医師との結婚は波乱万丈?婚活で男性ドクターを射止める6つの法則

「男性医師とどうしても結婚したい!」そんな人に向けた出会いの方法~結婚するためのポイントを紹介します。医師と結婚して玉の輿に乗るには、どんな方法が最適なのでしょうか。

【本音】どうしても男性医師と結婚したいんです


男性医師と結婚したい、という女性は必見!ズバリ「男性医師と結婚する方法」を指南します。

頭がよくて、経済的に安定していて、そしてイザというときにはとても頼りになる男性医師は、夫として理想的。でも、周りに適齢期の男性医師なんていないし……、というなら、出会える場所に行けばいいのです!

筆者の友人女性は「結婚するなら絶対にお医者さんがいい!」という信念を貫き、積極的に男性医師との出会いを求め続け、そしてみごとゴールインしました

今回は「どうしても男性医師と結婚したいの!」という女性のために、男性医師との出会いの場を厳選してピックアップしました。さっそくチェックしていきましょう!

意外にチャンス?婚期を逃している医師は多い

若いころは仕事ばかりで恋愛するヒマがなくて…


婚期を逃している、というより、医学部を卒業して研修医となり、その後一人前の医師となって仕事に没頭していると、医師はあっという間に「30歳」を迎えます。

20代では結婚をゆっくり考えるヒマがない、というのが実情。特に研修医時代は、年収も低いうえに激務。研修医の過労死が問題になったこともあるくらい、一人前の医師になるまでひたすら猛勉強の日々が続きます。

20代の男性医師はよっぽどタフでない限り、結婚どころか「彼女を作るのもままならない」というのが現実です。

30歳を過ぎてから出会いを探している医師はたくさんいる


30歳を過ぎて、医師としての仕事が軌道に乗り仕事に対してプライドや自信が持てるようになると、やっと女性とのお付き合いや、その延長線上に結婚を考える余裕が出てくる男性医師は多くなります。

同年代の異業種の友人知人はすでに家庭を築きはじめていて、同窓会などに出席するとひそかに焦りを感じていることも多く、実は出会いを探してる30代男性医師はとても多いのです。

人生を共に歩むパートナーを探している男性医師との結婚は、出会いの場にきっちりと足を運べば、また出会いのポイントをしっかりとおさえれば決して夢ではありません

医師と出会って結婚する方法6選

①医師専門の結婚相談所を利用する


男性医師と確実に出会える方法として、医師専門の結婚相談所を利用する、という方法があります。

【フェリーチェ】
フェリーチェの男性会員は100%医師&歯科医師です。入会金やイベント参加では女性側に金銭的負担が大きいというデメリットはありますが、それでも「婚活中の男性医師と確実に出会える」という点で人気は非常に高いです。
親のすすめや援助があって入会する、という女性も実際多いようです。

厳正な入会審査が行われている
小規模から大規模パーティーが定期的に開催され、確実に出会いの場が提供される
専任サポーターがオクテな男女をしっかりカップリングしてくれる

上記の3点を特徴とする、非常に評価の高い結婚相談所です。

【seishin】
seishin(誠心)は、男性会員の約半数が医師や歯科医師であり、ほか登録会員も弁護士や大手企業会社員、企業役員など、エグゼクティブクラスの男性がズラリと顔をそろえる結婚相談所です。

多くの結婚相談所で採用している「機械でのマッチング」を行わず、出会いを求める男女が「自ら」登録会員のプロフィールを入念にチェックして、出会いをリクエストするという手法で、多くのカップルが誕生しています。

会員の質が高い
定期的にパーティーが企画され出会いの場を提供してくれる
定期的なファイル送付によるパートナー紹介を受けられる

どうしても男性医師!というこだわりがなく、広くエグゼクティブクラスの男性との出会いを求めるならseishinも登録しておくのが得策です。

②婚活サイトで医師を探す


【youbride】
youbride(ユーブライド)は、国内最大手のソーシャルネットワークサービス「mixi(ミクシー)」の婚活サイト。

ネット上の出会いは、ネガティブなイメージがあり避けている人も多いですが、youbrideは、mixiが運営する婚活支援サービスという点で、安心感があり、出会いのチャンスを求める男女が数多く登録しています。

自身のプロフィールを入力して会員登録した後、男性医師を希望条件に設定することで、パートナーを探している男性医師を簡単に見つけることができます

その後、仲が深まるかは本人同士の問題となりますが、結婚相談所より気楽にカジュアルに相手を見つけられるうえ、お互いのペースで距離を縮めていくことができる点で、利用しやすく人気の高いサイトになっています。


(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
youbride(ユーブライド)の婚活体験談を3人の女性に聞いてみた!実際に会うまでどれくらい?

③医師が集う婚活パーティーに参加する


「男性側は医師」という参加条件の婚活パーティの企画も数多くあります。ネットでちょっと検索しただけでも、それこそ星の数ほどの婚活パーティーが掲載されています。

女性の参加費は数千円~。高額パーティーでは数万円、とお高めですが、男性医師との繋がりが全くないけれど男性医師と結婚したい、と考えるならまずは出会うための投資と考えましょう。

婚活パーティーでは、基本的に「当日にカップル誕生」まで企画側が持っていってくれるので、すぐに男性医師に出会いたい、という人におすすめです。

④マッチングサイトで医師を探す


マッチングサイトは無料でパートナーを探すことができる手軽で便利なツールです。中でも業界大手の「マッチドットコム」は、多くの人がマッチング~結婚までたどり着いています。

男性医師も数多く登録していますので、出会いを求めるなら利用してみるのも一つの手です。

かなり高い確率で希望の男性と実際に出会うことができます。最初の登録と検索は無料でできますので、まずは気軽にのぞいてみてはいかがでしょうか。


(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

⑤患者さんとして病院に行き仲良くなる


かなりレアケースですが、患者として医師と出会い、恋に落ちて結婚するというケースも無いわけではありません。

「かかりつけ医がタイプ」という場合は、アプローチしてみるのも一つの手です。ただ、基本的に医師は患者を恋愛対象とするのはタブーとされているので、病院内であからさまなアプローチは迷惑行為となってしまいます。

「患者に手を出した」という噂が病院内に流れてしまえば、男性医師の社会的ダメージは計り知れません。医療スタッフや看護師などに知られないような配慮は絶対に必要です。

ただ、秘めたる恋は燃え上がります!医師と患者という関係を越えて恋愛関係になれば、そのままゴールインも夢ではありません。気になる男性医師が側にいれば、積極的にアプローチしてみましょう

⑥恋活アプリで医師を検索して知り合う


男性医師と結婚したい!という気持ちが強いと、つい「婚活」にばかり目を向けてしまいがちですが、恋活からスタートして、相手の性格などをしっかりと見極めた上で結婚したい、という人は「恋活アプリ」がおすすめ!相手に恋しなければ、また、リスペクトできる部分がなければ、晴れて男性医師と結婚しても結婚生活を続けることは難しいかもしれません。

オススメの恋活アプリ「「Pairs(ペアーズ)」」はFacebookと提携している恋活サイトで、Facebookアカウントが必要という部分で安心感があり、「いいね!」ボタンを押すだけで気になる人にアプローチできる手軽さも人気を呼んでいます。

しかも、イケメン&イケジョが多い、という点もポイント。当然、独身男性医師も多数登録がありますので、どんどんアプローチしていきましょう。

登録は、男性は会員登録時に費用負担がありますが、女性は登録から利用まで全て無料。男性医師との婚活では女性側に多くの費用負担が有るケースが多いですが、ペアーズならお金をかけずに男性医師と出会うチャンスがあります。


(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を総まとめ

必見!男性医師が奥さんにしたいのはこんな女性

マナー、礼儀がしっかりしている女性


医師の妻となれば、家庭内だけでなく表舞台でも夫を引き立て支える、という役割があります。

医師同士の社交の場に同行する機会も非常に多いので、社会人としてのマナーや礼儀、品格、言葉使いなど「育ちの良さ」を感じさせる女性が理想です。

さらに、男性医師の多くは「親ウケ」をとても気にします。男性医師のご両親の「お眼鏡に適う女性」でないと、結婚まで至らないということもあります。

パートナーに「男性医師」というステータスを求めるなら、女性自身もそのステータスに見合う「自分磨き」が必須です。

24時間365日ずっと家庭を守ってくれる女性


男性医師は多忙を極めます。また、「人の命を預かる」という非常に特殊な仕事であることから、日々がストレスフル。

家庭を築いても、家庭をかえりみる時間が取れないこともあり、夫婦の気持ちがすれ違ってしまうことも……。とくに妻は深い孤独感を感じることもあります。そんな時でもしっかりと家庭を守ってくれる強い女性が理想的です。

昨今は「イクメン」がブームでもあり、積極的に家事育児をこなす男性が多くなってきていますが、医師である夫には「イクメン」になることを過剰に期待すると、夫婦関係がうまくいかないことが多いのも事実。

男性医師の妻の多くは家事育児を一手に引き受け、夫が仕事に集中できる環境を整えています

どんなことがあっても男性を尊重できる女性


男性医師の忙しさによる夫婦間のすれ違いがあっても、夫を信じ、支え、リスペクトする気持ちを持ち続けることができなければ、結婚生活は破綻します。

勤務医であっても、サラリーマンとは大きく異なります。
当直:朝勤務に出かけ、そのまま夜当直医として勤務し、翌朝帰宅
待機:当番であれば24時間いつ呼び出されるか分からない。呼び出されれば駆けつけなければならない
学会:たまの休日も泊りがけ出張になることも多い

開業医なら稼ぎは多くてもさらに多忙を極めます。
医師としての腕だけでなく、経営者としての手腕も問われる
資金繰りや医療スタッフへの給与支払いのことで、常にストレスを抱えている
学会などに出席し、常に最新医療を勉強し続けなければならない

夫が勤務医でも開業医でも、妻は夫を支えながら、家庭も守らなくてはなりません。夫が苦しいときこそ、夫を理解し、尊重し、支えるという姿勢がないと医師の妻は務まりません

多少の火遊びがあっても許せるくらいの女性


医師という非常にストレスフルな仕事では、当然ストレスの発散が必要となります。浮気などは容認されることではありませんが、夫も1人の弱い人間です。

ストレスのはけ口として、時には浮気に走ることもあるでしょう。ラブラブで結婚しても年数が経てば夫の浮気問題は、必ずと言っていいほど浮上します。

社会的地位があり稼ぎがある男性は世の女性が放っておきません。ハッキリ言ってモテます。

「男性医師」という、モテる条件のそろった男性と結婚するわけですから、浮気などが発覚しても毅然とした態度で、家庭を守りながら夫を支え続ける覚悟が必要です。

男性医師と結婚できるチャンスは誰にでもある


男性医師と結婚するなんて、夢のまた夢、と諦める必要はありません。結婚を望んでいる男性医師は多く存在します。出会いがないなら積極的に求めればいいのです。

今回の記事で紹介したサービス「フェリーチェ」「seishin」といった専門性の高い結婚相談所、真剣に結婚したい人が集まる「youbride(ユーブライド)」、マッチングサイトの「マッチドットコム」「Pairs(ペアーズ)」などを活用して、積極的に出会いを探してみてください。

誰にでも、男性医師と出会い、結婚するチャンスはあります。自分磨きを続けながら、婚活に励み、ぜひ人生を共に歩むステキな男性医師をみつけてくださいね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)