結婚相手の見極め方ポイント6選|今すぐ試せる効果的な方法とは

「この人は自分の結婚相手としてふさわしい?」そう感じた時に実践したい、今すぐ試せる結婚相手の見極め方について紹介します。数年後に後悔しないためにも、見極めに必要な重要ポイントをチェックしておきましょう。


今からすぐに試せる「結婚相手の見極め方」とは?


本当にこの人と結婚して良いのかな?と不安に思うことありますよね。

結婚してから後悔しても遅いので、幸せな結婚生活を送れるように、結婚相手にふさわしい異性を見極める力を身に付けていきましょう!

結婚相手の見極め方で重要なポイントは大きく分けて「金銭感覚」「他人への態度」「性格の一致」の3つです。

これら3つのポイントを踏まえた上で、結婚相手の見極め方を具体的にご紹介しますので、現在婚活中の方、交際中の恋人と結婚しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

【男女共通】自分にふさわしい結婚相手を選ぶポイント5選

①金銭感覚が似ている


結婚相手を選ぶ際、まず注意するべきポイントは“金銭感覚が自分と似ている相手かどうか”ということです。夫婦のお金の使い方や考え方がかけ離れていると、生活を共にする上で揉めることが多くなってしまいます

例えば、洗濯機を買いに夫婦で家電量販店にでかけたとします。「乾燥機つきの洗濯機がほしい」とあなたが言ったとき、相手に「いちばん安いこっちの洗濯機で充分」と言われたらどうでしょう。

長く使うもので、干して乾かす手間を考えたら、どうにかして説得したい!と思いませんか?お互いが相手を説得しようとすると、言い合いや喧嘩に発展してしまう可能性があります。

こんな小さなことで喧嘩なんてしないと思うかもしれませんが、結婚後は夫婦のお金を一緒に管理する場合が多いですよね。相手とお金の使い方や考え方が異なれば、喧嘩をするか、どちらかが妥協をし続けることになります。

そのため、自分と金銭感覚の似ている相手を結婚相手にすることで、お互いに余計なストレスを感じずに夫婦生活を送ることができるでしょう。

②家族と仲が良い


家族を大切にしないような発言をする人には要注意!現時点で相手の家族とあなたは他人同士ですが、結婚をすれば家族になる存在です。

自分の子供が産まれたときには、相手の両親が子どもにとっては祖父母になります。一緒に暮らすことはなくても、家族と仲が悪いと何かと不便することもあるでしょう。

例えば、相手の両親と信頼関係が築けていないと、自分の子どもが祖父母の家に泊まりに行く際に不安になるかと思います。また、自分や相手が困ったときに相手の家族に頼り辛いですし、年末年始に家族や親戚で集まっても喧嘩ばかりになるかもしれません。

そのため、相手が家族と仲良くできる人なのかということをしっかりと確認しておくことが重要です。

③子どもに対する考えが一致する

一般的に、結婚をしたら子どもを持つという考えは、男女問わず物心ついた頃から持っていることも多いものです。しかし、子どもが苦手だから欲しくないと思っている人も中にはいるという事を忘れてはいけません。

もしあなたが子どもを産みたい・欲しいと強く願っていれば、反対の考えを持っている相手となら意見が衝突しますし、仮に出産したとしても相手に育児を押し付けられたり、子どもに虐待をしたりする可能性がないとは言えません。

一方、絶対に子どもが欲しいと思っている人もいますし、自分の会社や仕事を継がせようと考えている人もいます。一見すると良い考え方ではありますが、もし2人のうちどちらかが子どもを産めない体だった場合、口論になったり相手の態度が一変したりする可こともあるかもしれません。

子どもを産まないという選択が間違っているわけではありませんし、子どもが欲しいという考えも悪くはありません。ただ、子どもに対する考え方が相手と違うと、気持ちのずれが生じて悩みの種になりかねないのです。

楽しく明るい家庭を作るためには、子どもに対する考え方が自分と一致する相手を選ぶと良いでしょう。

④お互いの趣味を尊重し合える


もし結婚をしようと考えている相手が、実はフィギュアが好きだったり、熱狂的なアイドル好きだったり、ギャンブルが好きだったらどう思いますか?嫌だと思う方もいれば、良いと思う方もいることでしょう。

良いと思った方は、好きな人がそのような趣味を持っていることで楽しく生きていられるならそれで良いと思う人か、または同じような趣味を持っている方なのではないでしょうか?ただ、相手の趣味が自分とかけ離れていると、全く理解できないのではないかと思います。

例えば、貯金や節約が趣味な人に、「自分はギャンブルや買い物が趣味だから理解して欲しい」と訴えても、理解されることは難しいと思いませんか?

お互いの趣味を理解することができれば、コソコソと隠れて趣味にいそしむ必要はありませんし、相手と喧嘩をしたときに自分の逃げ場を作ることもできます。

ストレスを発散できる逃げ場があると、相手にイライラしたり八つ当たりをしたりせずに済みます。お互いの趣味を尊重し合える人を結婚相手に選べば、夫婦円満になる可能性が高いと言えます。

pairs2

もしも事前に趣味の合う人と出会いたいという場合には、やはりプロフィール重視のマッチングサービスの利用がオススメです。

例えば大手恋活サイトの「Pairs(ペアーズ)」などでは、事前に相手の趣味を知ることができるので、自分の苦手な趣味を持っている人とは合わずに済みます。

ちなみにPairsは、700万人以上が使っている国内最大級の恋活アプリサービスなので、興味がある方は以下より覗いてみてください。


(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
Pairs(ペアーズ)の口コミ、使い方、料金etc.を総まとめ

⑤笑いや感動のツボが同じ


自分と笑いのツボが合わない人と話をしている時間って苦痛に感じますよね。おやじギャグが好きな人に小難しい漫才を聞かせても、感心はされるかもしれませんが笑ってはくれないでしょう。

また、感動のツボが合わない人と一緒に映画を観て白けた経験はありませんか?例えば、自分が泣いている横で、「恋愛映画って好きな人が病気になって死ぬのがお決まりだよね」なんて言われたら、一緒に観るんじゃなかったと後悔しますよね。

さらに、笑いや感動のツボが合わない人と一緒に生活をしていると、気持ちを共有することができないので、気を遣って接することになります。

収入やルックスも大事かもしれませんが、結婚相手を選ぶ際、笑いや感動のツボが同じ人かどうかということも重要なポイントです!

みんなが実践してる結婚相手の見極め方6選

①服装や持ち物をチェック


身に付けているものや家に飾っている家具などから、相手がどんな金銭感覚を持っているのかを知ることができます。会うたびに新しい洋服を着ていたり、新しいものを買ったりしている人は金遣いが荒いクセがあるかもしれません。

ただ、気を付けたいのは、無地のTシャツなのに、小さくブランドのロゴが入っていることもありますので、よくよくチェックして相手の金銭感覚を測りましょう。

②一緒に買い物をする


デートをする際にチェックして欲しいのは、不必要なものを買っていないかということです。こちらも相手の金銭感覚を知ることができる方法です。

衝動買いをしていないかとか、外食先を選ぶときに、少し歩けば安くて美味しい店があるのにも関わらず、近くにある高くてあまり美味しくない店に行こうとしないかどうかなど、ちょっとした行動を意識して見てみましょう。

③相手の家族に会ってみる


結婚をした途端にガラッと態度が変わったという話はよく聞きますが、そんな人と結婚は避けたいですよね。これを見極めるには、相手の家族に実際に会うことで知ることができます。

家族にとる態度は、結婚をしたときに相手が自分にとる態度とも言えます。偉そうな態度をとっていないか、ちゃんと気を使えているのかということをチェックしましょう。

④店員さんに対する態度をチェック


お店の店員さんがミスをしたときに、どんな対応をするのかということをチェックすれば、結婚後に自分がミスしたときに相手がどんな対応をするのかが分かります。

初対面の店員さんにタメ口を利くような人にも要注意です。店員さんへの態度が雑だと、自分よりも下だと思った部下や知人、あなたにも偉そうな態度をとる可能性があります

⑤家にお邪魔する


生活スタイルやどんな空間を好んでいるのかということを知りたい方には、相手の家に遊びに行くことがおすすめです。

殺風景で家具が少ない方が落ち着く人もいれば、生活感のある部屋にいる方が落ち着く人もいますよね。

相手の家に行ったら、整理整頓されているかどうかではなく、自分が落ち着くと思う部屋かどうかを見てみてくださいね。そうすれば、結婚後に家やインテリアのことで揉めることを避けられるでしょう。

⑥テレビや映画を一緒に見る


一緒にテレビや映画を見ることで、楽しいと感じることが同じなのかどうかチェックすることができます!

結婚してよかったなぁと思う瞬間は人それぞれですが、私の周りにいる既婚者に聞いたところ、「笑い合っているときに結婚してよかったと感じる」と答えてくれました。

テレビや映画を見て楽しんだり、旅行をして一緒に楽しんだりできる相手なら、たとえ会話がなくても笑顔の絶えない幸せな結婚生活を送れることでしょう。

ベストは3ヶ月~1年で見極める!

3ヶ月は必要な理由


これまでご紹介した結婚相手を見極めるポイントは、出会ってから又は交際してから3ヶ月~1年のうちにチェックしてくださいね!どうして見極める期間が3ヶ月~1年なのかというと、理由は2つあります。

1つ目は、出会ってから又は交際してから3ヶ月未満のうちは、まだお互いに気を遣う余裕がありますし、嫌われたくないという意識が働いて猫を被る時期だからです。

本性を出せるようになったり、癖に気付いたりできるようになるには、3ヶ月~1年という長い期間が必要です。

2つ目は、3ヶ月~1年間相手と過ごせば、相手が自分に合う人なのかどうかということが感覚的に分かる頃だからです。なんとなく合わないと感じることや金銭感覚が違うと感じることがあれば、それはその方があなたの結婚相手ではないということを意味するのではないでしょうか?

自分が見聞きしたことや自分の感覚を信じて、慎重に結婚相手を見極めていきましょう!

交際期間は長ければ良いというものでもない


結婚相手を見極めることに1年以上の期間を使ってしまうと、相手に情が湧いて別れ辛くなってしまったり、年齢を重ねるごとに結婚率が減っていく日本では、結婚をし辛くなってしまう可能性があります。

例えば、28歳のときに出会った人と2年間交際したけど結局結婚をせずに別れたとなると、別れた時には30歳になっています。

20代と30代の差はとても大きいですし、次に交際する人がすぐに見つかるというわけでもないと思いますので、交際している年月が長ければ長い程、他の人と結婚できる確率を下げていくことになります。

5年付き合った人と結婚をしたけど、結婚をした途端に態度が変わったなんて話もありますので、長い間見極めれば相手の本性が分かるというわけでもありません。

ですので、自分の年齢と相談しながら、結婚相手を見極めるタイミングを決めましょう。

【重要】結婚意識の高い人と出会うことで可能性は飛躍的にあがる


「恋人が欲しいなぁ」と漠然と思っている人よりも、結婚を前提に交際相手を探している人の方が、交際をしてから結婚に至るまでの流れがスムーズにいく場合が多いです。

結婚を前提に交際相手を探している人や結婚意識の高い人は、結婚をする態勢が整っていて、心の準備もできているからです。結婚意識の高い人とだけ会っていれば、自然と結婚までの距離も縮まるという結果になります。

漠然と恋人を欲しがっている人は、結婚を意識すること自体に時間がかかりますし、結婚を意識し始めてから結婚ができる態勢を整えていくということになります。

そのため、最低でも3年~5年は交際期間が必要になる可能性があるのです。

さらに、長い年月をかけて交際をしても「結婚相手としては見れない」と相手に振られてしまうこともありますので、結婚意識の高い人と出会うことで結婚の確率を飛躍的に上げることができるのではないでしょうか?

結婚を意識してる人とだけ出会える場へ

Match
しかし、結婚意識の高い人と出会う方法が分からないですよね。結婚意識の高い人と効率的に出会うには、婚活アプリ・マッチングサイトを利用することがおすすめです。

例えば世界的に有名な「Match(マッチ・ドットコム)」というのマッチングサイトでは、クレジットカードでの年齢確認・運転免許証・パスポートで本人確認を行っており、安心してサイトを利用することができます。

男女ともに月額料金がかかるので、冷やかしやサクラは存在する可能性が低く、真剣度の高い人ばかりが集まる傾向にあります。

結婚相談所や婚活パーティーに参加するのもいいですが、まずは無料で試せる婚活サイトで、自分に合う人を探してみてはいかがでしょうか。


(18歳未満は登録禁止です)

▼こちらの記事もチェック
【保存版】マッチドットコムの口コミ・評判と使い方&人気の理由。料金・プランを徹底比較!

妥協は禁物!一生に一人のパートナーを見つけよう


恋人を妥協する人は意外と多いそうですが、結婚相手を妥協してはいけません!

妥協して結婚をしても、喧嘩が増えてストレスが溜まり、会話が次第に減っていくという負の連鎖に陥ってしまうことがあるからです。

今回ご紹介した結婚相手を選ぶポイントと、相手を見極める方法を参考にして、一生を添い遂げることができる最愛のパートナーを見つけてくださいね!

交際経験0
成婚

記事についてのお問い合わせ

関連記事

カテゴリ一覧

Match(マッチ・ドットコム)
新着記事

 

Webで婚活計画(プラン)