恋活から婚活まで、出会い応援メディア tinomy(タイノミ)

【新しい出会いがほしい】わたしが試した毎日に変化を生む20の方法

新しい出会いがほしい人は、日常を少しだけ変えてみる必要があります。出会いがほしいけど何から始めて良いか分からない人のために、筆者が実際に試してみた20個の方法を紹介します。


仕事と家の往復はもういや。新しい出会いがほしい…

キャッチ画像68541
「出会いが欲しいけど、毎日仕事と家の往復で期待できない」

そんな風に嘆いている出会いのない男女のために、数年前まで同じ思いを抱えていた筆者が、素敵な出会いをゲットできたリアルな方法をご紹介します。

恋人が欲しいけど仕事が忙しくて無理
出会いなんてどこにもない
自分に合う人なんて一生見つからない

こんな風に感じている出会いが欲しい男女の皆さん、ぜひこれから紹介する【出会いのきっかけを手に入れる20の方法】をチェックして、出会いがないと嘆く日々に終わりを告げましょう

どの方法も筆者が実践済みなので、自身を持ってオススメできます!ぜひ参考にしてみてくださいね♪

出会いがある人とない人の決定的な違い3つ

①出会いを自分から探しているかどうか

キャッチ画像68542
出会いが欲しいと言いながら、出会いを自分から全く探していない人は意外と多いです。いつまでも受け身でいるだけでは、素敵な出会いを捕まえることはできません

出会いが欲しいと本気で思っているなら、まずは小さな一歩を自ら踏み出しましょう。自分から出会いを探すという姿勢と意識を持っていることが、出会いがある人の一番の特徴なんです。

②人に興味を持っているかどうか

キャッチ画像68543
出会いが欲しいと口にしてはいるのに、周囲に興味を持てないという人もいますよね。外見だけで「この人は恋愛対象外」と決めつけてしまうのも、出会いがない人の大きな特徴だと言えます。

真剣に出会いが欲しい人は、周りの人に興味を持ち、相手がどんな人なのかをしっかりと探っているもの。この行動が素敵な出会いに繋がることもあるので、簡単に周囲の人をシャットダウンしてしまうのは止めましょう。

③いつでも出会う準備をしているかどうか

キャッチ画像68544
出会いが多い人のほとんどは、常に恋愛に対してアンテナを張っています。だからこそ、ちょっとしたきっかけを出会いに繋げることができるのです。

出会う準備を常にしておくことで、今までスルーしていた人との関わりが恋愛的な出会いに発展することも。どんな種でも芽生えさせられるよう、出会いに対する意識を強く持つように努力してみましょう。

実証済!出会いのきっかけを手に入れる20の方法

ではここからは具体的な方法を実践に基づいて20個紹介します!まずはどれか1つでもいいので、実際にやってみてください!

①休みの日に行ったことのない街に行く

キャッチ画像68545
仕事が休みの日に、家にこもっているだけでは当然出会いを見つけることはできません。そこで筆者は出会いを見つけて彼氏を作るため、休みの日に今まで行ったことのない街に行くことを続けてみました。

出掛ける前に自分の中でルールとして決めたことは、5人以上の知らない人と話すということ。本気で出会いが欲しいのであれば、それくらいしないときっかけを掴むことはできません。

知らない人と話すというと難しいと感じるかもしれませんが、好みの人を見つけたら道を聞いてみたり、カフェで店員さんに「オススメは何ですか?」と話しかけてみたりで、意外と5人はすぐに超えることができます。

そしてもう一つのルールは、「会話をした中で、最低でも1人と連絡先を交換する」というもの。この二つのルールを順守していれば、新しい出会いを見つけるのはそう難しくはありませんでした。

②恋活アプリに登録してみる

キャッチ画像68546

出会いが欲しいと考えた時、最近増えている恋活アプリがとても気になったんです。でもなんとなく登録に不安もあったので、特に知名度の高い「Pairs(ペアーズ)」に登録してみました。

12万人以上に恋人ができた(2018年5月現在)
Pairsで結ばれたカップルの幸せレポート
実名が出ないプライバシーへの配慮
24時間365日の監視体制

などがトップページを見ただけでわかりやすく記載されていたので、恋活アプリへの不安も解消され、安心して登録することができたんです。

実際に登録してみると、数多くの男性からアプローチを受け、普通に生活しているだけでは出会えないような異性との出会いを多く見つけることができました。長くは続きませんでしたが交際に発展した人もいて、「恋活アプリって本当に出会えるんだ」と正直驚いたというのが本音です。

以下ボタンから無料で登録&検索ができるので、近場でいい感じの人を探してみるのもアリ。

キャッチ画像68547
(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を総まとめ

③新しい趣味を1つでいいから作る

キャッチ画像68548
出会いが欲しいときには、新しい趣味を作ることもとても効果的です。筆者が本気で出会いを探していた時は、楽器やスポーツなど気になるものを片っ端から試してみました。そしてハマれそうなものを見つけたら、インターネット上で同じ趣味を持つ仲間を探します。

「初心者だから色々教えてほしい」というと、優しくしてくれる経験者の人達はとても多いんです。そこから親しくなり、実際に会う話になるまではトントンと話が進みます。オフ会などが開催されることもあるので、出会いの機会はかなり多かったですね。

④職場で今まで話したことのない人に話しかける

キャッチ画像68549
仕事と家の往復になっていて出会いがないと感じている方は、一度毎日足を運んでいる職場に目を向けてみましょう。かなり少人数の職場であれば難しいかもしれませんが、まだ話したことのない人が居るならその人に話しかけてみてください

同じ職場であれば、話をするきっかけは何かしら見つけられるはず。職場の飲み会に参加する際も、できるだけ話したことのない人と、会話をするように意識してみてくださいね。

⑤行ったことのないお店に週に1回は行く

キャッチ画像685410
いつも決まったお店ばかりに通っていると、気心の知れた安心感は得られても、新しい出会いを見つけることはできません。ランチのお店やお気に入りのカフェ、雑貨屋さんなどにはおしゃれで素敵な店員さんがいる確率も高いです。

週に1回は行ったことのないお店に行くことを意識するだけで、出会いの確率はグッと高まります。同性の店員さんと仲良くなり、そこから合コンに誘われることもあったので、男女関係なく親しくなってみると良いでしょう。

⑥友人に頼んで誰かを紹介してもらう

キャッチ画像685411
出会いが欲しい人にとっては、友人に頼んで異性を紹介してもらうのも有効な方法のひとつ。自分の好みのタイプを知っている友人なら、安心して紹介をお願いすることができますよね。

ただしあまりにも紹介ばかりをお願いしていると、大切な友人から嫌悪されてしまう可能性も。友達に異性の紹介をお願いする際は、しつこくなり過ぎないように注意しましょう。

⑦婚活パーティーに参加してみる

キャッチ画像685412
とにかく出会いが欲しいと思っていた時、結婚できる相手を真剣に探してみるのも良いなと思い、婚活パーティーにも参加してみました。筆者が利用したのは、開催数や面白い企画が多かった「PARTY☆PARTY」というサイト。

「PARTY☆PARTY」の婚活パーティーには、20代限定で「スーツが似合うと言われる男性」などの、かなり細かい参加資格が指定されています。なので年齢や職業だけで集まる婚活パーティーよりも、より好みの異性に出会える確率が高くなっているんです。

筆者も実際にいくつかのパーティーに参加してみましたが、話しの合う異性との出会いが多く、1人で参加している方も多かったので、気楽に楽しむことができましたよ。

キャッチ画像685413

⑧社会人サークルに参加してみる

キャッチ画像685414
これ以上職場での出会いが見込めないと感じた後、筆者は社会人サークルに参加してみました。筆者が参加したのはフットサルサークルと、ダンスのサークル。

どちらも全体では2週間に1回程度の集まりでしたが、親しくなった少人数で集まって練習したりお酒を飲んだりと言う機会も多く、サークルを通じて男女ともに出会いが一気に増えました

もちろんサークル内で彼氏もできましたし、社会人サークルを辞めた今でも、頻繁に連絡を取りあっている女友達もいます。

⑨合コンに参加してみる

キャッチ画像685415
出会いが欲しいとき、まず一番最初に思いつく人の多い「合コン」ですが、友人や知人に何度もセッティングをお願いする訳にもいかず、合コンしたいけど人を集められないと悩んでいる方も多いですよね。

筆者もまさにそんな悩みを抱えていましたが、友人から合コンセッティングサービス「 Rush (ラッシュ)」を教えてもらい、合コンを好きな時に気軽にセッティングできるようになったんです。

「Rush」は写真や職業などのプロフィールから、合コンしたい相手とマッチングできるサービス。筆者は同じく彼氏募集中の人と3人で、Rushの合コンに参加しました。お店の予約などもスタッフにお任せできるので、実際に合コンをセッティングするよりも面倒を感じないのが魅力的でしたね。

また「Rush」では友人と合コン相手を探す以外に、1人参加できるイベントも数多く開催しています。同性の合コンメンバーが集まらない時には、料理やビアガーデンなどの企画イベントに参加してみるのもおすすめですよ。

キャッチ画像685416

⑩通勤の経路をいつもと変えてみる

キャッチ画像685417
いつも同じ通勤経路を通っていると、見える景色も同じで単調でつまらない時間になってしまいます。そこで筆者は、通勤の経路を定期的に変えることを意識してみました。

通勤経路を少し変えるだけで、初めて見る人との接触を増やすことも可能です。少し早起きして地下鉄一本分を歩いてみた時には、あまり会話をしたことが無かった同僚と一緒になり、かなり良い雰囲気になったこともありました。

普段当たり前にやっている行動を少し変えるだけで、生活や見える世界が一変し、出会いに繋がることもあるんですよ。

⑪昔の友達に連絡をとってみる

キャッチ画像685418
「出会いが欲しいなら、昔の友達に連絡してみたら?」と同僚に助言をもらい、学生時代の友人に久しぶりに連絡を取ることもしてみました。ただしいきなり「誰か紹介して」と言うのは失礼すぎるかなと思ったので、相手にSNSで連絡を取り、実際に会う約束をしてから紹介をお願いするようにしていました。

異性を紹介してもらうために会ったと思われたり、同級生に噂を流されるのも嫌だったので、久しぶりの友人と会うことが目的だということを強く意識し、紹介の話題はサラリと伝えることも心がけていましたよ。

久しぶりに会った友人でも、「彼女欲しい男友達多いんだよね」と言ってもらえて、1人の友人から数人の異性を紹介されたこともありました。

⑫SNSを積極的に活用してみる

キャッチ画像685419
SNSで昔の友達に連絡を取るのもアリですが、SNSそのものを活用することでも、出会いの幅がグッと広がります。例えば「恋愛映画見てたら彼氏が欲しくなっちゃった」と、彼氏募集中なことをさりげなくアピールする。

「優しい彼氏に甘やかされたい」などの理想を投稿したり、「噂のパンケーキ屋さんでデートしたい」などの具体的に行きたい場所をつぶやくのもおすすめです。

そこまで親しくなかった異性の知人からコメントが付いたり、全く知らない人からのコンタクトを受け、新たな出会いに繋がるケースも多かったですよ。

⑬ボランティアや地域のイベントに参加する

キャッチ画像685420
ボランティアや地域のイベントには、意外と素敵な出会いが転がっています。筆者が参加してみた体感でいうと、ボランティアなどのイベントに参加する人は誠実な男女が多く、お互いに「この人は真面目な人」という印象を持ちやすいです。

そのため、「真剣に結婚を考えられる人との出会いが欲しい」と考えている人にとっては、とても有効な出会いの方法だと言えるんです。参加者の言動をしっかりチェックし、なるべく真面目にイベントに参加している人を探してみましょう。

⑭「1日ずっと家にいる日」を無くす

キャッチ画像685421
出会いが欲しいと言いながらも、1日ずっと家にいる日が多かった筆者は、まず家から出ない日を無くすことを意識してみました。外に出ることで新しい恋愛を始める意識をアップできますし、家の中にいるだけよりは新しい出会いも期待できます

気になる人ができたときに会話を弾ませるためにも、外からの刺激をしっかり受けて話題を吸収しておくことも、せっかくの出会いを有効活用するためには必要なことだと感じましたね。

⑮スポーツジムへ体験入会してみる

キャッチ画像685422
スポーツジムで今の恋人と出会ったという友人が多かったため、筆者も軽い気持ちでスポーツジムの体験入会を試してみました。すると3つ目のスポーツジムで、まさにタイプの男性会員を発見。迷わずそのまま入会し、トレーニングをきっかけに話しかけて親密な仲になれました。

友人の中には、スポーツジムのインストラクターとの出会いがあった人もいたので、タイプの異性が見つかるまで、いくつかのスポーツジムの体験入会を繰り返してみるのもおすすめですよ。

⑯恋愛における自分の価値を診断してみる

キャッチ画像685423
出会いが欲しいと色々行動を始めた時、最初はなかなか上手くいかずに、自分に魅力が足りないとか恋愛できる相手なんていないのかも、なんてかなり落ち込んだ時期もあったんです。

そんな時に軽い気持ちで試してみたのが、「楽天オーネットチャンステスト」でした。自分の簡単なプロフィールと希望する相手のプロフィールを入力するだけで、自分にマッチングする人がどれくらいいるのかを調べることができる診断テストです。

もちろん会員登録しなければ、個人情報などを教えてもらうことはできないのですが、自信を失っていた筆者にとっては、このマッチング人数の結果がかなりの励みになりました。

出会いが欲しい時に諦めの気持ちを持ってしまうと、運命の出会いを引き寄せる力は激減してしまいます。そんなマイナスになった気持ちをグッとアップさせてくれた「結婚チャンステスト」は、筆者のように「自分に恋愛なんてできないかも」と落ち込んでいる人に、ぜひ試してみてほしいサービスです。

キャッチ画像685424
▼こちらの記事もチェック
楽天オーネットの無料診断「結婚チャンステスト」の特徴と受け方ガイド

⑰朝起きる時間を30分早くする

キャッチ画像685425
モテる異性に話を聞くと、時間にゆとりのある生活を送っている人が非常に多かったんですよね。なので筆者もそれにならい、朝起きる時間を30分早くしてコーヒータイムを毎日設けることにしてみました。

するとその日1日をゆったりした気持ちで始めることができるので、なんとなく生活にも気持ちにもゆとりができました。そして同僚の男性から、「最近キレイになったね」と言われる機会が増えたのです。

出会いが欲しいと考えると出会いを探すことだけに目が行きがちですが、実は自分の内面をしっかりと磨くことも、出会いをゲットするひとつの方法に繋がっているんですね。

⑱出会いのあるクラブへ行ってみる

キャッチ画像685426
高確率で出会いが期待できる場所と言えば、クラブはその筆頭とも言えるスポットです。出会いが欲しいと思ったら、クラブに行けば間違いないというくらい、クラブには異性との出会いを求める人が溢れています

ただし本気の恋愛に繋がる出会いが欲しいと思っているのであれば、その日にそのまま体の関係を持ってしまうことだけは避けましょう。少しでもチャらいイメージが付いてしまうと、そのクラブで本気の出会いを見つけることは難しくなってしまいます。

⑲1人で飲む人が集まるBARへ行ってみる

キャッチ画像685427
出会いが欲しいと思っている人がお酒を飲みに行くなら、1人で飲む人が多く集まるようなBARを選ぶのがおすすめです。筆者自身も友人や知人と一緒にいる時より、カウンターで1人でお酒を飲んでいる時の方が、圧倒的に声を掛けられる確率が高かったです。

男性だと女性から声を掛けられるのは難しいかもしれませんが、1人で飲んでいる女性にお酒をおごるなどのきっかけを作り、スマートに話しかけてみましょう。

⑳昔ながらの出会いサービスを使ってみる!

キャッチ画像685428

出会いが欲しいと言えば、やっぱり出会いサービスも気になる方法のひとつですよね。でも怪しいサイトも多いため、筆者自身も登録までにはかなりの時間がかかりました。

色々な出会いサービスをチェックした中でも、老舗と呼ばれている「ハッピーメール」は、累計登録数1700万(2018年5月現在)を誇っている大手のサービス。口コミなども多く、「ここなら大丈夫そう」と勇気を出して登録してみました。

登録後は出会いを探すのはもちろん、SNS感覚で使えるアバターやゲームなども楽しめる内容になっていて、気付けば毎日開くのが当たり前になっていました。真剣な出会いから気軽な出会いまで、出会いが欲しい男女が数多く集まっているので、自分と同じ気持ちで出会いを探している異性にも意外と簡単に出会えます

登録するまではかなり不安がありましたが、実際に使ってみると「どうしてもっと早く登録しなかったんだろう」と後悔したほど。大手の老舗サイトには安心感もありますから、出会いが欲しい人はまず「ハッピーメール」への登録を強くおすすめしたいですね。

キャッチ画像685429
(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
登録前に必見!ハッピーメールの体験談・口コミからわかった6つのメリットと実態

出会いが欲しいならあらゆる可能性を考えて行動してみて

キャッチ画像685430
出会いが欲しいと真剣に考えているなら、どんな場面でも恋愛に発展する可能性を考えて行動してみてください

まずは意識を恋愛脳に変えるだけで、出会いのきっかけに気付くチャンスは多くなりますよ♪

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)