあります。結婚相談所は受付時に自分のプロフィールや相手に対する希望を細かく開示するので、バツイチでも気にしない異性と出会いやすい場だからです。

自分はバツイチだけど相手は未婚がいいのか、またはバツイチ同士がいいのか、相手に対する希望をきちんと聞いたうえで異性を紹介してもらえるので、出会った相手にバツイチだと説明するステップが省けるのも結婚相談所の魅力ですね。

友達の紹介

バツイチだけど本気で恋活をしたいと考えているなら、友達に紹介をお願いするのもアリです。自分をよくわかっている友達に紹介してもらえれば、好みのタイプの異性とも出会いやすい方法ですよね。

また友達からのサポートもしてもらえるので、恋愛関係に発展しやすいというメリットもあります。グループデートや友達カップルと4人で食事など、二人きりで会う前にみんなで遊んで距離を縮める方法も使いやすいです。

子供の習い事を通しての出会い

キャッチ画像43575

バツイチで子どもがいる場合は、子どもの習い事を通してシングル同士での出会いがあることも!もちろん子どもの習い事に対する付き添いがメインの目的なので、いくら気になる異性の保護者がいるからと、声を掛けるのはNGですよ。

まずは待ち時間に保護者同士のグループで情報交換から始めて、気になる相手と徐々に距離を縮めていきましょう。母親や父親が一人で付き添いに来ているからといって、相手がシングルかどうかはわからないからです。
相手が既婚者なのかどうかは直接聞くと失礼になるので、さりげない会話の中でチェックしておきましょう。

合コンや飲み屋で

今すぐに始められるバツイチ男女の婚活方法としては、合コンに参加したり、飲み屋で異性を誘ったり…という出会いの方法もあげられます。ただし合コンの場合は幹事にあらかじめバツイチであることを伝えておくのがベター。

飲み屋で異性と良い雰囲気になった場合でも、バツイチであることは最初に明かしておきましょう。バツイチであるという事実は後になればなるほど言いづらくなることが多いので、最初に気にしてないそぶりで伝えてしまうのがおすすめです。

バツイチが出会いを求める前にするべきこと

再婚できるかどうか「チャンステスト」を受けておく

キャッチ画像43576
「そもそもバツイチ子持ちのアラサーに、本当に出会いなんてあるの?」と不安を持っている人にぜひ試して欲しいのが、人気の無料診断。

大手結婚相談所である「オーネット」には、あなたの希望条件にマッチする会員が実際にどのくらいいるのか、正確な人数を教えてくれる「結婚チャンステスト」というサービスがあるので、受けてみることをオススメします。

方法は、あなたのプロフィールと、希望する相手の詳細をチェック方式で回答するだけ。会員登録は不要ですし、もちろん無料。インターネットで気軽に受けられるテストですので、気負うこともありませんよ。

プロフィールには婚姻歴も含みます。また、相手に求める条件にも、「希望する婚姻歴」というチェック欄があり、「不問・再婚可」「初婚」の二択となっています。ですので、婚姻歴のあるあなたとマッチする相手は、必然的に「不問・再婚可」としている相手のみ。

マッチする人が多いようなら入会を考えてみてもよいかもしれませんし、いずれにせよどのくらいの人とマッチするのかを知ることができれば、婚活をすすめていく上で指標となるかもしれませんし、勇気となるかもしれません

キャッチ画像43577
▼こちらの記事もチェック
オーネットは結婚できる?10の赤裸々口コミからわかったメリットと利用の流れ

どんな相手が良いかを考える

キャッチ画像43578

バツイチの男女が出会いを求める際、実際に行動する前にどんな相手がいいのかを具体的に考えておく必要があります。例えば再婚を希望しているのか、何よりも子どもを優先したい気持ちをわかってくれるか…などですね。

バツイチ相手だとなかなか出会いがないからと、自分の優先したい条件を妥協してしまう人もいますが、これは絶対にNG。「バツイチだから…」と卑屈になって下手に出るのではなく、同等の立場で理想を言い合える相手を探すように意識しましょう。

家事や子育てはサボらない

バツイチの男女が恋活や婚活に夢中になると、家事や子育てがおろそかになるというケースも少なくありません。忙しい時間の中で婚活をするのは難しいかもしれませんが、忙しい合間で何とか時間を作って、子どもや家事など犠牲を払わない恋活や婚活を心がけましょう。

といっても、育児や家事と恋活・婚活の両立なんて無理だって…と思う人も多いはず。出会いを探すには、それなりに時間がかかるし必要になってきますからね。ただ、時間はうまく使えば効率的に出会いを探すことが可能ですよ。時間の短縮法としては「youbride」というマッチングサイトを利用してみるのがおすすめ。
キャッチ画像43579
youbrideの累計利用者数はなんと190万人(2020年現在)!また約6割が3ヶ月婚をしたことで実績も確かとされています。それだけ真剣に出会いを考えている人の登録が多いのが特徴です。

結婚適齢期の30代〜40代以上の参加率が高く、結婚を意識している人には特におすすめのアプリと評判があるんですよ。他の婚活サイトやアプリと比較しても、真剣に婚活を考えている男女しか登録ができないので、安全性、評判、出会いやすさの点で高得点!

毎日忙しくて出会いの場に出向く余裕がなくても、希望条件から探せる「会員検索」やお互いの希望がマッチしている相手を毎月紹介してくれる「今月のベストマッチ」を上手に活用してみて。今なら31日間無料キャンペーン中なので、試しにどんな相手がいるのか見てみるのもアリ。このチャンスを逃すのはもったいないですよ〜!
キャッチ画像435710
(18歳未満は登録禁止です)
▼こちらの記事もチェック
youbride(ユーブライド)を実際に登録して完全調査!口コミ評価・使い方・料金・出会いのコツまで徹底紹介

バツイチが出会いを求めるときのコツ

初めからバツイチとオープンにしておく

バツイチの男女が出会いを求める際、最初からバツイチとオープンにしておくのは大切なポイント。せっかくいい雰囲気になったのに、相手が「バツイチはない」と思っている異性だったら時間の無駄になってしまいますよね。

相手への言いにくさがあるのなら、バツイチにおすすめなマッチングアプリなどの婚活サービスやバツイチが参加できる婚活パーティーへ積極的に参加しましょう。相手もバツイチなことをわかったうえで来ているので、出会いに繋がりやすい傾向があります。

自分を卑下せずポジティブにとらえる

キャッチ画像435711

バツイチであることや年齢を考えて、ついつい自分を卑下してしまうのは男女を問わずにバツイチの人によくあるパターンです。でもバツイチがだからといって、何か罪を犯したわけではありませんよね。

自分をマイナスにばかり捉えず、もっとポジティブに客観的に見つめてみましょう。自分をポジティブに捉えられるようになると、恋活や婚活に対しても前向きに行動できるようになるはずですよ。

過去の失敗は認め次に活かす

離婚してバツイチになってしまったことは、ひとつの失敗ともいえるでしょう。でもその失敗をいつまでも引きずっていては、どれだけ時間が経っても成長できないままになってしまいます。

結婚での失敗は自分の中でしっかりと受け止めて、同じ結果にならないよう次に活かすという意識が大切。どうして離婚したのか、どうして夫婦仲が悪くなってしまったのかをきちんと理解して、次の新しい出会いに繋げていきましょう。

同じバツイチの人を見つける

キャッチ画像435712

バツイチの男女が出会いを求める場合、やっぱりバツイチ同士の方が分かり合える部分は多いです。バツイチ同士の男女が出会うと、共通点が多く共感できるため親近感が湧いて恋愛関係にも発展しやすい傾向があるからです。

もちろんバツイチかどうかなんて気にしない!という人も多いですが、なかなか出会いから恋愛に発展しないと感じているときは、一度バツイチの相手に絞って出会いを探してみるのもひとつの方法です。

バツイチが出会いを求めるときの注意点

子供を第一に考える

バツイチの男女が出会いを求めるときに注意するべきなのが、子どもがいる場合は子どもを第一に考える点です。バツイチ子持ちだと未婚の男女にはハードルが高くなってしまうかも…と考えるかもしれませんが、それでも子供はあなたにとって宝物のはず。

子供を蔑ろにしてしまうような相手との出会いなら、いっそなかった方が良いともいえるでしょう。子連れだからと出会いに消極的になるのではなく、子供が好きな人を探そうなどポジティブな考え方で出会いを求めていきましょう。

見た目にも気を遣う

キャッチ画像435713

毎日忙しく過ごしていると、見た目に気を遣う余裕がなくなってしまう人も少なくありません。バツイチであろうがなかろうが、恋活や婚活に少しでも興味を持っているなら、やっぱり最低限の身だしなみやおしゃれの意識は大切です。

「いい出会いがあれば」と言っているだけでは、バツイチの男女に訪れる恋愛の機会は乏しいもの。常に異性の目を意識して外見に気を遣うことで、恋愛に発展するチャンスを何倍にも増やせます。

自分の好きな人であることも大事

バツイチの男女が恋活や婚活をする時、再婚相手として見てしまうことで、自分が好きになれる人かどうかよりも、「バツイチでも気にしない人か」「子供を大切にしてくれるかどうか」などに焦点を当ててしまいやすく、恋愛に迷走してしまう場合があります。

でもそんな考え方では、当たり前ですが恋愛関係は長続きしません。特にシングルマザーやシングルファザーの場合は子供を優先して考えるのはとても大切ですが、一番重要なの自分が相手とずっと一緒にいたいと思えるかどうかです。

相手を好きな気持ちがあって、その先に子供や再婚問題があります。その点だけは忘れないようにしないと、恋愛が楽しいとは思えなくなってしまうでしょう。

離婚理由を聞かれたときはどう答える?

嘘をつかない

キャッチ画像435714

バツイチが出会いを求めて恋活や婚活をしていると、離婚理由を聞かれるというのはよくある場面です。でもそのとき、嘘をついて自分を取り繕ってばかりいると、いざバレたときに相手からの信用はがた落ちになってしまいます。

離婚の理由に関してはどうしても主観が入るものですから、多少話を盛ることは構いません。ただし、根も葉もないつくり話で自分を悲劇のヒロインのように扱ってしまっていないか注意してくださいね。

すべて話す必要はないが相手のせいにしない

離婚の理由を聞かれたとき、もちろん都合の悪いことも含めてすべてを相手に話す必要はありません。離婚には双方の色々な事情があるはずなので、関係のない他人にさらせないこともあるはず。

ただし離婚の理由を聞かれたときに、ここぞとばかりに相手のせいにして悪口ばかり言うのは人として良い印象を与えられません。例えば浮気をされて離婚に至った場合でも「浮気されちゃって…」程度の発言に留めるように意識しましょう。間違ってもグチ大会に発展しないように!

仲良くなってから教える

キャッチ画像435715

離婚の理由というのは、かなりプライベートな事項を含む内容である場合も多いです。なので、飲み会やバーなどの出会いの場で会った初対面の相手に、何もかもを教える必要はありませんよね。

自分をまだ理解してくれていない相手の場合、離婚理由を話すことでマイナスイメージを与えてしまう場合もあります。まだ話したくないと思うのであれば「仲良くなったら教えるね」と話を濁すのもベストな対応。

ただしシャットアウトしているように聞こえてしまっては、相手も「距離を深める気がないんだ」と一歩引いてしまう結果に。伝える際は「言って嫌われたくないから…」など、謙虚な言葉を選ぶことも大切です。

バツイチの上手なアピールポイント

家事ができるなどの生活力

バツイチの男女が出会いを求める際、アピールポイントとして使えるのが生活力です。バツイチの女性の場合は「料理好き」や「掃除が得意」などと言うだけで、経験豊富なことが魅力的に感じられるアピールポイントになります。
「結婚していたときはお弁当を毎日作っていた」など具体的な家事アピールができれば、相手とは結婚生活をイメージして、好意的な印象をもつことが多いです。

またバツイチ男性の場合は「離婚して一人で過ごす時間が長かったから、料理とか洗濯とかある程度のことをやります」というのが立派なアプローチのカードになります。もし新しい出会いがあって再婚したとしても、料理や洗濯はやるという意思をさりげなく見せるのがポイントです。

聞き上手

キャッチ画像435716

バツイチの男女というのは、それだけで未婚の男女からすると経験豊富なイメージがあります。なので、自分の話を親身になって聞いてくれるだけでも、信頼感が生まれやすくなるもの。歳の差があって相手が年下であれば、よりその経験豊富な印象は魅力的に映るはずです。

「この人が相手だと、なんでも素直に話せちゃうな」と思わせることができたら、交際発展はもう目の前。バツイチの経験があるからこそ、悩み相談などにも柔軟に対応できる一面を見せられれば、関係の発展は早いですよ。

精神的にも経済的にも自立していること

バツイチで何もかも親に頼っているというよりも、自分の力で仕事をしながら子育てや家事を頑張っている…という人の方が男女を問わずに支えてあげたいという気持ちになるものですよね。また精神的にも経済的にも自立していることは、再婚を考えるうえでも良いアピールポイントになります。

離婚したことをいつまでも引きずっているようでは、なかなか「この人と付き合ってみよう」という気持ちにはなれないもの。離婚してバツイチになったことを清々しく受け止めて、前向きに新しい人生を送っているような人であれば、バツイチを経験のひとつとして魅力に感じる男女も多いですよ〜。

バツイチだって素敵な出会いは見つかる!

キャッチ画像435717

バツイチやシングルだからといって、新しい出会いが期待できないなんてことは絶対にありません。離婚して経験豊富だからこそ、新しい恋愛や結婚生活では同じ失敗を繰り返さない可能性が高いのはバツイチのメリットでもあります。

ただでさえ、待っているだけでは訪れないのが幸せ。自分がバツイチやシングルだからと卑屈になるのではなく、この記事で紹介した「マリッシュ」や「結婚チャンステスト」、「youbride」を活用して、自分から出会いを探しに行きましょう!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)