結婚への焦りを感じる7つの瞬間と打開策!

結婚への焦りはどんなタイミングで感じるのでしょうか。また、その焦りを感じ始めた時にいち早く結果を出すにはどんな事が必要なのでしょうか。

早く結婚したい…焦り始めるのはどんな時?

キャッチ画像60831

「独身で彼氏もいないのって…私だけじゃん…」

20代後半になると独身の友達が減りはじめ、結婚に焦りを感じ始める女性は多いもの。相次ぐ結婚ラッシュに取り残された気持ちになったり、友達の幸せを心から祝福できない自分がいたり…。

30歳が近づくにつれ、結婚を強く意識しはじめる機会はイヤでも多くなります。

実際に30代を迎えてしまうと、結婚への道のりはより一層険しくなるのも事実…。20代と30代では明らかに男性からの印象や扱いは変わってきますよね…。

そこで今回は、20代後半女性が結婚を焦り始める理由や特徴、早く結婚したいときにやるべき事を紹介します。

結婚に対するモヤモヤや焦りを感じはじめている女性は、ぜひチェックしてみてください!

女性が結婚への焦りを感じるのはズバリ「27歳」

24歳あたりで最初の焦りが出始める

学生時代から付き合っているカップルは、就職し、仕事が落ち着いてきた20代前半頃に結婚し始めます。これが最初の結婚ラッシュ。

初めての友人の結婚報告に焦り、心がざわつき始めます。結婚式に出席すると、「結婚っていいな〜」という気持ちになるため、自分の結婚にも目を向け始めるのです。

リアルな焦りは27歳頃

キャッチ画像60832

30歳へのタイムリミットが近づき出した「27歳」頃から、焦りを感じ始める女性はとても多いです。

漠然と、「30歳までには結婚したい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。

つぎのグラフは、2015年に厚生労働省が調査した平均初婚年齢のデータです。

キャッチ画像60833

平均初婚年齢は年々上がっているものの、2015年時点では女性の平均初婚年齢は29.4歳。30歳を迎えるまでに結婚をする女性がやはり多いんですね。

ほかのデータを見ても、20代のうちは未婚女性が半数以上いたのに対して、30代を迎えると未婚率が3割くらいまでガクっと落ちています。アラサー直前に結婚ラッシュがおこるのも納得です…。

パートナーと知り合ってすぐに結婚!とはいきませんから、平均初婚年齢29歳を考えると、逆算して27歳あたりから「動き出さなきゃ」と焦りを感じはじめる女性が多いのは自然なんですね。

なんとなく焦っている女性も多いかもしれませんが、27歳は婚活をはじめるタイミングとして、とても重要な時期ということに。

「結婚なんて、まだ大丈夫!」と焦りを無視していると、あとで後悔してしまうかもしれません…。

30歳以降は焦りがより重くなる

30代になるとほとんどの人が結婚を意識するでしょう。ただ30歳以降で結婚すると独身時代を存分に楽しめる時間が持てます。「遊び切った!」という感覚があるので子育て中の不自由も我慢できます。

30代後半、40代での結婚は全体のおよそ1割程度。女性の社会進出が進む現代社会では35歳以上での結婚もそんなに珍しいことではないようです。焦りは募るばかりかもしれませんが、お互いある程度社会的地位や経済力を持ってから結婚できるのでお金に余裕のある結婚生活を送ることができますよ。

女性が結婚への焦りを感じる瞬間7つ

キャッチ画像60834

結婚への焦りを感じるのは、やはり「自分もいつかは結婚したい」からですよね。

とくに20代後半は、結婚への焦りが強くなりはじめる時期です。

女性が結婚への焦りを感じる瞬間7選をチェックしていきましょう。

仲の良い友人が結婚したとき

周りの友達が結婚するのをきっかけに、結婚への焦りを感じる女性は圧倒的に多いです。

20代後半になると、友達の結婚式に呼ばれる機会が増えるもの。

絶対に結婚しなさそうと思っていた友達に先を越されてしまい、取り残された気持ちになるということも…。

気づけば結婚ラッシュで、気軽に遊べる友達が日に日に減っていることに気づくかもしれません。そしてそれが焦りにつながります。

キャッチ画像6083520代女性
おめでとう!と言いながら心の中で焦りました
高校時代、5人グループで仲良が良く、卒業して社会人になった今でも5人で集まったり旅行をしたりする仲でした。その中の友人が1人結婚し、その半年後にもう1人から結婚の報告を受けた際、すごく焦りを感じました。また、その時私は当時付き合っていた彼と別れるかどうか迷っていた時期でもあったため、余計に不安と焦りが募りました。結婚した子たちは、長いこと付き合って着実に結婚へ進んでいったのに、どうして私はうまくいかないのだろう…と、おめでとう!と言いながら心の中で焦りました。結果、別れるか悩んでいた彼とはきちんとお別れし、違う方と出会って上手く進んでから焦りは減っていきましたが、自分がうまくいっていない時の報告は、焦りだけが勝り素直に喜べないものだと分かりました。

素直に友人の結婚を祝福できないことに自己嫌悪を感じたり、友達に子どもができて母親になった瞬間に「独身」が身に染みるようになる女性は少なくないようです。

誕生日を迎えたとき

キャッチ画像60836

20代後半になると、1歳の重みが増していきますよね。さらに1年はあっという間。

特にアラサー直前になると、もはや結婚をする・しないの選択に迫られるようなプレッシャーを感じる女性は多いようです。

厚生労働省の調査によると、生涯未婚率の女性はじわじわと増えてきています。2010年時点では、10人に1人の割合で生涯未婚を貫く女性がいるという結果に…。

結婚をすることが幸せの全てではないものの、焦りを感じる女性にとっては誕生日が結婚へのタイムリミットを刻んでいるように感じられても仕方がありません…。

この先、自分の誕生日を祝ってくれる人が隣にいてくれるのか…と焦りを感じ出す女性は多いわけですね。

周囲から結婚のプレッシャーを感じたとき

結婚は大きなライフイベントだからこそ、周囲から急かされるケースもあります。

適齢期をむかえると、徐々に周囲の声も強くなってくるもの…。周囲から急かされると、嫌でも結婚を焦るしかないですよね。

とくに両親からのプレッシャーが強くなるのが、27歳頃。

親から本気で心配されはじめると、「いつかは…」という気持ちから徐々に「そろそろまずい…」と追い込まれ、焦りを感じる女性は多いのです。

親に孫を見せてあげたい、早く安心させてあげたいと結婚に焦り出す場合もあります。

キャッチ画像6083720代女性
仲良しグループで「独身彼氏なし」が私だけに…
私を含めた4人グループでよく遊んでいました。安い居酒屋に集まり、安いお酒を飲んで手っ取り早く酔うという週末を日々送っていました。しかし、グループの中の2人が結婚し、残りの1人にも彼氏ができ、いよいよ私一人になってしまったとき、これはまずいと思いました。普段めったに結婚の話をしない親に「○○さんはどう?」と幼馴染を薦められたときはさすがに焦りました。

彼氏と別れたとき

キャッチ画像60838

彼氏との別れをきっかけに、結婚への焦りを強める女性もいます。

別れた恋人との交際期間が長いほど、次の出会いが億劫になってしまったり、新しい関係を築くのにハードルを感じる女性は少なくありません。

とはいえ、結婚に対して煮え切らない態度をとっていた彼であれば今のうちに別れて正解ということも。

女性にくらべて、男性は結婚への焦りを感じづらいものです。男性の「いつかは結婚」に合わせてしまうと、女性は出産のタイミングなども含めて結婚適齢期を逃してしまう可能性があります

「あの時別れて良かった…」と思える日が来るように、気持ちを早めに切り替えるのが大切ですね。

自分より若い知人が結婚しているの知ったとき

自分より若い人が結婚をしていると、ドキっとしてしまう女性は多いのではないでしょうか?

晩婚化が進むとはいえ、若いうちに結婚をするカップルがいないわけではありません。

社会で生きていると、自分より若く幸せな結婚生活を築いている同性の知り合いがひとりぐらいいることも。

「自分は自分!他人は他人」と頭では分かっていても、自分にないものを持っている人に焦りを感じてしまう心理はよく分かります。

とはいえ若く結婚した人を羨む時間を極力減らして、自分の幸せについて向き合う時間を持つようにできるとよいでしょう。

現実的に出産の年齢を考えたとき

キャッチ画像60839

出産と結婚をセットに考える女性は意外と多いものです。現実的に、女性には出産のリミットがあります。

医療技術が進歩して、高齢出産は増えてきてはいるものの、年齢を重ねるほど出産のリスクは高くなるもの…。出産を考えるのであれば、20代のうちに結婚をしたいと思うのが自然ですよね。

また、子どもを育てることを考えると、やはり結婚は早いに越したことはありません。

はじめから「子どもは欲しくない」と考えているなら、そこまで焦りを感じる必要はありませんが、「いつかは子どもが欲しい」女性にとっては、やはり27歳頃が焦りのピークになるでしょう。

ゼクシィの広告やCMを見たとき

日常生活のなかで、広告を目にする瞬間は多いと思います。TVやスマホ、雑誌など、娯楽アイテムのなかには必ず広告が紛れているもの…。

特に20代後半女性をターゲットにした番組や雑誌には、結婚に関する広告が少なくありません。

リラックスしている時間に、突然結婚の広告を目撃したらドキリとして焦りを感じてしまいますよね…。

実際に結婚を想像できるパートナーがいればともかく、恋人がいない場合はゼクシィなどの広告がかえって焦りを生んでしまうようです。

結婚のタイムリミットはあるの?

焦らなくても結婚にタイムリミットはない

キャッチ画像608310

「いつまでに結婚しなくてはいけない!」というタイムリミットはありません。結婚は一人でできるものではないので、一人で急いでいればできるというものでもないのです。

自分のやりたいことをしたり、自分を高めたりしているうちにその時の自分に見合った人と出会えると思っていればストレスなく過ごすことができますよ。

でも、子供を望むなら婚活を始めるのがいい

結婚にタイムリミットはないというお話をしましたが、子供を望む場合やなんらかの関係でタイムリミットがある場合があります。日本では35歳から高齢出産とされ、お産のリスクだけでなく、流産率も上がってしまうそうです。

不妊治療になると費用もかさみ、夫の協力も必要になるため不仲になってしまうことも。子どもが欲しい人はなるべく早めに婚活を始めるのがおすすめです。

まずは婚活アプリへの登録から始める

キャッチ画像608311
結婚にタイムリミットを感じ始めたら、婚活アプリを使い始めるのも焦りを抑える方法のひとつ。何かしら結婚に対して自分が行動していることを実感できると、自分はやるべきことをしている充実感から焦りを減らせます。

スマホを使って簡単に始められるマッチングアプリはまさに婚活には最適!中でも結婚を意識している男女が集まっていると有名な「マッチドットコム」なら、相手が見つかる可能性も高いです。マッチドットコムは、世界25ヶ国でサービスを展開している人気なマッチングアプリ。国内でも187万人(2020年現在)の登録ユーザーがいます。

マッチングアプリには珍しく、男女ともに月額有料制度をとっていることから、真剣に相手を探している女性が登録しているため、自然と男性も結婚を考えている人が多く集まっています。そのため、年代も20代後半〜40代と結婚適齢期といわれている男女が多く利用しています。

登録自体は無料で相手検索まですることができるので、まずは登録だけしてみてどんな相手がいるのか試しにチェックしてみては?
キャッチ画像608312
(18歳未満は登録禁止です)
▼関連記事▼
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

▼こちらの記事もチェック
真剣に出会いたい女性がMatch(マッチドットコム)を使うべき理由3つ|利用者のリアル口コミ評価も紹介

婚活をするときの「焦り」は大敵になるかも

焦りすぎると相手選びも失敗する

キャッチ画像608313

焦りすぎると相手を冷静に見極められなかったり、誰でもいいと投げやりになったりする可能性もあり、失敗して後悔することも。

自分の今後の人生を左右し、一生一緒にいる結婚相手を探すのです。しっかり自分に合った人を選ぶことが必要で、時間をかけて悩み抜いてもいいことです。

相手選びを失敗しないために人気の無料診断にトライ!

キャッチ画像608314
オーネットは大手企業で有名な楽天が運営していた結婚相談所です。その安心感から人気は高く、中でも人気があるサービスのひとつが「結婚チャンステスト」。

結婚チャンステストは、自分のプロフィールと理想の相手の条件を送るだけで、会員の中から自分に合う相手を探してプロフィールを紹介してくれるサービスです。しかも、楽天オーネットに入会しなくても無料で受けることができるのが何より嬉しいポイント!

自分は結婚できないのでは…自分と結婚してくれる相手なんていないんじゃないか…と自信をなくして焦り始めた時は、是非結婚チャンステストを受けてみてください。

あなたにぴったりな相手は必ずいると目に見えてわかることで、自信を取り戻すことができますよ!実際に気になった相手がいたら、オーネットに入会してみてもいいかもしれませんね。
キャッチ画像608315
▼こちらの記事もチェック
楽天オーネットの無料診断「結婚チャンステスト」の特徴と受け方ガイド

結婚への焦りの不安を少しでも減らす方法3つ

出会いの場に積極的に行動する

キャッチ画像608316

人間関係が限定されている状況では、当然出会いの機会もぐっと減ってしまいます。

社会人でも職種によっては様々な人と接する機会が持てるかも知れませんが、恋愛対象となる異性とどんどん出会えるような職場はそうそうないですよね。もちろん職場恋愛、職場結婚をするカップルもたくさんいるので、まずは身近な男性にあらためて目を向けてみるのも良いでしょう!その上で、異性との出会いを広げるべく積極的になることが大切です。

とはいえ、「あくまで自然な形で出会いが欲しい」「恋活に抵抗感がある」という方も多いですよね。もちろん、現状を維持したままでも素敵な出会いが舞い込む可能性は0ではありませんが、確率を上げるためにはとにかくたくさんの異性と出会うことが大切です。

結婚相談所に登録したり、婚活パーティーに参加したりと積極的に動くと出会いの数はぐんと増えますよ。

冷静に結婚についてを考える

結婚するには自分には何が必要なのか、自分にはどういう問題点があるのか、などを冷静に考え改善していくことも不安を減らしていける方法の一つ。冷静に考えたい時は、頭の中だけでなく紙に書き出すのがおすすめ。

「結婚」というワードに憧れてしまいがちですが、独身の方が自由が効いて身軽です。実はそんなに結婚したくないかもしれないし、急いで結婚する必要のない時期かもしれません。冷静に「自分が結婚すること」について考えてみましょう。

一旦婚活をやめてみる

キャッチ画像608317

焦りがあるときは結婚のことばかり考えてしまいがち。それが余計にあなたを結婚から遠ざけてしまっている場合も。一度婚活をストップさせて趣味に没頭したり、一人旅をしてみたりして、気分転換してはいかがでしょう。

忘れた頃に恋人ができるとよく言われていますが、結婚も同じ。他のことを楽しんでいるときのほうが魅力があり、輝いています。また趣味を通じて知り合う可能性もあるので、「婚活を諦めてしまった…」という罪悪感は感じなくてOK。

婚活をはじめるなら合わせてやること

自分磨きを行う

魅力的な異性に一目置かれるためには、女子力を上げて自分自身が魅力的な女性にならなければなりません!

男女ともに言えることですが、恋愛においては「顔立ちが整っていること」以上に清潔で健康的な印象を与えることが大切だったりします!

絶世の美女よりも親しみやすい雰囲気の女性がモテるというのはよくある話。必ずしも顔の良し悪しは大切ではありません。自分に似合うメイクや髪型を研究しつつ、スキンケアやダイエット方法を見直すなど、健康的で美しい外見を手に入れましょう。

また、容姿だけではなく内面を磨くことも重要です。特に20代~30代以降、アラサー・アラフォー世代は男性も結婚を意識して交際相手を見極める傾向が強くなるので、経済感覚を身に着けたり、最低限の家事は一通りできるようになっておくと良いでしょう。

最近は結婚への焦りがない女性も多い

キャッチ画像608318

結婚に対して焦りを持たなくなっている女性も増えていることをご存知ですか?プライベートなどが充実していたり、独身時代を存分に楽しみたいと「まだ結婚はいい」と考えている人が増えているそうです。

結婚すれば仕事だけでなく家事も負担することになり、子どもが生まれれば子育ても。自分だけの自由な時間は限りなくなくなっていくので、焦りを感じず、気長に独身貴族を謳歌するのもいいかもしれませんね。

結婚への焦りを減らして結婚へと近づこう

キャッチ画像608319

今回の記事では、女性が結婚に焦りを感じ始める年齢やタイミング、具体的な行動について紹介しました。

結婚に焦りを感じたら、その瞬間が婚活をはじめるタイミングです。

とくに女性の場合は出産などのタイムリミットがあるので、漠然と「いつかは…」と考えているとタイミングを逃してしまう可能性があります。

「焦る」という言葉は一見ネガティブですが、結婚に対する優先順位を上げるという意味では、とても良いきっかけに!

焦りすぎて自分を見失ってしまわないように気をつけながら、結婚へのアンテナを広く張って理想的なパートナーとの出会いを積極的に探しに行ってみてくださいね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)