結婚への焦りを感じる7つの瞬間と打開策「27歳の私そろそろヤバイ…?」

結婚への焦りを感じ始める年齢と言われている27歳…。どんなタイミングで焦りを感じるのでしょうか。また、その焦りを感じ始めた時にいち早く結果を出すにはどんな事が必要なのでしょうか。

早く結婚したい…焦り始めるのはどんな時?

「独身で彼氏もいないのって…私だけじゃん…」

20代後半になると独身の友達が減りはじめ、結婚に焦りを感じ始める女性は多いもの。相次ぐ結婚ラッシュに取り残された気持ちになったり、友達の幸せを心から祝福できない自分がいたり…。

30歳が近づくにつれ、結婚を強く意識しはじめる機会はイヤでも多くなります。

実際に30代を迎えてしまうと、結婚への道のりはより一層険しくなるのも事実…。20代と30代では明らかに男性からの印象や扱いは変わってきますよね…。

そこで今回は、20代後半女性が結婚を焦り始める理由や特徴、早く結婚したいときにやるべき事を紹介します。

結婚に対するモヤモヤや焦りを感じはじめている女性は、ぜひチェックしてみてください!

女性が結婚への焦りを感じるのはズバリ「27歳」


30歳へのタイムリミットが近づき出した「27歳」頃から、焦りを感じ始める女性はとても多いです。

漠然と、「30歳までには結婚したい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。

つぎのグラフは、2015年に厚生労働省が調査した平均初婚年齢のデータです。

平均初婚年齢は年々上がっているものの、2015年時点では女性の平均初婚年齢は29.4歳。30歳を迎えるまでに結婚をする女性がやはり多いんですね。

ほかのデータを見ても、20代のうちは未婚女性が半数以上いたのに対して、30代を迎えると未婚率が3割くらいまでガクっと落ちています。アラサー直前に結婚ラッシュがおこるのも納得です…。

パートナーと知り合ってすぐに結婚!とはいきませんから、平均初婚年齢29歳を考えると、逆算して27歳あたりから「動き出さなきゃ」と焦るはじめる女性が多いのは自然なんですね。

なんとなく焦っている女性も多いかもしれませんが、27歳は婚活をはじめるタイミングとして、とても重要な時期ということに。

「結婚なんて、まだ大丈夫!」と焦りを無視していると、あとで後悔してしまうかもしれません…。

30代女性
30代という響きがとても重く感じられた
30歳を迎える誕生日を迎えた時はとても結婚への焦りを感じました。30代前の1、2年の間に周りの友人が次々結婚していたのですが、それでも20代の時はまだまだ結婚はしなくてもいいかなと余裕を正直感じていました。ですが、実際に30歳になると周りからも30歳という目で見られて合コンでも少し肩身が狭く感じました。また30代という響きがとても重く感じたのを覚えてます。

女性が結婚への焦りを感じる瞬間7つ


結婚への焦りを感じるのは、やはり「自分もいつかは結婚したい」からですよね。

とくに20代後半は、結婚への焦りが強くなりはじめる時期です。

女性が結婚への焦りを感じる瞬間を7つチェックしていきましょう。

①仲の良い友達が結婚した時


仲の良い友達の結婚をきっかけに、結婚への焦りを感じる女性は圧倒的に多いです。

20代後半になると、友達の結婚式に呼ばれる機会が増えるもの。

絶対に結婚しなさそうと思っていた友達に先を越されてしまい、取り残された気持ちになるということも…。

気づけば結婚ラッシュで、気軽に遊べる友達が日に日に減っていることに気づくかもしれません。

20代女性
おめでとう!と言いながら心の中で焦りました
高校時代、5人グループで仲良が良く、卒業して社会人になった今でも5人で集まったり旅行をしたりする仲でした。その中の友人が1人結婚し、その半年後にもう1人から結婚の報告を受けた際、すごく焦りを感じました。また、その時私は当時付き合っていた彼と別れるかどうか迷っていた時期でもあったため、余計に不安が募りました。結婚した子たちは、長いこと付き合って着実に結婚へ進んでいったのに、どうして私はうまくいかないのだろう…と、おめでとう!と言いながら心の中で焦りました。結果、別れるか悩んでいた彼とはきちんとお別れし、違う方と出会って上手く進んでから焦りは減っていきましたが、自分がうまくいっていない時の報告は、焦りだけが勝り素直に喜べないものだと分かりました。

素直に友人の結婚を祝福できないことに自己嫌悪を感じたり、友達に子どもができて母親になった瞬間に「独身」が身に染みるようになる女性は少なくないようです。

②誕生日を迎えた時


20代後半になると、1歳の重みが増していきますよね。

特にアラサー直前になると、もはや結婚をする・しないの選択に迫られるようなプレッシャーを感じる女性は多いようです。

厚生労働省の調査によると、生涯未婚率の女性はじわじわと増えてきています。2010年時点では、10人に1人の割合で生涯未婚を貫く女性がいるという結果に…。

結婚をすることが幸せの全てではないものの、焦りを感じる女性にとっては誕生日が結婚へのタイムリミットを刻んでいるように感じられても仕方がありません…。

この先、自分の誕生日を祝ってくれる人が隣にいてくれるのか…と焦りを感じ出す女性は多いわけですね。

③周囲から結婚を急かされた時


結婚は大きなライフイベントだからこそ、周囲から急かされるケースもあります。

適齢期をむかえると、徐々に周囲の声も強くなってくるもの…。周囲から急かされると、嫌でも結婚を焦るしかないですよね。

とくに両親からのプレッシャーが強くなるのが、27歳頃。

親から本気で心配されはじめると、「いつかは…」という気持ちから徐々に「そろそろ…」と追い込まれる女性は多いのです。

親に孫を見せてあげたい、早く安心させてあげたいと結婚に焦り出す場合もあります。

20代女性
仲良しグループで「独身彼氏なし」が私だけに…
私を含めた4人グループでよく遊んでいました。安い居酒屋に集まり、安いお酒を飲んで手っ取り早く酔うという週末を日々送っていました。しかし、グループの中の2人が結婚し、残りの1人にも彼氏ができ、いよいよ私一人になってしまったとき、これはまずいと思いました。普段めったに結婚の話をしない親に「○○さんはどう?」と幼馴染を薦められたときはさすがに焦りました。

④彼氏と別れた時


彼氏との別れをきっかけに、結婚への焦りを強める女性もいます。

別れた恋人との交際期間が長いほど、次の出会いが億劫になってしまったり、新しい関係を築くのにハードルを感じる女性は少なくありません。

とはいえ、結婚に対して煮え切らない態度をとっていた彼であれば今のうちに別れて正解ということも。

女性にくらべて、男性は結婚への焦りを感じづらいものです。男性の「いつかは結婚」に合わせてしまうと、女性は出産のタイミングなども含めて結婚適齢期を逃してしまう可能性があります

「あの時別れて良かった…」と思える日が来るように、気持ちを早めに切り替えるのが大切ですね。

⑤自分より若いのに結婚してる人を見た時


自分より若い人が結婚をしていると、ドキっとしてしまう女性は多いのではないでしょうか?

晩婚化が進むとはいえ、若いうちに結婚をするカップルがいないわけではありません。

社会で生きていると、自分より若く幸せな結婚生活を築いている同性の知り合いがひとりぐらいいることも。

「自分は自分!他人は他人」と頭では分かっていても、自分にないものを持っている人に焦りを感じてしまうのは当然ですよね…。

とはいえ若く結婚した人を羨む時間を極力減らして、自分の幸せについて向き合う時間を持つようにできるとよいでしょう。

⑥現実的に出産の年齢を考えた時


出産と結婚をセットに考える女性は意外と多いものです。現実的に、女性には出産のリミットがあります。

医療技術が進歩して、高齢出産は増えてきてはいるものの、年齢を重ねるほど出産のリスクは高くなるもの…。出産を考えるのであれば、20代のうちに結婚をしたいと思うのが自然ですよね。

また、子どもを育てることを考えると、やはり結婚は早いに越したことはありません。

はじめから「子どもは欲しくない」と考えているなら、そこまで焦る必要はありませんが、「いつかは子どもが欲しい」女性にとっては、やはり27歳頃が焦りのピークになるでしょう。

⑦ゼクシィの広告やCMを見た時


日常生活をなかで、広告を目にする瞬間は多いと思います。TVやスマホ、雑誌など、娯楽アイテムのなかには必ず広告が紛れているもの…。

特に20代後半女性をターゲットにした番組や雑誌には、結婚に関する広告が少なくありません。

リラックスしている時間に、突然結婚の広告を目撃したらドキリとしてしまいますよね…。

実際に結婚を想像できるパートナーがいればともかく、恋人がいない場合はゼクシィなどの広告がかえって焦りを生んでしまうようです。

早く結婚したい!まずは何から始めるべき?


周囲の変化や年齢が原因で、20代後半から結婚を焦りだす女性は多いことがわかりましたね。

とはいえ、焦るほど周りが見えなくなるのも事実…。

結婚が人生のゴールではないので、「とりあえず誰でもいいから」と安易にパートナーを決めてしまうと「失敗」してしまう可能性があります。

そこで最後は、「早く結婚したい!」と焦り始めたときに、とるべき行動をチェックしていきましょう。

「次に付き合う人とは絶対に結婚する」という決意を持つ


まずは、次に付き合う人と結婚をする、と決意を固めましょう。

恋愛の延長線上に結婚があると考えている女性は多いと思いますが、結婚への焦りがあり行動をおこす場合は「恋活」ではなく「婚活」という自覚を持つのが大切です。

そもそも、「恋活」と「婚活」はまったくの別物です。

ときめきや刺激的な恋を楽しみたいだけれあれば「恋活」でかまいませんが、必ずしも楽しい恋愛の先に結婚が待っているわけではありません。

とはいえ、結婚相手に対する理想を高くしすぎたり、男性をステータスだけで見るのもNGです。理想を高くし過ぎて相手を見つけられなかったり、挫折してしまう可能性も…。

結婚した後まで見据えて、「この人とだったら穏やかに過ごせる」という相手を探すようにしましょう。

あくまで恋愛相手を探すのではなく、結婚相手を探すのが大切なわけです。

彼氏を見つけるための手段を選ばない


なかなかパートナーを見つけられない女性のなかには、強いプライドやこだわりが隠れている場合があります。

例えば、ごく自然な、日常のなかで恋愛をしたいという願望から、出会いの可能性を自ら狭めていることも…。

基本中の基本ですが、恋愛や結婚をするには相手との「出会い」が大前提です。

まずは男性と出会わなければ進展はないので、恋愛の理想をアレコレ考えたり、計画を立てるよりも行動をおこすのが何より大切!

まずは受け身をやめて、積極的に「出会い」を求めてみてください。

その際は、ひとつの方法にこだわるのではなく、柔軟に「出会いのアンテナ」を張っておくのがポイントですよ!

結婚というのは大きな決断だからこそ、広くアンテナをはり、様々な選択肢を持てるようにしておきましょう。

婚活パーティー、街コン、恋活アプリ、婚活サイト、合コン、結婚相談所、マッチングアプリなど、出会いの方法はたくさんあるのです。

とりあえず恋活アプリか婚活サイトへの登録から

現在のマッチングアプリや婚活サイトはメジャーな出会いのツール。

運営がしっかりしており、安全性が高い大手のマッチングアプリは効率よく理想の相手と出会うのにぴったりのツールなんです!

有名なサービスの具体的な名前を挙げるなら「Match(マッチ・ドットコム)」「Pairs(ペアーズ)」などが利用者の多いサービスとなっています。

Pairs(ペアーズ)

結婚を見据えて相手を探したい!と思っても、実生活が忙しく週末はぐったり…という女性は多いでしょう。そこでとりあえず、ワンアクションとして婚活アプリや婚活サイトへ登録してみるのがオススメですよ。

どちらも無料で登録することができて、お試し検索で近所でフィーリングが合いそうなお相手を探すことができます。マッチドットコムは世界1,400万人以上、Pairsにいは国内700万人以上の利用者がいます

興味がある方は、以下のボタンから覗いてみてください♪


(18歳未満は登録禁止です)


(18歳未満は登録禁止です)

婚活は焦りを感じたらその日から始めよう


今回は女性が結婚に焦りを感じ始める年齢やタイミング、具体的な行動について紹介しました。

結婚に焦りを感じたら、その瞬間が婚活をはじめるタイミングです。

とくに女性の場合は出産などのタイムリミットがあるので、漠然と「いつかは…」と考えているとタイミングを逃してしまう可能性があります。

「焦る」という言葉は一見ネガティブですが、結婚に対する優先順位を上げるという意味では、とても良いきっかけに!

焦りすぎて自分を見失ってしまわないように気をつけながら、結婚へのアンテナを広く張って理想的なパートナーとの出会いを積極的に探しに行ってみてくださいね。

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)